「素晴らしいスキル」女子選手がテクニックでネイマールを完膚なきまでにやりこめる…悔し紛れのリアクションも

2022.05.24 21:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールがテクニックで翻弄された。

ネイマールの名を冠した5対5のストリートサッカー大会『レッドブル・ネイマール・ジュニア・ファイブ』。カタールのドーハで開催を予定していたが、中止となってしまった。

ただ、本人参加のエキシビジョンマッチは開催。妙技を披露といきたいところだったが、対戦相手に翻弄され、相当に悔しがる姿を晒してしまった。

マッチアップしたのは女性のフリースタイル・フットボーラー、リサ・ジモウシェ。ネイマールからボールを奪うと、タイトな寄せに遭いながらもボディバランスと足技を駆使して長時間キープし、ブラジル代表のエースを手玉に取った。

ジモウシェはPSGの育成組織出身で、2014年にはストリートスタイルの世界チャンピオンにも輝いている。閲覧者はテクニックに脱帽し、「素晴らしいスキル」、「クイーン」、「ネイマールをめちゃくちゃにしたのはすごいね」、「最高」など、称賛の声を上げている。

『ESPN』はネイマールのリアクションにも注目。完敗を喫し、ばったりと倒れ込むと、起き上がって悔し紛れの反撃。脱げたジモウシェの靴を笑いながら遠くへ放り投げた。

ストライカーを倒した本人も「まだ私の靴を探しています(笑)。尊敬するネイマール、なんて楽しい時間だったでしょう、皆さんに感謝しています!」と、貴重なプレー体験を振り返っている。

1 2

関連ニュース
thumb

「あの決断を背負って生きていくということ」…レアルを振ったムバッペにモドリッチが見解

レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチがパリ・サンジェルマン(PSG)残留を決意したフランス代表FWキリアン・ムバッペに言及した。 長らくの相思相愛ぶりから、PSGと契約切れの今夏に確実といわれたムバッペのレアル・マドリー行き。しかし、蓋を開けれみれば、今年5月22日にPSGと新たに3年契約を結んでの残留で決着した。 レアル・マドリー側からすれば、まさかの結末。背後に政治的圧力があったともされ、その一件から時間が経った今も物議を醸すなか、モドリッチが母国メディア『Sportske』で見解を示した。 「ムバッペは自分の意思でああいう決断したんだ」 「それは彼の権利だし、これからの彼はあの決断を背負って生きていくということさ」 「僕らの誰もが来ると思っていたけど、そうならなかった」 「それでどうするか? だからって、僕らは彼をはりつけにする気なんてないよ」 「彼は素晴らしい選手だけど、繰り返すように、クラブより重要な選手なんていない」 「レアル・マドリーはどんな選手よりも上の存在で、これからもずっとそう」 2022.07.03 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

去就不透明なネイマール、ニューカッスルのジョエリントンも勧誘「ボールも簡単に集まるよ」

去就が不透明な状況にあるパリ・サンジェルマンのブラジル代表ネイマール。ニューカッスルの同胞FWジョエリントンが誘いをかけている。 2017年にバルセロナから加入して以降、ここまで公式戦144試合100ゴール60アシストを記録し、多くの国内タイトルに貢献してきたネイマール。 クラブのアイコンと言える存在だが、今夏にクラブがフランス代表FWキリアン・ムバッペ中心のチーム作りを進め、ネイマールの同胞レオナルド氏に代わってルイス・カンポス氏を補強責任者に任命したこともあり、今夏の移籍市場での売却の可能性が浮上している。 ナセル・アル・ケライフィ会長がネイマールの父親に連絡を取り、移籍を薦めたという報道もある中で、新天地候補に挙がっているチェルシーの同胞DFチアゴ・シウバがブラジル『グローボ』のインタビューで「チェルシーに来るべき」とコメントして話題に。 さらに、今度はジョエリントンもブラジルのポッドキャスト『Cast FC』にて、30歳をニューカッスルに誘う旨のコメントを残した。 「僕たちは彼に居場所を与えることができる。もちろん、世界のどこにいってもそうだろうけどね」 「もし彼が来ればそれは…。ちょっと説明できないね。彼はアイドルなんだ。世界のサッカー界で大きな存在だ」 「これで招待は済んだよ。ネイ、もし君がこれを聞いたなら来てもいいんだよ。いつでも駆けつけるよ。それにボールは簡単に来るよ」 ネイマールを招待するにはそれなりのクラブ規模と費用が必要になるが、サウジアラビア資本をバックに持つニューカッスルならあるいは…。 2022.07.02 15:43 Sat
twitterfacebook
thumb

交渉スタートから2週間以上…ポチェッティーノ監督が退任でPSGと合意

クラブとの契約を巡ってなかなか合意に至らなかったマウリシオ・ポチェッティーノ監督(50)だったが、パリ・サンジェルマン(PSG)とついに合意したようだ。フランス『レキップ』が報じた。 今夏は大幅に体質改善を図ろうと動いているPSG。ナセル・アル・ケライフィ会長も方針を変え、「あれも、これも勝ち取りたいというのはやめなければいけない。土台を作らなければいけない。ピッチの上でも、外でも、規律を守る必要がある」とビッグクラブになっていくための基盤を作りたいと考えている趣旨のコメントを残している。 その中で、フランス代表FWキリアン・ムバッペと契約を延長。健全なチームを作るためにムバッペをチームの軸に置く他、チームの指揮官を代えようとと画策。ニースを率いていたクリストフ・ガルティエ監督を招へいしようとしている。 ガルティエ監督はニースと契約を解消。PSGが違約金の800万ユーロ(約11億5000万円)を支払ったとされている中、ポチェッティーノ監督の退任で合意できずにいた。 交渉開始から実に2週間が経過。『レキップ』によれば、なんとか合意に漕ぎつけたようだ。 結局のところ、2022-23シーズンの給与の支払い求めていた中、およそ1000万ユーロ(約14億1500万円)を支払うことで合意したとのこと。6月30日にサインされたようだ。 月曜日からはチームのプレシーズンのトレーニングがスタート。ガルティエ監督を迎えて始動することへの障壁がこれで無くなったことになる。 2022.07.01 17:18 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGが期待の17歳サイドバックとプロ契約締結!

パリ・サンジェルマン(PSG)は6月30日、フランス人DFヴィモイ・ムントゥ・ワ・マング(17)とのプロ契約を発表した。 契約期間は2025年6月30日までの3年間となる。 6歳でサッカーを始めたワ・マングは、2017年8月に12歳でPSGのトレーニングセンターの研修生となり、2019年に正式に参加した。 PSGでは様々なユースカテゴリーを通過し、2021年7月にU-19チームに昇格。2021-22シーズンはUEFAユースリーグで5試合に出場し1アシストを記録するなど、一定の結果を残していた。 左サイドバックを主戦場とする期待の若手。世代別の代表歴などはないが、今後どう成長するのだろうか。 2022.07.01 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

サラーやマネらアフリカ年間最優秀選手賞の候補30名

アフリカサッカー連盟(CAF)は6月30日、2021-22シーズンの男子最優秀選手賞の候補者30名を発表した。 2020-21シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の影響もあり受賞が中止に。2019年以来となる。 2019年に受賞したのは今夏リバプールからバイエルンへと移籍したセネガル代表FWサディオ・マネ。その前の2年間はリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが受賞していた中、今年も2人はノミネートされている。 2人のどちらかの受賞が濃厚とされる中、マネはセネガル代表としてアフリカ・ネーションズカップ(AFCON)でエジプトを破り優勝。また、カタール・ワールドカップ(W杯)アフリカ最終予選でもエジプトを破って出場権を獲得している。 一方でリバプールでのプレーを見れば、共にタイトルを2つ獲得。サラーは、トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンとともに得点王に輝いていた。また、イングランドプロサッカー選手協会(PFA)も受賞している。 その他、プレミアリーグを制したマンチェスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズやセリエAを制したコートジボワール代表MFフランク・ケシエなどもノミネートされている。 ◆アフリカ年間最優秀選手賞候補30名 リヤド・マフレズ(アルジェリア/マンチェスター・シティ) ベルトラン・トラオレ(ブルキナファソ/アストン・ビラ) ブラッティ・トゥーレ(ブルキナファソ/ピラミッド) エドモン・タプソバ(ブルキナファソ/レバークーゼン) アンドレ=フランク・ザンボ・アンギサ(カメルーン/ナポリ) カール・トコ・エカンビ(カメルーン/リヨン) ヴァンサン・アブバカル(カメルーン/アル・ナスル) ユスフ・エチャンガマ(コモロ/ギャンガン) フランク・ケシエ(コートジボワール/ミラン) セバスティアン・アラー(コートジボワール/アヤックス) モハメド・アブデルモネム(エジプト/アル・アハリ) モハメド・エルネニー(エジプト/アーセナル) モハメド・サラー(エジプト/リバプール) モハメド・エル・シェナウィ(エジプト/アル・アハリ) ムサ・バロウ(ガンビア/ボローニャ) ナビ・ケイタ(ギニア/リバプール) アリュー・ディエング(マリ/アル・アハリ) ハマリ・トラオレ(マリ/レンヌ) イヴ・ビスマ(マリ/トッテナム) アクラフ・ハキミ(モロッコ/パリ・サンジェルマン) ソフィアン・ブファル(モロッコ/アンジェ) ヤフヤー・ジャブラーヌ(モロッコ/ウィダード) ヤシン・ブヌ(モロッコ/セビージャ) モーゼス・サイモン(ナイジェリア/ナント) エドゥアール・メンディ(セネガル/チェルシー) カリドゥ・クリバリ(セネガル/ナポリ) ナンパリイズ・メンディ(セネガル/レスター・シティ) サディオ・マネ(セネガル/リバプール→バイエルン) サリウ・シス(セネガル/ナンシー) アリ・マールル(チュニジア/アル・アハリ) 2022.07.01 12:50 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly