C大阪のMF新井晴樹、FCティアモ枚方からクロアチア1部のHNKシベニクにレンタル移籍…昨季は10チーム中8位

2022.06.16 19:18 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
クロアチア1部のHNKシベニクは16日、JFLのFCティアモ枚方からMF新井晴樹(24)がレンタル移籍で加入することを発表した。なお、買い取りオプションもついているとのこと。レンタル期間は2023年6月までの1年間となる。

埼玉県出身の新井は、正智深谷高校から国士舘大学を経て、2021年にFCティアモ枚方へ入団。同年7月にC大阪へと期限付き移籍していた。
C大阪では明治安田生命J1リーグで1試合、YBCルヴァンカップで2試合、天皇杯で1試合に出場すると、今シーズンも期限付き移籍期間を延長してC大阪に所属。明治安田J1で2試合、ルヴァンカップで3試合に出場していた。

C大阪によれば、FCティアモ枚方からの期限付き移籍を解消しクラブへ戻り、そこからシベニクへとレンタル移籍するという。

新井はC大阪を通じてコメントしている。

「セレッソ大阪のファン、サポーターの皆様いつも応援ありがとうございます。この度、クロアチア1部リーグのHNKシベニクへ移籍することになりました。まず、シーズン途中ではありますがチームを去ることになり申し訳ございません」

「なかなか試合に絡めず悔しい時間が多い中、たくさんの応援の言葉をくださり感謝しています。セレッソ大阪のユニフォームを着て活躍する姿を見せたかったです。今回、海外でプレーすることになりましたがこれからも応援してくれると嬉しいです。僕もセレッソ大阪を応援しています。1年間、短い間でしたがありがとうございました」

また、ティアモ枚方を通じてもコメントしている。

「FCティアモ枚方のファン、サポーターの皆様いつも応援ありがとうございます。この度、クロアチア1部リーグのHNK SIBENIKへ移籍することになりました」

「昨年の夏から1年間セレッソ大阪でプレーし、なかなか試合に絡めず活躍している姿を見せれず悔しい気持ちでいっぱいです。しかし、学ぶこともたくさんあり選手として成長することができました」

「次の海外でのステージで皆様に良い報告ができるように挑戦してきます。これからも応援宜しくお願い致します。」

シベニクはインスタグラムで新井の加入を発表。本人のコメントも紹介している。

「僕はシベニクが好きです。街は特に美しいです」

「来たばかりですが、新しい環境、新しい文化に適応し、できるだけ早くチームに加わりたいと思っています」

「目標はクラブとファンに自分自身を知ってもらうことです」

シベニクは今季の1.HNL(クロアチア1部)で10チーム中8位で終えていた。

1 2

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly