37歳のカソルラが現役続行を明言!「サッカーを楽しみ続けたい」

2022.06.03 14:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元スペイン代表MFサンティ・カソルラ(37)が、現役続行の意思を示している。

プロデビューしたビジャレアルをはじめ、マラガやアーセナルなどで活躍してきたカソルラ。2020年8月からは、当時チャビ・エルナンデスが監督を務めていたアル・サッドに移籍し、活躍の場をカタールに移した。

魔術師と呼ばれるその才能は中東でも遺憾無く発揮され、加入1年目からスターズ・リーグやAFCチャンピオンズリーグなど公式戦34試合で20ゴール14アシストを記録。国内三冠に貢献した。また、公式戦25試合に出場した今季は、リーグ戦では16試合で6ゴール8アシストをマーク。個人としては2連覇を達成することとなった。
そして、アル・サッドとの現行契約が今夏で満了を迎える中、スペイン『カデーナ・セール』の番組に出演したカソルラは現役続行を明言した上で、母国復帰の可能性も示唆した。

「契約は今月終了する。彼らの考えを伝えてくれるのを待っているところだ。どんな選択肢があるか見てみよう。私はまだまだ元気で、サッカーを楽しみ続けたい。体は大丈夫だと言っている。今も気分がいいよ」

「スペインに戻るドアを閉めるつもりはない。私に何が待っているのか、テーブルには何が置かれているのか注目してみよう。何も除外するつもりはないよ。重要なことはサッカーを続けることだ」

関連ニュース
thumb

37歳サンティ・カソルラ、引退後の人生を検討「アーセナルで何か役に立ちたい」

アル・サッドでプレーする元スペイン代表MFサンティ・カソルラ(37)が、古巣アーセナルへの復帰を希望している。 2020年夏からアル・サッドに活躍の場を移したカソルラ。その初年度にリーグ戦20試合で13ゴール11アシストの数字を残し優勝に貢献すると、昨季も16試合6ゴール8アシストの成績で連覇を果たした。 そして、今夏には2023年夏まで契約を延長。リーグ戦は9月半ばを最後に中断中だが、ここまでは開幕から全7試合でフル出場しており、2ゴール2アシストと変わらずの活躍を披露している。 そんな中、イギリス『デイリー・メール』のインタビューで今後の進退について言及。引退が迫っているとし、アーセナルで役職に就くという希望を明かした。 「引退後の人生を考え始めなければならないね。監督か、アシスタントコーチか、はたまたスポーツ・ディレクターかはわからないけどね」 「夢はアーセナルでもっとたくさんプレーすることだった。もちろん、また戻りたいと思っているよ。クラブが自分のことを考えてくれているかどうか、コーチや監督として何かの役に立てるかどうか、待たないといけない」 2022.11.16 14:30 Wed
twitterfacebook
thumb

カタールで躍動するカソルラ、アル・サッドと1年の契約延長

元スペイン代表MFサンティ・カソルラ(37)が、アル・サッドとの契約を延長した。 新たな契約は1年間で、2023年夏までとなる。 カソルラはレアル・オビエドの下部組織からビジャレアルの下部組織に移籍。2004年7月にファーストチームに昇格した。 その後、レクレアティボ・ウエルバへの移籍を経験するも、1年でビジャレアルに復帰。中心選手として活躍する。 2011年7月にマラガへと完全移籍すると、2012年8月にはアーセナルへ完全移籍。プレミアリーグでもそのパスセンスとゲームメイク力を発揮。しかし、度重なる足首のケガでプレーできない期間が続くと、2018年8月にビジャレアルへと復帰した。 ビジャレアル復帰後は、ケガも癒えて本来のパフォーマンスを取り戻すと、2020年8月に当時チャビ・エルナンデス監督(現バルセロナ監督)が指揮していたアル・サッドに完全移籍した。 アル・サッドでは公式戦65試合に出場し29ゴール28アシストを記録。カタール・スターズリーグでは36試合で19ゴール19アシスト。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では16試合に出場し5ゴール4アシストを記録していた。 2022.07.03 20:25 Sun
twitterfacebook
thumb

アル・サッド、ペップの参謀リージョを新指揮官に招へい!

アル・サッドは17日、フアン・マヌエル・リージョ氏(56)の監督就任を発表した。19日にカタール入りした後、就任会見に臨む見通し。スペイン『アス』によると、2024年6月までの2年契約といわれる。 母国スペインを中心に指導者キャリアを歩み、かつてヴィッセル神戸の監督も歴任したリージョ氏。2020年6月から、ミケル・アルテタ現アーセナル監督の退団に伴い、アシスタントコーチとしてマンチェスター・シティのコーチ陣に入閣した。 それからというもの、指導者の腕を極めるにあたって自身を師とも仰ぐジョゼップ・グアルディオラ監督の参謀役に。2021-22シーズンのチームも段違いの強さを見せつけ、リバプールとの一騎打ちに発展したプレミアリーグで連覇を成し遂げた。 カタールに旅立つリージョ氏は2年間を過ごしたシティの公式サイトを通じて、「マンチェスター・シティで過ごした時間はキャリアを通じて最も楽しいものの1つだった」と別れの挨拶をしている。 「ペップ、バックルームのスタッフ、そしてグループの選手たちと一緒に仕事ができ他のは喜びであり、ちょっとはピッチ上での素晴らしい成功に貢献できたと思う。クラブの成功を祈るとともに、これからもすべての野望を達成できるよう願っている」 アル・サッドはチャビ・エルナンデス監督が昨年11月に古巣バルセロナの監督就任で退任した後、元バレンシアのハビ・グラシア氏を招へい。2021-22シーズンもカタール・スターズリーグを制して、見事に連覇した。 2022.06.18 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

王者アル・ヒラルはハメスのアル・ラーヤンと同居! オルンガ擁するアル・ドゥハイルはセパハン、パフタコールの強豪と対戦《ACL2022》

アジアサッカー連盟(AFC)は17日、2022シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ組み合わせを発表した。 今シーズンも西地区と東地区に分かれて開催されるACL。先日発表された日程では、今大会はカタール・ワールドカップ(W杯)の影響により、2022年と2023年にまたがって開催されることが決定していた。 西地区は4月にセントラル開催でグループステージを消化。ラウンド16からは2023年に行われ、2月に決勝まで一気に行うこととなる。 東地区は4月にグループステージ、ラウンド16から準決勝は8月に開催。決勝が2023年2月となる。 前回大会王者のアル・ヒラル(サウジアラビア)はグループAに入り、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス擁するアル・ラーヤン(カタール)、FCイスティクロル(タジキスタン)、そしてプレーオフ3の勝者と同居した。 また、ケニア代表FWオルンガらを擁するアル・ドゥハイル(カタール)は、セパハン(イラン)、パフタコール(ウズベキスタン)と強豪チームと共にグループDに入り、プレーオフ1の勝者も同居した。 ◆ACLグループステージ組み合わせ 《西地区》 【グループA】 アル・ヒラル(サウジアラビア) アル・ラーヤン(カタール) FCイスティクロル(タジキスタン) プレーオフ勝者3 【グループB】 アル・ジャジーラ(UAE) アル・シャバブ(サウジアラビア) ムンバイ・シティ(インド) エア・フォース・クラブ(イラク) 【グループC】 フーラードFC(イラン) アル・アハリ・ドバイ(UAE) アハルFC(トルクメニスタン) アル・ガラファ(カタール) 【グループD】 アル・ドゥハイル(カタール) セパハン(イラン) パフタコール(ウズベキスタン) プレーオフ勝者1 【グループE】 アル・サッド(カタール) アル・ファイサリ(サウジアラビア) アル・ワフダート(ヨルダン) プレーオフ勝者2 《東地区》 【グループF】 山東泰山(中国) 浦和レッズ ライオン・シティ・セーラーズ(シンガポール) プレーオフ勝者4 【グループG】 BGパトゥム・ユナイテッド(タイ) 全南ドラゴンズ(韓国) ユナイテッド・シティ(フィリピン) メルボルン・シティ(オーストラリア) 【グループH】 全北現代モータース(韓国) 横浜F・マリノス ホアンアイン・ザライ(ベトナム) プレーオフ勝者1 【グループI】 川崎フロンターレ 広州FC(中国) ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア) プレーオフ勝者3 【グループJ】 上海海港(中国) チェンライ・ユナイテッド(タイ) 傑志(香港) プレーオフ勝者2 2022.01.17 18:50 Mon
twitterfacebook
thumb

アル・サッド、チャビ監督の後任に元バレンシア指揮官のハビ・グラシアを招へい

カタールのアル・サッドは7日、ハビ・グラシア氏(51)の新監督就任を発表した。 アル・サッドでは、2019年から指揮し、スターズリーグをはじめとする7つのタイトルをもたらしたチャビ・エルナンデス監督が先月5日に退任。窮地に立つ古巣バルセロナを救うため、自ら契約解除金の支払いの一部を肩代わりしたとも伝えられた。 後任に任命されたハビ・グラシア監督は、ビジャレアルのユースでキャリアをスタートし、アルメリアやオサスナ、マラガなど母国クラブを中心に指揮。近年ではワトフォードやバレンシアを率いたが、今年5月に成績不振でバレンシアから解任を言い渡されていた。 再びスペイン人指揮官に託したアル・サッド。今月20日に再開されるリーグ戦では現在8勝1分けで首位に立っており、ハビ・グラシア新監督には前監督からの連覇が期待されている。 2021.12.08 14:16 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly