ナポリがホーム最終戦で勝利、敗れたジェノアは降格《セリエA》

2022.05.16 00:03 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第37節、ナポリvsジェノアが15日に行われ、3-0でナポリが勝利した。

逆転スクデットの可能性が前節潰え、既に4位以上を確定させている3位ナポリ(勝ち点73)と、前節ユベントスを下したものの、敗戦すると降格となる19位ジェノア(勝ち点28)の一戦。

オープンな展開で立ち上がった中、13分にジェノアにビッグチャンス。ゴール正面からイェボアの放ったミドルシュートがバーに直撃した。

その後も攻め込んだジェノアが良い入りを見せた中、ナポリは28分、インシーニェが得意の左45度から際どいシュートを浴びせると、32分に先制した。右サイドからのディ・ロレンツォのクロスをオシムヘンがヘッドで叩き込んだ。

続く36分にインシーニェが華麗な個人技からGK強襲のシュートを放ったナポリがハーフタイムにかけては主導権を握った中、1点のリードで前半を終えた。

迎えた後半、54分にジェノアに同点の絶好機。アミリのスルーパスを受けたポルタノーバがGKと一対一に。しかし、シュートはオスピナにセーブされた。

すると63分、ナポリがPKを獲得する。ボックス内でエルナニにハンドがあった。このPKをインシーニェが決めたナポリは、81分に3点目。ロボツカが中央を持ち上がってペナルティアークからミドルシュート。これが決まって勝負を決定付けた。

その後、今季終了後に退団となるインシーニェがピッチを後にしたナポリは、3-0のまま勝利。3位以上を確定させている。

一方、敗れたジェノアの降格が決まっている。

関連ニュース
thumb

イタリア時代を振り返るイグアイン、物議醸したユーベ移籍は「迷いなかった」

インテル・マイアミの元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが、イタリア時代に下した決断を回顧した。イタリア『スカイ』が伝えている。 リーベルプレートから19歳でレアル・マドリーへと加わり、その後もヨーロッパの名だたるビッグクラブで活躍を続けたイグアイン。インテル・マイアミには2020年の夏から在籍しており、先日には現役引退の報道が出たものの、本人が後に否定し、35歳を迎える来季からもアメリカでプレーを続ける見込みだ。 世界最高峰のストライカーとして長年にわたって第一線で活躍を続けていたイグアインだが、最も輝きを放っていたのはナポリ時代だろう。マドリーから2013年夏に加入し初年度から主力として活躍すると、2015-16シーズンにはセリエAで36ゴールを決め、得点王に輝くとともに、最多得点記録を66年ぶりに塗り替えた。 しかし、大活躍に終わったシーズン後の2016年夏には、優勝を争ったライバルクラブのユベントスへと移籍。この“裏切り”によって、ナポリファンからは大きな反感を買うこととなったが、トリノの地でも抜群の得点感覚を披露し、3度のスクデット獲得に貢献した。 アルゼンチン『TyC Sport』のインタビューに応えたイグアインは、ユベントスへと移籍した当時の決断が間違っていなかったとコメント。加入後の活躍こそがその証明だと話した。 「僕はすべてを分かっていただけに、その決断はとても難しいものだったよ。でも、迷いは一切なかった。もっと多くの愛や幸せを求めていたから、行かない理由はなかった」 「36ゴールを挙げていたし、とても強いチームで素晴らしいサッカーをしていた。だけど、スクデットを獲得することはできなかった。そこに違和感を覚えたよ」 「9400万ユーロ(当時のレートで約111億円)もの移籍金が発生したのは、光栄なことだった。そして、1年目からチャンピオンズリーグ(CL)の決勝に出場するチャンスを得たんだ」 「人生において、悪いことをしたらすべて返ってくる。僕はナポリファンから侮辱され、多くの憎しみを向けられたけど、その後のナポリとの8試合で6ゴールを決めたんだ」 2022.06.25 21:53 Sat
twitterfacebook
thumb

2022-23シーズンのセリエA日程が発表! 王者ミランは2戦ドローのウディネーゼ戦で開幕

レガ・セリエAは24日、2022-23シーズンのセリエA日程を発表した。 2021-22シーズンの王者であるミランは、今季いずれもドローに終わったウディネーゼと対戦。そのミランから覇権奪還を目指すインテル、ナポリ、ユベントスの第2集団はセリエB王者のレッチェ、ヴェローナ、サッスオーロという曲者と対戦する。 また、セリエA初昇格のモンツァはトリノとのホームゲーム、同じく久々の1部での戦いとなるクレモネーゼはフィオレンティーナとのアウェイゲームでシーズンをスタートさせる。 気になる各デルビーではミランとインテルのデルビー・ディ・ミラノが9月初旬の5節(インテルホーム)、2023年2月初旬の21節(ミランホーム)に開催。ユベントスとインテルのデルビー・イタリアは11月初旬の13節(ユベントスホーム)、2023年3月中旬の27節(インテルホーム)に。 ローマとラツィオのデルビー・デッラ・カピターレは、11月初旬の13節(ローマホーム)、2023年3月中旬の27節(ラツィオホーム)に開催される。 なお、今シーズンはカタール・ワールドカップ開催に伴い、2022年11月中旬から2023年1月までの約1カ月半中断期間が設けられる。 ◆セリエA2022-23開幕節(8/13.14) フィオレンティーナ vs クレモネーゼ ユベントス vs サッスオーロ ラツィオ vs ボローニャ レッチェ vs インテル ミラン vs ウディネーゼ モンツァ vs トリノ サレルニターナ vs ローマ サンプドリア vs アタランタ スペツィア vs エンポリ ヴェローナ vs ナポリ ◆セリエA2022-23最終節(2023/6/4) アタランタ vs モンツァ クレモネーゼ vs サレルニターナ エンポリ vs ラツィオ レッチェ vs ボローニャ ミラン vs ヴェローナ ナポリ vs サンプドリア ローマ vs スペツィア サッスオーロ vs フィオレンティーナ トリノ vs インテル ウディネーゼ vs ユベントス 2022.06.24 21:02 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマがECL決勝で対戦のフェイエノールトからセネシを獲得? 先日5日にはアルゼンチン代表デビュー

ローマがフェイエノールトのアルゼンチン代表DFマルコス・セネシ(25)の獲得を目指しているようだ。イタリア『TuttoMercatoWeb』が報じている。 セネシは2019年9月に母国のサン・ロレンソからフェイエノールトへと加入した左利きのセンターバック。相手アタッカーに対する鋭いチェックやハードなタックルを持ち味とし、ボールを奪ってカウンターの起点となることもしばしば。質の高い左足フィードも局面を一気に変える力を持っている。 また、6月5日にはアルゼンチン代表デビューを果たすなど、今秋のカタール・ワールドカップ(W杯)メンバー入りも期待されている1人だ。 これまでオランダの地で3シーズンにわたって活躍するセネシに対しては、今年1月にはナポリから、今夏はインテルなどからの関心が寄せられてきた中、ローマはセネシ獲得へ向けてすでに具体的な動きを見せている。 一方のフェイエノールト側は、2000万ユーロ(約28億3000万円)を要求しているものの、ローマのゼネラルマネージャー(GM)を務めるチアゴ・ピント氏は、セネシの現行契約が2023年6月までとなっていることに着目し、要求額より安価で獲得まで漕ぎ着けられるチャンスもあると睨んでいるようだ。 なお、選手本人はセリエA行きを望んでリーグ・アンのクラブからのオファーを固辞したと伝えられており、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝戦で対戦し、涙を呑んだローマが新天地となる可能性は十分にあるようだ。 2022.06.24 17:39 Fri
twitterfacebook
thumb

「今夏は多くの主力が去ると思う」去就不透明のクリバリが来季に向けた展望語る…残留の様相か

退団が噂されているナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリだが、あるインタビューでクラブへの忠誠心を示した。 深刻な財政難で主力放出の危機に瀕するナポリは、契約が残り1年のクリバリはその筆頭と言われている。バルセロナをはじめ、マンチェスター・ユナイテッドやパリ・サンジェルマンなどビッグクラブからの関心が伝えられており、去就は不透明だ。 しかし、アフリカ版『BBC』のインタビューに答えたクリバリは、「今夏は何人かの選手を失い、変化もあるだろうが、ナポリはタイトル争いに加わるために全力を尽くすと思う」と、自身を退団から距離を置くコメントを残した。 「ナポリの人々とはとても特別な関係を持っている。私や家族、友人をとてもよく迎えてくれたんだ。アフリカネーションズカップで優勝したときはみんなが祝福してくれたよ」 クリバリはまた、最後まで優勝争いに残れなかった今季のチームを振り返り、「完全に満足することはできない。最後の最後でポイントを逃してしまったのだから」と、悔しさをあらわに。一時は移籍も考えたものの、現在はナポリ残留に傾いているようだ。 2022.06.23 22:45 Thu
twitterfacebook
thumb

韓国代表DFキム・ミンジェにナポリも? 近く代理人と会談か

ナポリがフェネルバフチェの韓国代表DFキム・ミンジェ(25)に関心を寄せているようだ。 キム・ミンジェは全北現代や北京国安(現北京FC)などを経て2021年8月にフェネルバフチェに加入。190cmの恵まれた体躯を生かしたダイナミックなプレーを売りにする韓国代表のセンターバックで、今季は初の欧州でのプレーながら公式戦39試合に出場して活躍した。 韓国でプレーする頃から欧州のクラブに注目されてきたキム・ミンジェには最近もトッテナムやスタッド・レンヌなどの獲得が取り沙汰されてきた。だが、セリエAのナポリも ”韓国のマグワイア”をリストアップしているようだ。 イタリア『カルチョメルカート』によると、ナポリはDF陣の要であるセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(30)が退団となった場合を想定し、後釜としてキム・ミンジェに白羽の矢を立てている様子。獲得には移籍金推定1500万ユーロ(約21億4000万円)が必要とみられ、現時点でフェネルバフチェとの接触こそないものの、選手の代理人側とは近日中に会談の場を設けるようだ。 2022.06.22 11:18 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly