リシャルリソンが真っ先にリバプールを煽る「ライバルはこういうもの」「自分のチームの状況を見るべき」と賛否集まる

2022.05.23 20:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートンのブラジル代表FWリシャルリソンが最後まで宿敵を煽った。

22日、プレアミリーグの最終節が一斉に開催。マンチェスター・シティとリバプールによる熾烈な優勝争いはシティの2連覇という結末を迎えたが、これをほくそ笑んだのが他でもないリシャルリソンだ。

ブラジル代表FWはアーセナルとの最終節を欠場したものの、試合直後に自身のツイッターを更新。元フランス代表FWティエリ・アンリ氏がニヤリと笑みを浮かべる動画を投稿した。

これは、エバートンにとっての永遠のライバルであるリバプールが優勝を逃したことを揶揄するもので、その意図を理解しているファンからは大きな反響が生まれ、14万を超える「いいね」など反応が殺到した。

「ライバルはこういうもの」、「最高のリアクション」、「こうじゃなきゃね」といったコメントがある一方、「ダサすぎる」、「どこまで最低なやつなんだ」、「恥ずかしいツイートだな」、「自分のチームの状況を見るべき」とリバプールファンからの怒りの声も寄せられている。

リシャルリソンはその後、今シーズンを振り返る内容の投稿もしているが、それより先にこの煽り投稿をしているのだから、よほど嬉しかったと見てとれる。

また、リバプールが優勝できなかったことを喜んだのはリシャルリソンだけでなく、アーセナル戦のスタンドに赴いたエバートンのファンたちは、チームが5-1と大量ビハインドの展開ながら、シティの優勝を知ると歓喜していた。

今シーズンは苦しみながらも何とか残留を決めたエバートン。リシャルリソンの去就は不透明だが、来シーズンもバチバチのやり合いが見られそうだ。

1 2

関連ニュース
thumb

エバートン退団のFWトスンが古巣ベシクタシュに4年半ぶりの復帰

ベシクタシュは2日、エバートンを退団したトルコ代表FWジェンク・トスン(31)の加入を発表した。契約は2023年6月30日までとなるが、1年の延長オプションが付随している。 2018年1月に加入したエバートンでは、公式戦61試合11ゴール6アシストの数字に留まったトスン。今夏にクラブとの契約が終了した中、新天地は母国屈指の名門である古巣のベシクタシュとなった。 トルコ代表として45試合18ゴールを誇るトスンは、 フランクフルトでプロキャリアをスタートさせると、ガズィアンテプスポルを経て、2014年からベシクタシュでプレー。同クラブでは公式戦通算142試合64ゴールをマークしていた。 2022.07.03 12:07 Sun
twitterfacebook
thumb

エバートン、今夏最初の補強はCBタルコウスキ…4年契約

エバートンは2日、イングランド代表DFジェームズ・タルコウスキ(29)をバーンリーから完全移籍で獲得したことを発表した。 フリートランスファーでの加入となり、2026年6月30日までの4年契約を結んだ。背番号は「2」をつける。 オールダム・アスレティックでキャリアをスタートさせたタルコウスキは、ブレントフォードを経て、2016年2月にバーンリーに完全移籍する。 バーンリーでは主軸としてプレーし、6年半で公式戦219試合に出場し7ゴール5アシストを記録していた。 イングランド代表としても2試合に出場していた。 2021-22シーズンはプレミアリーグでブロック数でリーグ1位、空中戦のデュエルで2位となっており、リーグ屈指のセンターバックとして活躍している。 タルコウスキはクラブを通じて加入についてコメントしている。 「エバートンに加入できて興奮している。ビッグクラブだ。僕はこれからの数年を本当に楽しみにしており、与えられた機会に感謝している」 「僕は野心的な人。達成したい、勝ちたい、成功するためにここに来た」 2022.07.02 21:58 Sat
twitterfacebook
thumb

リシャルリソン売却のエバートン、フリーのリンガードと会談か

イギリス『BBC』によると、エバートンがイングランド代表MFジェシー・リンガード(29)を獲得しようと動いているようだ。 昨季限りでマンチェスター・ユナイテッドと契約が切れ、フリーのリンガード。2020-21シーズン後半にローン加入した古巣ウェストハムのほかにも、ニューカッスル・ユナイテッドの関心が取り沙汰される。 そのなか、先日にファイナンシャル・フェアプレーも考慮して、アドオン含む総額6000万ポンド(約98億1000万円)でFWリシャルリソンをトッテナムに売却したエバートンはリンガードと会談したという。 なお、フランク・ランパード監督はアメリカ遠征前の補強を求め、バーンリーを退団したDFジェームズ・タルコウスキの獲得が濃厚。さらに、トッテナムの表MFハリー・ウィンクスにも興味があるとされる。 2022.07.02 18:15 Sat
twitterfacebook
thumb

スパーズ移籍のリシャルリソンがエバートンにエモーショナルな別れ…

トッテナム移籍が決定したブラジル代表FWリシャルリソンがエバートンファンに向け、別れのメッセージを綴った。 トッテナムは1日、エバートンからリシャルリソンを完全移籍で獲得。トフィーズの主砲はイギリスの労働許可証を取得次第、2027年までの5年契約にサインする予定だ。 2018年に加入したエバートンで、公式戦152試合53ゴール14アシストという見事な数字を残したエースは、近年稀に見る苦境に見舞われた2021-22シーズンはプレミア残留に大きく貢献。さらに、クラブがファイナンシャル・フェアプレーの問題を抱える中、総額6000万ポンド(約98億2000万円)と言われる移籍金を残してチームを離れることになる。 そして、以前からマージーサイドのクラブへの愛情を口にしてきた25歳は、自身の公式SNSを通じて愛するファンへ別れのメッセージを綴った。 「自分の家になった場所に別れを告げるのはとても難しいよ。僕を単なるプレーヤーとしてではなく、まるで自分たちの一員であるかのようにスタンドで迎えてくれたファンの方々、そしていつでも親切に扱い、共通性や共感を養ってくれたクラブ」 「どんな言葉も、このクラブへの愛情や、感謝を伝えるのに十分ではないよ。これからの道中でまた会おう! エバトニアンのみんな、愛しているよ」 2022.07.01 23:22 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズがリシャルリソン獲得を発表! 今夏4人目の新戦力はエバートン主砲に

トッテナムは1日、エバートンからブラジル代表FWリシャルリソン(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2027年6月30日までの5年となる。 イギリス『フットボール・ロンドン』などが伝えるところによれば、移籍金は5000万ポンド+アドオン1000万ポンドの総額6000万ポンド(約98億2000万円)となる見込みだ。 一部報道ではチェルシーが直前に強奪を画策していたとされるが、エバートンとの交渉を素早くまとめると共に、1週間ほど今後のキャリア熟考を求めた選手サイドの要求を突っぱねて、休暇先のブラジルにメディカルチェックのためのスタッフを派遣したことで、今回のタフなオペレーションを見事に完了させたようだ。 母国のアトレチコ・ミネイロ、フルミネンセを経て、2017年に加入したワトフォードでプレミアリーグでのキャリアをスタートしたリシャルリソン。その後、2018年に加入したエバートンでは、ここまで公式戦152試合に出場し、53ゴール14アシストを記録。また、在籍4シーズン中3シーズンでリーグ戦2桁ゴールを達成している。 2018年9月にデビューしたブラジル代表では、ここまで36試合に出場し、14ゴールを記録。コパ・アメリカ優勝に貢献している。さらに、昨年行われた東京オリンピックでは大会得点王となる5ゴールを挙げ、U-24ブラジル代表の金メダル獲得の立役者となっていた。 左右のウイングに加え、センターフォワードでもプレー可能な万能型ストライカーは、長年クラブの課題となっていたイングランド代表FWハリー・ケインのバックアッパーに加え、カウンターを主軸とするアントニオ・コンテ率いるチームに新たなオプションをもたらす存在となるはずだ。 MFイバン・ペリシッチ、GKフレイザー・フォースター、MFイヴ・ビスマに続き、今夏4人目の戦力としてブラジル代表FWの獲得を発表したトッテナム。だが、今月の韓国へのプレシーズンツアーに向け、少なくともU-21イングランド代表DFジェド・スペンス、フランス代表DFクレマン・ラングレの2選手を獲得することが決定的となっている。 2022.07.01 17:29 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly