今夏の人気銘柄レナト・サンチェスにPSGも関心か? しかし、実現度は…

2022.05.24 14:16 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リールに所属するポルトガル代表MFレナト・サンチェス(24)は、今夏の移籍市場における人気銘柄の1人。多くのビッグクラブが関心を寄せる中、潤沢な資金をバックにあのクラブも参戦してきた模様だ。フランス『ル・パリジャン』が報じている。

2016年のユーロでポルトガルの初優勝に貢献し、18歳にしてベンフィカからバイエルンへの移籍を勝ち取ったレナト・サンチェス。しかし、バイエルンでは期待に見合った活躍は披露できず、2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)のポルトガル代表メンバーからも落選する結果となっていた。

しかし、2019-20シーズンからプレーするフランスの地で完全復活。2020-21シーズンはリールのリーグアン優勝に大きく貢献し、再びビッグクラブの注目を集める存在となった。

これまでにも、リバプール、アーセナル、バルセロナ、ミラン、ユベントスなどといった錚々たる顔ぶれが関心を寄せていると報じられてきたレナト・サンチェス。現時点ではミランが獲得レースのポールポジションに立つとされているが、ここへ来てパリ・サンジェルマン(PSG)も彼の獲得を考慮し始めたという。

『ル・パリジャン』によると、PSGは過去にもレナト・サンチェス獲得を目指していた経緯があり、リールとの契約が2023年6月までとなっていることを踏まえ、およそ1年後の契約満了を待って獲得するというプランも選択肢に含まれているとのこと。すなわち、PSGにとって必ずしも優先的なターゲットではないことを示している。

一方のリール側は今夏の売却に前向きとされており、レナト・サンチェス本人もステップアップに向けて準備ができているという趣旨の発言を昨年していることから、移籍は濃厚と見られている。しかし、その場合は優先的に獲得に動かないPSGへの移籍の可能性は低いと考えられる。

一度はビッグクラブに失格の烙印を押されながらも、時を経て自らの評価を再び覆すことに成功したレナト・サンチェス。果たして、自身初となるセリエAに挑戦するのか、それとも引き続きフランスにとどまってプレーすることになるのか。今夏の移籍市場に注目が集まっている。

関連ニュース
thumb

ローマがトルコ代表DFチェリク獲得を発表! 20-21はリールでリーグ・アン制覇の右SB

セリエAのローマは5日、リールからトルコ代表DFメーメト・ゼキ・チェリク(25)の獲得を発表した。契約は2026年6月までで、背番号は「19」となる。 チェリクは2018年夏からリールに在籍し、公式戦通算143試合8得点14アシストを記録。2020-21シーズンはリーグ・アン優勝にも貢献した。また、トルコ代表としては昨夏のユーロ2020にも出場し、通算32試合2得点を記録している。 チェリクはローマ公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「ローマのように大きなクラブでプレーする機会をもらえて光栄だよ。僕には大きな野心があり、チームの成功に貢献したいと思っているよ」 「僕はとても集中していて、ローマのために戦う準備ができている。決して諦めず、ピッチ上で全力を注ぐ僕を見せるよ」 ローマは元セルビア代表MFネマニャ・マティッチらに続いて、チェリクが今夏3人目の新戦力となる。 なお、イタリア『スカイ』によると、移籍金は700万ユーロ(約9億9000万円)。年俸は200万ユーロ(約2億8000万円)のようだ。 2022.07.05 17:24 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマがトルコ代表DFチェリク獲得を決定的に! まもなく4年契約を締結へ

ローマがリールのトルコ代表DFメーメト・ゼキ・チェリク(25)獲得を決定的なものとしているようだ。 チェリクは2018年夏に母国のイスタンブールスポルからリールへと加入し、2020-21シーズンはリーグ・アン制覇に大きく貢献。この4年間で公式戦通算143試合8得点14アシストを記録している。 以前から今夏のローマ行きが確実視されてきたトルコ代表不動の右サイドバックだが、イタリア『スカイ」によると、チェリクはすでにイタリアの首都を訪れており、3日、遅くとも4日にはメディカルチェックを受診し、その後にクラブと正式契約を結ぶ流れとみられる。 ローマはチェリクの移籍金としてリール側に700万ユーロ(約9億9000万円)を支払うとのことで、選手本人とは年棒200万ユーロ(約2億8000万円)で合意。両者は4年契約を締結する見込みで、ジョゼ・モウリーニョ監督にとっては元セルビア代表MFネマニャ・マティッチ(33)らに続いて今夏3人目の新戦力となる。 2022.07.03 14:10 Sun
twitterfacebook
thumb

リール、仏リーグ200試合以上出場のベテランMFマルタンら2選手を獲得

リールが2選手の獲得に成功した リールは1日、スタッド・レンヌからフランス人MFジョナス・マルタン(32)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの2年となる。 モンペリエの下部組織出身のマルタンは、2010年にトップチームデビュー。高水準のテクニックと戦術眼、ダイナミズムを兼ね備えた万能型MFは、ベティスやストラスブールを渡り歩き、2019年にはレンヌに完全移籍した。 そのレンヌでは2021-22シーズンの公式戦35試合1ゴール1アシストの数字を残すなど、主力として活躍。リーグ・アンでは通算200試合以上に出場する経験豊富なベテランだ。 また、リールは同日、ポルトガル2部のGDシャヴェスからブラジル人DFアレクサンドロ・リベイロ(22)を完全移籍で獲得した。契約期間は2026年6月30日までの4年となる。 母国ブラジルではフラメンゴのアカデミーにも在籍経験がある192cmのセンターバックは、ポルトガルのプライネンセ、アモーラを経て、昨夏にシャヴェスへ加入。2021-22シーズンは公式戦34試合に出場していた。 2022.07.02 16:18 Sat
twitterfacebook
thumb

蘭代表DFボトマンのニューカッスル移籍手続きが完了 「新たな冒険が待ちきれない」

ニューカッスル・ユナイテッドは1日、リールからオランダ代表DFスヴェン・ボトマン(22)の獲得完了を発表した。 今夏にミラン行きも取り沙汰されたボトマンだが、ニューカッスルが先月28日に基本合意をアナウンス。そして、移籍の手続きがすべて終わり、ニューカッスルは改めて獲得を発表している。 契約は2027年6月末までの5年。移籍金額については未公表だが、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、3500万ポンド(約57億2000万円)が動いてのニューカッスル入りとなる模様だ。 「本当に幸せだよ。嬉しいね。新たな冒険を始めるのが待ちきれないよ。ニューカッスルと契約できたのは僕の人生でも最高の日さ。この日のために頑張ってきたし、すごくワクワクしている」 「ニューカッスルには僕にとっても、クラブにとってもトップになるための長期的なプランがあって、ヨーロッパでも最高のリーグであるプレミアリーグを戦っている。すべてが完璧なんだ」 「ファンやチームメイトに会うのが楽しみだよ」 一方で、注目集める守備者を射止めたエディ・ハウ監督は「スヴェンが我々のところに来てくれて嬉しいよ。彼は技術的にも身体的にも優れ、姿勢も素晴らしい」と喜びの心境を語っている。 「22歳ですでにトップレベルで確かな経験を積んでいるが、このチームで成長していくのに適した年齢だと思う。一緒に仕事をしたり、新たなチームメイトとともにする姿を楽しみにている」 ニューカッスルは昨年10月にサウジアラビアの政府系ファンドを中心とするコンソーシアムに買収され、群を抜く資金力を手に。今夏も4選手を獲得したが、堅実かつ的確な補強が続いている。 2022.07.02 11:55 Sat
twitterfacebook
thumb

リールがアルジェリア代表DF獲得! ローマ行きチェリク後釜に

リールが6月30日、クレルモンからアルジェリア代表DFアキム・ゼダドゥカ(27)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間に関する詳細は明かされていない。 リールでは右サイドバックの絶対的な主力だったトルコ代表DFメーメト・ゼキ・チェリク(25)のローマ移籍が迫っており、後釜の確保が急務に。 そういった中、2021-22シーズンのリーグ・アンで印象的なパフォーマンスを披露していたゼダドゥカの獲得に至った。 ナポリが保有権を持つMFカリム・ゼダドゥカ(22)を弟に持つゼダドゥカは、イストレやRCランス、マリニャーヌ・ジニャックといった故郷フランスのクラブを渡り歩き、2019年に当時リーグ・ドゥに所属していたクレルモンに加入。 主力としてリーグ・アン昇格に貢献すると、今シーズンは自身初の1部の舞台でリーグ全試合に出場し、3アシストを記録。チェリクの後釜に指名されたように推進力のある攻撃的なサイドバックだが、一対一の対応を含め守備でも貢献できる安定したサイドプレーヤーだ。 先月にアルジェリア代表デビューも飾った苦労人に関しては、セビージャやラツィオからの関心も伝えられたが、リールという堅実なステップアップ先を選択した。 2022.07.01 14:10 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly