C・ロナウドの2発などでポルトガルがスイスに4発完勝!《UEFAネーションズリーグ》

2022.06.06 05:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23のリーグAグループ2第2節、ポルトガル代表vsスイス代表が5日に行われ、4-0でポルトガルが勝利した。

2日に行われた前節のスペイン代表戦をドローで終えたポルトガルは、その試合から先発を6人変更。アンドレ・シウバやベルナルド・シウバ、ラファエル・ゲレイロ、GKジオゴ・コスタらに代えてクリスティアーノ・ロナウドやジョタ、ネヴェス、GKルイ・パトリシオらを起用。オタビオ、C・ロナウド、ジョタを3トップに並べた[4-3-3]で試合に臨んだ。

一方、チェコ代表に惜敗し黒星スタートとなったスイスは、前節から先発を6人変更。GKゾマーやエンボロ、フロイラーらに代えてセフェロビッチ、シャキリ、シュテフェン、GKコベルらを起用。また、ウォーミングアップ中にバルガスが負傷し急遽ロトンバが先発で起用された。

試合は開始早々にスイスがゴールネットを揺らす。5分、シャキリの右CKからゴール前で混戦が生まれると、最後はセフェロビッチがゴールに流し込んだが、VARの結果、直前の競り合いでペペのクリアボールがシェアの左手に当たっており、ハンド判定でゴールは取り消された。

対するポルトガルは15分、ペナルティアーク手前で獲得したFKからC・ロナウドが強烈なシュートでゴールを脅かすと、GKコベルが弾いたボールをゴール前のW・カルバーリョがゴールに押し込んだ。

その後は一進一退の攻防が繰り広げられる中、ポルトガルが35分に再びスコアを動かす。ロングパスから右サイドのスペースに抜け出したブルーノ・フェルナンデスの折り返しをボックス内のジョタが落とし、最後は走りこんだC・ロナウドが右足で豪快にネットを揺らした。

ポルトガルは39分にも、ブルーノ・フェルナンデスのパスでボックス左深くから侵入したヌーノ・メンデスの折り返しを受けたジョタが素早い反転からシュート。これは相手GKに弾かれたが、こぼれ球をC・ロナウドが押し込み、3-0で前半を終えた。

迎えた後半、先にチャンスを作ったのはホームチーム。51分、自陣からカウンターを仕掛けるとブルーノ・フェルナンデスのサイドチェンジをボックス右で受けたオタビオの折り返しからC・ロナウドがゴールネットを揺らしたが、オフサイドディレイによりゴールが認められず。

その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。そんな中、ポルトガルは68分に途中出場のベルナルド・シウバのスルーパスでDFの裏に抜け出したカンセロが飛び出したGKをかわし、無人のゴールへ流し込んだ。

さらにポルトガルは82分、左サイドサイドをドリブルで持ち上がったレオンがボックスライン付近でK・ムバブに倒されると、主審はPKを宣告。しかし、VAR検証の結果、倒された位置がボックス手前と判定され、PKは取り消された。

結局、試合はそのまま4-0でタイムアップ。C・ロナウドの2ゴールなどでスイスを粉砕したポルトガルが今大会初白星。一方のスイスは、痛恨の連敗となった。

関連ニュース
thumb

UNLで屈辱の5失点に守護神ドンナルンマは怒り 「今夜の試合では全員にミスがあった」

パリ・サンジェルマン(PSG)のイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマがチームの惨敗に失望と怒りを示した。『UEFA.com』が伝えている。 イタリアは14日、敵地で行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23リーグA・グループ3の第4節でドイツ代表と対戦した。4日にホームで行われた試合では1-1のドローゲームだったが、この日は立ち上がりからドイツの攻撃に耐え切れず、前半だけで2失点。後半にもミスが頻発して3失点を喫したチームはFWウィルフレッド・ニョントとDFアレッサンドロ・バストーニのゴールで2点を返したものの、2-5の惨敗を喫した。 守護神として先発し、ゲームキャプテンを務めながら、5失点の一因にもなったドンナルンマは試合後、落胆しつつ、チーム全体でこの惨敗の責任を負う必要があると断じた。 「僕たちはこの結果に対して怒りを持っている。今日の姿が本当のイタリアではないと示すため、僕たちはお互いの目を見てリスタートしなければならないだろう。今夜の試合では、すべてが足りなかった」 「イタリアのファン、特にドイツに住んでいるイタリア人に対して、とても申し訳なく思っているよ。今夜の試合では、全員にミスがあったと思う。僕も大きなミスをしてしまったから、その責任はとりたいね」 2022.06.15 11:16 Wed
twitterfacebook
thumb

ケイン、ハンガリー戦連敗の0-4惨敗劇も前向く 「W杯で成功するために努力を続ける」

イングランド代表の主将を務めるFWハリー・ケインが前向きなコメントを発した。欧州サッカー連盟の公式サイト『UEFA.com』が報じている。 UEFAネーションズリーグ(UNL)リーグAグループ3の3試合を消化して、2分け1敗のイングランド。14日の第4節でハンガリー代表をウォルバーハンプトンに迎え撃った。 4日の第1節で60年ぶりの金星を献上した相手との再戦に向け、ケインも先発復帰したが、16分に先制点を献上。後半も失点を重ね続け、0-4の大敗を喫してしまった。 リベンジを期した試合で返り討ちに遭ったイングランドがこれで4試合未勝利となり、最下位に。ケインは「残念な夜だ」と悔しさを滲ませたが、気を取り直した。 「前半は得点するチャンスが十分にあったけど、鋭さが全くなかった。0-2にされてからも受け入れ難いけど、パニックに陥る時期じゃない。頭を上げて、9月にまた強くなって戻ってこないとね」 「久々の大敗だ。忘れるべき夜だけど、結果を受け止めて前進しないといけない。(今年11月のカタール・)ワールドカップ(W杯)に向けて準備する必要があるし、この活動は多くの学びになるはずだ」 「(ユーロ2020での)60年ぶりの決勝進出に(ロシア・)ワールドカップでの準決勝進出だったり、過去50年間と比べて、僕らがどこから来たのかを忘れてはならない。W杯で成功するために努力を続ける」 2022.06.15 11:05 Wed
twitterfacebook
thumb

5失点惨敗のイタリア…マンチーニ監督も完敗認める 「ドイツははるかに優れていた」

イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督がチームの完敗を認めた。『UEFA.com』が伝えている。 イタリアは14日、UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23リーグA・グループ3の第4節でドイツ代表と対戦した。UNL3戦未勝利の相手に立ち上がりからボールを握られると、10分に失点を許してしまう。前半終了間際にもPKで追加点を許したチームは後半に守備が崩壊して3失点。その後、FWウィルフレッド・ニョントに代表初ゴールが生まれ、終了間際にもDFアレッサンドロ・バストーニがゴールを挙げるなど意地を見せたが、2-5で敗れた。 4日に1-1のドローゲームを演じたドイツとの再戦で5失点大敗にマンチーニ監督も落胆を隠さず、相手がはるかに優れていたと完敗を認めた。 「このような形でシーズンを終えるのは残念だ。ドイツが強いのは理解しているが、我々は彼らに好きなようにプレーさせてしまった。我々にはいくつかのミスがあり、チームとしてうまく守れなかったと思う」 「ドイツのような素晴らしいスピードを持つ相手にリードを許してしまうと、スペースができる危険な状況となる。常に多くのリスクを背負うことになるんだ」 「我々にとっては長い道のりだ。良いことがあれば、そうでないこともある。今夜もニョントのゴールやその他のチャンスなど、心強い兆候もあった。とはいえ、ドイツは我々よりはるかに優れており、勝利に値する」 2022.06.15 10:28 Wed
twitterfacebook
thumb

UNL初勝利のドイツ、監督&選手が揃って喜び 「チームに大きな賛辞を」

ドイツ代表陣営が勝利の喜びに浸った。欧州サッカー連盟 の公式サイト『UEFA.com』が報じている。 UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23リーグA・グループ3の3試合を消化して、3試合連続のドローでいまだ勝利がないドイツ。攻撃陣がいまひとつ乗り切れない状況が続くなか、第4節でイタリア代表をメンヒェングラートバッハに迎え撃った。 4日に1-1のドローゲームを演じたユーロ王者との再戦だったが、10分にMFヨシュア・キミッヒの一発を皮切りに計5発のゴールラッシュ。2天こそ返されたが、5-2の勝利を掴み、首位のハンガリー代表にわずか1ポイント差の2位で追走している。 初勝利のハンジ・フリック監督は「チームに大きな賛辞を送らなければならない。4試合目にまたあのようなパフォーマンスを披露してくれたことに敬意を表する」と労いの言葉を送ると、選手たちもそれぞれが心境を明かしている。 FWトーマス・ミュラーは「ファンの応援があったから素晴らしいパフォーマンスを出せた」と胸を張ると、GKマヌエル・ノイアーもドイツ『ZDF』のインタビューで「ワールドカップに向けてもポジティブな結果を残すのが大事だった」と話した。 また、2ゴールの活躍を披露したFWティモ・ヴェルナーも「4試合目にして初めて試合を支配できた。プレッシングを仕掛け、自分たちの実力を示せた試合だったよ」と満足げ。「報われて嬉しい」と2ゴールを記録した個人の結果も嬉しがっている。 2022.06.15 10:15 Wed
twitterfacebook
thumb

返り討ちにされ、最下位に転落…サウスゲイト「若いチームを選んだのは私の責任」

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督が惨敗劇を振り返った。欧州サッカー連盟の公式サイト『UEFA.com』が報じている。 14日にUEFAネーションズリーグ(UNL)リーグAグループ3の第4節でハンガリー代表をホームに迎え撃ったイングランド。4日に60年ぶりの金星を献上したハンガリーとの再戦だったが、退場者も出して0-4の大敗を喫した。 返り討ちにされ、4試合未勝利で最下位に転落したサウスゲイト監督は「良いスタートを切ったが、先制点を取られ、少し自信をなくした。後半の早い段階でチャンスもあったが、2失点目は本当に致命的だった」と語った。 また、「若いチームを選んだのは私の責任。ハンガリーとの2試合ではバランスがうまく取れなかった。1失点後、不安が少し忍び寄り、そこから立ち直れなかったんだ」と続け、改めて肩を落とした。 「チャンスを作れてはいた。ゴール前に飛んできてDFにクリアされるようなボールもあったが、明らかに得点できていない。今夜は何人かの先発選手を休ませたかったが、厳しい夜だった」 2022.06.15 08:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly