最終節の劇的勝利で逆転残留! リーズ指揮官「信じることをやめなかった」

2022.05.23 16:44 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーズ・ユナイテッドのジェシー・マーシュ監督は、逆転残留を果たしたチームを誇った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

今季のプレミアリーグでは開幕から苦戦を強いられ、降格圏となる18位で22日の最終節を迎えたリーズ。17位のバーンリーとは勝ち点で並ぶ状況のなか、逆転残留を目指してブレントフォードとアウェイで対戦した。

前半をゴールレスで終えると、56分にFWラフィーニャがPKから先制点を奪うが、78分に失点を許し、再びスコアは振り出しに。このままドロー決着と思われたが、後半アディショナルタイムにMFジャック・ハリソンが見事なミドルシュートを決め、劇的に制した。
苦しみながらも3ポイントを積み上げたリーズの一方で、バーンリーはニューカッスルに1-2で敗戦。順位が入れ替わり、17位に滑り込んだリーズが逆転での残留を決めた。
マーシュ監督は試合後、難しい展開となった一戦をものにして、残留を掴み取った選手たちを称えた。

「気温の高い日で、これはどちらのチームにとっても簡単なことではなかった。リードを奪ったことは重要であり、スタートはとても良かったと思う。1-1になってからも、運命に任せるのではなく、自分たちの運命を確かなものにするために、勝利を目指した」

「このチームは、ロスタイムに粘り強くゴールに向かっていくことができる。その特性は明確で、今のメンバーと仕事ができるのは光栄なことだ」
「暑い中でどうプレーするか、どう試合をマネジメントするか、どう一瞬たりとも集中力を切らさないか、そういった話をした。リードした中で失点してしまったのは、残念だった」

「バーンリーのスコアについて選手たちに伝えようとしたが、自分たちのことに集中することが一番重要だった。このような日に90分間集中し続けることは難しいが、これが我々のスタイルだ。彼らは決して信じることをやめなかったし、ここまでのメンタリティの賜物である」


関連ニュース
thumb

乱打戦を逆転で制したスパーズ、コンテ「選手は絶対に諦めなかった」

トッテナムのアントニオ・コンテ監督が逆転劇を演じたチームを評価した。クラブ公式サイトが伝えている。 12日に行われたプレミアリーグ第16節でリーズ・ユナイテッドをホームに迎えたトッテナム。10分に先制ゴールを許すと、25分にイングランド代表FWハリー・ケインが同点弾を決めるが、43分にも失点して1-2で前半を終えた。試合を折り返して51分にはウェールズ代表DFベン・デイビスのゴールで再び同点に追いつくも、76分に勝ち越しを許して、アウェイチームが三度のリード。万事休すかと思われたが、81分、83分にウルグアイ代表MFロドリゴ・ベンタンクールが立て続けの2ゴールを奪い、4-3で逆転勝利にした。 コンテ監督は試合後、3度のビハインドをはね返して3ポイントを掴んだチームを称賛しながらも、守備には課題があると語った。 「このような試合は、ファンにとって、テレビで試合を見ている人にとって、本当に魅力的でエキサイティングな内容だと理解している」 「この試合にはポジティブな点がいくつかあった。選手たちは絶対に諦めなかった。だからこそ、我々は素晴らしいパフォーマンスを何度も発揮し、多くの試合で逆転勝利を収められているのだ。選手たちは自分たちが最後まで戦わなければならないことをよく分かっている」 「一方、ネガティブな面もあった。3失点というのは、あまりにも多すぎる。そのため、我々はもう一度やり直し、トレーニングから戦術的な面を改善する必要がある」 また、この一戦を終えて、チームはカタール・ワールドカップ前の全日程を終了。1カ月以上にも及ぶ過密日程を振り返りつつ、その結果には達成感を語った。 「中断前最後の試合だったこともあり、大きな努力をした。43日間で13試合を連続して戦うのは、本当に難しかった。肉体的なエネルギーだけでなく、精神的なエネルギーもかなり失われてしまった」 「だからこそ、チャンピオンズリーグ(CL)で首位通過を果たし、リーグでも順位表の好位置に留まったことは、まず第一に、我々が大きな大きな努力をしたこと、そして第二に、私やスタッフ、そして選手たちがこの時期を乗り越えるために、本当にプロフェッショナルとして行動していたことの表れだ」 2022.11.13 11:34 Sun
twitterfacebook
thumb

不屈スパーズが3度のビハインド撥ね返す逆転勝利! ベンタンクールが殊勲の2ゴール《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第16節、トッテナムvsリーズ・ユナイテッドが12日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、ホームのトッテナムが4-3で逆転勝利した。 トッテナムは前節、リバプール相手に1-2で惜敗。絶好調のニューカッスルに抜かれて4位に後退した。さらに、直近のEFLカップではノッティンガム・フォレスト相手にほぼ主力を起用しながらも0-2で敗退。厳しい公式戦連敗となった。 カタール・ワールドカップ中断前のラストゲームとなるこの一戦では、4連敗から2連勝と復調気配見せる12位のリーズをホームで迎え撃った。コンテ監督は連敗からのバウンスバックに向けて先発6人を変更。守護神ロリスやベンタンクール、ベン・デイビスを復帰させたほか、リシャルリソンとクルゼフスキを復帰後初スタメンで起用。[3-4-3]の布陣に戻した。 課題のビルドアップで危うさを見せながらも右サイドのエメルソン、クルゼフスキのコンビネーションでチャンスの糸口を掴み始めるトッテナム。しかし、ここ数試合前半の試合運びに大きな問題を抱えるチームはこの試合でも先手を奪われる。 10分、GKメリエの長いボールをハーフウェイライン付近の右サイドでクリステンセンが競り勝って中央に落とすと、ホイビュアと入れ替わったアーロンソンがボックス左に走り込むサマーフィルへラストパス。サマーフィルはDFに寄せられながらもニア下に左足のシュートを流し込んだ。 この失点によってすぐさまギアを入れ替えたトッテナムは、右サイドで質的優位性を作り出すクルゼフスキを起点に決定機を作り出す。13分、クルゼフスキのプルバックに反応したエメルソンのシュートはGKメリエの好守、17分にはリシャルリソンとのパス交換でゴール左まで持ち込んだベン・デイビスからの完璧な折り返しを再びエメルソンがダイレクトで狙うが、今度は枠に飛ばせない。 すると、この直後には1失点目と似たような形からサマーフィルにボックス内に抜け出されるが、ここはGKロリスが完璧な一対一の対応で絶体絶命のピンチを救う。 この守護神のビッグプレーで流れを引き寄せたホームチームは25分、続けて得たCKの流れからボックス内でGKメリエがパンチングで弾いたボールを足元に収めたケインがアダムスを振り切って右足のボレーシュートをゴール左隅へ突き刺した。 エースの同点ゴールで勢いに乗ったコンテのチームは、直後の27分にも相手のビルドアップのミスを誘発し、ボックス内でクルゼフスキがGKと一対一となるが、ここはメリエのファインセーブに阻まれ、電光石火の逆転ゴールには至らない。 前半終盤にかけては球際でのデュエルが強調される激しい展開に。トッテナムはケインとクルゼフスキがボールの収めどころ、配球役として機能し、リシャルリソンも積極的な動き出しでディフェンスラインと駆け引きし、良い形の仕掛けを見せる。 しかし、前半終了間際に2点目を奪ったのはアウェイチーム。43分、左CKの二次攻撃からクーパー、クリステンセンと頭で繋いだボールをディフェンスラインとうまく入れ替わったロドリゴがボックス中央から左足ダイレクトボレーで蹴り込んだ。 1点ビハインドで試合を折り返したトッテナムは、勢いを持って試合に入ると、早々に同点に追いつく。51分、相手陣内右サイドでのエメルソンの素早いスローインでボックス右に抜け出したクルゼフスキがDFをかわしてマイナスの折り返しを供給。ケインのシュートはDFのブロックに遭うが、ペナルティアーク付近でこぼれ球に反応したベン・デイビスの強烈な左足のミドルシュートが、DFに触られながらも勢いを失わずにゴールラインを割った。 追いついて以降はイーブンな展開が続く中、コンテ監督は57分にラングレとエメルソンを下げてダビンソン・サンチェス、ドハーティとバックラインの選手を入れ替えてテコ入れを図る。さらに、68分にはリシャルリソンを下げてビスマを投入し、並びを[3-5-2]の形に変えた。 時間の経過と共に過密日程によるパワーダウンが見え始めるトッテナムに対して、未だ足を残すリーズが押し込む状況が続くと、アウェイチームがこの試合3度目のリードを手にする。76分、中盤でベンタンクールを潰したカウンターから左サイドでロカのパスを受けたロドリゴがボックス左角度のないところから見事な左足シュートを流し込んだ。 この直後にロカを下げてエイリングを投入し、後ろの枚数を増やしたリーズに対して厳しい展開が予想されたホームチームだが、ここから底力を見せる。 まずは81分、ドハーティの右クロスに右のセンターバックのダビンソン・サンチェスがボックス内で競ったこぼれ球がボックス中央のベンタンクールにこぼれると、ウルグアイ代表MFは胸トラップから右足を振り抜くと、DFエイリングの股間を抜けたボールがゴールネットを揺らす。 土壇場で追いついて勢いづくホームチームはこの2分後に試合を引っくり返す。83分、右サイドでダイアー、サンチェス、ケイン、クルゼフスキと流れるようにパスが繋がると、ボックス右に抜け出したスウェーデン代表MFは巧みなボールタッチでDFとGKをつり出してプルバック。これをベンタンクールが左足インサイドで流し込んだ。 前々節のボーンマス戦でもチームを救った勝負強いベンタンクールの2ゴールでこの試合初めてリードを手にしたトッテナム。さらに直後には相手MFアダムスが2枚目のイエローカードをもらって数的優位を手にする。 その後、ペリシッチやケインを起点に冷静に時計を進めて試合をクローズしたコンテのチームが、3度のビハインドを撥ね返す不撓不屈のメンタルを見せて劇的な形で中断前ラストゲームを白星で飾った。 2022.11.13 02:15 Sun
twitterfacebook
thumb

下位に敗れ、早くも4敗目…クロップ「明らかな躓き」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が敗戦の弁を述べた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 29日のプレミアリーグ第14節でリーズ・ユナイテッドをホームに迎え撃ったリバプールだが、4分に失点。14分にFWモハメド・サラーのゴールで追いつくが、89分に勝ち越され、力尽きた。 リーズも今節まで4連敗中で18位と決して良い状態になかったが、そんな相手に早くも4敗目となる土をつけられ、今季初の連敗に。クロップ監督はゲームコントロールの問題を指摘した。 「躓きだよ、明らかに。試合の入りは非常に良かったと思うが、その後に変な形でゴールを許してしまった。追いついたが、何故か完全なる安定感を得られなかったね。前線にスピードがある選手が揃った相手だと難しいが、ゲームをコントロールするのに苦労した」 「ボールも渡しすぎたね。選手たちは本当によく頑張ってくれたし、多くのボールを支配して、大きなチャンスもあった。だが、こういう試合を瞬時にコントロールできないのは問題。試合数も多いし、何人かの選手は少しオーバープレー気味なのかもしれない」 トップ4の背中すら遠くなる状況だが、ドイツ人指揮官は「とにかく仕事をやるだけ」と続けた。 「今もやっていないというわけじゃないが、ピッチ上で自分たちのクオリティを発揮しがたくなっているんだ。それを乗り越えないといけないし、受け入れ、戦っている」 「初日から問題があったのは明白だ。ケガをした選手もいるし、復帰して間もないのにプレーしなければならない選手だっている。なのに、我々の状況は試合数が増えていっている」 2022.10.30 09:15 Sun
twitterfacebook
thumb

終盤被弾のリバプール、下位相手にまさかのリーグ戦連敗…《プレミアリーグ》

リバプールは29日、プレミアリーグ第14節でリーズ・ユナイテッドとホームで対戦し1-2で敗戦した。 ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアヤックス戦を完勝したリバプールは、その試合の先発からヘンダーソンをチアゴに変更した以外は同じメンバーを採用した。 リーグ戦4連敗中の18位リーズに対し、リバプールは開始早々にミスから失点する。4分、自陣右サイドでボールを奪ったJ・ゴメスのバックパスがボックス中央付近に流れると、ゴール前に走りこんだロドリゴがワンタッチでゴールに流し込んだ。 先制を許したリバプールは14分、右クロスの流れたボールをボックス左深くまで駆け上がったロバートソンがダイレクトで折り返すと、ゴール前のサラーが左足で流し込み、試合を振り出しに戻した。 追いついたリバプールだが、21分に再びピンチを迎える。右サイドでロングフィードを受けたクリステンセンのクロスをアーロンソンに左足で合わせられたが、これはクロスバーを直撃。さらに直後にもロドリゴのパスからハリソンに決定機を許したが、これはGKアリソンの好セーブに救われた。 その後、両チーム共にアタッキングサードまではボールを運ぶがなかなか決定機まで持ち込めず。前半は1-1で終了した。 迎えた後半も膠着状態が続く中、リバプールは61分にエリオットとファビーニョを下げてヘンダーソンとC・ジョーンズを投入。すると67分、クーパーのクリアミスを奪ったサラーがラストパスを供給すると、ボックス左から侵入したヌニェスが決定機を迎えたが、シュートは相手GKのセーブに阻まれた。 リバプールは79分にもボックス左手前でパスを受けたヌニェスがカットインからコントロールショットを放つと、82分にはフィルミノがゴールに迫ったが、シュートは共にGKメリエの好セーブに防がれた。 このまま試合終了かと思われたが、リバプールは試合終了間際の89分にピンチ。ミルナーとうまく入れ替わったニョントの左クロスをボックス中央のバンフォードが落とすと、これ受けたサマーフィルがゴール前まで切り込み冷静に右隅に流し込んだ。 結局、これが決勝点となりリバプールは1-2で敗戦。リーグ戦2連敗となった。 2022.10.30 05:47 Sun
twitterfacebook
thumb

降格圏転落のリーズで解任囁かれるも…マーシュ監督は続投強調 「チームをより良くする責任がある」

リーズ・ユナイテッドのジェシー・マーシュ監督が、自身の続投を強調した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 プレミアリーグ開幕からの11試合で2勝3分け6敗と苦しむリーズは23日に行われた第13節のフルアム戦も前半に先制した直後に同点とされると、後半の2失点で逆転を許す苦しい展開に。終了間際にMFクリセンシオ・サマーフィルのゴールで1点を返すのがやっとであり、2-3で敗れている。 リーグ4連敗で降格圏の18位まで転落したマーシュ監督への風当たりは強くなる一方であり、本拠地エランド・ロードに集ったファンからは「何が起きている?」「解任しろ!」といったチャントが浴びせられた。 それでも、マーシュ監督に職を辞する考えはない模様だ。試合後、去就について問われた指揮官は辞任や解任の噂を否定。今はチームを改善することに集中したいと意気込んでいる。 「私はこのチームをより良くする責任がある。彼らが自信を持てるよう、解決策を見出せるよう、信念を示せるよう、挑戦し続けられるよう、強くあり続けられるよう、たゆまぬ努力をするつもりだ。もちろん私は責任を引き受けるが、チームは改善する必要がある」 「私は長期にわたってこのクラブにいるつもりだ。このクラブを愛しているし、より良いクラブにするためすべてを投資しているよ」 「我々はこのリーグが信じられないほど難しいと、常に理解していた。だからこそ、昨季の残留も含め決して平凡なことはしていない。今日だって最後までプッシュを続けていた。これからもこのグループの特徴を生かして、より良くなる方法を考えていきたい」 「ファンは今、戦術的な分析など聞きたくないだろう。それでも、試合の入りは良かったし、先制後には自分たちが主導権を握り始めると感じたはずだ。だが、我々は自分たちを苦しめる方法を見つけてしまい、すべきでないプレーでゴールを与え、試合をイーブンにしてしまった。後半も我々の自信は最高潮だったが、試合は台無しになってしまったね」 「セットプレーの守備について、我々はプライドを持っている。それでも、2つのCKとスローインで十分なディフェンスができていなかった。その瞬間に対応ができなかったのは痛恨の極みであり、容認できない」 2022.10.24 13:24 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly