カーボン調の黒ベース、ユベントスの来季アウェイ用ユニが初リーク!

2022.05.25 06:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスの来季アウェイ用ユニフォームがリークされた。23日付で『Footy Headlines』が伝えている。

ユベントスは今冬にセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチという目玉補強を成したが、勝ち切れない試合が続き、最終戦もフィオレンティーナに敗れて2シーズン続けての4位フィニッシュとなった。

復権に向けた来季のホームユニフォームはすでに正式に発表されているが、アウェイ用のシャツに関する情報も出回ったようだ。

ベースカラーはアンスラサイトと呼ばれるグレーに寄せた黒。これを基調に、よりはっきりとした黒でストライプを入れた。

エンブレムや肩のスリーストライプは白とされているが、シルバーのようにも見える。襟も同色で縁取られ、喉元で交差するデザインが目を惹く。

ホームキット同様、胸スポンサーである『Jeep』のロゴには細かいアクセントとして、内部に稲妻をプリントしている。

1 2

関連ニュース
thumb

タッキナルディ氏が古巣ユベントスなどに言及「イタリア人の確保は重要」

元イタリア代表のアレッシオ・タッキナルディ氏が、ミランやユベントスの移籍市場について言及した。イタリア『TuttoMercatoWeb』が伝えている。 現役時代にユベントスで多くのタイトルを獲得したタッキナルディ氏。『TMW Radio』に出演し、セリエA王者のミランが、テクニカル・ディレクター(TD)を務めるパオロ・マルディーニ氏や、スポーツ・ディレクター(SD)のフレデリック・マッサーラ氏らの契約延長に関する公式アナウンスが未だないことに驚きを隠さなかった。 「本当に不思議だ。彼ら2人はリスクを冒して若い選手たちに賭け、最も重要なトロフィーを掲げた。素晴らしい仕事ぶりだ。2人がまだサインしていないとすれば奇妙と言える」 首脳陣2人の一件がミランの補強戦略に打撃を与えているかとの問いかけに対しては、「その通りだ。もしディールを進められない状況だとしたら選手はミランから離れて行く。スヴェン・ボトマンがニューカッスルへ行き、レナト・サンチェスはパリを選択したという記事を見たよ」と回答し、今夏のトップターゲットだったリールの2選手を例に挙げ、影響は間違いなくあるとの見方を示した。 一方、古巣ユベントスが獲得を目指すとされるローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(22)に対しては、「前線にドゥシャン・ヴラホビッチがいて、12月にはフェデリコ・キエーザが戻ってくる。もしアンヘル・ディ・マリアがスカッドに加わるとすれば、ザニオーロに今すぐスターターの役割を与えることは難しいだろう。だが、現在のユベントスが質の高いイタリア人を確保することはとても重要だ」と持論を述べ、現在のレギュラー格に自国の選手が少ない現状を憂いた。 ユベントスからチェルシーへの売却が報じられるオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(22)に関する質問には、自身が在籍した時代の出来事を振り返り、ポジティブにとらえるべきとの姿勢を垣間見せた。 「ジダンがクラブを去る日が近いとわかったとき、首脳陣らはすぐに動いた。ブッフォンやネドベド、リリアン・テュラムを獲得したね。チームを整理し、手に入れた資金を興味深いアイディアに活用すれば、競争力のあるチームを作ることは可能だ」 当時レアル・マドリー行きが決まったジネディーヌ・ジダン氏と入れ替わるようにユベントスの一員となった現パルマ所属の元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンや、クラブの副会長を務めるパベル・ネドベド氏らの名を挙げ、デ・リフト売却も選択肢としては間違っていないと述べた格好だ。 2022.06.30 15:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントス、クラブOBのモンテーロ氏がプリマヴェーラ指揮官に就任

ユベントスは28日、プリマヴェーラ(U-19チーム)の指揮官にパオロ・モンテーロ氏(50)を招へいしたことを発表した。 元ウルグアイ代表DFのモンテーロ氏は、現役時代にアタランタやユベントスといったイタリアのクラブで活躍。セリエAを4度制するなど、1990年代後半から2000年代前半にかけてユベントスの主力センターバックとして一時代を築いた。 現役引退後は古巣ペニャロールで指導者としてのキャリアをスタートし、コロンやロサリオ・セントラル、サンベネデッテーゼの指揮官を歴任。直近は2021年10月までサン・ロレンソを指揮していた。 2022.06.29 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

カシージャスがユーベ移籍迫るディ・マリアを称賛「用心深く知的な男」

ユベントス移籍が時間の問題となっているアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア。レアル・マドリーでチームメイトだった元スペイン代表のイケル・カシージャス氏が太鼓判を押した。 2015年夏に加入したパリ・サンジェルマン(PSG)との契約満了を迎え、今夏に新天地を求めたディ・マリア。母国復帰の意思もあり、先日にロサリオ・セントラルの監督に就任したカルロス・テベスから誘いもあったという中で、キャリア6つ目のクラブとなるのはユベントスが決定的となっている。 現地時間29日にも契約が締結される可能性が伝えられる中、カシージャス氏がイタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューでディ・マリアに言及。34歳となっても体のシャープさを維持する真のプロフェッショナルだと称賛した。 「キエーザにヴラホビッチ、ポグバ、そしてアンヘル…、なんてチームだ! 」 「彼はワールドカップへの準備をしたいと言っていた。常に体のケアを怠らない用心深い男なんだ。だから大ケガをしたことは一度もない。かなりシャープな体だと思うよ」 「ここヨーロッパで彼は常にハイレベルを維持してきた。しかもビッグクラブでね。ディ・マリアはユーベに違いをもたらせるだろう」 「11月にはワールドカップが控え、レギュラーでプレーし、大会に向けて最高の準備ができるチームを探していたことは明らかだ」 「34歳となっても、彼は偉大なプレイヤーだ。今となっては年齢は比較的ただのカウントに過ぎない。選手の寿命は延びてきている」 「ユベントスは様々なポジションでプレーできる選手に資金を投じてきた。我々がデシマを達成した当時、アンチェロッティはシーズン途中に彼のポジションを変えていたが、とてもよくやっていたよ」 「彼は前線でも中央でもプレーできるし、フットボールをよく理解している知的な男だ。さらに印象的なシュート力も持っていて、一人で試合決めることができる」 2022.06.29 14:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ディ・マリアが29日にユベントスと契約か

ユベントスが29日にもパリ・サンジェルマンを退団したアルゼンチン代表FWアンヘル・ディ・マリア(34)と契約する可能性があるようだ。アルゼンチン『Relevo』が伝えている。 同メディアによれば年俸750万ユーロ(約10億円)+出来高の1年契約を結ぶとのことだ。 一時は獲得見送りも伝えられたユベントスだったが、バルセロナとの争奪戦を制したようだ。 主軸として活躍したPSGでは公式戦295試合で93ゴール119アシストを記録したディ・マリア。キャリアの最後を母国で過ごしたい意思のあるディ・マリアだが、その前にヨーロッパでもう一花咲かせることとなった。 2022.06.29 06:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ディバラのインテル入り交渉が停滞…CEO「新たな道を模索しなければ」

インテルの最高経営責任者(CEO)を務めるジュゼッペ・マロッタ氏がアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(28)との交渉停滞を明かした。 2015年夏に加入したユベントスで公式戦100ゴール以上を決めたりと活躍したが、2021-22シーズン限りで満了の契約を巡る延長交渉がまとまらず、今夏にフリーとなるディバラ。イングランドからの関心も取り沙汰されたが、インテル行きが濃厚視される。 一部メディアからはすでに条件面で合意に至り、近くメディカルチェックの見通しとも報じられたが、マロッタCEOはミラノでのイベント先でイタリア『スカイ』らのマイクを通じて、交渉自体を認めつつ、話し合いが暗礁に乗り上げている状況を説明している。 「ディバラの代理人と会ったことを否定するつもりはない。我々は新たな道を模索する必要があるだろう。ディバラはクラブが注目している1人だが、結論を出すためには当事者たちが同じ方向に収束していく必要がある。現時点で合意はまだだ」 『スカイ』によると、クラブとディバラはこの10日間、話し合いの場を設けていないという。チームはチェルシーから年俸800万ユーロ(約11億4000万円)+ボーナスで復帰目前とされるベルギー代表FWロメル・ルカク(29)に注力しているため、ディバラ獲得の優先度が下がっているという。 ルカクが加わる攻撃陣にFWラウタロ・マルティネス、FWエディン・ジェコ、FWホアキン・コレア、FWアレクシス・サンチェスをすでに擁するインテルは2、3人のアタッカーを放出した上で、高額のサラリーを求めるディバラ側に譲歩の姿勢があれば、交渉が進展する可能性があるとみられる。 2022.06.28 10:54 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly