デパイ土壇場PK失敗のオランダの連勝ストップ…ポーランドに2点差追いつくも勝ち切れず《UEFAネーションズリーグ》

2022.06.12 05:58 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
UEFAネーションズリーグ(UNL)のリーグAグループ4第3節、オランダ代表vsポーランド代表が11日に行われ、2-2のドローに終わった。

前節、ウェールズ代表とのアウェイゲームをヴェグホルストの後半アディショナルタイムのゴールによって2-1で競り勝ったオランダ。3連勝を目指して臨んだホームゲームでは、GKフレッケンとデ・フライを除く先発9人を変更。その2人を除き初戦のベルギー戦と同じメンバーを起用し、ベルフワインとデパイが2トップを組んだ。

一方、初戦を白星スタートも前節はベルギー代表に1-6の大敗を喫したポーランド。その敗戦からのバウンスバックを図る一戦では、負傷などで主砲レヴァンドフスキら一部主力がメンバーを外れ、ピョンテクが1トップに入った。

ホームのオランダがボールを握って押し込む入りを見せる。ダンフリースとブリントの両ウイングバックも高い位置を取って攻撃に絡んでいく中、7分にはデパイのお膳立てからクラーセンが際どいシュートを放つ。

一方、レヴァンドフスキ不在の影響もあり、なかなか前線の中央で起点を作れないポーランドだが、サイドを起点にカウンターから攻め手を窺う。すると、18分には左サイドのザレフスキから絶妙なサイドチェンジを受けた右サイドバックのキャッシュがボックス右角で対面のDFブリントを抜き切らずに右足のシュート。これがゴール左下隅の完璧なコースに決まり、イングランドから国籍変更した24歳が待望の初ゴールを挙げた。

相手のファーストチャンスで屈したホームチームは、すぐさま反撃を開始。前半半ばから終盤にかけては相手を完全に押し込む形を作り出し、2列目、3列目の選手が積極的に足を振っていく。さらに、相手が攻撃に出た際には2トップをバックラインの背後へ走らせるシンプルな攻めも見せたが、最後の精度を欠いた。

ポーランドの1点リードで折り返した試合は後半立ち上がりに大きく動く。まずは49分、ハーフウェイライン付近でボールを収めたピョンテクからのスルーパスに完璧なタイミングで抜け出したフランコフスキがボックス内でGKと一対一となった中、左を並走するジエリンスキにプレゼントパス。これをナポリMFが難なく流し込んだ。当初、オフサイド判定となったが、VARのレビューの結果、ゴールが認められた。

バックラインの軽率な対応によって痛恨の2失点目を喫したオランダだったが、これで目が覚めたのか、畳みかける攻めで一気に試合を振り出しに戻す。

51分、相手陣内左サイドでブリントが正確なクロスを入れると、ニアでDFが頭で触ってゴール前に流れたところをクラーセンがワンタッチで押し込む。続く54分にはアケのフィードにオフサイドぎりぎりで抜け出したベルフワインのボックス付近でのマイナスの落としをデパイがボックス右のスペースに流すと、これをダンフリースが右足でシュート。相手DFにディフレクトしたボールがゴール右隅に突き刺さった。ここでもオフサイドの判定が出たが、VARのレビューの結果、ゴールが認められた。

この連続ゴールで完全に流れを引き寄せたホームチームは、気落ちが見えるアウェイチームを押し込んで3点目に迫っていく。さらに、64分には3枚替えを敢行し、ガクポ、コープマイネルスと攻撃的なカードを切っていく。69分にはボックス左のブリントがファーポストを狙った鋭いシュートを放つが、これは惜しくも枠の右へ外れる。

その後は完全にオープンな展開となった中、ポーランドはロングカウンター、オランダは手数をかけた攻撃で試合を決める3点目を狙う。

すると、87分にはオランダに絶好機。ボックス右でガクポが丁寧に折り返したボールをゴール前のデパイがワンタッチで合わせるが、この至近距離からのシュートはGKスコルプスキの好守に遭う。これでチャンスが潰えたかに思われたが、VARの介入によってスコルプスキがはじいたボールをDFキャッシュが手で触ったとの判定でPKが与えられる。

ここで名手デパイがキッカーを務めるが、右隅を狙ったシュートがポストの外側を掠めて痛恨の失敗に。さらに、直後には名誉挽回を図るエースにゴール前でのビッグチャンスが訪れるが、ガクポのクロスに合わせたヘディングシュートはGKスコルプスキの好守に阻まれた。

そして、試合はこのままタイムアップを迎え、2-2のドロー決着となった。

なお、2点差を追いつくも3連勝を逃したオランダは14日にウェールズ戦、敵地で勝ち点1を拾ったポーランドはベルギーと今月最後の一戦を戦う。

関連ニュース
thumb

ユナイテッドの新顔DFはファッションセンスに自信あり「俺より大きな影響力を持つのは誰?」

マンチェスター・ユナイテッドのオランダ代表DFタイレル・マラシアが独自のファッションセンスを披露した。 対人での粘り強さと攻撃センスを持ち味に台頭する左サイドバックは、4年契約で今季フェイエノールトからユナイテッドへ加入した。 プレミアリーグ開幕節の終盤に新天地デビューを果たすと、第2節のハーフタイムで起用されて以降は定位置を確保。代表でも25日のUEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23のベルギー代表戦に後半の頭から出場している。 そのマラシアは27日に自身のSNSを更新。ヒップホップアーティストFutureによる『Krazy but True』の歌詞を引用して「ファッションで俺より大きな影響力を持つのは誰?」と、駐車場にて私服やタトゥーを公開し、センスに自信を覗かせた。 披露したのは緑の柄が入ったシャツとスニーカーに白のパンツ、サングラスというコーディネートと、背中一面に施されたタトゥー。これにユナイテッドのチームメイトであるFWチャーリー・マクニールが「モデルじゃん」と反応すれば、やFWアンソニー・エランガも感嘆のコメントを残している。 そのほか、オランダ代表FWコーディ・ガクポやオランダ生まれのキックボクサー、タイフン・オズジャンも炎の絵文字で反応。サポーターからも「最高のポンド」、「ドープだぜ」、「ビッグチューン」、「クレイジーマラシア」、「ビースト」、「スター少年」などの熱い声が寄せられているなど、上昇気流に乗る23歳はプレーでもピッチ外でもセンスをいかんなく発揮している。 <span class="paragraph-title">【動画】自信に満ちたマラシアのファッション</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Ci-cBJ7td24/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Ci-cBJ7td24/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Ci-cBJ7td24/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Tyrell Malacia(@tyrellmalacia)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.27 23:10 Tue
twitterfacebook
thumb

「もはや芸術」パス20本で9人関与、オランダ代表の鮮やかゴールシーンに世界中が注目「これが本物のサッカー」

カタール・ワールドカップ(W杯)でもこのようなシーンが見られるだろうか。オランダ代表のゴールシーンに注目が集まっている。 オランダはUEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグAのグループ4で、22日にポーランド代表と、25日にベルギー代表と対戦。それぞれ、2-0,1-0で勝利を収め、グループステージ無敗で2大会ぶりの2度目の準決勝進出を決めた。 UNLの公式ツイッターはポーランド戦での先制点となった14分のゴールに着目。「これぞトータル・フットボール」と紹介している。 敵陣右サイドでのスローインを始点にピッチ全体を使ってボールを回し続け、時にくさびを打ち込みながら機を伺うと、DFヴィルヒル・ファン・ダイクの対角パスからテンポを上げ、右サイド深い位置でのトライアングルを経てボックス右に侵入したMFデンゼル・ダンフリースがクロス。最後はFWコーディ・ガクポが押し込んだ。 およそ1分間ボールを保持し続け、通したパスは20本以上。FWステーフェン・ベルフワイン以外のフィールドプレーヤー全員がボールに関与して生まれたゴールには「ヴィルヒルがWC(のトロフィー)を持ち上げるのが待ち切れない」、「これが本物のサッカー」、「efootballでよくやるやつ」、「全盛期のバルサみたい」、「もはや芸術」などの賛辞が多数寄せられ、再生回数は500万に迫る勢いだ。 W杯ではグループAに入り、セネガル代表、エクアドル代表、カタール代表と戦うオランダ。「11月が楽しみだ」とのファンの声があるように、悲願のW杯初優勝へ向けて大きな手ごたえをつかむ2戦となった。 <span class="paragraph-title">【動画】9人関与、パス20本以上!UNL、オランダ代表の芸術的ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="yCScR_rPI14";var video_start = 45;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.27 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「デ・ブライネやアザールは簡単ではない」値千金の決勝弾を決めたファン・ダイク、ベルギー相手の難しさを語る

オランダ代表のDFヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール)が、ベルギー代表戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 オランダは25日、UEFAネーションズリーグ(UNL)リーグAグループ4最終節でベルギー代表と対戦した。 勝ち点差3で臨んだオランダ。2位のベルギーに敗れ、3点差をつけられた場合は準決勝に進めないという状況だった。 試合はこう着状態のままスコアレスで推移。しかし、73分に左CKからのクロスをファン・ダイクがヘッド。これが決まり先制に成功。ベルギーの攻撃を前半から凌いだオランダはそのまま逃げ切り1-0で勝利を収め、首位で準決勝進出を決めた。 キャプテンとして守備を統率したファン・ダイクは、試合後にコメント。厳しい試合だったが、勝利したことを喜んだ。 「仕事を終えた。今日はとてもタフだった。またクリーンシートを維持することはとても重要だった。相手が逆転する可能性も少しはあったけど、僕たちは3ゴールを奪われないことを確実にできると確信していた」 「僕たちはいつも改善できるが、世界ランキング2位の選手や、世界最高のMFの1人であるケビン・デ・ブライネやエデン・アザールと対戦することは簡単ではない」 「でも、結局のところ、フットボールは勝つことが大事で、勝てたことを嬉しく思う」 また、自身の先制ゴール後にもチャンスを作れたと回想。ただ、1点に終わったことを反省し、次に繋げていくとした。 「ゴールの後、僕たちはさらに多くのチャンスを作り、2点、3点、または4点を奪えたかもしれない」 「でも、僕たちは、間違いなくゲームを分析し、改善できる点を確認するだろう。それが僕たちのやり方だ」 2022.09.26 09:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ファン・ダイク弾でベルギーを下したオランダが無敗で準決勝進出! ウェールズは未勝利でリーグB降格《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23リーグA・グループ4のオランダ代表vsベルギー代表が25日に行われ、1-0でオランダが勝利した。 3日前に行われたポーランド代表戦を2-0で完勝した首位のオランダ(勝ち点13)は、その試合から先発を4人変更。ポーランド戦で負傷したデパイやフレンキー・デ・ヨング、コープマイネルスらに代えてヤンセンやベルフハイス、デ・ローンらを先発で起用した。 一方、前節のウェールズ戦を2-1で勝利し準決勝進出へ望みをつないだ2位のベルギー(勝ち点10)は、その試合から先発からティーレマンスとカラスコをオナナとカスターニュに変更した以外は同じ先発メンバーを起用。ウェールズ戦で退席処分となったマルティネス監督に代わり、アシスタントコーチのティエリ・アンリ氏が指揮を執ることとなった。 準決勝進出を懸けた天王山は、3点差以上での勝利が条件となるベルギーが立ち上がりからボールを握ると14分、敵陣でボールを奪ったデ・ブライネが持ち上がりラストパス。これをバチュアイがボックス左からダイレクト合わせたが、シュートは相手GKの正面を突いた。 その後は両チームがアタッキングサードまでボールを運ぶが、互いに集中した守備陣を崩せず、なかなか決定機まで持ち込めない。すると30分にオランダはベルフハイスが負傷するアクシデントに見舞われ、ガクポとの交代を余儀なくされた。 対するベルギーは32分、デ・ブライネのループパスからゴール前に抜け出したヴィツェルがチャンスを迎えたが、つま先で合わせたボールはGKパスフェールにキャッチされた。 ゴールレスで迎えた後半、オランダはヤンセンとアケを下げてテイラーとマラシアを投入。対するベルギーはバチュアイとムニエを下げてデ・ケテラエルとカラスコをピッチに送り出した。 後半も膠着状態が続く中、ベルギーは66分にデ・ブライネのロングパスでゴール前に走りこんだオナナが右足ボレーで合わせたが、これはGKパスフェールの好セーブに阻まれた、 対するオランダは74分、ガクポの左CKをゴール前でフリーのファン・ダイクがヘディングで叩き込んだ。さらに76分には、ボックス右でパスを受けたガクポの落としからベルフワインが決定機を迎えたが、シュートは右サイドネットに外れた。 先制したオランダは90分、ブリントのロングパスでボックス内に侵入したベルフワインが胸トラップからハーフボレーでゴールに迫ったが、これはGKクルトワの好セーブに阻まれた。 1点を追うベルギーは、試合終了間際にルケバキオがオーバーヘッドシュートでゴールに迫ったが、直後に試合終了のホイッスルが響き、逃げ切ったオランダがグループステージ無敗で2大会ぶりの2度目の準決勝進出を決めた。 また、同時刻開催となったリーグA・グループ4もう一試合のウェールズ代表vsポーランド代表は0-1でポーランドが勝利した。 試合はゴールレスで迎えた後半に動く。ポーランドは58分、左サイドでボールを受けたキヴィオルのアーリークロスをボックス手前のレヴァンドフスキがワンタッチで繋ぐと、ボックス内に抜け出したシフィデルスキが難なくネットを揺らした。 結局、これが決勝点となり、ポーランドが1-0で勝利。今大会未勝利に終わったウェールズがリーグB降格となった。 2022.09.26 05:58 Mon
twitterfacebook
thumb

オランダ代表、デパイら3選手が負傷離脱…代わって若手2選手を追加招集

オランダサッカー協会(KNVB)は23日、FWメンフィス・デパイ(バルセロナ)、MFフレンキー・デ・ヨング(バルセロナ)、MFトゥン・コープマイネルス(アタランタ)の3選手がオランダ代表から離脱したことを発表した。 3選手は22日に行われたUEFAネーションズリーグのポーランド戦(2-0で勝利)にいずれもスタメンで出場。だが、コープマイネルスは前半立ち上がりに相手選手との接触で脳震盪、デ・ヨングは前半に太もも、デパイは後半立ち上がりに上腿を負傷。いずれも途中交代となっていた。 そして、25日に控えるベルギー代表戦でのプレーが困難と判断されて代表離脱が決定した。 この3選手の離脱を受け、ルイス・ファン・ハール監督はMFライアン・グラフェンベルフ(バイエルン)、FWブライアン・ブロビー(アヤックス)の2選手を追加招集している。 2022.09.24 07:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly