元日本代表FWも思わず唸る! 名古屋FW相馬勇紀の地を這う劇的ミドル決勝弾が注目の的

2022.05.22 18:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
【動画】後半ATの勝ち越し弾!! 相馬の地を這うミドルシュート(4:38~)






1 2

関連ニュース
thumb

名古屋FW金崎夢生が13年ぶりに古巣・大分へ復帰! 「心からの喜びを感じています!」

大分トリニータは18日、名古屋グランパスと契約を解除した元日本代表FW金崎夢生(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「40」をつける。 三重県出身の金崎は、滝川第二高校から2007年に大分へと入団。高卒ルーキーながら1年目から試合に起用されると、2年目は主力としてプレー。2008年にはナビスコカップ(現YBCルヴァンカップ)を制していた。 2010年に名古屋へと完全移籍。2012年限りでに名古屋を退団すると、2013年1月にはニュルンベルクへと完全移籍。2013年9月にはポルティモネンセへと完全移籍する。 2015年2月に鹿島アントラーズに期限付き移籍すると、2016年1月にポルティモネンセに復帰したが、欧州からのオファーがなく、2月に鹿島へ完全移籍した。 鹿島では主軸としてプレーし、J1、リーグカップ、天皇杯で優勝を経験。2018年の途中にサガン鳥栖へと移籍すると、2020年3月に名古屋へと期限付き移籍。そのまま2021年に完全移籍で加入していた。 しかし今シーズンは6月28日の第16節サンフレッチェ広島戦でベンチ入りして以降は試合に絡むことがな買った。 金崎はこれまでJ1通算337試合で71得点、リーグカップで43試合9得点を記録。J2でのプレー経験は今回が初めてとなる。 13年ぶりに古巣の大分に復帰する金崎は両クラブを通じてコメントしている。 ◆大分トリニータ 「まずは大分トリニータでまたプレーできる機会を作ってくださった関係者の皆さんに感謝します。本当にありがとうございます」 「そして、ファンの皆さん、お久しぶりです。また大分トリニータでプレーできることに心からの喜びを感じています!」 「シーズン中の移籍ですが、チームの勝利に少しでも貢献できるように頑張りたいと思います。よろしくお願いします」 ◆名古屋グランパス 「名古屋グランパスに戻ってきてからの2年半の間、ファミリーのみなさんとたくさんのことを共有できました。一緒に戦ってくださり本当に感謝しています」 「チームを離れることになりましたが、こんな僕をこれからも応援していただけたら嬉しいです。お世話になりました。ありがとうございました」 <span class="paragraph-title">【写真】大量のスヌーピーグッズに囲まれる金崎夢生</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CaO8FgnPQc1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CaO8FgnPQc1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CaO8FgnPQc1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">金崎夢生(@mukanazaki)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.18 13:04 Thu
twitterfacebook
thumb

「70kmって…」左投げ・元日本代表FW玉田圭司が自身の“ピッチング”に嘆き「投球フォームダサい」

名古屋グランパスなどで活躍した元日本代表FWの玉田圭司氏が始球式を振り返った。 玉田氏は11日にバンテリンドームで行われたプロ野球セ・リーグの中日ドラゴンズvs読売ジャイアンツの始球式に登場。名古屋の背番号11のユニフォームにドラゴンズの帽子といういで立ちでマウンドに立つと、見事のノーバウンドで木下拓哉捕手のミットにボールを投げ込んでいた。 だが、本人は投球に納得がいってないようだ。17日までにインスタグラムを更新すると、「始球式 思い出に残る日となりました。貴重な経験をさせて頂きありがとうございました!」と感謝しつつも、ハッシュタグで「#ノーバン投球」、「#でも投球フォームダサい」、「#70kmって…」と嘆いた。 スタンドからは大きな拍手が贈られていたが、本人としてはもっとできる自信があったのかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】左投げの元日本代表FW玉田圭司の70kmノーバン投球(6つ目)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ChTmc65puwK/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ChTmc65puwK/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ChTmc65puwK/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">玉田圭司 Keiji Tamada(@keijitamada_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.18 12:03 Thu
twitterfacebook
thumb

中位の対決は両者決め手を欠いてドロー…鳥栖はまたも今季初連勝のチャンス逃す【明治安田J1第25節】

14日、明治安田生命J1リーグ第25節のサガン鳥栖vs名古屋グランパスが駅前不動産スタジアムで行われ、0-0の引き分けに終わった。 9位の鳥栖(勝ち点32)と10位の名古屋(勝ち点29)の中位対決。上位に向かっていくか、それとも残留争いに巻き込まれるか。残りシーズンの戦い方にも影響を与えるであろう両者の対戦となった。 鳥栖は前節はジュビロ磐田相手にホームで2-0で勝利。今節も[4-2-3-1]のシステムを採用し、磐田戦から2名を変更。小泉慶、 菊地泰智が外れ、藤田直之、本田風智を起用した。 対する名古屋は前節は浦和レッズに3-0で快勝。しかし、ミッドウィークのYBCルヴァンカップではアウェイで浦和に3-0で敗れて連覇を逃した。前節の浦和戦からは1名を変更。永井謙佑に代えて、仙頭啓矢を起用した。仙頭と森下龍矢は古巣対決となった。 試合序盤は鳥栖がボールを握る展開に。パスを繋いでしっかりと名古屋陣内に攻め込む形で試合は進んでいく。 特に左サイドに入った岩崎にボールを集め、前節同様に個人での突破を仕掛けさせる形に。何度か良い形でボールを運んでいくが、決定機までは作れない。 名古屋はブロックを作りながらロングボールを前に送る形で攻め込もうとするが、ファン・ソッコ、ジエゴの両CBがしっかりと対応する。 すると鳥栖は15分にチャンス。藤田からのフィードを右サイドで受けた長沼は一対一を仕掛けてクロス。これをニアで宮代が合わせると、ミートできなかったボールを本田がヘッド。しかし、これは枠を捉えられない。 さらに19分、中野がボックス手前から左足一閃。鋭いシュートが飛ぶが、枠を超えていく。 名古屋は28分に決定機。ボックス手前右からレオ・シルバが狙い澄まして右足シュート。これはGK朴一圭がセーブ。ボールがゴールに入りそうになるがなんとかかき出すも、これを拾ったマテウス・カストロがボックス内でシュートも原田がブロック。さらに相馬のシュートも原田がブロックと鳥栖は難を逃れる。 名古屋は32分に最大のチャンス。相馬が丸山のロングフィードに抜け出すが、上手くコントロールできず。それでもGK朴一圭を釣り出すと、中央へクロス。走り込んだ重廣が無人のゴールへ流し込むだけだったが、まさかのシュートミスで得点を奪えない。 すると鳥栖は37分、前線で宮代が粘ると、本田がボックス手前からシュート。これはブロックされるが、最後は長沼がボックス右からクロスを上げると、岩崎が飛び込んでヘッド。しかし、GKランゲラックが横っ飛びでセーブする。 38分にはボックス左でジエゴが仙頭と接触してファウル。ボックス外でのファウルとされたが、VARのチェックが入りPKかどうかの判定に。しかしFKの判定のままで試合は続行された。 ゴールレスで迎えた後半は共に交代はなし。後半も鳥栖がボールを握ると、47分に中野のパスに反応した岩崎が左サイドを抜け出しグンラウンダーのクロス。これを走り込んだ原田がシュートも、ブロックされる。 さらに54分にはボックス手前でパスを受けた本田が浮き球をシュート。ドライブが掛かったシュートが枠を襲ったが、わずかに越えていく。 名古屋は56分に仙頭、重廣を下げて、永井謙佑、永木亮太を投入。すると61分にその永井がビッグチャンス。フィードに反応し、ファン・ソッコと入れ替わった永井が抜け出すとドリブルで持ち出し、最後はボックス内でシュート。しかしこれはGK朴一圭が左手一本でセーブ。得点を許さない。 すると69分にアクシデント。ルーズボールを追った中、稲垣と藤田が交錯。藤田のスパイクが稲垣の脛に直撃。名古屋の選手がヒートアップする中、井上知大主審はイエローカードを稲垣に提示。藤田が先にボールに触っていた中、稲垣が衝突したという判定となった。 難しい判定となった中、鳥栖は本田を下げて垣田裕暉、名古屋はマテウス・カストロ、レオ・シルバを下げて柿谷曜一朗、宮原和也を投入する。 さらに鳥栖は藤田と長沼を下げて、森谷賢太郎、堀米勇輝を投入。ゴールを目指していく。 オープンな展開となっていく中、互いに決定機までは作れない。鳥栖は岩崎と宮代を下げ、西川潤、手塚康平を起用。手塚は移籍後初出場となった。 鳥栖がボールを繋ぎながら攻め込む一方で、名古屋はカウンターを狙う形に。それでも互いに決定機は作れずにタイムアップ。0-0の引き分けに終わった。 サガン鳥栖 0-0 名古屋グランパス 2022.08.14 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第25節:鳥栖vs名古屋】上に行くか下に落ちるか…残りシーズンの目標に関わる中位対決

【明治安田生命J1リーグ第25節】 2022年8月14日(日) 19:00キックオフ サガン鳥栖(9位/32pt) vs 名古屋グランパス(10位/29pt) [駅前不動産スタジアム] ◆システムは4枚?3枚?【サガン鳥栖】 前節はホームにジュビロ磐田を迎えての一戦。4試合勝利から遠ざかっていた鳥栖だったが、効果的なサイドアタックが機能して勝利を収めた。 今夏加入した長沼洋一が右サイドをアグレッシブに攻守にわたって躍動。また日本代表帰りの岩崎悠人が左サイドで切れ味する突破を見せるなど、この2人のサイドがカギを握ることになりそうだ。 この3試合は[4-2-3-1]と言って良いシステムに変更し、7得点と攻撃面が改善。一方で、失点も少なくなく、ピッチ上でチグハグな場面が散見されることがある。 しっかりと自分たちで試合をコントロールするという点では、3バックに戻す方が精度は上がるはず。名古屋に対してミラーゲームで挑む方が攻略もしやすそうだが、川井健太監督はどの布陣を選択するだろうか。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:朴一圭 DF:ファン・ソッコ、田代雅也、ジエゴ MF:長沼洋一、福田晃斗、小泉慶、岩崎悠人 MF:菊地泰智、本田風智 FW:宮代大聖 監督:川井健太 ◆課題は攻撃面の精度【名古屋グランパス】 浦和レッズとのカップ戦を含めた3連戦は1勝1分け1敗。リーグ戦でこそ3-0で快勝したが、ミッドウィークのルヴァンカップでは3-0と完敗を喫した。 これで今季のタイトルはなし。残留争いに巻き込まれないためにも、しっかりとリーグ戦で勝ち点を積み上げていくことしかない状況だ。 その中で気になるのは、シーズンを通して解決されない攻撃面の精度。ルヴァンカップではrーいどを許した中でも、アクションを起こして攻撃を仕掛ける場面が少なく、チャンスすらほぼ作れなかったと言って良い状況だ。 前節は3ゴールを奪っているだけに、アグレッシブにプレーし、精度を上げていければ問題はないが、鳥栖にボールを握られる時間が増えた際にどう対応するのか。注目が集まる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:ランゲラック DF:中谷進之介、藤井陽也、丸山祐市 MF:森下龍矢、稲垣祥、レオ・シルバ、相馬勇紀 MF:マテウス・カストロ、仙頭啓矢 FW:永井謙佑 監督:長谷川健太 2022.08.14 16:43 Sun
twitterfacebook
thumb

名古屋MF長澤和輝が登録抹消…今年4月の重傷から今季復帰厳しく

名古屋グランパスは12日、MF長澤和輝の今季登録抹消を発表した。 名古屋入りから今季で2年目の長澤。今年4月20日に行われた明治安田生命J1リーグ第2節のFC東京戦にて、右ヒザ外側半月板を損傷して同27日に手術を受けた。 治療期間は手術日から約5~6カ月とされたが、クラブによると、治療とリハビリを続けるなかで今季中の復帰が厳しい状況となり、登録の抹消に至ったという。 なお、今後については名古屋での復帰に向け、リハビリに励むとのことだ。 2022.08.12 16:25 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly