PK戦を制した10人のライプツィヒが3度目の決勝で初優勝を飾る!《DFBポカール》

2022.05.22 05:55 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
DFBポカール決勝のフライブルクvsRBライプツィヒが21日にベルリン・オリンピアシュタディオンで行われ、1-1で120分が終了。その後、PK戦を4-2で制したライプツィヒが初優勝を飾った。

準決勝で2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)のハンブルガーSVを下したフライブルクは、先週の最終節レバークーゼン戦の先発からチョン・ウヨンをグルデに変更した以外は同じ先発メンバーを採用した。

一方、準決勝で原口元気らを擁するウニオン・ベルリンを下して、2年連続の決勝へ駒を進めたライプツィヒは、先週の最終節ビーレフェルト戦の先発からアンヘリーニョをクロステルマンに変更した以外は同じ先発メンバーを採用した。

共に初優勝となる両者の一戦は、フライブルクが19分に先制する。最終ラインからのロングパスで左サイドのスペースに抜け出したギュンターが折り返しを供給すると、中央のR・サライのトラップミスが絶妙な落としとなると、ゴール前に走りこんだM・エッゲシュタインがコントロールショットをゴール左隅へ流し込んだ。

先制を許したライプツィヒはすぐに反撃。すると24分、アンドレ・シウバの左クロスをホフラーがバックヘッドでGKに戻そうとしたボールをゴール前のエンクンクが右足ボレーで合わせたが、シュートはGKフレッケンが体に当て、ゴールライン手前でN・シュロッターベックにクリアされた。

ハーフタイムにかけては、ボールを保持するライプツィヒが攻勢をかける展開となったが、フライブルクの粘り強い守備を前にジャブを打つに留まり、やや攻めあぐねる状態でハーフタイムを迎えた。

迎えた後半はライプツィヒが主導権を握ったが、57分にロングフィードを中盤で競り合ったハルステンベルクがホーラーにうまく入れ替わられると、後ろから引き倒してしまい一発退場。

数的不利となったライプツィヒは、61分にフォルスベリとアンドレ・シウバを下げてショボスライとムキエレを、69分にカンプルを下げてダニ・オルモを投入。

すると76分、セットプレーのこぼれ球を中盤で拾ったライマーがボックス内へロングパスを供給すると、ボックス右のオルバンが頭で折り返したボールを、最後はゴールエリア左に走り込んだエンクンクが右足で流し込んだ。

さらにライプツィヒは85分にも、ヘンリクスの左クロスからダニ・オルモに決定機が訪れたが、シュートはわずかにゴール左に外れた。結局、試合はそのまま1-1で90分を終了。

延長戦に突入した試合は、膠着状態が続いたが103分にフライブルクがチャンスを迎える。ハベラーのシュートが右ポストに弾かれると、こぼれ球にデミロビッチが反応したがシュートは枠の上に外れた

対するライプツィヒは117分、ボックス左から縦に仕掛けたダニ・オルモがホフラーのタックルで倒されたが、オンフィールドレビューの結果はノーファウルと判定された。

結局、試合は1-1のまま120分が終了し、決着はPK戦に委ねられた。そのPK戦では、4人全員が成功したライプツィヒに対し、フライブルクは2人目のギュンターと4人目のデミロビッチが失敗。この結果、4-2でPK戦を制したライプツィヒが3度目の決勝戦で初優勝を飾った。

関連ニュース
thumb

フォルスベリの劇的弾で逆転勝利のライプツィヒが2年連続の決勝進出!《DFBポカール》

DFBポカール準決勝のライプツィヒvsウニオン・ベルリンが20日に行われ、2-1でライプツィヒが勝利し、2シーズン連続の決勝進出を決めた。なお、ウニオン・ベルリンのMF原口元気は65分までプレー、MF遠藤渓太はベンチ外となっている。 準々決勝でブンデス2部のハノーファーを下したライプツィヒは、直近のレバークーゼン戦から先発を7人と大幅に変更。Y・ポウルセンやムキエレ、フォルスベリらに代えてエンクンクやダニ・オルモ、アンヘリーニョを先発で起用した。 一方、準々決勝でブンデス2部のザンクトパウリを下したウニオン・ベルリンは、直近に行われたフランクフルト戦の先発からジーセルマンとライアーソンに代えてオチプカとトリメル起用。原口は[3-5-2]の右インサイドMFでスタメンとなった。 立ち上がりから一進一退の攻防が続く中、ウニオン・ベルリンは最初のチャンスで先制する。25分、アウォニーのパスをバイタルエリア右サイドで受けたトリメルがダイレクトクロスを供給。これが相手GKとDFの間を抜けるとファーサイドのベッカーが左足でゴールに流し込んだ。 先制を許したライプツィヒは37分、敵陣を細かなパスワークで崩すとボックス右に抜け出したヘンリクスのラストパスからアンドレ・シウバが決定機を迎えたが、シュートはわずかに枠の右に逸れた。 迎えた後半は1点を追うライプツィヒが積極的入りを見せると59分、ヘンリクスのパスに反応したエンクンクがボックス内でイェッケルに倒される。一度は流されたものの、オンフィールドレビューの結果、ライプツィヒにPKが与えられると、このPKをアンドレ・シウバがゴール中央に突き刺した。 追いつかれたウニオン・ベルリンは、65分に原口を下げてシャーファーを投入。さらに77分にはアウォニーとベッカーを下げてホグルサマーとミヒャエルをピッチに送り出した。 1-1のまま最終盤に突入し、このまま延長戦かと思われたが、アディショナルタイムにドラマが生まれる。92分、ヘンリクスの右クロスをゴール前のフォルスベリが頭で叩き込み、ライプツィヒが逆転に成功。 結局、これが決勝点となりライプツィヒが逆転勝利。フライブルクの待つ決勝へ駒を進めた。 2022.04.21 06:15 Thu
twitterfacebook
thumb

2部のHSVに3発快勝のフライブルクが初の決勝進出《DFBポカール》

DFBポカール準決勝、ハンブルガーSVvsフライブルクが19日に行われ、1-3でフライブルクが勝利し決勝に進出した。 準々決勝でカールスルーエをPK戦の末に下したHSVと、ボーフムを下したフライブルクの決勝進出を懸けた一戦。 ホームチームのHSVが仕掛ける展開で立ち上がった中、フライブルクが11分に先制する。左CKの流れからペテルゼンがルーズボールをヘッドでねじ込んだ。 先制後はフライブルクの攻勢が強まると17分にリードを広げた。ルーズボールを拾ったホフラーがボックス手前右から右足を一閃。DFにディフレクトしたシュートがネットを揺らした。 2点を追う展開となったHSVは26分、分厚い攻めを見せた流れからボックス中央のスホネンがルーズボールに反応してシュート。枠を捉えたが、GKフレッケンの好守に阻まれる。 すると33分、フライブルクが幸運な形からPKを獲得。ボックス内でN・シュロッターベックが転倒すると、浮き球のルーズボールをクリアにかかったヘイヤーがN・シュロッターベックの頭を不運にも蹴ってしまった。VARが入り、PKを得たフライブルクはこれをグリフォが決めて3点目。 38分にスホネンがディフェンスライン裏を取ってネットを揺らすもVARが入ってオフサイドとなり、不運が重なったHSVは3点のビハインドで前半を終えた。 迎えた後半もカウンターで牽制するフライブルクが主導権を握る展開の中、68分にはキッテルに枠内シュートを打たれるもGKフレッケンがセーブ。 終盤にかけても集中した守備を見せたフライブルクは88分にグラッツェルにゴールを許したが、3-1で快勝。クラブ史上初の決勝進出を果たした。 決勝ではライプツィヒvsウニオン・ベルリンの勝者と戦う。 2022.04.20 05:44 Wed
twitterfacebook
thumb

DFBポカール準決勝対戦カード決定! 原口&遠藤のウニオンはRBライプツィヒと激突

DFBポカール準決勝の組み合わせ抽選会が行われ、準決勝の対戦カードが決定した。 前回王者のドルトムントや最多優勝のバイエルンなどが早々に姿を消した今大会で、優勝候補筆頭となっているRBライプツィヒは、準々決勝で日本代表DF室屋成の所属するハノーファーに4-0と快勝し4強入り。 準決勝では、ベスト8で2部のザンクト・パウリに勝利し、21年ぶりの4強入りを決めた日本代表MF原口元気&MF遠藤渓太を擁するウニオン・ベルリンとの対戦が決定した。 また、準々決勝で日本代表FW浅野拓磨が所属するボーフムを下したフライブルクは、カールスルーエとの2部対決を制したハンブルガーSVと対戦する。 なお、準決勝は4月19日と20日に開催予定だ。準決勝対戦カードは以下の通り。 ◆DFBポカール準決勝 4/19,20 RBライプツィヒ vs ウニオン・ベルリン ハンブルガーSV vs フライブルク 2022.03.07 23:50 Mon
twitterfacebook
thumb

室屋フル出場のハノーファー、ライプツィヒに完敗でベスト8敗退《DFBポカール》

ハノーファーは2日、DFBポカール準々決勝でライプツィヒをホームに迎え、0-4で完敗した。ハノーファーのDF室屋成はフル出場している。 ベスト16でボルシアMGを下したハノーファーは、室屋が公式戦8試合ぶりにスタメンとなった。 アンドレ・シウバやエンクンクら主力を起用してきた、ベスト16でハンザ・ロストックを下したライプツィヒに対し、[4-2-3-1]で臨んだハノーファーは室屋が右サイドバックでスタート。 ボールを丁寧につなぐスタイルのハノーファーはライプツィヒのハイプレスに苦しめられると、17分に失点する。ダニ・オルモの縦パスを受けたエンクンクに室屋が対応するも、身体を当てられてバランスを崩し転倒。そのままボックス内への侵入を許しシュートを決められた。 さらに22分、グヴァルディオルのスルーパスに抜け出したエンクンクにゴールを決められ、ハノーファーはリードを広げられてしまう。 その後も一方的に押し込まれたハノーファーは、守護神ツィーラーがファインセーブを見せるなどして3失点目は免れたものの、シュートを打てずに前半を2点ビハインドで終えた。 迎えた後半も守勢に回ったハノーファーは67分に3失点目。アンドレ・シウバとのワンツーでボックス右に侵入したライマーにシュートを決められた。 さらに73分、アンヘリーニョのクロスが室屋に当たってゴールに向かうと、最後はアンドレ・シウバに押し込まれて4失点目。結局、終盤にかけても何もできなかったハノーファーは完敗。ベスト8敗退となった。 2022.03.03 04:22 Thu
twitterfacebook
thumb

原口先発ウニオン、ザンクト・パウリに逆転勝利でベスト4《DFBポカール》

ウニオン・ベルリンは1日、DFBポカール準々決勝でザンクト・パウリをホームに迎え、2-1で勝利した。ウニオンのMF原口元気は77分までプレー、MF遠藤渓太は欠場している。 ベスト16でヘルタ・ベルリンを下したウニオンは、3日前のマインツ戦で移籍後初ゴールを挙げた原口が引き続き先発となった一方、遠藤は負傷欠場となった。 ベスト16でドルトムントを下した2部のザンクト・パウリに対し、原口が[3-5-2]の右インサイドMFでスタートしたウニオンが押し込む流れとなった中、17分にアウォニーが初の枠内シュートをマーク。 その後もウニオンが押し込んでいたが、21分に失点する。ボックス手前左で与えたFKをチェレにゴール右へ決められた。 失点後も攻めあぐねていたウニオンだったが、前半終了間際に追いつく。追加タイム1分、ロングボールに抜け出したベッカーのシュートはGKにセーブされるもルーズボールをアウォニーが押し込んだ。 同点として迎えた後半、ウニオンが敵陣でのプレーを続けていたが、好機を生み出すには至らない。 そんな中75分、ウニオンが均衡を破る。決めたのは10分前に投入されていたホグルサマー。ラフなフィードを相手DFが処理し損ねた隙を突いてホグルサマーがカット。GKとの一対一を決めきった。 逆転後、原口を下げたウニオンは追加タイム1分に追加点のチャンス。ここは独走したホグルサマーがシュートを左ポストに当ててしまったが、2-1で逃げ切り。ベスト4進出を決めている。 2022.03.02 06:42 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly