【ECL決勝プレビュー】初代王者を懸けたローマとフェイエノールトによる名門対決!

2022.05.25 12:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝、ローマvsフェイエノールトが、日本時間25日28:00にアルバニアのティラナにあるアレーナ・コムバターレでキックオフされる。イタリアとオランダの名門による初代王者の座を懸けた運命のファイナルだ。

今シーズン、稀代の名将モウリーニョを新指揮官に招へいしたローマは、トラブゾンスポルとのプレーオフを連勝で制してグループステージに進出。そのグループステージではノルウェー王者ボデ/グリムトに1-6というクラブ史に残る屈辱的な大敗を喫したが、最終的に4勝1分け1敗で首位通過を決めた。

決勝トーナメントではラウンド16でフィテッセに競り勝つと、準々決勝では因縁の相手ボデ/グリムトと再戦。敵地での初戦を1-2で落としたが、ホームでの2ndレグをMFザニオーロのハットトリックの活躍によって4-0の圧勝。4戦目にしてノルウェー王者に初勝利を挙げて逆転での4強進出となった。

2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)、昨シーズンのヨーロッパリーグ(EL)に続き、3つのコンペティションでベスト4進出を果たしたチームは、準決勝の壁となっていたイングランド勢(リバプール、マンチェスター・ユナイテッド)であるレスター・シティと対戦。ロジャーズ監督との師弟対決となった2試合では敵地での初戦をMFペッレグリーニのゴールで1-1のドローに持ち込むと、ホームでの2ndレグではFWエイブラハムのゴールを最後まで守り抜き、ウノゼロでの完勝。タイムアップ直後にポルトガル人指揮官も感極まるエモーショナルな勝ち上がりで、1990–91シーズンにインテルに敗れて準優勝に終わったUEFAカップ(ELの前身)以来のファイナルに到達した。

1960–61シーズンのフェアーズカップ(ELの前身)以来、クラブ史上2度目のヨーロッパのタイトル獲得を目指すジャッロロッシは、今シーズンのセリエAを6位でフィニッシュ。最終節のトリノ戦での3-0の勝利によってリーグ6試合ぶりの白星を挙げると共に、来季EL出場権を確保して今回の大一番に弾みを付けている。

一方、前AZ指揮官のアルネ・スロット新監督の下で今季をスタートしたフェイエノールトは、2回戦からの参戦となった予備予選を危なげなく突破してグループステージ進出。グループステージではウニオン・ベルリンやスラビア・プラハという難敵と同居したものの、4勝2分けの無敗で首位通過を決めた。

決勝トーナメントではパルチザン、スラビア・プラハを相手に自慢の攻撃力で打ち勝つと、準決勝では優勝候補マルセイユと激突。下馬評では劣勢と思われたが、ホームでの1stレグを主砲デサースの2ゴールの活躍などによって3-2で先勝すると、敵地での2ndレグではチーム一丸となった堅守でゴールレスドローに持ち込み、小野伸二やファン・ペルシ、ファン・ホーイドンクを擁し、優勝を果たした2001-02シーズンのUEFAカップ以来のファイナル進出を果たした。

史上初となるCL、EL、ECLの3つのUEFAコンペティション制覇を目指すオランダ屈指の名門は、今季のエールディビジをアヤックスとPSVの2強に次ぐ3位でフィニッシュしており、ローマ同様に来季のEL出場権を確保。ホームでの最終節ではトゥベンテ相手に1-2の敗戦を喫したが、その直前は5勝1分けの6戦無敗と好調を維持。また、中4日のローマに対して、中9日と準備期間において大きなアドバンテージを得ており、良い状態でティラナの地へ乗り込む。

なお、両チームは2014-15シーズンのELラウンド32で唯一の直接対決を行っており、ローマが1勝1分けの戦績でラウンド16進出を決めている。

◆ローマ◆
【3-4-1-2】
▽予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:ルイ・パトリシオ
DF:マンチーニ、スモーリング、イバニェス
MF:カルスドルプ、セルジオ・オリベイラ、クリスタンテ、ザレフスキ
MF:ペッレグリーニ
FW:ザニオーロ、エイブラハム

負傷者:MFムヒタリアン
コロナ陽性者:なし
出場停止者:なし

出場停止者はいない。ハムストリングのケガで約1カ月の離脱が続くムヒタリアンが唯一の負傷者となっているが、少なくともメンバー入りは可能な模様だ。

システムは2トップ+トップ下か、1トップ+2シャドーか、前線の構成に違いはあるものの、[3-4-1-2(3-4-2-1)]の採用が濃厚だ。

スタメンに関しては前述のメンバーを予想したが、状態次第でムヒタリアンがセルジオ・オリベイラか、ザニオーロに代わってスタートからプレーする可能性もある。また、長期離脱明けから好パフォーマンスを継続するスピナッツォーラが新星ザレフスキに代わって左ウイングバックに入る形もありそうだ。なお、両チームを通じて唯一のアルバニア人プレーヤーであるクンブラだが、母国のピッチに立つ可能性があるとすれば、リード時の守備固めか。

◆フェイエノールト◆
【4-2-3-1】
▽予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:マルシアノ
DF:ヘールトライダ、トラウナー、セネシ、マラシア
MF:アウルスネス、コクチュ
MF:ネルソン、ティル、シニステラ
FW:デサース

負傷者:なし
コロナ陽性者:なし
出場停止者:なし

出場停止者、負傷者共になし。守護神バイロウの復帰に伴い、全主力が起用可能な状態だ。

システムに関しては中盤三角形の[4-3-3]とも形容できる[4-2-3-1]の採用が濃厚だ。

スタメンに関してはマルセイユとの準決勝2試合と同じメンバーを予想。バイロウはすでに練習試合で実戦復帰を果たしているが、2カ月半に渡って公式戦出場がない中での抜擢は考えにくい。その他ではキャプテンのMFトールンストラ、前線ではFWジャハンバクシュやFWブライアン・リンセン辺りに先発起用の可能性もある。

★注目選手
◆ローマ:MFロレンツォ・ペッレグリーニ
Getty Images

生え抜きカピターノが約60年ぶりの欧州タイトル獲得へチームをけん引できるか。今回のファイナルでは9ゴールで得点ランキング2位の主砲エイブラハムやザニオーロに注目が集まるところだが、DFマンチーニ、MFクリスタンテのイタリア代表コンビと共にリーダーグループを形成する25歳のカピターノがキープレーヤーだ。

ローマ生まれ、ローマ育ちの生粋のロマニスタは、一度サッスオーロに売却されたが、2年後にクラブが買い戻しオプションを行使し、永遠の都へ帰還。以降は着実に成長を遂げ、今シーズンからはフランチェスコ・トッティ、ダニエレ・デ・ロッシ、アレッサンドロ・フロレンツィという先達も巻いた腕章を引き継ぎ、名実ともにジャッロロッシの顔となった。

今シーズンは幾度か負傷離脱はあったものの、ここまで公式戦40試合14ゴール8アシストを記録。トップ下や2シャドーの一角、セントラルMFと複数のポジションをこなしながら、186cmの恵まれた体躯を生かしたダイナミックなプレー、高精度のキック、創造性を武器にチャンスメーカー、フィニッシャーとして抜群の存在感を発揮している。

今大会においてはプレーオフ初戦、グループステージ初戦でいずれもチーム初ゴールを記録し、準々決勝以降の4試合では2ゴール2アシストと、すべての試合で得点に関与する勝負強さも見逃せない。

今季のホーム最終戦となったヴェネツィア戦では前述のトッティ、デ・ロッシという偉大なるバンディエラが激励のためオリンピコを訪れており、ザレフスキと共に生え抜きとして大一番に臨む“ロッロ”は気合十分だ。

◆フェイエノールト:FWルイス・シニステラ
Getty Images

トロフィーを置き土産にステップアップを図る。今大会の得点ランキングトップ(10ゴール)に立つデサース、司令塔のMFティル、MFコクチュ、ディフェンスリーダーのDFセネシと、注目プレーヤーに事欠かないフェイエノールトだが、圧倒的な個の打開力で崩しの切り札としての役割を担う22歳のコロンビア代表FWがキープレーヤーだ。

母国の名門オンセ・カルダスから2018年にオランダ屈指の名門に加入した172cmのドリブラーは、加入2年目からトップチームの主力に定着すると、今シーズンはキャリアハイとなる公式戦47試合23ゴール14アシストという圧巻のスタッツを叩き出した。

左ウイングを主戦場に、足にボールが吸い付くような繊細なタッチ、相手の重心の逆を突くドリブルテクニックを武器に個で局面を打開すれば、カットインからの右足という得意のパターンでゴールを量産している。

引いた相手やクロス精度に課題を残すものの、好戦的なマンチーニやカルスドルプといったマッチアップが予想されるローマの守備陣に対して、そのプレースタイルがプラスに働く可能性が高い。

なお、コロンビア代表ではFWラファエル・ボレがフランクフルトで先日のEL制覇に大きな貢献をみせ、FWルイス・ディアスがリバプールでCL決勝のキーマンの一人と目されており、シニステラの活躍にも大きな注目が集まるところだ。

今夏の移籍市場ではレバークーゼンやアーセナル、ナポリ、ミラン、ベティスといった欧州4大リーグのビッグクラブからの関心が伝えられ、ステップアップが既定路線と見られるが、トロフィーを置き土産に自身の価値をさらに高めることはできるか。

関連ニュース
thumb

イスコ、ローマからのオファーを拒否

ローマからの関心が報じられた元スペイン代表MFイスコ(30)だが、オファーを断ったようだ。スペイン『アス』が伝えている。 今夏で退団した元アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンの後釜としてローマが関心を示したイスコ。先月イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えた時点では、ムヒタリアンが実際に退団した場合にのみ獲得に動くとされていたが、先日にインテル移籍が発表され、公式にオファーを提示した模様だ。 しかし、レアル・マドリーで5度のチャンピオンズリーグ制覇の実績を持つイスコは、イタリア首都クラブからのオファーを拒否したようだ。『アス』によれば、プレミアリーグからの関心も届いているという。 2022.07.05 19:55 Tue
twitterfacebook
thumb

イタリア代表FWベロッティはローマへ? ザニオーロ放出なら本格交渉スタートか

トリノとの契約が満了となったイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(28)に対し、ローマが関心を強めているようだ。 2015年夏からトリノに在籍していたベロッティは、2016-17シーズンにセリエAで26得点を挙げて一気にブレイク。以来、移籍市場が開くたびにビッグクラブ行きが噂されてきたが、幾度も残留を繰り返していた。 だが、とうとう先月30日付で契約満了で退団が決定。現役イタリア代表選手をフリーで獲得できるチャンスとあって、数多のクラブが関心を寄せているが、ここにきてローマ移籍の可能性が徐々に高まっているようだ。 イタリア『TuttoMercatoWeb』によると、ローマのジョゼ・モウリーニョ監督は、イタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)のユベントス行きが決定した場合は、その後釜としてベロッティを迎え入れたい考え。イングランド代表FWタミー・エイブラハムとベロッティによる2トップを望んでいるとみられている。 あくまでザニオーロを放出した場合のみとのことだが、ザニオーロはすでにユベントスと個人間合意に至ったと報じられているため、交渉に本腰を入れる可能性は極めて高いと言える。 ローマの他には、ウェストハムやモナコ、ガラタサライ、フェネルバフチェからの関心が強いとされるベロッティだが、選手本人の優先順位はセリエA残留とのこと。イタリア国内でもその去就には大きな注目が集まっている。 2022.07.05 18:34 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマがトルコ代表DFチェリク獲得を発表! 20-21はリールでリーグ・アン制覇の右SB

セリエAのローマは5日、リールからトルコ代表DFメーメト・ゼキ・チェリク(25)の獲得を発表した。契約は2026年6月までで、背番号は「19」となる。 チェリクは2018年夏からリールに在籍し、公式戦通算143試合8得点14アシストを記録。2020-21シーズンはリーグ・アン優勝にも貢献した。また、トルコ代表としては昨夏のユーロ2020にも出場し、通算32試合2得点を記録している。 チェリクはローマ公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「ローマのように大きなクラブでプレーする機会をもらえて光栄だよ。僕には大きな野心があり、チームの成功に貢献したいと思っているよ」 「僕はとても集中していて、ローマのために戦う準備ができている。決して諦めず、ピッチ上で全力を注ぐ僕を見せるよ」 ローマは元セルビア代表MFネマニャ・マティッチらに続いて、チェリクが今夏3人目の新戦力となる。 なお、イタリア『スカイ』によると、移籍金は700万ユーロ(約9億9000万円)。年俸は200万ユーロ(約2億8000万円)のようだ。 2022.07.05 17:24 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマ加入のマティッチ、モウリーニョ監督への厚い信頼強調「彼の存在がローマを選んだ理由の一つ」

ローマに加入した元セルビア代表MFネマニャ・マティッチ(33)が、ジョゼ・モウリーニョ監督への信頼を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 昨シーズン限りでマンチェスター・ユナイテッドを退団したマティッチ。ラツィオやフルアムなど複数クラブの関心があるなか、恩師であるモウリーニョ監督率いるローマへの加入が決定した。 4日に開かれた入団会見では、ゼネラル・マネージャーのチアゴ・ピント氏が「彼がこの選択をしてくれて非常に嬉しい。我々のプロジェクト、進歩における素晴らしい兆候だ」と語るなど、高い期待がかけられている。 会見に出席したマティッチもローマでプレーする期待感を口にしつつ、チェルシー、ユナイテッドで共に仕事をしてきたモウリーニョ監督への信頼を強調。指揮官の戦術は熟知しており、すぐにフィットできるはずだと自信を示した。 「またジョゼと一緒に仕事ができてとても嬉しいね。彼は僕がローマを選んだ理由の一つだ。ジョゼの下でプレーした試合数で、僕より上はフランク・ランパードだけだから、彼の記録を破りたい」 「ジョゼとは以前から良い関係を築いていて、連絡も取り合っていた。ただ、(ローマへの誘いがあったのは)ほんの数カ月前だ。フットボールでは次の数カ月で何が起こるかわからず、僕らにはそれを知るだけの経験があった」 「数カ月前に話した際、彼は僕をチームに迎えたいと言ってきた。そして、それはもちろん僕の決断に影響を与えたよ。彼とローマは僕にとって完璧なつながりであり、彼の野心と僕の野心、そしてクラブの野心は同じ方向に進んでいた」 「同じ野心を持っていたから、交渉はとても早かったよ。(優勝した)ヨーロッパ・カンファレンスリーグ決勝の結果は、僕の去就に影響しなかったんだ。僕はすでにローマに来ることを決めていたからね。一度頭の中で決めたことを変えるのは不可能さ」 「ジョゼとの経験から、彼がチームにいる選手次第でシステムを変えることは理解している。僕自身は、中盤3枚でも2枚でもプレーしてきたから、適応はしやすいよ。もちろん、ベストを尽くしたい。僕の役割は監督がどんなプレーをしたいかにより、その指示に従う」 また、マティッチはローマのチームメイトについても言及。主将であるロレンツォ・ペッレグリーニを高く評価しており、共演を待ち望んでいる。 「もちろん、ローマの選手についてはほとんど知っている。試合も見ていたからね。そのなかでもペッレグリーニはベストの一人であり、もっとも重要な存在なのは確かだと思う。彼は素晴らしい選手であり、ピッチ上で僕たちは素晴らしい関係を築けるだろう。もちろん、明日から始まるトレーニングでそれを証明しなければならない。でも、僕は間違いなく選手として彼が好きだよ」 2022.07.05 13:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ベジェリンの今季はアーセナル?ベティス? 他クラブからの関心は低下か

アーセナルのスペイン代表DFエクトル・ベジェリン(27)は、依然として新シーズンの去就が不透明のようだ。 16歳からアーセナルの下部組織で育ち、長らくファーストチームの一員としてプレーしてきたベジェリン。しかし、近年は退団希望が頻繁に伝えられており、昨シーズンはレアル・ベティスへとレンタル移籍していた。 ベティスへの移籍には買い取りオプションが付帯していなかったため、ひとまずはロンドンへと帰還したベジェリン。だが、本人はベティス残留を望み、ベティス側も完全移籍を模索中と見られる中、現時点ではアーセナル残留が最も現実的なシナリオのようだ。 スペイン『アス』によると、アーセナルは2022-23シーズンへ向けたプレシーズン最初の親善試合でイプスウィッチ・タウンと対戦。ベジェリンはキャプテンマークを腕に巻いて前半45分間をプレーし、チームも5-1で勝利していた。 『アス』は、この事実をミケル・アルテタ監督によるメッセージであると指摘しており、ベジェリンの今夏売却を必ずしも前向きに捉えていない可能性が浮上しているという。 ベティスはベジェリン再獲得のための資金作りが困難と以前から報じられ、特に300万ユーロ(約4億2400万円)以上とみられる年俸は支払えない状況。それでも、定位置の被るスペイン人DFマルティン・モントーヤ(31)、DFユスフ・サバリ(29)を放出してでも、なんとかして連れ戻したい思惑があり、諦めることなく希望を持ち続けているようだ。 アトレティコ・マドリーやビジャレアル、ローマなどといった他クラブからの関心は徐々に薄れてきていることが伝えられており、ベジェリンの新シーズンの舞台がアーセナルとベティスのどちらかとなる可能性は非常に高いと考えられている。 2022.07.04 16:19 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly