マティッチは急転直下のプレミア残留? 来季昇格のフルアムが獲得レースに電撃参戦へ

2022.05.23 17:46 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
来シーズンのセリエA行きが確実視されてきた元セルビア代表MFネマニャ・マティッチ(33)。だが、彼を取り巻く状況はここへ来て急速に慌ただしくなってきた。イギリス『サン』が報じている。

契約満了に伴い、5シーズン在籍したマンチェスター・ユナイテッドを今シーズン限りで退団することがすでに決定しているマティッチ。

これまでにローマやラツィオへの移籍が盛んに報じられており、特にチェルシー、ユナイテッドで師事してきたジョゼ・モウリーニョ監督率いるローマが新天地として最有力ではないかと見られていた。

だが、ここへ来てイタリア首都の2クラブを大きな不安が襲っているという。『サン』によると、来シーズンよりプレミアリーグに昇格するフルアムが、突如としてマティッチの獲得レースに参戦したとのことだ。

フルアムはすでに、ラツィオを退団する見込みとなっているアルバニア代表GKトーマス・ストラコシャ(27)と4年契約を締結したと報じられており、プレミア復帰1年目となる来シーズンのスカッド構築において、各ポジションに即戦力を揃えたい考えだと見られている。

中盤には、来シーズンのプレミア残留および定着を図るチームのリーダー格として経験豊富なマティッチを迎え入れたいとの目論見があるようだ。

ここ数年はプレー強度の低下が指摘されてきたマティッチ。それだけに、33歳にしてプレミアリーグからセリエAへの移籍は現実的かつ、本人にとっても理想的なプランだと思われていたが、『サン』によれば、マティッチ獲得のポールポジションに立つのはもはやローマではなく、フルアムであるとのことだ。

急転直下のプレミア残留か、自身初となるイタリア挑戦か、マティッチの決断に注目したい。

関連ニュース
thumb

ローマで構想外のクライファート、フルアムがさらに交渉進める

フルアムが元オランダ代表FWユスティン・クライファート(23)を巡り、ローマと交渉中のようだ。 オランダサッカー界のレジェンド、パトリック・クライファート氏の息子として知られるユスティン・クライファート。偉大な父と同じくアヤックスの下部組織出身だが、ローマではこれまで目立った活躍を見せられず。一昨季のRBライプツィヒに続くレンタルで昨季もニースで過ごした。 イギリス『デイリー・メール』によると、同選手を巡ってウェストハムも争奪戦に名乗りを上げるなか、現時点でリードするのは今月初旬にも交渉が取り沙汰されたフルアム。マルコ・シウバ監督が加入を望むなか、話し合いは完全移籍をテーマに進められ、フルアムが移籍金800万ポンド(約12億8000万円)を提示しているとのことだ。 交渉の進捗具合は明らかになっていないものの、ローマとしても売却は躊躇しない考え。すでにジョゼ・モウリーニョ監督から構想外とみなされており、プレシーズンキャンプでも除外されていたという。 なお、フルアムはかつてチェルシーなどで活躍し、先日にはコリンチャンスとの契約を解除した元ブラジル代表MFウィリアン(34)や、元ガンバ大阪で現ボルドー所属の韓国代表FWファン・ウィジョ(29)も獲得候補とみられている。 2022.08.16 18:32 Tue
twitterfacebook
thumb

フルアム新戦力WGソロモンがヒザ手術で離脱…ウィリアン獲得説に拍車か

フルアムに加入したばかりのイスラエル代表MFマノー・ソロモンだが、戦線離脱を余儀なくされてしまった。 今夏、シャフタール・ドネツクから今季いっぱいの契約でフルアム入りしたソロモン。23歳にしてイスラエル代表で31キャップを刻むサイドアタッカーは6日にホームで行われたリバプールとのプレミアリーグ開幕節に66分から出場した。 プレミアリーグ復帰1年目のチームも有効候補から勝ち点1をもぎ取ったが、その公式戦デビューの翌日に手術が必要なヒザのケガを負ってしまったようだ。 クラブ公式サイトによると、フルアムを率いるマルコ・シウバ監督は13日にアウェイで予定する第2節のウォルバーハンプトン戦に先立ってのチーム状況を話すなか、出遅れのMFハリー・ウィルソンとともにソロモンの離脱を認めた。 「残念だが、ハリー・ウィルソンとマノー・ソロモンという2人の負傷者がいる。彼らは出られないだろう。(ソロモンは)ヒザのケガ。先週の日曜日(7日)に行ったセッションでだ。おそらく数日中に手術を受けるだろう」 「それからもっと詳しいことがわかり、戻ってくる時期もはっきりしてくるはず。だが、長期の負傷離脱になりそうだ。とにかく手術を待つのがベターだし、それから詳細を把握したい」 一方、ハリー・ウィルソンに関しては「週ごとに見てみないとわからないし、様子を見よう。ソロモンほど長くかからないだろうが、6、8週間はありうる。我々にとっては長期離脱だし、10試合くらいになる」と述べた。 ソロモンの離脱が理由か定かでないものの、かつてチェルシーやアーセナルでプレーしたコリンチャンスの元ブラジル代表MFウィリアンを獲得しようとする動きが取り沙汰されるフルアム。その噂にも拍車をかける出来事だが、いかに。 2022.08.12 09:55 Fri
twitterfacebook
thumb

フルアム、ウェストハムDFディオプを完全移籍で獲得

フルアムは10日、ウェストハムのフランス人DFイサ・ディオプ(25)を完全移籍で獲得した。契約期間は2027年6月30日までとなる。 フルアムへの加入の決まったディオプは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「フルアムの一員になれてとても嬉しく思っている。僕のキャリアの中で、とても良いステップになることを願っている」 2015年にトゥールーズでトップチームデビューを飾ったディオプは、194cmの長身を生かした空中戦の強さに加え、長いリーチやスピード、タックル技術、的確カバーリングと総合力の高い守備者だ。 2018年夏に加入したウェストハムでは、加入初年度からレギュラーポジションを確保し在籍4シーズンで公式戦119試合に出場し8ゴール3アシストを記録。しかし、近年は準主力としてベンチを温める機会が増えていた。 2022.08.11 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ウィリアンがフルアム移籍で欧州復帰? 家族はブラジルの治安を懸念か

コリンチャンスに所属する元ブラジル代表FWウィリアン(34)のフルアム移籍の公算が高まっているようだ。 かつてチェルシーやアーセナルに在籍し、昨夏からは古巣のコリンチャンスでプレーしているウィリアン。ブラジルでもキレのあるプレーで、2022シーズンはここまで公式戦36試合に出場している。 直近のコパ・リベルタドーレス準々決勝2ndレグのフラメンゴ戦にも出場していたが、現在はフルアムが獲得に動いているようだ。 現時点でオファー内容は不明だが、選手本人もヨーロッパ復帰を視野に入れているとのこと。また、家族もブラジルの治安の悪さを懸念しているようで、公私ともに移籍には前向きだと考えられている。 なお、イギリス『90min』によると、コリンチャンスのヴィトール・ペレイラ監督は「私には答えることはできない。彼が幸せかどうかわからないし、家族の問題でもある」と、コメントしている。 2022.08.10 16:10 Wed
twitterfacebook
thumb

躍動フルアムに苦戦のリバプール、ヌニェスの1G1Aで2度のビハインド追いつきドロー《プレミアリーグ》

リバプールは6日、プレミアリーグ開幕節でフルアムとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 昨季はマンチェスター・シティとの熾烈な優勝争いの末、惜しくも2位に終わったリバプールは、1週間前に行われたシティとのコミュニティ・シールドでは3-1と勝利。その試合のスタメンからGKアドリアンに代えて守護神アリソンのみを変更した。 1年でプレミアリーグに復帰したフルアムに対し開始直後、ミトロビッチに決定機を許したリバプールは守勢の入りとなる。 ホームチームのアグレッシブな姿勢の前になかなか主導権を握れないリバプールは、32分に押し切られる。右サイドを上がったテテにクロスを入れられると、ファーサイドのミトロビッチにアーノルドの上からヘディングシュートを叩き込まれた。 意外にも追う展開となったリバプールは39分に個人技からこの試合最初のチャンス。ボックス左のルイス・ディアスが縦に仕掛けてシュート。際どかったが、右ポストに直撃した。 フルアムの良さばかりが目立った前半はリバプール1点ビハインドで終了した。 迎えた後半開始6分、チアゴの負傷によりエリオットが、フィルミノに代わってヌニェスが投入された中、前半同様にプレー強度が落ちないフルアムにリバプールは主導権を握られる。57分にはボックス右からケバノに左ポスト直撃のシュートを打たれた。 ひやりとしたリバプールは62分に同点のチャンス。サラーの右クロスからヌニェスがヒールで合わせたシュートが枠に向かったが、GKロダークのセーブに阻まれる。それでも64分に追いついた。先ほどと同じような形からサラーの右クロスをヌニェスが合わせた。 さらに67分にもラフなロングボールをボックス内で収めたヌニェスがゴールに迫ったリバプールだったが、70分にPKを献上する。ボックス内で仕掛けてきたミトロビッチをファン・ダイクが倒してしまった。 このPKをミトロビッチに決められて勝ち越されたリバプールだったが、81分に追いつく。アーノルドのフィードをボックス内のヌニェスが収め、最後はサラーが流し込んだ。 終盤にかけてはリバプールが攻勢をかけると、試合終了間際にはヘンダーソンのコントロールシュートがバーに直撃。善戦してきたフルアムに対し、2度のビハインドをリバプールが追いつく結果で開幕戦は決着となった。 2022.08.06 22:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly