ドルトムント、マルコ・ローゼ監督が双方合意で退任「責任を持つことができなかった」

2022.05.20 21:22 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントは20日、マルコ・ローゼ監督(45)との契約を解除したことを発表した。

同日、マルコ・ローゼ監督も出席した、ハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOやスポーツ・ディレクターのミヒャエル・ツォルク氏らが集まった会議にて、双方合意のもとで退任が決定。指揮官は今後のチームの方向性について、自身が責任を持てる確信ができなかったという。

「不可解な点が多い難しいシーズンだったが、自分たちの進むべき道が見えてきた。しかしそのとき、私の中に全ての責任に対する100%の確信が無くなったという印象が芽生えた。そして、我々は最終的に契約を解消するという結論に至ったのだ」

2019年夏から2年間指揮したボルシアMGで、1年目からチャンピオンズリーグ出場に導いたローゼ監督。4シーズンぶりとなった欧州最高峰の舞台では、チャンピオンズカップ時代の1977-78シーズン以来のグループステージ突破を決めた手腕が評価され、昨夏にドルトムントが契約解除金を支払う形で就任した。

そして今季のドルトムントは、調子の波が激しかった昨季から打って変わって、開幕から好調を維持。第8節以降、2位を下回ることはなかったが、肝心のバイエルンに対してはダブルを許し、絶対王者の座を揺るがすことはできなかった。また、チャンピオンズリーグではグループステージ敗退。ヨーロッパリーグでも決勝トーナメント・プレーオフで準優勝のレンジャーズに敗れていた。

なお、新監督の選定については今後協議を進めていくとのことだ。

関連ニュース
thumb

インテルがドルトムントDFアカンジに関心? CB補強候補の3番手か

インテルがボルシア・ドルトムントのスイス代表DFマヌエル・アカンジ(26)に関心を寄せているようだ。 2018年1月から在籍するドルトムントでは主力のセンターバックとしてプレーするアカンジ。だが、2023年6月までとなっている現行契約を延長しないつもりであることが明らかとなっている。 そんな事情からか、多くのクラブがアカンジの獲得を検討しているとみられており、最近ではユベントスからの関心が伝えられていたが、この度インテルも獲得レースに加わったとのことだ。 イタリア『スカイ・スポーツ』によると、インテルはセンターバック補強のトップターゲットとして、トリノのブラジル人DFグレイソン・ブレーメル(25)、フィオレンティーナのセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(24)ら2選手の獲得を目指しているとのこと。しかし、いずれかの交渉が不調に終わった場合の3番手の候補として、スイス代表の26歳をリストアップしている模様だ。 インテルはスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)のパリ・サンジェルマン(PSG)行きが現実味を帯びてきており、オランダ代表DFステファン・デ・フライ(30)にも退団の噂が。仮に両選手ともクラブを去るのであれば、アカンジも本腰を入れて交渉に乗り出す可能性は十分に高いと考えられている。 2022.07.05 14:21 Tue
twitterfacebook
thumb

「“黄色い壁“が背後にそびえ立つのはドイツでもここだけ」ドルトムント加入のジューレ、新たな挑戦に興奮隠せず

ドルトムントのドイツ代表DFニクラス・ジューレが新シーズンに向けた意気込みを語った。ドイツ『キッカー』が伝えた。 2017年夏の加入以降、バイエルンの最終ラインを支え続け、4度のブンデスリーガ優勝やチャンピオンズリーグ制覇に貢献したジューレ。2021-22シーズンに最終年となった契約を巡ってはクラブが延長に動くも、交渉は決裂し退団が決定した。 新天地としてはチェルシーやバルセロナ、ニューカッスルなど様々な方面からの関心が報じられていたものの、新シーズンから4年契約を結ぶこととなったのはドルトムント。国内最大のライバルクラブへの移籍はファンに驚きを与えた。 新シーズンに向けて、背番号も「25」に決定したジューレはクラブ公式サイトのインタビューで、“黄色い壁“とも称されるゴール裏を陣取る熱狂的なファンのもとでプレーできる喜びを語るとともに、期待に応えるようなパフォーマンスの発揮を誓った。 「僕は敵チームとしてこのスタジアムでプレーしていたわけだけど、ここでの試合をいつもなんとなく楽しみにしていた。“黄色い壁“がチームの背後にそびえ立つのは、ドイツでもここだけだからね」 「毎週末、誠実な態度を見せて良いサッカーをすることで、ファンに気に入ってもらえたら、常に数パーセントのアドバンテージを持って試合に臨むことができるだろうね」 「何よりもまずは、単純に良いパフォーマンスをして、『あいつはクラブカラーのために身を捧げているんだ』とファンに感じてもらうことだ。それが僕の願いであり、クラブの願いでもあるんだ」 「そうすれば、ファンはまたスタジアムに来たくなるし、最後には『あいつはなかなか良い買い物だった』と言ってもらえるかもしれない」 2022.07.04 17:18 Mon
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブが熱視線のベリンガム、ドルトムントは移籍金を171億円に再設定

ドルトムントがイングランド代表MFジュード・ベリンガム(19)の移籍金をより高額に設定したようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 2020年夏にバーミンガムから移籍金2500万ユーロ(約35億7000万円)でドルトムントに加入したベリンガム。17歳の若さでありながらトップチームの主力に定着すると、公式戦44試合に出場して4ゴール4アシストの成績を収め、一躍ビッグクラブが注目する存在となった。 注目が増すなかで迎えた今シーズンは公式戦43試合出場で6ゴール14アシストを記録。さらなる成長を印象づけており、チームこそ無冠に終わったものの個人としては充実のシーズンを送った。 イングランド代表でも着実に出場機会を増やし昨夏のユーロ2020にも出場したベリンガムに対しては、母国のビッグクラブであるリバプール、マンチェスター・ユナイテッドのほか、レアル・マドリーも関心を隠さず。ベリンガム本人が今夏の残留を明言したことを受け、来夏の争奪戦が予想されている。 しかし、ドルトムントは当初ベリンガムに対して1億ユーロ(約142億8000万円)の値札をつけていたが、ドイツ『シュポルト・ビルト』によるとここに来てさらに高額となる1億2000万ユーロ(約171億4000万円)に移籍金を設定したようだ。 ドルトムントとベリンガムの間に契約解除金は設定されておらず、クラブは強気の姿勢を崩していない。 今後より一層の成長が見込まれているベリンガムだが、ドルトムントの要求を満たすクラブが現れるのか、来夏の動きが早くも注目される。 2022.06.30 13:16 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴィツェルのアトレティコ入りが確定的に! 会長認める

ベルギー代表MFアクセル・ヴィツェル(33)のアトレティコ・マドリー入りが決まった。 一度は中国に渡ったが、2018年夏のドルトムント入りでヨーロッパに舞い戻ったヴィツェル。4シーズンで公式戦143試合の出場数を誇るなど、中盤の軸を担ったが、2021-22シーズンをもって契約満了で今夏にフリーとなる。 移籍先を巡ってはアストン・ビラにフランス代表MFブバカル・カマラを手放したマルセイユからの関心も噂されたが、最近ではメキシコ代表MFエクトル・エレーラの後釜としてアトレティコ・マドリー行きが濃厚視されている。 そうしたなか、アトレティコ・マドリーのエンリケ・セレソ会長はスペイン『アス』によると、「ヴィツェルは周知のとおり、ほぼ完了済み」と加入を認めたという。 なお、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏も同会長の発言を紹介しつつ、ヴィツェルのアトレティコ・マドリー加入に向けた交渉完了を主張。契約は2023年までの1年で、1年延長オプションが付いている模様だ。 2022.06.28 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

「傲慢な愚か者」 ブンデス批判のリバプールOBにドルトCEOが反論

セネガル代表FWサディオ・マネ(30)のバイエルン移籍に際してブンデスリーガを批判したリバプールOBのディーン・ソーンダース氏に対し、ドルトムントの最高経営責任者(CEO)を務めるハンス=ヨアヒム・ヴァツケ氏が憤った。 2016年夏に加入してから、ユルゲン・クロップ監督の下で絶対的な主軸として活躍してきたマネ。2021-22シーズンも輝きを放ったが、シーズン終了後には新たなチャレンジを望むと、残り1年の契約を更新しない意思を明確にした後、22日にバイエルン移籍が決定した。 プレミアリーグのスター選手の到来はバイエルンのみならず、ドイツ国内で大きな話題となり、歓迎する声が多く聞かれた一方で、リバプールOBであるソーンダース氏はマネの決断を非難。「ブンデスリーガは挑戦とは程遠い。葉巻を持ちながらアームチェアに座ってでも活躍できる」として、プレミアリーグよりレベルの低いリーグへの移籍が挑戦になるのかと疑問を呈していた。 その発言に対して、ヴァツケCEOはドイツ『BILD am Sonntag』で反論。ブンデスリーガは高い評価を得ているリーグであり、2021-22シーズンのプレミアリーグ勢は3つの欧州カップ戦で結果を残せなかったと批判した。 「傲慢な愚か者というのは常に存在するものだ。私はヨーロッパのクラブ団体であるECAで理事を務めているが、ドイツのフットボールがそこでいまだ高い評価を受けていることを知っている」 「今季の欧州カップ戦、イングランド勢は3ついずれでもタイトルを獲得していない。もちろん、私はチャンピオンズリーグではリバプールのユルゲン・クロップにぜひとも勝ってほしかったがね」 2022.06.28 13:04 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly