国内外のビッグクラブが関心を寄せるトリノDFブレメル、今夏の争奪戦は必至だ

2022.05.17 13:02 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今夏の移籍市場における人気銘柄といえば、現在セリエA・トリノに所属するブラジル人DFグレイソン・ブレメル(25)だ。イタリア国内外の多くのビッグクラブが彼に関心を寄せている。

2018年7月にアトレチコ・ミネイロからトリノへ加入したブレメル。今シーズンはここまで33試合に出場し、ディフェンスリーダーとしてトリノの堅守に貢献。チームの順位こそ10位ながら、失点数は37試合で「38」と、セリエA全体で5番目に少ない失点数を記録している。

負傷のために一足先にシーズンを終えてしまったブレメルだが、今夏、彼を巡って各クラブが激しい攻防を繰り広げるのは間違いない。

2024年6月までトリノとの契約を残すブレメルに対し、ミラン、インテル、ユベントスの国内勢のみならず、リバプール、チェルシー、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナムのプレミア勢、さらにバイエルン、パリ・サンジェルマン(PSG)も加わる大争奪戦が展開される見通しだ。

とりわけ、ミラン、インテル、アーセナル、バイエルンはブレメルに対して強い興味を抱いており、イタリアメディア『スカイ・スポーツ』は、トリノのウルバーノ・カイロ会長が2500~3000万ユーロ(約33~40億円)ほどでブレメルの移籍を容認する見込みだと報じている。

今やセリエAのみならず、欧州全体でもトップレベルのセンターバックとして認識されるブレメル。ここ数年の傾向としてビッグクラブ間でセンターバックの高い需要が続いているだけに、今夏の移籍市場でのステップアップは間違いないと見て良いだろう。

関連ニュース
thumb

サンプドリア、今冬レンタル加入のMFリンコンの残留が決定

サンプドリアは5日、ベネズエラ代表MFトマス・リンコン(34)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。 リンコンは、レンタル元のトリノとの契約が今夏までとなっていたが、両者の間には1年の延長オプションがあった。だが、双方ともにオプション行使の意図はなく、フリートランスファーの形で新シーズンもサンプドリアに留まることになった。 2014年にハンブルガーSVからジェノアに加入して以降、ユベントス、トリノでセリエA通算230試合以上に出場してきたリンコン。 ただ、代表通算120キャップを誇るベネズエラ代表の主将MFは、2021-22シーズンのトリノではセリエA9試合の出場に留まり、ポジション争いで劣勢を強いられていた。 そういった中、今年1月にシーズン終了までのレンタルで加入したサンプドリアでは、公式戦18試合に出場。溢れる闘争心、身体の強さ、豊富な経験を持つ中盤のダイナモとしてチームのセリエA残留に貢献した。 2022.07.06 15:56 Wed
twitterfacebook
thumb

人気株のトリノDFブレーメル、プレミアクラブではなくインテル行きを希望か

トリノのブラジル人DFグレイソン・ブレーメル(25)はインテルへの加入を望んでいるようだ。 2018年夏にアトレチコ・ミネイロからトリノへ加入したブレメル。1年目は公式戦7試合の出場に留まったが、2年目からはレギュラーに定着し、ここまで110試合の出場で13得点を記録している。 対人戦の強さやカバーリングといった突出した守備能力に加え、セットプレーでの得点力にも定評があるセンターバックは、今年2月に2024年夏まで契約を延長。しかし、今夏の移籍市場では争奪戦が勃発しており、国内のインテルやミランに加えて、トッテナムやチェルシー、バイエルンといった国外のビッグクラブも関心も伝えられている。 先月まではトッテナムが獲得に近いと報じられていたが、イタリア『Calciomercato.com』によれば、現在はインテルとの交渉が進んでいる模様。クラブの幹部はブレーメルと会談を続けており、選手側もインテルでのプレーを希望しているようだ。 ただ、『Calciomercato.com』は取引の成立においてネックとなっているのが金銭面であるとも報道。インテルは、パリ・サンジェルマン(PSG)やチェルシーからの関心があるスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)を8000万ユーロ(約111億円)ほどで売却して、獲得資金の捻出を狙っているとのことだ。 2022.07.06 15:33 Wed
twitterfacebook
thumb

「我々の道は分かれることに…」トリノがエースとして7年プレーしたベロッティに別れ、南野獲得のモナコが興味とも

トリノは1日、イタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(28)への別れの挨拶を行った。 アルビーノ・レッフェでキャリアをスタートさせたベロッティは、パレルモを経て、2015年8月にトリノへと完全移籍を果たす。 チームのエース、そして得点源として活躍したベロッティには、常に移籍の噂がついて回った中、7シーズン在籍し公式戦251試合に出場し113ゴール28アシストを記録してきた。 イタリア代表としても44試合で12ゴールを決めているベロッティだが、契約が6月30日で満了。退団の意思を示しており、フリーとなった。 トリノはチームを支え続けたベロッティに対して別れの挨拶を送っている。 「親愛なるアンドレア。我々は新たな経験に踏み出すというあなたの決断に注目しています。今日、我々の道は分かれることになりました」 「我々は7シーズンを共に過ごしました。現代サッカーでは、それは非常に強い絆を示しており、常に同じ情熱を持って喜びと悲しみ、感動や失望を分かち合ってきました」 「トリノのためにあなたが成し遂げが全ての貢献を誇りに思い、我々に与えてくれた全てに感謝し、これからも続くキャリアでの活躍を祈っています」 ベロッティに対しては、フィオレンティーナやモンツァなどセリエAクラブの他、リバプールから日本代表MF南野拓実を獲得したモナコもオファーを出していると報道。好条件が提示されており、ベロッティも初の海外でのプレーに興味を持っているとされている。 <span class="paragraph-title">【写真】トリノがエースに別れのメッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">Caro Andrea, prendiamo atto della tua decisione di intraprendere una nuova esperienza, da oggi le nostre strade si separano. <a href="https://t.co/1Xh2oRki5T">pic.twitter.com/1Xh2oRki5T</a></p>&mdash; Torino Football Club (@TorinoFC_1906) <a href="https://twitter.com/TorinoFC_1906/status/1542778712084692993?ref_src=twsrc%5Etfw">July 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.01 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

トリノ、モナコFWペッレグリを完全移籍で獲得

トリノは28日、モナコのU-21イタリア代表FWピエトロ・ペッレグリ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。イタリア『スカイ』によれば移籍金は500万ユーロ(約7億1000万円)+出来高とのことだ。 ジェノア在籍時15歳でデビューを飾り、16歳と184日でセリエA最年少ゴール記録を樹立して鮮烈な印象を残したストライカーのペッレグリ。将来性を買われ、2018年1月にモナコへ完全移籍したが、思うような活躍は見せられなかった。 そして2021年夏にはミランにレンタルで加入するも、2021-22シーズンはセリエA15試合の出場で1ゴールとやはり結果を残せず。新天地でかつて期待されたような活躍を見せることはできるか。 2022.06.29 08:00 Wed
twitterfacebook
thumb

南野確保のモナコ、今夏フリーのベロッティ獲得に動く!

モナコがトリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(28)の獲得に動いているようだ。イタリア『スポルト・イタリア』が報じている。 今夏の移籍市場でリバプールの日本代表FW南野拓実の獲得を決定的なモノとしたモナコ。さらなる前線の補強を目指すチームは、今シーズン限りでトリノを退団することが既定路線となるイタリア代表FWが有力なターゲットとなっているようだ。 ベロッティは、当初イタリアでのキャリア継続を希望していたが、予てより移籍先候補に挙っていたミラン行きの可能性は消滅。現在はフィオレンティーナ、モンツァといったクラブへの移籍の可能性も取り沙汰される。 だが、『スポルト・イタリア』など複数メディアが伝えるところによれば、現在ベロッティにはモナコから好条件のオファーが届いており、契約年数は3年か4年となるようだ。 これを受け、ベロッティも自身初の国外移籍を前向きに検討しているようだ。 なお、今シーズンのトリノにはモナコからレンタル中のイタリア代表FWピエトロ・ペッレグリが在籍しており、同選手からモナコに関する情報を得ている可能性もありそうだ。 2015-16シーズンからトリノに在籍するベロッティ。これまで7シーズンで公式戦通算251試合113得点28アシストを記録するなど、セリエA屈指のストライカーとして名を馳せてきた。毎年のようにビッグクラブへの移籍が取り沙汰されながらもトリノに残留してきた28歳だが、新天地はモナコとなるのか…。 2022.06.27 17:04 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly