桐蔭横浜大FW山田新、“古巣”川崎Fでプロ入り! 「恩返ししたい」

2022.05.24 15:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
川崎フロンターレは24日、桐蔭横浜大学に在学するFW山田新(21)の来季加入内定を発表した。

山田は桐蔭横浜大学のエースで、U-13からU-18で川崎Fのアカデミーでプレー。大学を経由しての古巣復帰となる。

小さい頃から慣れ親むクラブでプロキャリアをスタートさせる山田は喜びの心境とともに決意を新たにしている。

「この度、川崎フロンターレに加入することになりました桐蔭横浜大学の山田新です。中学、高校とお世話になったフロンターレに加入し、また等々力でプレーできることをとてもうれしく思います」

「これまで支えてくださった方々に感謝しています。常に向上心を持ち、フロンターレの勝利に貢献できる選手になることで恩返ししたいと思います。応援よろしくお願いします」

1 2

関連ニュース
thumb

ボールは保持も1点止まりの川崎F、終盤被弾でドローに…磐田は遠藤のCKから伊藤がJ1初得点【明治安田J1第18節】

25日、明治安田生命J1リーグ第18節の川崎フロンターレvsジュビロ磐田が等々力陸上競技場で行われ、1-1の引き分けに終わった。 前節の北海道コンサドーレ札幌戦では終盤の猛攻で逆転勝ちを収めた川崎Fだが、ターンオーバーをして臨んだ第102回天皇杯は東京ヴェルディに敗れた。唯一残されたJ1のタイトルと3連覇へ必勝の気概を見せるべく、札幌戦で途中出場ながら2得点を挙げた小林を先発で起用した。 対する磐田も前節のサガン鳥栖戦で前半の大量リードを守り切って4試合ぶりの勝利。天皇杯でも湘南ベルマーレを相手にクリーンシートを達成し、守備に自信を付けて今節へ臨んだ。 キックオフ前には両チームに所属経験がある元日本代表FW大久保嘉人氏が、川崎Fの公認キャラクター・カワサキまるこのフルグラフィックTシャツを着てプレゼンターを務めるなど、和やかな雰囲気でゲームはスタートした。 戦前の予想通りにボールを握るのは川崎F。16分にはショートコーナーを使って大島のクロスに谷口が頭で合わせるも、GK三浦がファインセーブを披露。磐田はワントップの杉本がハーフウェーラインより後方まで下がる[5-4-1]でセットアップし、耐える展開も上等の構えを見せる。 相手陣地でのプレーが続くも、明確な決定機を作れなかった川崎Fだが、33分についに均衡を破る。左サイドを起点にショートパスを多用して機を伺うと、敵陣中央でボールを受けた谷口が浮き球をディフェンスラインの背後へ。軽く外へ膨らみ、大外から右のポケットへ侵入した山根は、右足ワンタッチで優しく合わせてゴール左隅に流し込んだ。 ビハインドで折り返した磐田は、後半から川崎Fの最終ラインへチェックを掛けるようになる。ただ、川崎Fも磐田のプレスをいなし、55分にはチャナティップが背後のスペースを突いてGKと一対一の決定機に。シュートは右のポストに嫌われたが、後方からの縦パスを引き出すなど、71分の塚川との交代まで精力的に動いた。 残り15分を切ると、磐田もポゼッションを高めて押し込む時間が増え、ボックス内にボールが入る回数も増加。途中出場のジャーメインや金子らが前線でアクセントとなり、小川のシュートから右CKを得ると、84分に試合を振り出しに戻す。遠藤のキックを車屋から逃げながらニアで伊藤が薄く合わせ、ファーへ流し込むJ1初ゴールで同点とした。 さらに、カウンターからジャーメインのヘディングが右ポストを叩くなど勢いの乗る磐田は、大井を最前線起用して3ポイントを取りにいく。 互いに次の1点を目指したが、新たなゴールは生まれずに試合はタイムアップ。多くの時間でボールを支配した川崎Fは、追加点を奪えなかったことが響いた。対する磐田は押される時間が長かったにも関わらず、最少失点にとどめたことで勝ち点「1」を手にするに至った。 川崎フロンターレ 1-1 ジュビロ磐田 【川崎F】 山根視来(前33) 【磐田】 伊藤槙人(後40) 2022.06.25 21:09 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第18節:川崎Fvs磐田】失意の天皇杯敗退から何を見せる? 磐田は90分間の集中を

【明治安田生命J1リーグ第18節】 2022年6月25日(土) 19:00キックオフ 川崎フロンターレ(3位/33pt) vs ジュビロ磐田(14位/18pt) [等々力陸上競技場] ◆今度は天皇杯でも敗退…立ち直れるか【川崎フロンターレ】 リーグ戦連敗、3試合連続無失点という近年見なかった低調ぶりを見せていた川崎F。しかし、前半戦ラストの北海道コンサドーレ札幌戦は、5-2で圧勝して折り返した。 仕切り直しで3連覇に向かって進みたい最中、ミッドウィークの天皇杯ではまさかの結果。J2の東京ヴェルディ相手に0-1で敗戦。相手GKマテウスの好セーブもあった中で主軸を途中起用しながらまたしてもゴールを奪えず。敗退となった。 AFCチャンピオンズリーグに続き、思わぬ段階でまた1つタイトルが消えた王者。リーグ3連覇という大きな目標はあるが、どうも歯車が合わない。 特に攻撃の形が作れていなかった中、復帰した大島僚太がカギを握ることに。しっかりとゲームを組み立てて、立ち直ることができるのかに注目が集まる。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、谷口彰悟、車屋紳太郎、佐々木旭 MF:大島僚太、橘田健人、チャナティップ FW:家長昭博、小林悠、遠野大弥 監督:鬼木達 ◆ポイントは90分間のプラン【ジュビロ磐田】 3試合勝利がなかった中で、前半戦ラストの前節はサガン鳥栖を相手に3-1で勝利を収めた磐田。気がつけば降格権が近づいている中、後半戦でしっかりと勝ち点を積み上げていきたいところだ。 ミッドウィークの天皇杯は湘南に勝利しラウンド16に進出。公式戦2連勝というこの流れを維持できるかが課題となる。 今シーズンの課題は90分間の集中力。鳥栖戦も3-1で勝利したとはいえ、前半に奪った3点のリードをなんとか守った状況。後半は相手に押し込まれ続けていた。 相手が仕留める能力が高ければ逆転負けもあり得た展開。しっかりと守備を構築しながら、90分間を戦い抜けるか。夏場に入るこのタイミングで、大きな分かれ目となりそうだ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:三浦龍輝 DF:山本義道、伊藤槙人、リカルド・グラッサ MF:吉長真優、遠藤保仁、鹿沼直生、松本昌也 MF:上原力也、大森晃太郎 FW:ファビアン・ゴンザレス 監督:伊藤彰 2022.06.25 14:45 Sat
twitterfacebook
thumb

川崎Fのチケット高額転売で書類送致、クラブは注意喚起「公式サイト以外での購入は絶対にしないように」

川崎フロンターレは23日、チケット転売問題についての報告を行い、事件が起きていたことを発表した。 クラブの発表によると、川崎Fのホームゲームチケットが高額転売されていたとのこと。被疑者は「業として興行主の事前の同意を得ないで、川崎フロンターレホームゲームの電子入場券を高額で販売し、興行主等の特定興行入場券の販売価格を超える価格で不正転売した」という罪を犯し、書類送致されたという。 川崎Fによれば、これまでもチケット転売問題に対応してきたものの、有効な対策がなかったとのこと。改めて公式サイト以外での購入に注意喚起を行っている。 「チケット転売問題については、これまでもいくつかの取り組みを実施してまいりましたが、なかなか効果的な対応策がないのが実情でございます。これからも、一人でも多くの方に、スタジアム観戦の機会をご提供できるよう対策してまいります」 「お客様におかれましても、チケット転売はもちろんですが、公式サイト以外での購入は絶対にしないようお願いいたします」 「空席ばかりが目立つスタンドからスタートした私たちが、昨今は、完売も続く等々力でホームゲームを行うことができるようになってまいりました。これは、フロンターレに関わるたくさんの方のご支援・ご声援のおかげであり、今後も、一人でも多くの方に当日会場にてお楽しみいただくために、チケット販売・購入に関する環境改善に努めてまいります」 川崎Fは、2017年、2018年と明治安田生命J1リーグを連覇。2019年こそ横浜F・マリノスに覇権を譲ったが、2020年、2021年と再び連覇を達成。Jリーグ屈指の実力を誇り、本拠地である等々力陸上競技場もスタンド改修などが行われた。 観客動員数もコロナ禍で大幅に減少したものの、制限が緩和された今シーズンはコロナ禍の倍以上の人数が1試合平均で来場している。 2022.06.23 18:42 Thu
twitterfacebook
thumb

29日にプライムステージ抽選会のルヴァンカップ、出席選手が決定!

Jリーグは23日、JリーグYBCルヴァンカップ・プライムステージ組み合わせ抽選会に出席する選手8名決定を発表した。 今季のルヴァンカップはプレーオフステージまでの戦いが終わり、サンフレッチェ広島、アビスパ福岡、セレッソ大阪、名古屋グランパスが勝ち残り。そこに川崎フロンターレ、横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸、浦和レッズのAFCチャンピオンズリーグ組をプラスした計8チームでプライムステージの戦いが始まる。 プライムステージに向けては29日15時30分からオープンドローを予定。川崎FのMF橘田健人、横浜FMのFW宮市亮、神戸のFW小田裕太郎、浦和のGK鈴木彩艶がチームの代表選手として出席が決定済みだったが、残る4チームは未定だった。 そして、新たに広島のFW鮎川峻、福岡のFW金森健志、C大阪のDF山中亮輔、名古屋のMF甲田英將が参加決定。その模様はJリーグの公式Youtubeチャンネルでライブ配信される。 2022.06.23 16:15 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FMも川崎Fも敗れる波乱に!計5試合でジャイアントキリング、唯一の延長戦も長崎がFC東京を下す《天皇杯》

22日、天皇杯3回戦の16試合が各地で行われた。 2回戦では上位カテゴリーが敗れる波乱はゼロだったが、3回戦では複数会場でジャイアントキリングが発生した。 前回大会の覇者・浦和レッズは正田醤油スタジアム群馬でザスパクサツ群馬と対戦。35分に髙木彰人に先制ゴールを許す苦しい展開となり、最終盤にはGK西川周作もセットプレーからヘディングシュートを放ったが、最後までゴールを奪うことはできず。浦和の前指揮官・大槻毅監督率いる群馬に屈している。 J1で首位に立つ横浜F・マリノスもJ2・栃木SCに0-2で敗れ、週末の明治安田生命J1リーグで劇的逆転勝利を飾った川崎フロンターレも、城福浩新監督率いる東京ヴェルディの前に0-1で散った。ヴァンフォーレ甲府も三平和司の2得点で北海道コンサドーレ札幌を下している。 トランスコスモススタジアム長崎で行われたFC東京vsV・ファーレン長崎は、3回戦唯一の延長戦に突入した。 3分にFC東京のレアンドロがファインボレーを沈めて早々に動いたゲームは、14分に山崎亮平が同点弾を沈めて前半から打ち合いに。長崎は部大晴の左足ミドルで逆転に成功したが、FC東京も前半のアディショナルタイムにアダイウトンが沈めて同点とした。 後半は一転し、互いにチャンスを作りながらも新たなゴールは生まれず、2-2で90分を終えて延長戦へ突入すると、1歩前へ出たのは長崎だった。 延長前半アディショナルタイムの107分、GKからのロングボールというシンプルな攻撃から右サイドのクリスティアーノへボールが渡ると、対峙相手をかわしながらボックス右へ侵入し、左足を一閃。左隅へ鮮やかな一撃を沈めた。 長崎は試合終盤に猛攻を受けながら、連続CKもしのぎ切ってタイムアップ。原田武男ヘッドコーチの下で一丸となり、J1チームを撃破している。 その他の結果は以下の通り。 ◆天皇杯3回戦 【57】川崎フロンターレ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 東京ヴェルディ</span> 【58】湘南ベルマーレ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ジュビロ磐田</span> 【59】<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アビスパ福岡 3</span>-1 いわてグルージャ盛岡 【60】FC東京 2-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 V・ファーレン長崎</span> 【61】<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">鹿島アントラーズ 3</span>-0 大宮アルディージャ 【62】<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ガンバ大阪 3</span>-1 大分トリニータ 【63】<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">名古屋グランパス 1</span>-0 ツエーゲン金沢 【64】<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">セレッソ大阪 3</span>-2 ベガルタ仙台 【65】横浜F・マリノス 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 栃木SC</span> 【66】清水エスパルス 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 京都サンガF.C.</span> 【67】<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">サガン鳥栖 3</span>-2 ロアッソ熊本 【68】北海道コンサドーレ札幌 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ヴァンフォーレ甲府</span> 【69】<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴィッセル神戸 2</span>-1 レノファ山口FC 【70】<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">柏レイソル 2</span>-1 徳島ヴォルティス 【71】浦和レッズ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ザスパクサツ群馬</span> 【72】<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">サンフレッチェ広島 5</span>-0 横浜FC 2022.06.22 22:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly