レバークーゼンFWシックがそ径部の手術へ 今季はキャリアハイの24得点

2022.05.16 16:37 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レバークーゼンのチェコ代表FWパトリック・シックが手術で離脱するようだ。

14日に行われたブンデスリーガ最終節のフライブルク戦を2-1で制し、シーズンの全日程を終了したレバークーゼン。2015-16シーズン以来となる3位フィニッシュを果たし、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を手にした。

そんなレヴァークーゼンはシーズンオフを前に5日からメキシコツアーを行い、デポルティーボ・トルーカとクラブ・アメリカとの親善試合を予定。しかし、エースストライカーのシックは帯同していないようだ。

ドイツ『キッカー』によれば、シックは以前から予定されていたそ径部の手術を近日中に受ける模様。今年7月のトレーニング再開時には復帰が間に合うことが見込まれているようだ。

昨夏開催のユーロで5得点の大活躍を残したシックは今シーズンが開幕してからも好調を維持。今年2月には左ふくらはぎの負傷に見舞われながら公式戦31試合に出場し、キャリアハイとなる24ゴールをマークした。

関連ニュース
thumb

引く手数多のエクアドル代表DF、ナポリ、トッテナム、ミランの興味も移籍に興味なし?

レバークーゼンのエクアドル代表DFピエロ・インカピエ(20)は今夏の移籍市場で引く手数多だが、移籍する気はないようだ。 インカピエは母国のインデペンディエンテの下部組織育ち。アルゼンチンのタレレスに移籍すると、2021年8月に完全移籍で加入した。 ブンデスリーガ1年目を戦ったインカピエは、センターバックとして27試合に出場し1ゴール1アシストを記録。安定したパフォーマンスを見せていた。 そのインカピエに関しては、ナポリやトッテナムが獲得に関心を示していた中、ミランも獲得に興味を示すことに。多くのオファーが舞い込む中、移籍する気はないようだ。 インカピエの代理人であるマヌエル・シアラ氏がイタリア『Stop&Goal.com』で語った。 「ピエロは現時点でレバークーゼン、そしてドイツでの生活にとても満足している」 「ミランから彼に関心があることは確認しているが、彼はレバークーゼンと話し合い、どのように一緒に成長できるかを確認している」 移籍する意思がないというインカピエ。仮に今夏獲得となれば、3000万ユーロ(約43億円)は必要になると見られている。 トッテナムは3500万ユーロ(約50億3000万円)までは検討しているようだが、果たしてどうなるだろうか。 2022.06.29 20:24 Wed
twitterfacebook
thumb

レバークーゼン、ヘンクのU-16ベルギー代表DFモナメイを獲得

レバークーゼンは25日、ヘンクのU-16ベルギー代表DFマディ・モナメイ(16)を獲得したことを発表した。当面はU-19チームで経験を積むことになるとのことだ。 2019年夏にルーヴェンからヘンクに加入したモナメイは、15歳でUEFAユースリーグに出場した将来を嘱望されるセンターバック。 そのモナメイについてレバークーゼンのスポーツ・ディレクターを務めるシモン・ロルフェス氏は「将来有望なタレントと契約できたことを嬉しく思う。彼は多くのトップクラブからオファーを受けていた。既にUEFAユースリーグという高いレベルでのプレーも経験している上、ヘンクでもU-21チームでプレーしていた」と将来性を高く評価をした。 2022.06.25 22:50 Sat
twitterfacebook
thumb

シティの若手FWエドジーがレバークーゼン移籍へ

マンチェスター・シティのU-19イングランド代表FWサミュエル・エドジー(19)がレバークーゼン移籍に迫っているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 今夏の移籍市場ではノルウェー代表FWアーリング・ハーランド、アルゼンチン代表FWフリアン・アルバレスを獲得したシティ。代わってアーセナル行きが迫るブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス、チェルシーが関心を示すイングランド代表FWラヒーム・スターリングの移籍が規定路線と見られる中、アカデミーに在籍する選手にも動きがある模様だ。 ロマーノ氏が報じるところによれば、U-23チームで主力を担うエドジーがレバークーゼンへの完全移籍に迫っているという。交渉はクラブ間、個人間でも最終段階を迎えており、同選手は2024年までの2年契約での完全移籍となるようだ。 ナイジェリア人の父親とイングランド人の両親の下、イングランドで生まれ育ったエドジーは、ミルウォールのアカデミーから2019年にシティのユースチームに加入した。 左ウイングを主戦場にクイックネスとボールスキルに優れる19歳は、両足を遜色なく操り、オフ・ザ・ボールやポジショニングにも優れる総合力の高いアタッカーだ。 ユーロやコパ・アメリカに多くのトップチームが参加した影響で、昨夏のプレシーズンに定期的にプレー機会を与えられた結果、印象的なパフォーマンスを披露。そして、レスター・シティとのコミュニティ・シールドではスタメンで公式戦デビューを飾った。 ただ、以降は度重なる負傷によってトップチームだけでなく、プレミアリーグ2などでも思うように出場機会を得られずにいた。 2022.06.25 18:04 Sat
twitterfacebook
thumb

フランクフルトがゲッツェに続き、レバークーゼンFWアラリオを獲得

フランクフルトは24日、レバークーゼンのアルゼンチン代表FWルーカス・アラリオ(29)を獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月までの3年間。ドイツ『キッカー』によれば、移籍金は500万ユーロ(約7億1000万円)で、出来高200万ユーロ(約2億8000万円)とのことだ。 2017年夏に母国のリーベル・プレートから加入したアラリオはレバークーゼンで公式戦164試合に出場し、58ゴール16アシストを記録。今季は公式戦33試合7ゴールを挙げていた。 ただ、レバークーゼンでは今冬のイラン代表FWセルダール・アズムンの獲得に加え、今夏にチェコ代表FWアダム・フロジェクを獲得しており、カタール・ワールドカップのメンバー入りに当落線上のアルゼンチン代表は出場機会の減少が危惧されていた。 来季、チャンピオンズリーグに出場するフランクフルトでは先日、PSVから元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェを迎えていた。 2022.06.25 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

レバークーゼン、長期離脱中のヴィルツとの契約延長を発表

レバークーゼンは23日、ドイツ代表MFフロリアン・ヴィルツ(19)との契約を2027年6月30日まで延長したことを発表した。 7歳でケルンのアカデミーに入団したヴィルツは、2020年1月にレバークーゼンへ移籍に加入。同年5月にチーム史上最年少となる17歳15日でプロデビューを飾ると、6月に行われたブンデスリーガ第30節のバイエルン戦では、17歳34日で当時のブンデスリーガ最年少となる初ゴール記録を達成。 チェルシーへ旅立った同胞MFカイ・ハヴァーツの後継者として、昨シーズンから主力に定着すると、今シーズンも公式戦31試合に出場し、10ゴール14アシストを記録。優れたアスリート能力、ボールテクニック、攻撃センスを兼ね備える万能型のアタッカーとして完全にブレイクしたが、3月に行われたケルン戦で左ヒザの前十字じん帯断裂の重傷を負い、現在は長期離脱を余儀なくされている。 新契約にサインしたヴィルツは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「僕からしたらこの2年間の成長は驚異的なことで、こんな風になるとは想像もしていなかった。これもチームのおかげだと思っている。このメンバーだからこそ、僕はここで快適に過ごすことができ、全体的にうまくいっているのだと思っているよ」 2022.06.24 00:10 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly