「髪切った?」ハーランドが“三つ編みヘアー”にアレンジ!元シティの父とノルウェーの憲法記念日を祝う

2022.05.18 21:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティに移籍するノルウェー代表FWアーリング・ハーランドのヘアスタイルに注目が集まっている。

21歳ながらすでにワールドクラスのストライカーとしての地位を確立し、10日にはドルトムントからシティへの移籍合意が発表されたハーランド。今シーズンの戦いを終えており、7月1日の加入にむけて準備を進めている。

そのハーランドは、ノルウェーの憲法記念日でもある17日に自身のインスタグラムを更新。元マンチェスター・シティで父親のアルフ・インゲ・ハーランド氏とともに国家の日(ナショナルデー)を祝った。

父とともにスーツにサングラスでビシッと決めたハーランドだったが、長かった髪は後ろで三つ編みのように編み込まれている。ドルトムント加入以降髪を伸ばし続け、かなりの長さになっているハーランド。試合時には後ろでお団子に纏めることが多いが、背広に合わせてスタイルもチェンジしたのだろうか。

この投稿には、ファンも「このスタイルが好きだ」、「髪切った?」と反応。また、加入を待ちきれない多くのシティズン(シティサポーターの愛称)から歓迎の声が寄せられている。

1 2

関連ニュース
thumb

チェルシー行き間近のスターリング、自宅売却へ…アレクサンダー=アーノルドが購入を検討か

移籍が噂されるマンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングが、自宅売却に向けて動いているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 2015年夏にリバプールからシティに加入したスターリングは、在籍7年間で4度のプレミアリーグ優勝や5度のEFLカップ優勝などに貢献。2018-19シーズンに達成した史上初の国内三冠も含めて、12個の主要タイトルを手にした。 公式戦出場は337試合を数えるシティのレジェンドだが、その旅路も終わりを迎えようとしている。契約が残り1年となった同選手に対し、チェルシーが大型オファーを用意。推定4500万ポンド(約73億5000万円)の移籍金を交渉材料にしている模様だ。 そして、スターリングは移籍に向けてか、チェシャーにある自宅の売却を進めているようだ。さらに、その物件の購入を検討しているのが、リバプールのイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドなのだという。 なお、イギリス『デイリー・メール』によると、スターリングはすでにチェルシーのトーマス・トゥヘル監督と起用法について具体的な話し合いも行っており、シティがオファーを承諾すればすぐに移籍は実現する段階となっている。 2022.07.03 14:20 Sun
twitterfacebook
thumb

「彼には移籍先の選択肢がいくつもあったが…」 板倉滉獲得のボルシアMG、SDが喜び

ボルシアMGのスポーツディレクター(SD)を務めるローランド・ビルクス氏が加入決定の日本代表DF板倉滉にコメントした。 昨季、シティからのレンタルプレーヤーとしてシャルケ入りした板倉。相思相愛とされたシャルケへの残留こそクラブの財政難で叶わなかったが、昨季の活躍もあって、複数クラブによる争奪戦に発展している状況だった。 そこで優勢だったのがボルシアMGだ。シティ側の移籍金額つり上げにより、順調とされた交渉が暗礁に乗り上げているといわれたりもしたが、2日に4年契約での獲得を発表。移籍金は500万ユーロ(約7億円)+ボーナスとされる。 ヨーロッパリーグ王者のフランクフルトやスコットランド覇者セルティックのほか、プレミアリーグ勢も絡む争奪戦を制しての獲得となるなか、ビルクスSDもクラブ公式サイトで喜びの心境を語っている。 「コウは強靭な走力と戦術的規律を持った選手で、6番を含むディフェンスの様々なポジションでプレーできる。彼には確かに移籍先として魅力的な選択肢がいくつもあったが、彼は我々の計画にとっても重要な構成要素で、彼が我々の道筋に確信を抱いてくれたのは喜ばしいよ」 なお、板倉がつける背番号はシャルケ時代と同じ「3」に決定。今後は3日から始まるテーガン湖近郊でのプレシーズンキャンプに同行し、4日に入団会見が開かれる予定だ。 2022.07.03 11:05 Sun
twitterfacebook
thumb

板倉滉がボルシアMGに完全移籍、移籍金は約7億円

ボルシアMGは2日、マンチェスター・シティの日本代表DF板倉滉(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月までの4年間で、移籍金はドイツ『キッカー』によると500万ユーロ(約7億円)とのことだ。 昨夏、マンチェスター・シティからレンタルでシャルケ入りした板倉。シャルケでは公式戦31試合に出場して4ゴールを決め、ブンデス2部で優勝し、1年での1部復帰に大きく貢献していた。 しかし、財政難によりシャルケは600万ユーロに設定されていた買い取りオプションを行使できず、完全移籍での板倉獲得を見送り。そこでボルシアMGが手を挙げ、板倉の獲得を実現させる形となった。 2022.07.03 06:00 Sun
twitterfacebook
thumb

バーンリー、ハーウッド=ベリスをシティからレンタル! コンパニがアンデルレヒト時代に続きラブコール

バーンリーは2日、マンチェスター・シティからU-21イングランド代表DFテイラー・ハーウッド=ベリス(20)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 地元ストックポート出身で幼少期からシティのアカデミーに在籍する生え抜きの188cmのセンターバックは、2019年9月に行われたEFLカップのプレストン・ノースエンド戦でトップチームデビュー。 ここまでトップチームで公式戦8試合に出場している一方、シニアレベルでプレー機会を与えたいクラブは、これまでブラックバーン・ローヴァーズ、アンデルレヒト、ストーク・シティと国内外のクラブへ積極的に武者修行に出している。 直近の2021-22シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)のストークで半年間プレーし、公式戦24試合に出場していた。 なお、新シーズンからチャンピオンシップのクラブを率いるヴァンサン・コンパニ監督は、前述のアンデルレヒトを率いた時代にもハーウッド=ベリスをレンタルで獲得しており、今回2度目のラブコールを送った形だ。 また、今回の発表の前日には同選手のシティアカデミーの1年後輩であるU-19イングランド代表DFコンラッド・ジョナサン・イーガン=ライリー(19)が完全移籍で、クラレッツ入りしていた。 2022.07.02 17:30 Sat
twitterfacebook
thumb

板倉滉のボルシアMG移籍が秒読み! 先日にシティとの交渉暗礁説浮上も

マンチェスター・シティが保有権を持つ日本代表DF板倉滉(25)はボルシアMG行きに向かっているようだ。 昨季、シティからのレンタルプレーヤーとしてシャルケ入りした板倉。相思相愛とされたシャルケへの残留こそクラブの財政難で叶わなかったが、昨季の活躍もあって、複数クラブによる争奪戦に発展している。 そこでリードしているとされるのがボルシアMGだ。シティ側の移籍金額つり上げにより、順調とされた交渉が暗礁に乗り上げているとされたりもしたが、やはりボルシアMG入りで決着の様相を呈している模様だ。 ドイツ『スカイ』によると、板倉は1日にボルシアMGでのメディカルチェックが完了。ボルシアMGは板倉も来週にテーゲルン湖で予定するキャンプに同行できるように契約の最終手続きに入っているという。 こうなると、気になるのは移籍金額だが、ボルシアMGはシティに500万ユーロ(約7億円)強を支払って獲得に至るといい、近く契約も正式に成立する見通しもあるようだ。 なお、ボルシアMGは1日、3.リーガのロート=ヴァイス・エッセンとのテストマッチを実施。ダニエル・ファルケ監督は試合後、板倉のメディカルチェックに関して問われると、こう返したという。 「今日はエッセンに向かうバスのなかにずっといて、それからこのスタジアムで長い時間を過ごした。だから、今日のボルシア・パークに誰がいたかは教えられない」 2022.07.02 15:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly