アトレティコがソシエダ撃破で3位フィニッシュ! セビージャは5戦ぶり白星でホーム最終戦飾るも4位フィニッシュに《ラ・リーガ》

2022.05.23 07:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ最終節、レアル・ソシエダvsアトレティコ・マドリーが22日にアノエタで行われ、アウェイのアトレティコが1-2で勝利した。

勝利で3位確定を目指すアトレティコ(勝ち点68)は、6位フィニッシュが確定しているソシエダ(勝ち点62)とのアウェイゲームに臨んだ。シメオネ監督はこの一戦に向け、ルイス・スアレスとマテウス・クーニャを入れ替えた以外、同じメンバーで臨んだ。

立ち上がりからホームのソシエダがイサク、セルロートの2トップを起点に良い形の仕掛けを見せていく。安定したボールポゼッションに加え、守備の局面でも切り替えの精度、連動したプレスでアウェイチームに自由を与えない。

決定機まであと一歩という状況が続くも、30分には右サイドから強引に内へ仕掛けたセルロートがカットインからシュート。GKオブラクが前にはじいたボールをラフィーニャが押し込みにかかるが、このシュートは右ポストを叩いた。

前半半ばから終盤にかけてもホームチームの時間帯が続いたが、ラフィーニャがボックス付近での2度の決定機でシュートを枠に飛ばすことができず、ゴールレスでの折り返しとなった。

前半シュート0と低調なパフォーマンスに終始したアトレティコだったが、ハーフタイムに闘将から強烈な檄が飛んだのか、後半はアグレッシブな入りを見せる。

キックオフ直後にクーニャ、デ・パウルと続けてシュートを放つと、50分にはコンドグビアの球際の粘りからボックス手前でグリーズマンの落としに反応したデ・パウルが右足を一閃。強烈なシュートがゴール左隅を射抜いた。

前半の守勢を耐え抜き勝負所で決め切る、らしい戦いぶりでリードを手にしたシメオネのチームは、直後の56分にもカラスコのチャンスメークからグリーズマンに追加点のチャンスが訪れるなど、完全に試合のペースを掴む。

その後、63分には互いにこの試合で初めて交代カードを切った中、アトレティコの采配が試合を動かした。69分、セットプレーの二次攻撃からカラスコがボックス内へ入れた縦パスをゴールを背にしたコケが丁寧にマイナスに落とすと、前向きな状態でサポートに入ったアンヘル・コレアが絶妙な右足のダイレクトシュートを右隅へ突き刺した。
これで勝利に大きく近づいたアウェイチームは試合終盤にグリーズマン、デ・パウルを下げてスアレス、レマルの投入で試合をクローズにかかる。

後半アディショナルタイムにはDFフェリペのハンドで与えたペナルティアーク付近でのFKの場面で、キッカーのヤヌザイのシュートはGKオブラクがファインセーブで防いだものの、こぼれ球をグリディに頭で押し込まれて1点を返される。それでも、リードをきっちり守り切り1-2の勝利。今季最終戦を白星で飾り、自力での3位フィニッシュを決めた。

また、同日行われたセビージャvsアスレティック・ビルバオは、ホームのセビージャが1-0で勝利した。

逆転でのヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)出場権獲得を目指す8位のアスレティック(勝ち点55)と、同じく逆転での3位フィニッシュを目指す4位のセビージャ(勝ち点67)による上位対決。

試合はホームのセビージャが優勢な入りを見せると、10分には左サイド深くでアクーニャが入れたクロスをゴール前に飛び込んだラメラが頭で合わすが、これは惜しくも右ポストを叩く。

以降はボールを握って押し込むセビージャ、カウンターで応戦するアスレティックという構図の下で一進一退の攻防が続く。27分にはボックス手前で強引に仕掛けたユーリのシュートがゴールネットを揺らすが、オンフィールドレビューの結果、トラップ際のハンドを取られてアウェイチームの先制点は認められず。

その後は球際でのバトルが強調され、両チームの選手がヒートアップする場面も散見。その中でアスレティックがよりゴールに迫るが、ボックス内に持ち込んだベレンゲルのシュートが枠を外れるなど、決め切るまでには至らなかった。

ゴールレスで迎えた後半はイニャキ・ウィリアムズのポスト直撃のシュート、VARのレビューでオフサイドとなったレキクの幻のゴールと互いに決定機を作り合うオープンに入りに。

以降はセビージャペースで試合が進むと、途中出場のラファ・ミルが決定的な仕事を果たす。68分、ラメラの絶妙なスルーパスでオフサイドラインを破ったラファ・ミルがボックス内に持ち込み、ニア下を狙ったシュートでGKとの一対一を冷静に制した。

その後は交代カードを切りながら危なげなく時計を進めたセビージャが、アスレティックの攻撃をクリーンシートで凌ぎ切り、得意のウノセロ勝利。直近4試合連続ドローと勝ち切れない状況が続いた中、ホーム最終戦で5試合ぶりの白星を飾った。

関連ニュース
thumb

アトレティコがジョアン・フェリックス売却を検討か?

アトレティコ・マドリーはポルトガル代表FWジョアン・フェリックス(22)の売却を検討しているようだ。スペイン『Fichajes』が伝えている。 2019年夏にベンフィカからアトレティコへと加入したジョアン・フェリックスだが、1億2720万ユーロ(約178億円)とも言われる移籍金に見合った活躍が出来ていないと、批判の対象になることも多い。だが、昨季は年明け以降に本領を発揮し、低迷していたチームのチャンピオンズリーグ(CL)出場権確保に大きく貢献した。 2022-23シーズンは1年を通した活躍が期待される22歳だが、ジャーナリストのエドゥアルド・インダ氏によると、アトレティコでの将来は必ずしも保証されていないとのこと。今年4月にアトレティコのエンリケ・セレソ会長が、「ジョアンはラ・リーガとこのクラブにふさわしい選手で、彼が去るべき理由は何ひとつない」とも語っていたが、財務上の問題が付き纏っているようだ。 その中で若きポルトガル代表FWはチーム内で最も高額な移籍金が望めるプレーヤーであり、金額次第では今夏の売却も躊躇しない考えとみられている。 なお、ジョアン・フェリックスに対してはマンチェスター・シティが関心を寄せている模様。しかし、今夏すでにノルウェー代表FWアーリング・ハーランドやイングランド代表MFカルヴァン・フィリップスに大金を費やしているため、少なくとも今夏の獲得は現実的でないと目されている。 2022.07.05 21:48 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーがフランス代表DFパヴァールに関心? バイエルンでの序列低下は確実か

チェルシーがバイエルンのフランス代表DFバンジャマン・パヴァール(26)に関心を寄せているようだ。イギリス『インデペンデント』が伝えている。 フランス代表として2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)を制したパヴァールは、翌年夏にシュツットガルトからバイエルンに加入。この3年間は主力としてプレーしており、2021-22シーズンも公式戦36試合に出場した。しかし、クラブは今夏アヤックスからモロッコ代表DFヌサイル・マズラウィ(24)を獲得。安泰かに思われていたその座も揺らぐことになった。 サッカージャーナリストのフロリアン・プレテンバーグ氏によると、チェルシーがパヴァールを高く評価するポイントはユーティリティ性とのこと。バイエルンでは本職とする右サイドバックのほか、1列上のサイドハーフやセンターバックをこなしており、まさしく現在のチェルシーが求めている人材のようだ。 チェルシーはドイツ代表DFアントニオ・リュディガーらセンターバックの主力2選手が契約満了で退団となり、中央と右サイドバックを兼務する主将のセサル・アスピリクエタも未だ去就が不透明。トーマス・トゥヘル監督にとって、最も理想的な解決策がパヴァールとみられている。 なお、パヴァールに対しては、アトレティコ・マドリーとユベントスも関心を寄せているとのことだ。 2022.07.05 15:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ベジェリンの今季はアーセナル?ベティス? 他クラブからの関心は低下か

アーセナルのスペイン代表DFエクトル・ベジェリン(27)は、依然として新シーズンの去就が不透明のようだ。 16歳からアーセナルの下部組織で育ち、長らくファーストチームの一員としてプレーしてきたベジェリン。しかし、近年は退団希望が頻繁に伝えられており、昨シーズンはレアル・ベティスへとレンタル移籍していた。 ベティスへの移籍には買い取りオプションが付帯していなかったため、ひとまずはロンドンへと帰還したベジェリン。だが、本人はベティス残留を望み、ベティス側も完全移籍を模索中と見られる中、現時点ではアーセナル残留が最も現実的なシナリオのようだ。 スペイン『アス』によると、アーセナルは2022-23シーズンへ向けたプレシーズン最初の親善試合でイプスウィッチ・タウンと対戦。ベジェリンはキャプテンマークを腕に巻いて前半45分間をプレーし、チームも5-1で勝利していた。 『アス』は、この事実をミケル・アルテタ監督によるメッセージであると指摘しており、ベジェリンの今夏売却を必ずしも前向きに捉えていない可能性が浮上しているという。 ベティスはベジェリン再獲得のための資金作りが困難と以前から報じられ、特に300万ユーロ(約4億2400万円)以上とみられる年俸は支払えない状況。それでも、定位置の被るスペイン人DFマルティン・モントーヤ(31)、DFユスフ・サバリ(29)を放出してでも、なんとかして連れ戻したい思惑があり、諦めることなく希望を持ち続けているようだ。 アトレティコ・マドリーやビジャレアル、ローマなどといった他クラブからの関心は徐々に薄れてきていることが伝えられており、ベジェリンの新シーズンの舞台がアーセナルとベティスのどちらかとなる可能性は非常に高いと考えられている。 2022.07.04 16:19 Mon
twitterfacebook
thumb

フアンフランが明かす…モラタとシメオネ監督の不仲

今夏にユベントスからアトレティコ・マドリーにレンタルバックすることになったスペイン代表FWアルバロ・モラタだが、ディエゴ・シメオネ監督との関係は良好ではないようだ。 2019年1月にチェルシーからレンタルでアトレティコに移籍したモラタは、1年半のレンタル期間を経て完全移籍へ移行。同時に今度はユベントスへレンタル移籍し、今夏で2年の契約を全うした。 先日にユベントスから退団が発表され、アトレティコに復帰。そんな中、スペイン『マルカ』によると、アトレティコのレジェンドであるフアンフラン氏が「モラタがシメオネ監督との争いを解決してくれることを願っている」と、両者の不仲を告白した。 ユベントスはモラタの買い取りに動いたものの、アトレティコは推定3500万ユーロ(約49億円)の買い取りオプションの行使以外認めず、値下げ交渉には頑なに応じなかった。 また、モラタとアトレティコは、ユベントスに移籍する直前に2024年夏まで契約を延長していたとされており、モラタとしては今夏に移籍しにくい状況となっている。 このままでは29歳にとって快適な環境とは言えないが、和解か移籍か、はたまた現状のまま残留か、どのような去就となるのだろうか。 2022.07.03 19:33 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコ退団のヴルサリコがオリンピアコス加入!

オリンピアコスは2日、アトレティコ・マドリーを退団したクロアチア代表DFシメ・ヴルサリコ(30)の加入を発表した。契約期間は2025年6月30日までの3年となる。 2009年にディナモ・ザグレブでプロデビューしたヴルサリコは、ロコモティヴァ、ジェノア、サッスオーロでのプレーを経て、2016年夏からアトレティコに加入。 アトレティコでは、度重なるケガに悩まされるなど、準主力の域を超えられず、在籍6年間で公式戦99試合に出場。それでも2017-18シーズンのヨーロッパリーグ優勝や、2020-21シーズンのラ・リーガ優勝に貢献した。 2022.07.02 22:29 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly