ムバッペの去就巡りクラブ間交渉へ! PSG会長がマドリード入り

2022.05.17 20:21 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)残留とレアル・マドリー移籍に揺れるフランス代表FWキリアン・ムバッペを巡る交渉が始まったようだ。

今夏で満了となる契約を巡って去就が騒がれているムバッペ。長らくレアル・マドリー移籍が取り沙汰されていたが、ここに来てPSGとの契約延長の線も浮上する状況となっている。

すでに今季のリーグ・アン優勝を決め、3年連続のリーグ年間最優秀賞に選ばれたムバッペは「僕の決断はほとんど決まっている。近いうちに結論を出す」と、進退をほのめかすとともに、「フランス代表チームに合流する前になるだろうね」と、具体的な発表の時期も示した。

注目が高まる中、スペイン『El Chiringuito』が、PSGのナセル・アル・ケライフィ会長が現地時間17日にマドリード入りしたと報道。目的はもちろんムバッペの去就について。代表団を引き連れ、マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長と会談を開く予定のようだ。

関連ニュース
thumb

カシージャスがユーベ移籍迫るディ・マリアを称賛「用心深く知的な男」

ユベントス移籍が時間の問題となっているアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア。レアル・マドリーでチームメイトだった元スペイン代表のイケル・カシージャス氏が太鼓判を押した。 2015年夏に加入したパリ・サンジェルマン(PSG)との契約満了を迎え、今夏に新天地を求めたディ・マリア。母国復帰の意思もあり、先日にロサリオ・セントラルの監督に就任したカルロス・テベスから誘いもあったという中で、キャリア6つ目のクラブとなるのはユベントスが決定的となっている。 現地時間29日にも契約が締結される可能性が伝えられる中、カシージャス氏がイタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューでディ・マリアに言及。34歳となっても体のシャープさを維持する真のプロフェッショナルだと称賛した。 「キエーザにヴラホビッチ、ポグバ、そしてアンヘル…、なんてチームだ! 」 「彼はワールドカップへの準備をしたいと言っていた。常に体のケアを怠らない用心深い男なんだ。だから大ケガをしたことは一度もない。かなりシャープな体だと思うよ」 「ここヨーロッパで彼は常にハイレベルを維持してきた。しかもビッグクラブでね。ディ・マリアはユーベに違いをもたらせるだろう」 「11月にはワールドカップが控え、レギュラーでプレーし、大会に向けて最高の準備ができるチームを探していたことは明らかだ」 「34歳となっても、彼は偉大なプレイヤーだ。今となっては年齢は比較的ただのカウントに過ぎない。選手の寿命は延びてきている」 「ユベントスは様々なポジションでプレーできる選手に資金を投じてきた。我々がデシマを達成した当時、アンチェロッティはシーズン途中に彼のポジションを変えていたが、とてもよくやっていたよ」 「彼は前線でも中央でもプレーできるし、フットボールをよく理解している知的な男だ。さらに印象的なシュート力も持っていて、一人で試合決めることができる」 2022.06.29 14:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ヨビッチのフィオレンティーナ行きが前進! 1年レンタルでマドリーと合意か

フィオレンティーナがレアル・マドリーのセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(24)獲得に前進したようだ。イタリア『スカイ』が伝えている。 今冬にセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチをユベントスに引き抜かれたフィオレンティーナはその後釜にポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクをレンタルしたが、シーズン終了後にヘルタ・ベルリンへ帰還。ストライカー探しを続けるなかで、ヨビッチに関心を示していた。 しかし、財政難のフィオレンティーナにヨビッチの移籍金調達は難しく、マドリーがレンタルのオファーを受け入れるかが焦点に。だが、『スカイ』によると、28日のクラブ間交渉にて、1年間のレンタル移籍という形でほぼまとまったようだ。買い取りオプションなどは付随していないが、ヨビッチが受け取る年俸600万ユーロ(約8億6000万円)の半分をマドリー側が負担する内容になっているという。 ヨビッチは2019年夏にフランクフルトからマドリーに6000万ユーロ(現レートで約84億円)の移籍金で加入しながら、ここまでまったく存在感を発揮できず。今季はラ・リーガでの先発がわずか1試合のみと、カルロ・アンチェロッティ監督から信頼を得られていなかった。 マドリーは登録枠を空けるためにも今夏のヨビッチ放出を目指しており、双方にとってメリットのある取引となるかもしれない。 2022.06.29 10:58 Wed
twitterfacebook
thumb

レアルで不遇のFWマリアーノ、移籍を望む「満足できるオプションがある限り退団する」

レアル・マドリーのドミニカ共和国代表FWマリアーノ・ディアス(28)だが、今夏の退団に向けて動いているという。 マリアーノはマドリーの下部組織出身で、2016年7月にファーストチームに昇格。2017年7月にリヨンへ完全移籍を果たすが、1年後にマドリーへと復帰していた。 マドリーでは出番に恵まれておらず、ここまで公式戦73試合に出場し12ゴール3アシストを記録。2021-22シーズンは11試合に出場し1ゴール1アシストを記録していた。 契約は2023年まで残り1年となる中、クラブもマリアーノ本人も良い条件が来れば退団したいと考えているという。 マリアーノの代理人であるダビド・アランダ氏はスペイン『ベルナベウ・ディジタル』のインタビューで語った。 「選手の意向としては、過去3年間と同様、満足できるオプションがある限り退団する」 「私は彼が好ましいチームを探そうとしている。そういう状況だ」 スペイン『アス』によれば、ヘタフェやフェネルバフチェが関心を示しているという。 果たしてマドリーに残留するのか、移籍するのか。年俸や条件面が問題ではないとしているが、マドリーでは出番が多く得られるとは思えないだけに、行く末に注目だ。 2022.06.28 12:58 Tue
twitterfacebook
thumb

レアルの逸材の1人、昨季デビューのFWペテルは興味示されるも残留か

レアル・マドリーの若手ウインガーFWペテル・ゴンサレス(19)だが、今夏移籍させるつもりはないようだ。スペイン『アス』が報じた。 U-15ドミニカ共和国代表歴のあるペテルはマドリーの下部組織で育ってきた。順調に昇格を繰り返し、2020年10月にはカスティージャに昇格。すると2021-22シーズンはカルロ・アンチェロッティ監督によってラ・リーガデビューを果たすと、3試合でプレーしていた。 いずれも短い時間の出場となったが、ヘタフェやラージョ・バジェカーノといったマドリッドのクラブが興味を示している状況だ。 しかし、マドリーは移籍させる気はあまりなく、新シーズンもラウール・ゴンサレス監督が率いるカスティージャの選手として計算しているようだ。 また、移籍するとなった場合でも、マドリーは50%の保有権を常に保持するつもりとのこと。将来的な買い戻しや更なる移籍時の利益を得るためと考えられている。 左利きのウインガーは、短い時間でもインパクトは残しており、今夏の移籍市場でスペイン代表MFマルコ・アセンシオが退団することが濃厚ということもあって、プレシーズンはファーストチームに加わる可能性が高いという。 マジョルカにレンタル移籍中の日本代表MF久保建英ともポジションが被るペテルだが、将来はどうなるだろうか。 2022.06.28 11:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ロサンゼルスFCがベイルの獲得を正式発表!

メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルスFCが27日、レアル・マドリーを退団するウェールズ代表FWガレス・ベイル(32)をフリーで獲得した。契約期間は2023年6月30日までで、1年間の延長オプションが付随している。 2013年にトッテナムから加入したベイル。5回のチャンピオンズリーグ(CL)制覇など、計15個ものチームタイトルに貢献してきたが、近年は相次ぐ故障やウェールズ代表での活動を重視する姿勢もあり、クラブとの関係が悪化。今季最終年の契約をもっての退団が決定していた。 現役引退も囁かれた去就だが、母国のカタール・ワールドカップ(W杯)出場でなくなると、カーディフやトッテナムなどが獲得に乗り出していたが、ユベントスを退団した元イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニに続き、ロサンゼルスFC入りを選択。アメリカに拠点を移して、今年11月のカタールW杯を迎えることになった。 新天地の決まったベイルは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ロサンゼルスFCへの移籍に非常に興奮している。ここは僕と家族にとって、そして僕のキャリアの中で適切な場所であり、チームと一緒に働き始め、ロサンゼルスでより多くのトロフィーを獲得する準備をするのが待ちきれないよ」 2022.06.28 06:01 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly