バイエルン、アヤックスDFマズラウィ獲得を正式発表

2022.05.24 22:40 Tue
Getty Images
バイエルンは24日、アヤックスのモロッコ代表DFヌサイル・マズラウィ(24)の獲得を発表した。フリートランスファーでの加入で、契約期間は2026年6月までの4年間となっている。
PR
オランダ出身でアヤックスのアカデミーで育ったマズラウィは、2018年2月にトップチームデビュー。高い技術と戦術理解度に加え、推進力も兼ね備えるプレーメーカータイプの右サイドバックとして、これまで公式戦135試合に出場し10ゴール9アシストを記録。
3度のエールディビジ優勝、2度のKNVBカップ優勝に貢献した。

バイエルン移籍が決まったマズラウィは以下のようにコメントしている。

「バイエルンとの最初の交渉から好印象だった。ヨーロッパ最高のクラブへと移籍できて嬉しいよ。バイエルンでは最高のタイトルを取れると思ったので選んだよ」

PR
関連ニュース

ようやくの連敗ストップにトゥヘル監督が安堵… ミュラーも勝利の重要性を強調 「このような試合をものにできたのは大きい」

バイエルンの久々の勝利をトーマス・トゥヘル監督らが振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ブンデスリーガ前節のボーフム戦で逆転負けし、公式戦3連敗中のバイエルン。トゥヘル監督の今シーズン限りでの退任が決まった中、立て直しに向け、24日の第23節ライプツィヒ戦に臨んだ。 前半はゴールレスで終えるも、56分にイングランド代表FWハリー・ケインが左足でシュートを決めきり、バイエルンが先制。その後は一度追いつかれたが、80分に今度はケインがボレーシュートを叩き込み、公式戦の連敗をストップした。 トゥヘル監督は内容を振り返り、接戦ながらも勝ちきれたことが大きいとコメント。次節のフライブルク戦に繋がると語った。 「前半は非常に良いプレーをしたが、2点のリードを奪い損ねた。後半はライプツィヒのプレー強度が上がり、前半のようにスペースを埋めることができなくなり、状況が複雑になった」 「ライプツィヒがプレッシャーを強めた時にゴールを決めた。そして1-1になってからも良い反応を見せた。強い相手との接戦だったが、最終的には勝利に値した」 「互角の状況もあったが、全体的には非常に集中していた。良いパフォーマンスだった。この勝利は我々にとって良いことだし、フライブルク戦に向けた土台となるはずだ。我々は今、さらに上を目指さなければならない」 また、この試合で先発し、65分までプレーしたドイツ代表MFトーマス・ミュラーも勝利に言及。このタイミングでの白星の重要性を説いている。 「僕らは皆同じ船に乗っている。3連敗したし、簡単な週ではなかった。だから、ライプツィヒという手強い相手に勝てたことに満足している。このような試合をものにできたのは大きい」 2024.02.25 17:54 Sun

トゥヘル退任決定のバイエルン、ケインの劇的ドッペルパックでライプツィヒに競り勝ち連敗ストップ【ブンデスリーガ】

ブンデスリーガ第23節、バイエルンvsライプツィヒが24日に行われ、2-1でバイエルンが勝利した。 前節ボーフムに逆転負けし、公式戦3連敗となった2位バイエルン(勝ち点50)は、首位レバークーゼンとの勝ち点差を8に広げられた中、トゥヘル監督の今季限りでの退任が決定。そのバイエルンは出場停止のウパメカノに代わってセンターバックにはデ・リフトとダイアーが入った。 一方、5位ライプツィヒ(勝ち点40)は前節ボルシアMG戦でゴールを挙げたオペンダとシャビ・シモンズが先発となった。 開始5分にラファエル・ゲレイロの左クロスに合わせたケインのヘディングシュートでゴールに迫ったバイエルンが押し込む入りとする。 ここはGKブラシュヴィッヒのファインセーブに阻まれたバイエルンだったが、ポゼッションを高めてライプツィヒに圧力をかけていった。 ライプツィヒにカウンターを許さず試合を進めるバイエルンは34分、ムシアラのスルーパスに抜け出たサネがGKと一対一になるも、かわしにかかったところで角度が厳しくシュートを打ちきれない。 さらに42分、ゴール前のケインがバイシクルシュートを狙ったが、GKブラシュヴィッヒの正面を突き、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、53分にハイダラのミドルシュートでGKノイアーを強襲したライプツィヒは、直後のCKから決定機。シマカンのボレーでゴールに迫ったが、わずかに枠を外れた。 すると56分にバイエルンが先制。ムシアラのパスをボックス左で受けたケインがシュートを決めきった。 追う展開となったライプツィヒは61分に同点の絶好機。しかしシェシュコが抜け出してGKと一対一になるも、シュートはノイアーにビッグセーブで阻止された。 だが70分、ライプツィヒが追いつく。ダニ・オルモのパスをボックス内で受けたシェシュコが今度はシュートを決めきった。 追いつかれたバイエルンは80分、ケインがゴール至近距離からヘディングシュートを狙うも枠外へ。それでも追加タイム1分、ケインがバイエルンを救う。ボックス左に侵入したチュポ=モティングの浮き球ボールをケインが左足ボレーで蹴り込んだ。 これが決勝点となってバイエルンが競り勝ち、連敗を止めている。 2024.02.25 04:26 Sun

ミランが若き才能の宝庫・ボローニャから“看板3枚抜き”?

ボローニャは、言わば若き才能の宝庫だ。 24日現在、セリエAでチャンピオンズリーグ(CL)圏内の暫定4位につけるボローニャ。資金力に乏しいプロヴィンチャだが、その安定感はインテルら強豪に勝るとも劣らない。 率いるは就任2年目のチアゴ・モッタ監督(41)。現役時代にバルセロナとインテルでCL制覇を経験し、キャリア晩年はパリ・サンジェルマン(PSG)でプレー。地味ながらもチームに欠かせぬリンクマンだった名役者だ。 そんな男はボローニャでの舵取りも高く評価され、古巣バルセロナが次期指揮官にリストアップしているとも。また、それ以上に有力視されているのは、古巣インテルの宿敵・ミランの次期指揮官職だ。 モッタ監督の下で大きく成長した選手も多数。 バイエルンでの伸び悩みはもはや過去、U-21オランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(22)。自国の偉大な指揮官と同じ姓を持つスコットランド代表MFルイス・ファーガソン(24)。2人は揃ってモッタ監督と共にミラン行きが噂されている人気銘柄だ。 イタリア『カルチョメルカート』によると、ザークツィーは前所属バイエルンが4000万ユーロ(約65億2000万円)の買い戻しオプションを保有。ファーガソンも2027年6月までの契約+1年延長オプションがあり、2500万ユーロ(約40億7000万円)程度で獲得できる選手ではない。 ミランとしては、モッタ監督をポスト・ピオリの筆頭に据えるなか、カギを握りそうなのがボローニャへ貸し出し中のベルギー代表MFアレクシス・サーレマーケルス(24)。この男を交渉に含めることにより、“最大操作”=モッタ+ザークツィー+ファーガソンの3者同時獲得へ、というプランがあるとみられている。 3者同時獲得…もちろん現段階ではミランにとってアイデアのひとつに過ぎないようだが、実現なら素晴らしい補強に。優秀な青年指揮官、若き攻撃的タレント2枚…その腕に疑いの余地はない。 2024.02.24 17:50 Sat

バイエルンは今夏のデイビス退団を覚悟? 後釜として狙うはミランのフランス代表DFか

バイエルンがカナダ代表DFアルフォンソ・デイビス(23)の退団に備え、左サイドバックの補強を計画しているようだ。 2019年1月にバイエルンへ加入して以来、左サイドバックの主力としてチームに貢献してきたデイビス。今シーズンも公式戦27試合に出場する同選手だが、クラブとの契約は2025年6月までとなっている。 バイエルンはデイビスとの契約延長を望むも、選手側が要求する大幅な昇給に応じるつもりはなし。今夏に契約が残り1年となるカナダ代表DFに対しては、かねてより関心を示してきたレアル・マドリーがオファーする可能性が高いと報じられている。 ドイツ『スカイ・スポーツ』によると、バイエルンのクラブ関係者も夏にデイビスが去るのを覚悟しているとのこと。すでに後釜のリストアップが始まっており、ミランのフランス代表DFテオ・エルナンデス(26)が有力な候補になっている模様だ。 テオ・エルナンデスはミランの絶対的な左サイドバックであり、今シーズンも公式戦32試合4ゴール8アシストを記録。オファーするとなればミランの徹底抗戦も予想される中、バイエルンがどのような決断を下すかが注目される。 2024.02.24 17:40 Sat

バイエルンで立ち位置微妙なデ・リフト、今夏去就は新監督次第か

バイエルンで苦境のオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(24)だが、将来を巡っては新監督次第だという。 アヤックスでのブレイクから、ユベントスでのプレーを挟み、2022年夏からバイエルンに加入したデ・リフト。新たな守りの軸として期待されての加入だが、トーマス・トゥヘル監督のもとで絶対的な存在になりきれずにいる。 今季はここまで公式戦18試合に出場中だが、ケガの問題も重なり、今季加入のキム・ミンジェらとの序列で劣勢。そのなか、移籍市場に精通するイタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏がバイエルンでの現状をレポートした。 もっとプレーしたがっているデ・リフトだが、これからどうしていくかは今季限りで退任するトゥヘル監督の後任が決まり次第、改めて検討されるそうだ。 外からはというと、今年1月にパリ・サンジェルマン(PSG)から興味が示され、来る夏に向けてもプレミアリーグ勢が意欲的とも。ユベントスに移ってから、やや伸び悩みの感もあるセンターバックだが、去就やいかに。 2024.02.24 09:40 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly