シャルケに続き、ブレーメンも1年で1部復帰!5連勝のハンブルガーSVはプレーオフへ《2.ブンデスリーガ》

2022.05.16 06:01 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
15日に2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)最終節の9試合が行われた。

引き分け以上で昇格の決まる2位ブレーメン(勝ち点60)は、ホームでヤーン・レーゲンスブルクと対戦。試合は立ち上がりの10分にドゥクシュの落としをボックス左手前で受けたフュルクルクがミドルシュートを突き刺し、ブレーメンが先制。

1点のリードで試合を折り返したブレーメンは、後半開始早々の51分にもドゥクシュがゴールネットを揺らし、2-0で勝利。この結果、2位以内をキープしたブレーメンが1年での1部復帰を決めた。

また、リーグ戦4連勝で3位に浮上したハンブルガーSV(勝ち点57)は、アウェイでハンザ・ロストックに3-2で勝利。ハンブルガーSVと同勝ち点で並ぶ4位ダルム・シュタットもホーム最終戦でパダーボルンに勝利したが、得失点差でハンブルガーSVが3位を死守し、昇格プレーオフ出場権を獲得した。

なお、ブンデスリーガで16位に終わったヘルタ・ベルリンとの入れ替え戦は、1stレグが19日にヘルタの本拠地ベルリン・オリンピアシュタディオンで、2ndレグは23日にハンブルガーSVの本拠地フォルクスパルク・シュタディオンで行われる。

関連ニュース
thumb

昇格ブレーメン、オーストリア代表DFフリードルと契約延長

ブレーメンは1日、オーストリア代表DFマルコ・フリードル(24)と契約延長したことを発表した。期間は明かされていないが、長期と発表されている。 2008年から2019年にかけてバイエルンに在籍していた左利きのセンターバック兼サイドバックであるフリードル。2018年1月よりブレーメンに加入した中、2021-22シーズンはブンデスリーガ2部で27試合に出場して4ゴール3アシストを記録。1年での1部復帰に貢献していた。 2023年までだった契約を延長したフリードルは以下のように述べた。 「僕はブレーメンでブンデスリーガで戦える選手になった。ここで100試合以上プレーした。今後もブレーメンでプレーできるのを嬉しく思うし、1部定着のための助けになりたい」 2022.07.01 22:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ブレーメン、スコットランド代表FWバークを獲得! 5年ぶりのブンデスで真価発揮なるか

ブレーメンは6月30日、シェフィールド・ユナイテッドからスコットランド代表FWオリヴァー・バーク(25)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間に関する詳細は明かされていない。 バークはノッティンガム・フォレストの下部組織出身で、2014年9月にファーストチームへ昇格。その後、2016年8月にRBライプツィヒへと完全移籍。その翌年にはWBAへ渡り、セルティック、アラベスとレンタル移籍を経験。2020年にはシェフィールド・ユナイテッドに完全移籍した。 スコットランド代表として13キャップを刻む188cmのアスリート型アタッカーは、2021-22シーズンはシェフィールド・ユナイテッドと今冬にレンタル加入したミルウォールで、公式戦19試合2ゴール1アシストの数字を残していた。 10代の頃には利き足は異なるが、その圧倒的なフィジカル能力という共通点でウェールズ代表FWガレス・ベイルとも比較されたものの、伸び悩みが顕著な25歳は、ライプツィヒ時代以来となる5年ぶりのブンデスリーガの舞台で自身の真価を証明できるか。 2022.07.01 14:53 Fri
twitterfacebook
thumb

昇格組ブレーメンがデンマーク代表MFステージをコペンハーゲンから獲得

ブンデスリーガに昇格したブレーメンは29日、デンマーク代表MFイェンス・ステージ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約条件等は全て非公開となっている。 ステージは、母国のブラブランドの下部組織で育ち、オーフスを経て2019年7月にコペンハーゲンへと完全移籍した。 コペンハーゲンでは公式戦111試合に出場し21ゴール11アシストを記録している。 またデンマーク代表でも1試合に出場。中盤でプレーし、フィジカル面に優れている他、ゲームメーカーとしてプレーできるとのことだ。 2022.06.30 11:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ネルソン・バルデスが古巣ブレーメンに指導者として帰還! U-23チームのアシスタントコーチに

元パラグアイ代表FWネルソン・バルデス氏が古巣ブレーメンに指導者として復帰することになった。 ブレーメンは20日、バルデス氏がU-23チームのアシスタントコーチに就任することを発表した。 2006年にドルトムントに移籍して以来、16年ぶりの古巣帰還となった元パラグアイ代表FWはクラブ公式サイトを通じて、以下のようなコメントを残している。 「とても嬉しいし、コーチとして成長していく機会を与えてくれたブレーメンに感謝したい」 「プレーヤーのためにスーツケースをいっぱいにし続けることができるように、自分の経験を伝えたいと思っている」 パラグアイ代表として通算77キャップを刻んだストライカーのバルデス氏は、母国のテンベタリーから2001年にブレーメンのリザーブチームにあたるブレーメンⅡに加入。ここでの活躍が評価され、翌シーズンにトップチームへ昇格。公式戦112試合に出場し、28ゴールを記録した。 その後はドルトムント、バレンシア、フランクフルト、オリンピアコスなどを渡り歩いた後、2020年に母国のセロ・ポルテーニョで現役を引退していた。 2022.06.21 20:35 Tue
twitterfacebook
thumb

来季1部昇格のブレーメン、主将トプラクが退団「今が新たな一歩を踏み出すとき」

ブレーメンは3日、元トルコ代表DFエメル・トプラク(32)が今季限りで退団することを発表した。 フライブルクやレバークーゼン、ドルトムントで活躍してきたトプラクは、2019年夏にブレーメンに加入。しかし、1年目は度重なるケガで出場はわずか13試合にとどまった。それでも2年目以降は安定して試合に出場。今季はキャプテンにも任命され、1年での1部昇格に大きく貢献した。 契約が今季限りで満了となるにあたり、ブレーメンは延長オファーを出していたが、トプラクが断ったため退団が決定。クラブは「ピッチ内外で重要な役割を担っていたトプラクと今後も一緒に仕事がしたかったが、彼はそれを断った。我々はそれを尊重する」と声明を出している。 そして、トプラクも公式サイトを通じて別れと感謝の言葉を残した。 「3年間でかなり色々なことがあった。降格、昇格、ケガ、土壇場のゴール、そして最後のホームゲームだったヤーン・レーゲンスブルク戦と、ブンデスリーガへの復帰という素晴らしいフィニッシュ」 「しかし、私にとっては今が新たな一歩を踏み出す時なのだ。これまで一緒に過ごしてきたスタッフ、監督やコーチ陣、そしてチームメイトたちに感謝したい。特にここでずっと応援してくれたファンにね」 2022.06.03 20:40 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly