結論まだも「頭にあるのはヨーロッパ」…スアレスが去就語る

2022.05.24 16:55 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーを退団するウルグアイ代表FWルイス・スアレス(35)が去就に言及した。

2020年夏にアトレティコ・マドリーに活躍の場を移したスアレス。当時のバルセロナを率いたロナルド・クーマン監督に半ば追い出される形でのアトレティコ入りだったが、1年目からラ・リーガで21ゴールを決め、優勝に貢献した。

2年目の今季も公式戦45試合の出場で13得点を記録したが、FWアントワーヌ・グリーズマンの復帰やFWジョアン・フェリックスの復調によるポジション争いの激化で途中出場の割合も増加。契約最終年の今季をもって退団が決まった。

それにより、実績を鑑みても当然の成り行きだが、行き先を巡る憶測も加熱。すでにイングランドのほかにも中東やアメリカ、ブラジルが挙がり、今夏の去就が注目されるスアレスだが、現時点でまだ何の結論も下していないようだ。

スペイン『Cadena SER』の番組『El Larguero』に出演したスアレスは行き先を問われると、「誓って、まだ何も。多くのオプションとオファーはあるけどね。みんなの意見を聞きながら、そのときが来たら決断したい」と返した。

その流れでヨーロッパ以外でプレーする可能性を尋ねられると、「いやいや、僕の頭にあるのはヨーロッパだ」ときっぱり。スペインクラブからもオファーがあるのを認めつつ、引き続き高いレベルでプレーしたい思いを明かした。

「スペイン? もちろん、僕はここで築いたキャリアに大きな誇りを感じている。いくつかのチームからオファーもあるけど、まだ考え中だ。高いレベルで戦えるプロジェクトを見つけられたら」

今年11月にカタール・ワールドカップも迫る状況を考えると、プレー機会はもちろんながら、できればより高いレベルに身を投じておきたいところ。一部ではバルセロナ復帰を望むとする報道もあるが、決断やいかに。

関連ニュース
thumb

ユナイテッドがフェリックスに178億円オファーもアトレティコは拒否…契約解除条項は481億円

アトレティコ・マドリーは、マンチェスター・ユナイテッドからのオファーを拒否していたようだ。スペイン『アス』が報じた。 ユナイテッドが興味を示していたのは、ポルトガル代表FWジョアン・フェリックス(22)とのこと。1億3000万ユーロ(約178億6000万円)のオファーを出したとされている。 しかし、フェリックスを重要な戦力と捉えているアトレティコは当然拒否。ユナイテッド側にもそのことは伝えたとされた他、契約解除条項として3億5000万ユーロ(約481億円)が必要であることを伝えたとされている。 2019年7月にベンフィカから加入したフェリックスは、これまで公式戦112試合で29ゴール18アシストを記録。ケガなどもあり、加入当初に寄せられた期待ほどの結果は残せていないが、着実にチームの力になっている。 ディエゴ・シメオネ監督もチームにとって重要な戦力と捉えており、今シーズンは開幕戦のヘタフェ戦で3アシストを記録するなど、好スタートを切っている。 適応に苦労してきたフェリックスだが、今シーズンはしっかりと活躍できるチャンスと感じているとのこと。契約解除金を用意するとは考えにくく、今季もアトレティコで力を発揮することになりそうだ。 2022.08.18 10:05 Thu
twitterfacebook
thumb

開幕戦2ゴールのモラタ、アトレティコ残留の意思を強調「ここで幸せ」

アトレティコ・マドリースペイン代表FWアルバロ・モラタが残留の意思を強調している。 今夏に2年間のユベントス滞在を経てアトレティコにレンタルバックしたモラタ。ただ、移籍市場では前線の補強を画策するユベントスが買い取りを求めているとして、度々関連が報じられていた。 それでもクラブ間の交渉がまとまらず、迎えたラ・リーガ開幕戦。15日に行われたヘタフェ戦で、渦中のモラタは15分の先制点を含む2ゴールの活躍でチームを勝利に導いた。 チームも会心のパフォーマンスを見せた中、試合後にモラタはアトレティコで幸せであることを強調。また、移籍の噂についても言及した。スペイン『マルカ』がコメントを伝えている。 「ここでプレーすること、仕事をすること、多くの大会に出場することを楽しみにしているよ。戻ってこられて興奮している。いつものように、毎試合チームのために働き、走ることしかできないんだ」 「移籍市場で取り沙汰されることは結局は僕らの仕事でもあるし、どうしても報道で出てしまう。でも僕はここで一生懸命努力したかった。アトレティコは世界最高のクラブの一つだしね。移籍市場に関しては僕にはどうすることもできない。ただ、僕はここで幸せだし、ここでプレーを続けたい」 2022.08.16 18:10 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコが3発快勝発進! 復帰モラタ2Gにフェリックスが圧巻3A! グリーズマンにも久々ゴール《ラ・リーガ》

2022-23シーズンのラ・リーガ開幕節、ヘタフェvsアトレティコ・マドリーが15日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、アウェイのアトレティコが0-3で快勝した。 一昨シーズンの王者で昨季は3位に甘んじたアトレティコは、ヘタフェとのマドリード自治州ダービーで巻き返しを図るシーズンをスタートした。 シメオネ体制11年目のコルチョネロスは、今回の開幕戦に向けてコンディション不良のヒメネス、負傷のフェリペを除く昨季の主力がメンバー入り。スタメンでは新戦力のヴィツェルが3バックの中央、モリーナが右ウイングバックに入り、レンタルバックのサウールとモラタがそれぞれ左ウイングバック、2トップの一角でスタメン出場に。グリーズマンやカラスコ、アンヘル・コレアはベンチスタートとなった。 相性の良さを生かして立ち上がりから積極的な姿勢でゴールを目指すアトレティコ。幾度かサイドを起点に良い形の仕掛けを見せると、早い時間帯に先制点を奪う。 15分、ハーフウェイラインを越えた辺りでのサビッチの潰しからカウンターを発動。中央でレマル、サウール、フェリックスと流れるようにワンタッチパスが繋がると、最後はペナルティアーク付近でボールを受けたモラタが左足の正確なシュートをゴール左下隅へ突き刺した。 モラタの復帰弾で幸先よくリードを得たアウェイチームは、以降もマルコス・ジョレンテの右クロスにフェリックスが飛び込んで決定機に絡むなど、良い形の攻めを続ける。 しかし、時間の経過と共にホームのヘタフェが押し返していき、相手陣内でプレーする時間を増やしていく。なかなか決定機まで持ち込めない状況が続くが、前半終了間際の41分にはイグレシアスの右からのクロスにファーサイドで反応したマジョラルが左足のダイレクトボレー。だが、このシュートはクロスバーの上を掠めた。 前半終盤の守勢を凌ぎ1点リードで試合を折り返したアトレティコ。だが、立ち上がりの51分には相手のカウンターからボックス左のウナルに決定機を許すが、ここは相手のシュートミスに救われる。 後半はなかなかリズムを掴み切れないアトレティコだったが、新2トップがまたしても決定的な仕事を果たした。59分、モラタの果敢なハイプレスから相手のビルドアップのミスを誘発すると、高い位置でインターセプトしたフェリックスがボックス左に走り込むモラタへラストパス。モラタは体勢を崩しながらもニア上へ強烈なシュートを叩き込み、ドブレーテを達成した。 これで余裕が出てきたシメオネ監督は直後の62分に3枚替えを敢行。サウール、レマル、ジョレンテを下げてデ・パウル、カラスコ、グリーズマンを投入。この交代で並びを[3-4-3]に変更した。 以降は相手の攻撃を受ける時間帯がしばらく続くが、危なげなく撥ね返していく。すると、75分には絶好調のフェリックスの3度目のお膳立てから悩めるフランス代表FWにもゴールが生まれる。ハーフウェイライン付近の狭い場所で味方からの縦パスを受けたフェリックスが背後を狙うグリーズマンへ絶妙なスルーパスを供給。そのままボックス付近まで運んだグリーズマンがゴール右下隅へ正確なミドルシュートを流し込み、昨年11月末のカディス戦以来、約9カ月ぶりのリーグ戦ゴールを挙げた。 これで勝利に大きく近づいたアトレティコは、試合終盤に殊勲のモラタとフェリックスを下げてアンヘル・コレア、クーニャを同時投入。熾烈な前線のポジション争いが勃発する中、途中投入のアタッカー陣が果敢にゴールを目指した。 結局、これ以上のゴールを奪うまでには至らなかったが、きっちりヘタフェの反撃を無失点で凌ぎ切り、今季の開幕戦を3-0の快勝で飾った。 2022.08.16 04:26 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコのDFダニエル・ヴァスが古巣ブレンビーに11年ぶり復帰…背番号10で3年契約

デンマークのブレンビーは12日、アトレティコ・マドリーのデンマーク代表MFダニエル・ヴァス(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ヴァスは2025年6月30日までの3年契約を締結。背番号は「10」をつけることが決まった。 ヴァスはブレンビーの下部組織出身。2008年7月にファーストチームへ昇格すると、ノルウェーのフレドリクスタへレンタル移籍を経験。2011年7月にベンフィカへと完全移籍する。 すぐにフランスのエビアンへとレンタル移籍すると、2012年7月には完全移籍。2015年7月にセルタへと完全移籍すると、2018年7月にバレンシア、2022年1月にアトレティコ・マドリーへと完全移籍する。 アトレティコでは半年でわずか1試合の出場に終わったが、バレンシアでは公式戦152試合に出場し9ゴール15アシストを記録していた。 ラ・リーガでは通算225試合に出場し16ゴール31アシスト、リーグ・アンでも132試合で23ゴール12アシストを記録している。 デンマーク代表としても43試合に出場し1ゴールを記録。センターバックとゴールキーパー以外の全てのポジションでプレーできるユーティリティ性を持つ。 デンマークへの復帰は11年ぶり。古巣へ復帰し、カタール・ワールドカップ(W杯)に向けた準備を進める。 2022.08.12 22:22 Fri
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ開幕節プレビュー】王者レアル・マドリーは2部王者アルメリア戦! 久保はソシエダデビューなるか

2022-23シーズンのラ・リーガが8月12日(金)に開幕を迎える。昨シーズンは中盤戦以降に独走態勢に入ったレアル・マドリーが2シーズンぶり35度目の優勝を決めたが、今シーズンのラ・リーガの覇権争いを占う開幕節はいかなる結果となるか…。 2度目の就任となったアンチェロッティ監督の下で昨季のプリメーラ王者に輝いたレアル・マドリーは、連覇に向けた今季の初陣で昨季セグンダ王者のアルメリアと対戦する。 今夏の移籍市場ではMFチュアメニ、DFリュディガーの2選手の補強にとどまり、シーズン3冠を達成した昨季の継続路線を歩むエル・ブランコ。リーグ開幕に先駆けて10日に行われたUEFAスーパーカップではヨーロッパリーグ(EL)王者のフランクフルトを圧倒し、DFアラバとエースFWベンゼマのゴールによって2-0の快勝。シーズン6冠を目指す中で幸先よく今季最初のタイトルを獲得した。 そのフランクフルト戦では昨季チャンピオンズリーグ(CL)制覇を成し遂げたチームへのリスペクトもあり、リバプールとの決勝と全く同じスタメンを採用したが、中3日の日程で行われる開幕戦ではMFカマヴィンガやFWロドリゴ、前述の新戦力2選手がスタメンデビューを飾る可能性もある。 一方、8年ぶりのプリメーラ復帰となったアルメリアはプリメーラ王者をホームに迎える開幕戦で大番狂わせを狙う。レアル・マドリー相手に劣勢は必至と思われるが、粘り強く守備をしながら昨季セグンダで18ゴールを挙げたFWサディクらの一発に賭けたい。 盤石のレアル・マドリーから覇権奪還を目指す昨季2位のバルセロナは、昨季のカンプ・ノウでの対戦で屈辱の敗戦を喫したラージョ・バジェカーノを相手に白星発進を目指す。 今夏の移籍市場では新スポンサー契約や今後のテレビ放映権の一部売却で6億ユーロ以上の資金調達を図り、FWレヴァンドフスキ、FWハフィーニャ、DFクンデら数選手を獲得する大型補強を敢行。プレシーズンではその新戦力が早速フィットし、好調を維持している。ただ、ラ・リーガのサラリーキャップの問題で新戦力を含め主力数名を登録できず。クラブ首脳は最終的な登録を楽観視しているものの、13日のラージョ戦で新戦力がプレーできるかは不透明な状況だ。 一昨シーズンの王者で昨季は3位に甘んじたアトレティコ・マドリーは、ヘタフェとのマドリード自治州ダービーで巻き返しを図るシーズンをスタートする。シメオネ体制11年目のコルチョネロスは、DFモリーナやMFヴィツェルらを補強したものの、基本的には昨季の戦いがベースとなる。プレシーズンはマンチェスター・ユナイテッド、ユベントスを破るなどまずまずの仕上がりを見せており、昨季対戦で苦戦を強いられたキケ・フローレス率いる曲者相手にきっちり勝ち切りたいところだ。 また、現時点で今季のラ・リーガで唯一プレーするMF久保建英は、レアル・マドリーから完全移籍したレアル・ソシエダでのデビュー戦に臨む。プレシーズンは右ウイングを主戦場にまずまずのパフォーマンスでアピールを見せており、今回のカディス戦ではスタメンでのデビューも期待されるが、チームが昨季後半戦で採用していた[4-3-1-2]で臨むとの現地報道もあり、その場合はベンチからのスタートとなるかもしれない。 フライデーナイトの開幕カードとなったオサスナ戦に臨む昨季4位のセビージャは、難敵相手に白星発進を目指す。今夏にDFジエゴ・カルロス、クンデの主力センターバック2人が移籍した中、ガラタサライからDFマルコンを獲得したが、この開幕戦ではDFレキク、DFグデリがセンターバックでコンビを組む見込みだ。また、新加入組ではMFイスコ、マルコンが招集外となっているが、DFアレックス・テレスがメンバー入りを果たしている。 その他ではガットゥーゾのバレンシア、ディエゴ・マルティネスのエスパニョール、バルベルデのアスレティック・ビルバオという新指揮官の初陣、バジャドリーとジローナの昇格組の戦いにも注目したい。 《ラ・リーガ開幕節》 ▽8/12(金) 《28:00》 オサスナ vs セビージャ ▽8/13(土) 《24:00》 セルタ vs エスパニョール 《26:00》 バジャドリー vs ビジャレアル 《28:00》 バルセロナ vs ラージョ ▽8/14(日) 《24:30》 カディス vs レアル・ソシエダ 《26:30》 バレンシア vs ジローナ 《29:00》 アルメリア vs レアル・マドリー ▽8/15(月) 《24:30》 アスレティック・ビルバオ vs マジョルカ 《26:30》 ヘタフェ vs アトレティコ・マドリー 《28:30》 ベティス vs エルチェ 2022.08.12 21:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly