リーズ、バイエルンMFマルク・ロカを完全移籍で獲得

2022.06.18 06:00 Sat
Getty Images
リーズ・ユナイテッドは17日、バイエルンのスペイン人MFマルク・ロカ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月までの4年間で、移籍金はイギリス『BBC』によれば1000万ポンド(約16億5000万円)とのことだ。
PR
リーズへの加入が決まったロカは『BBC』のインタビューにて次のように答えている。
「もっと試合に出たい。リーズは歴史あるクラブだ。素晴らしいチームでスタジアムも良い雰囲気だ。そんなチームに加入できて嬉しいよ」

2020年夏にエスパニョールからバイエルンに加入したロカだったが、在籍2年間で公式戦24試合の出場に留まり、今季も13試合に出場したのみだった。

PR
関連ニュース

「キャリアの中で最高の瞬間の1つ」1年でのプレミア昇格を掴んだサウサンプトン、指揮官は背中を押したファンに「とても感謝している」

プレーオフを制し、見事にプレミアリーグ昇格を掴んだサウサンプトンのラッセル・マーティン監督が、昇格決定を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 26日、プレミアリーグ昇格プレーオフの決勝が行われ、リーズ・ユナイテッドとサウサンプトンが対戦した。 共に昨シーズンはプレミアリーグを戦っていた中、1年での復帰を目指すシーズンに。2位以内の自動昇格は掴めたなかったが、プレーオフに進出。サウサンプトンはWBAを、リーズはノリッジ・シティを下しでの決勝だった。 試合はリーズが主導権を握っていた中、24分にウィル・スモールボーンのパスに反応したアダム・アームストロングがゴールを奪いサウサンプトンが先制。このまま試合は終了し、サウサンプトンがプレミアリーグへの最後の切符を掴んだ。 今シーズンから指揮を執るマーティン監督は目標達成に歓喜。昇格に沸くこの瞬間を味わえたことを喜んだ。 「選手、スタッフ、サポーター、コーチ陣に計り知れない誇りと感謝の気持ちがある。本当に全てに圧倒されている感じだ」 「感慨深く、みんながこの日を過ごせたことをとても幸せに感じている。そして、この日が永遠に記憶に残る日になることを願っている」 「私は永遠に覚えている。今日、このようなことを成し遂げられたことは、私の人生、キャリアの中で最高の瞬間の1つだ。私が愛し、願わくは私を愛してくれている多くの人たちがいてくれて、とても素晴らしい」 また、自身を採用してくれたクラブの幹部にも感謝。加えて、チームを支えてくれたファン・サポーターへの感謝も口にした。 「素晴らしいクラブで、素晴らしい人々がいる。オーナーは私にチャンスを与えてくれ、ジェイソン(・ウィルコックス)、フィル(・パーソンズ)もこの素晴らしいクラブをマネジメントする機会を与えてくれた」 「今日、このような大きな機会にチームを率いることに、1週間ずっと感謝の気持ちしかなかった。今週の選手とスタッフの気持ちと、彼らがそれをどう受け止めているかが大好きだった」 「そして、先週のWBA戦のファンが大好きだった。私がこれまで試合で見てきた中で、間違いなく最高の1つだった。彼らにはとても感謝している」 <span class="paragraph-title">【動画】最後のプレミア昇格を懸けた戦い! リーズvsサウサンプトン</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Zd2ySwBcmTY";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.27 10:55 Mon

アームストロング弾でリーズを下したサウサンプトンが1年でプレミア復帰を果たす!【プレミアリーグ昇格プレーオフ】

プレミアリーグ昇格プレーオフ決勝のリーズ・ユナイテッドvsサウサンプトンが26日にウェンブリー・スタジアム行われ、0-1でサウサンプトンが勝利した。 プレーオフ準決勝でノリッジを下したリーズと、WBAを下したサウサンプトンによる決勝戦。 立ち上がりこそリーズが主導権を握ったが、徐々にサウサンプトンが押し返していくと、24分にスコアが動く。スモールボーンの縦パスに反応したアームストロングがボックス右から侵入すると、冷静にゴール左隅にシュートを流し込んだ。 先制したサウサンプトンは、前半終了間際の45分にもデザインされたセットプレーからアームストロングが再びゴールに迫ったが、これはGKメリエの好セーブに防がれ、前半は0-1で終了した。 迎えた後半は立ち上がりから一進一退の展開が続くなか、先にチャンスを作ったのはサウサンプトン。68分、中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けると、アリボのパスを受けたエドジーがボックス左からシュートを放ったが、これはゴール右に外れた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。するとリーズは84分、ボックス左から侵入したダニエル・ジェームズがラターとのパス交換で中央に切り込みシュート。しかし、このシュートはクロスバーを直撃した。 終盤にかけても猛攻を見せるリーズは、94分にもダニエル・ジェームズがゴールに迫ったが、これはGKマッカーシーが好セーブで阻止。 結局、試合はそのまま0-1でタイムアップ。アームストロングの決勝弾でリーズを下したサウサンプトンが、1年でのプレミアリーグ復帰を果たした。 2024.05.27 01:10 Mon

リーズが命懸けで挑む昇格PO決勝…400億円近い負債に支払期限迫る146億円、2部残留なら否応なしに主力一挙放出へ

リーズ・ユナイテッドはクラブの命運を懸けてサウサンプトン戦に挑む。 1年でのプレミアリーグ復帰まで、あと一歩のところまで来たリーズ。日本時間本日(26日)23時より、昇格プレーオフ決勝戦で同じ目標を抱くサウサンプトンと対戦する。 リーズはかねてより伝えられる通り、経営状況が悪く、イギリス『フットボール・インサイダー』によると、ここ数年で選手補強に多額の資金を投入した結果、1億9000万ポンド(約379.8億円)の負債を抱えている状況。 ここ数年で“売却"した選手に限っても、諸費用で3370万ポンド(約67.3億円)もの損失が。アンドレア・ラドリッツァーニ前会長時代(2017年1月~2023年7月)のあらゆるツケが、現体制に回ってきている状況だ。 また、未払い移籍金のうち7360万ポンド(約146.2億円)は支払い期限が6月末。サウサンプトン撃破でプレミア昇格を掴めなければ、有無を言わさぬ主力の一挙大量放出に直面することに。 財務諸表と照らし合わせた結果、敗れてチャンピオンシップ(イングランド2部)残留となった場合、この「主力の一挙大量放出」を中心に、最低1億5000万ポンド(約298.1億円)を調達しなくてはならないとの試算も…。 プレミア昇格に伴う放映権分配があれば、経営状況も多少は改善されるはずだが、それもサウサンプトンに勝てばの話。もし敗れるようなら、待っているのは当面プレミア復帰も見通せぬ戦力大幅ダウンだ。 2024.05.26 20:35 Sun

リーズが1年でのプレミア復帰へあと1つ! ノリッジを4ゴールで圧倒【チャンピオンシップ昇格PO】

来シーズンのプレミアリーグ昇格を争い、残りの1枠を戦っているチャンピオンシップ(イングランド2部)のプレーオフ。準決勝2ndが16日に行われ、リーズ・ユナイテッドがノリッジ・シティに4-0で勝利した。 2019-20シーズンにチャンピオンシップで優勝しプレミアリーグ昇格を果たしたリーズ。しかし、3シーズンを過ごし、2022-23シーズンに19位となり降格となった。 1年での復帰を目指す中、今シーズンのチャンピオンシップでは終盤失速して3位に終わりプレーオフに回ることとなった。 対するノリッジは6位でフィニッシュ。2020-21シーズンにチャンピオンシップで優勝して昇格するも、2021-22シーズンは最下位に終わって1年で降格。2022-23シーズンはチャンピオンシップでも13位と苦労してきた。 1stレグはゴールレスドローに終わった試合。ホームでの2ndレグを迎えた自動昇格を逃したリーズは、シーズン中の勢いそのままにノリッジを圧倒。7分にはボックス手前のFKをイリア・グルエフが左足で直接ニアサイドに叩き込み先制に成功する。 ベンチも大盛り上がりとなった先制ゴール。すると20分には、ウィルフレッド・ニョントが右サイドからアーリークロスを送ると、ファーサイドに走り込んだヨエル・ピローがヘディングで合わせてリードを広げる。 反撃したいノリッジは22分にビッグチャンスを迎えるが、一対一をGKイラン・メリエがしっかりとセーブして得点を許さず。すると40分にリーズはカウンターから左サイドを崩すと、最後はジョルジニオ・ラターがボックス内から豪快に蹴り込み3点目を奪う。 前半で3点のリードを得たリーズは余裕を持ってプレー。後半も何度もノリッジゴールに迫っていくが、GKのビッグセーブに阻まれて追加点を奪えない。 それでも68分、ニョントのシュートはGKアンガス・ガンにセーブされるも、こぼれ球をジュニオル・フィルポがつないで、最後はクリセンシオ・サマーフィルーが流し込み4点目。そのまま逃げ切り、4-0で圧倒。ダニエル・ファルケ監督にとっては、古巣との対戦を制し、プレミアリーグ昇格まであと1つに迫った。 なおプレーオフ準決勝のもう1試合は、サウサンプトンvsウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)で行われる。 リーズ・ユナイテッド 4-0 ノリッジ・シティ 【得点者】 1-0:7分 イリア・グルエフ(リーズ) 2-0:20分 ヨエル・ピロー(リーズ) 3-0:40分 ジョルジニオ・ラター(リーズ) 4-0:68分 クリセンシオ・サマーフィル(リーズ) <span class="paragraph-title">【動画】リーズが1年でのプレミア復帰へあと1つ!ノリッジを圧倒</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="tUcnrWxPaq4";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.17 13:50 Fri

1年でプレミア復帰のレスターが通算8度目の2部リーグ優勝!【チャンピオンシップ】

レスター・シティは29日、チャンピオンシップ(イングランド2部)第45節のプレストン戦に3-0で快勝し、2013-14シーズン以来、通算8度目のチャンピオンシップ優勝を果たした。 前節終了時点で2位以内確定し1年ぶり5度目のプレミアリーグ返り咲きを果たしたレスター。勝利で自力優勝決まる一戦でも37分にエースFWジェイミー・ヴァーディのゴールで先制すると、後半立ち上がりの52分にもヴァーディがネットを揺らし、追加点。 その後はMFケイシー・マカティアにもゴールが生まれ、最終的に3-0の完勝で優勝を決めた。 エンツォ・マレスカ監督のもとで1年でのプレミア返り咲きを目指したレスターは、ここまで29勝7敗9分けの勝ち点96、73得点34失点という王者に相応しい数字を残した。 なお、残りの自動昇格枠の1つは勝ち点90で並ぶ2位リーズ・ユナイテッドと3位イプスウィッチ・タウンのどちらかに。最終節で2位のリーズはサウサンプトンと、3位のイプスウィッチはハダースフィールド対戦する。 また、昇格プレーオフ争いでは4位のサウサンプトン(勝ち点84)までが出場決定。残り2枠を5位ノリッジ・シティ(勝ち点73)、6位WBA(勝ち点72)、7位ハル・シティ(勝ち点70)の3クラブが争っている。 2024.04.30 08:00 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly