スクデット獲得のイブラ「俺は約束守った」 急逝の故ライオラにも思い馳せる

2022.05.23 11:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが約束の全うを誇った。

22日に最終節を迎えたセリエA。2位のインテルに2ポイント差をつけて首位に立つミランは引き分け以上でも優勝が決まったが、サッスオーロとのアウェイ戦を3-0の勝利で飾り、11年ぶり19度目のスクデットを獲得した。

試合後の表彰式にシャンパンをぶちまけたかと思えば、葉巻も嗜み、ド派手に登場したイブラヒモビッチはイタリア『スカイ』で心境を明かしている。

「素晴らしい。俺はミランの前回に優勝時もここにいた。それから11年後にまた優勝した。そして、俺は今、またここにいる。俺は約束をしてここに戻って、それを守った。俺がスクデットをまた獲ると言ったとき、多くの奴らに笑われたが、懸命に働き、結果を手にするために苦しむ意味を示した」

また、急逝した代理人のミノ・ライオラ氏に思いを馳せ、ジョークも交えながら、ミランにとって待ちに待ったセリエAのタイトルを「ミノに捧ぐ」と述べた。

「彼はミランでの俺を見たがってくれたひとりで、救えるのは俺だけだと言ってくれてもいた。(ライオラが今、ここにいたら?) 『あと10年はプレーして、もっと金をせしめろ!』って言うだろうな(笑)」

そして、今後の去就についても問われると、「良いコンディションでないとならないし、何かしらをしないとね。気分が良くなったら、考えるとする」と返した。

「俺はまだピッチで違いになれると思っている。数日中に決断するつもり。本当にタフな時期が続いて、身体的にも悪かったし、他にも個人的な問題もあった。そのなかで、ミランがこのトロフィーを獲得するために俺なりにできる限りのことをやったんだ」

1 2

関連ニュース
thumb

ミランがアチェルビに興味、すでに代理人に接触か

ミランが、ラツィオのイタリア代表DFフランチェスコ・アチェルビ(34)獲得に動いているようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 かつてミランに半年間だけ所属していたことのあるアチェルビは、ジェノアやキエーボ、サッスオーロを渡り歩き、2018年夏にラツィオに加入。192cmの長身を武器に移籍初年度からレギュラーに定着し、今季も公式戦36試合に出場。通算では173試合を数える。 しかし、昨年12月に自身のパフォーマンスを批判したウルトラスと対立。「クラブから去れ」とまで言われ、2025年まで契約を残す中、シーズン終了後に移籍願いを提出したと伝えられている。 一方、センターバックの補強に努める今夏のミランは、最大のターゲットとしていたリールのオランダ代表DFスヴェン・ボトマンの争奪戦はニューカッスルに敗れた模様。しかし、アチェルビはその代替策ではなく、あくまでバックアッパーとして興味を持っているようだ。 『スカイ』によれば、すでにアチェルビの代理人とは接触しているものの、クラブ間交渉には至っていないとのことだ。 2022.06.26 15:21 Sun
twitterfacebook
thumb

一人で95mを走り切ったテオ・エルナンデスのゴールが今季セリエAのベストゴールに!

セリエAは25日、2021-22シーズンのベストゴールを発表した。 ミランがインテルとの激しい優勝争いを制して11年ぶりのスクデットを手にした今季のセリエA。合計1089ゴールの中からベストゴールに選ばれたのは、王者の左サイドバックを務めたフランス代表DFテオ・エルナンデスのアタランタ戦でのものだ。 5月15日にサン・シーロで行われた一戦は、優勝争い真っ只中のミランが55分にFWラファエル・レオンのゴールで先制する展開に。テオ・エルナンデスのゴールはその20分後の75分に訪れた。 自陣のボックス手前でMFラデ・クルニッチが相手のドリブルをカットすると、こぼれ球を拾ったテオ・エルナンデスがドリブルを開始。ピッチ中央を縦断し、一人でゴール前まで運ぶと、そのまま左足のシュートを突き刺しゴールを射止めた。 たった一人でロングカウンターを成功させてしまった衝撃のゴール。実に95メートル以上の距離を走り切ったという。 また、この試合が佳境の第37節だったこともあり、優勝に向けて大きな価値のあるゴールとしての評価も得たようだ。<span class="paragraph-title">【映像】一人で95mを走り切った衝撃のロングカウンター</span> <span data-other-div="movie"></span><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">Go della Stagione <a href="https://twitter.com/hashtag/SerieATIM?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SerieATIM</a> 2021/2022 va a...<br> <br> <a href="https://twitter.com/TheoHernandez?ref_src=twsrc%5Etfw">@TheoHernandez</a> <br><br>presented by <a href="https://twitter.com/cryptocom?ref_src=twsrc%5Etfw">@cryptocom</a>! <a href="https://twitter.com/hashtag/GOTS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#GOTS</a> <a href="https://t.co/dBpldkJSKD">pic.twitter.com/dBpldkJSKD</a></p>&mdash; Lega Serie A (@SerieA) <a href="https://twitter.com/SerieA/status/1540605718549520392?ref_src=twsrc%5Etfw">June 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.26 13:57 Sun
twitterfacebook
thumb

ボトマン逸のミラン、アセンシオへの注視を継続

ミランはレアル・マドリーのスペイン代表FWマルコ・アセンシオ(26)への注視を継続しているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 来季でレアル・マドリーとの契約が切れるアセンシオ。移籍金3000万ユーロ(約42億8000万円)、年俸600万ユーロ(約8億5000万円)と高額な費用がネックとのことだが、ミランのディレクターを務めるパオロ・マルディーニ氏は獲得を模索しているようだ。 リールのオランダ代表DFスヴェン・ボトマンの争奪戦でニューカッスルに敗れたセリエA王者ミランだが、アセンシオの獲得には成功するだろうか。 2022.06.25 23:30 Sat
twitterfacebook
thumb

モンツァを史上初のセリエAに導いたベルルスコーニ氏「ミランで得たどんな成功にも勝る感情」

元イタリア大統領のシルヴィオ・ベルルスコーニ氏が、モンツァのセリエA昇格に満足感を示している。 かつてミランの会長を務めたベルルスコーニ氏は、2018年9月に当時セリエCに所属していたモンツァをわずか250万ユーロ(約3億5000万円)で買収。最高経営責任者(CEO)には腹心であるアドリアーノ・ガッリアーニ氏が就任し、話題を呼んだ。 2019-20シーズンは新型コロナウイルスの影響でセリエCが途中で打ち切られたが、2位に16ポイント差を付けて首位に立っていた中断時点での順位が反映され、2000-01シーズン以来の2部昇格となった。 さらに、2021-22シーズンにセリエBで4位で終えると、昇格プレーオフを勝ち上がり、1912年のクラブ創設から始めてのセリエA昇格を果たした。 ミランではセリエA3連覇や5つのビッグイヤー獲得など大成功を収めたベルルスコーニ氏だが、モンツァのセリエA昇格は、それよりも格別なものだったという。 「私はいまだ世界で最もフットボールで勝利を手にした大統領として健在だ。ミランのおかげでね。だが今の成功は、アドリアーノ・ガッリアーニが3年前にセリエCでこの冒険を私と一緒に歩んでくれたおかげだ」 「我々はモンツァのようなクラブに、セリエAの舞台を提供するという並外れたことを成し遂げた」 「個人的には私は主役になりたい。おそらく最初のシーズンでは無理だろうが、トップクラブと競争できるチームにしたい」 「ミランですべてを勝ち取ったことは知っているだろうが、モンツァの昇格の時に感じた感情は、今でも親しい絆で結ばれているロッソネリで得たどんな成功にも勝る、特別なものだった」 2022.06.25 21:57 Sat
twitterfacebook
thumb

ミランがツィエク獲得に再挑戦! チェルシーは売却容認の構え

ミランがチェルシーの元モロッコ代表MFハキム・ツィエク(29)獲得に再挑戦する構えだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。 2020年夏にアヤックスからチェルシーに移籍したツィエク。ここまで公式戦83試合に出場し、14ゴール10アシストを記録。トーマス・トゥヘル監督の下では一時4バックを採用した際、ポジションを掴みかけたが、メインシステムの3バックではシャドーの位置でなかなか持ち味を発揮できず。ポジション争いで苦戦が続く。 チェルシーとの現行契約は2025年まで残っているが、クラブは今夏のタイミングでの売却を検討しており、選手自身も退団を求めているという。 『ディ・マルツィオ』によると、元モロッコ代表の状況を受け、以前から幾度となく獲得に動きを見せていたミランが再チャレンジを試みているようだ。 セリエA連覇を狙うミランにとって2列目のポジション、とりわけ右ウイングは優先度の高い補強ポイントで、ローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロら数人の候補をリストアップしている。 そういった中、ツィエクに関しては選手サイドがミラノ行きに前向きな姿勢を見せていることもあり、ミランとツィエクの代理人は近日中にも移籍に向けた話し合いを行う予定だという。 2022.06.25 16:33 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly