シャビ・アロンソ監督にクラブ・ブルージュが関心か、今季はソシエダBで2部リーグに挑戦中

2022.05.13 19:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・ソシエダのリザーブチームで辣腕を振るうシャビ・アロンソ監督(40)だが、クラブ・ブルージュが招へいを検討しているようだ。ベルギー『Het Laatste Nieuws』が報じている。

シャビ・アロンソは2017年7月の現役引退後、翌年にレアル・マドリーのU-14の監督に就任。2018-19シーズンにリーグ無敗優勝を成し遂げ、早速指導者として才能の片鱗を見せた。2019年夏には同クラブのフベニールA(U-18)への昇格も検討されていたが、選手としてプロキャリアをスタートさせたソシエダのBチームを新たな挑戦の場に選んだ。

すると、その2年目に3部リーグから昇格を果たし、今シーズンからソシエダBとしては60年ぶりのセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)を舞台に。昨夏にはボルシアMGからのオファーもあった中、契約を2022年6月30日まで延長。ただ、残り3試合となった現時点で19位に沈んでおり、自動降格となる20位と3ポイント差の窮地に立っている。

去就はチームの残留か降格かにも依るだろうが、今夏で契約満了となる40歳指揮官に向けてクラブ・ブルージュが興味を示している模様。同クラブでは昨年1月にフィリップ・クレメント監督がモナコに引き抜かれ、その後任としてアルフレッド・スロイデル氏を招へい。

しかし、そのスロイデル監督も先日、今季限りで退任するエリク・テン・ハグ監督の後任を探していたアヤックス就任が決定したため、再び後任探しに奔走している。

関連ニュース
thumb

来季も他クラブでプレー有力の久保建英にソシエダが3度目のチャレンジか

日本代表MF久保建英(21)にレアル・ソシエダ行きの可能性が浮上している。 2021-21シーズンもレアル・マドリーに戻らず、マジョルカに2度目のレンタル移籍を果たした久保。チームが何とかラ・リーガ残留を決めたなか、27試合に出場して1得点1アシストと不完全燃焼の1年に終わった。 今後は2024年まで契約を残すレアル・マドリーに一旦戻るが、DFエデル・ミリトン、FWヴィニシウス・ジュニオール、FWロドリゴ・ゴエスのブラジル代表選手でEU圏外枠が埋まり、来季もレンタルが濃厚視される。 そこで新たなプレー先として浮上したのがソシエダだ。スペイン『マルカ』によると、2020年に2021年、そして今回と久保に対する関心が噂されるソシエダは交渉中で、これまでよりも優勢だという。 ただ、条件がキーポイントとされ、レアル・マドリーは久保が少ない出場時間で終わるような契約を避けたく、今後のキャリアに対する決定権を失うのも望んでいない模様だ。 レアル・マドリーが思い描く理想はローンか、若手時代にポルトに手放したブラジル代表MFカゼミロのように手頃な価格で買い戻せるオプションを付帯させての移籍のようだ。 一方のソシエダは2027年までの5年契約で獲得を画策。すでに久保の代理人と連絡を取り合うなか、17日にレアル・マドリーに獲得を打診したが、突っぱねられたといわれる。 他方で、久保はイングランドとイタリアからも関心が注がれているが、国外移籍に魅力を感じていないとも。今年11月のカタール・ワールドカップに向けてもしっかりとプレーの場を確保したいところだが、いかに。 2022.06.23 10:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ヘタフェがソシエダMFポルトゥをレンタルで獲得…買取OP付き

ヘタフェは21日、レアル・ソシエダのスペイン人MFポルトゥ(30)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 なお、契約には買い取りオプションがついている。 ポルトゥは、レアル・ムルシア、バレンシアの下部組織で育ったものの、ファーストチームには昇格できず。それでも、アルバセテ、ジローナでプレーし、2019年7月にソシエダに完全移籍で加入した。 ソシエダでは、公式戦137試合に出場し18ゴール16アシスト。今シーズンもラ・リーガで37試合に出場し1ゴール2アシスト、ヨーロッパリーグ(EL)でも7試合でプレーしていた。 2022.06.22 10:23 Wed
twitterfacebook
thumb

ソシエダ、逸材FWモハメド=アリ・チョを獲得! 公式発表は伝説のプロボクサーをオマージュした形に

レアル・ソシエダは15日、アンジェからU-21フランス代表FWモハメド=アリ・チョ(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2027年6月30日までの5年となる。 リーグ・アン屈指の若手タレントの18歳にはベティス、ドルトムント、フランクフルト、マルセイユ、レッドブル・ザルツブルクといったクラブがここまで関心を示していた。 だが、フランス『レキップ』によると、ソシエダは1200万ユーロ(約16億7000万円)という金額でアンジェと合意。さらに、選手本人とも5年契約で合意に至った。 幼少期にパリ・サンジェルマンのアカデミーに在籍していたチョは、2015年に両親の仕事の関係でイギリスに移住し、エバートンのアカデミーに加入。しかし、2020年に16歳の誕生日を迎えると、母国フランスに戻り、アンジェとプロ契約を締結した。 そのアンジェでは2020年8月30日のボルドー戦でクラブ史上最年少(16歳7カ月と11日)でのトップチームデビューを飾ると、そのデビューシーズンではゴールこそなかったものの、リーグ戦21試合に出場。 そして、今シーズンはリーグ・アン第4節のスタッド・レンヌ戦で同じくクラブ史上最年少(17歳7カ月と10日)となるゴールを記録。以降、32試合に出場し4ゴールを挙げている。 右ウイングが主戦場も、屈強な守備者揃いのリーグ・アンでも当たり負けしない182cmの恵まれた体格を持つ左利きのアタッカーは、センターフォワードでもプレー可能。その爆発的な加速力とドリブルテクニック、コーディネーション能力の高さは、利き足は異なるものの、キャリア初期のフランス代表FWキリアン・ムバッペを想起させる。 なお、ソシエダは、同選手の名前にちなんで伝説のプロボクサーであるモハメド・アリのオマージュを用いた公式SNSの投稿も行っている。 <span class="paragraph-title">【画像】伝説のプロボクサーのオマージュを用いた獲得発表に</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Eh !<br><br> ¡Deja tu mensaje de bienvenida al txuri urdin!<a href="https://twitter.com/hashtag/ChoTxuriUrdin?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ChoTxuriUrdin</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/AurreraReala?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AurreraReala</a> <a href="https://t.co/EZkwuFvU2X">pic.twitter.com/EZkwuFvU2X</a></p>&mdash; Real Sociedad Fútbol (@RealSociedad) <a href="https://twitter.com/RealSociedad/status/1537140381200039936?ref_src=twsrc%5Etfw">June 15, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.06.16 06:45 Thu
twitterfacebook
thumb

フリーのヤヌザイ、ユナイテッド時代の恩師モイーズと再会も?

レアル・ソシエダと今季最終年の現行契約をもって、今夏にフリーとなるベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイ(27)に恩師と再会の可能性が浮上している。 その恩師とはデイビッド・モイーズ監督だ。マンチェスター・ユナイテッドのアカデミーで育ち、逸材と謳われたヤヌザイは18歳の2013年に当時の監督だった現ウェストハム指揮官のデイビッド・モイーズ氏に才能を買われ、トップチームデビュー。結局、2013-14シーズン途中にモイーズ監督が追われ、それまでの関係だったが、ヤヌザイの恩師として記憶される。 そんなヤヌザイはユナイテッドであのライアン・ギグス氏の後継として背番号「11」を託されたりもしたが、鳴かず飛ばずに終わり、2017年夏からソシエダでプレー。チームとしてラ・リーガ6位フィニッシュを決め、ヨーロッパリーグ出場権獲得を獲得した今季も公式戦44試合でプレーするなど、公式戦通算でも168試合の出場数を誇るが、先月に今季退団が決まった。 イギリス『ミラー』が『Diario de Sevilla』を情報源に報じたところによると、ソシエダと同じくラ・リーガを戦うレアル・ベティスのほかにも、セリエAからナポリが獲得を検討中とのことだが、今季もプレミアリーグで上位戦線に割って入ったウェストハムも興味を示すクラブの1つだという。 そこに挙がる3つのクラブは戦うステージこそ違うものの、いずれも来季のヨーロッパ大会出場権を保有。かつてユナイテッド在籍時の2016-17シーズンに再起をかけ、モイーズ氏が率いるサンダーランドにローンで加わるなど、恩師を追っての移籍を経験するヤヌザイだが、去就やいかに。 2022.06.15 16:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ソシエダが仏リーグ屈指の若手逸材FWチョを確保! クラブ間&個人間で合意

レアル・ソシエダがアンジェのU-21フランス代表FWモハメド=アリ・チョ(18)を獲得することが濃厚となった。フランス『レキップ』が報じている。 リーグ・アン屈指の若手タレントの18歳にはベティス、ドルトムント、フランクフルト、マルセイユ、レッドブル・ザルツブルクといったクラブがここまで関心を示していた。 だが、『レキップ』によると、ソシエダは1200万~1500万ユーロ(約17億~21億円)という金額でアンジェと合意。さらに、選手本人とも5年契約で合意に至ったとのことだ。 幼少期にパリ・サンジェルマンのアカデミーに在籍していたチョは、2015年に両親の仕事の関係でイギリスに移住し、エバートンのアカデミーに加入。しかし、2020年に16歳の誕生日を迎えると、母国フランスに戻り、アンジェとプロ契約を締結した。 そのアンジェでは2020年8月30日のボルドー戦でクラブ史上最年少(16歳7カ月と11日)でのトップチームデビューを飾ると、そのデビューシーズンではゴールこそなかったものの、リーグ戦21試合に出場。 そして、今シーズンはリーグ・アン第4節のスタッド・レンヌ戦で同じくクラブ史上最年少(17歳7カ月と10日)となるゴールを記録。以降、32試合に出場し4ゴールを挙げている。 右ウイングが主戦場も、屈強な守備者揃いのリーグ・アンでも当たり負けしない182cmの恵まれた体格を持つ左利きのアタッカーは、センターフォワードでもプレー可能。その爆発的な加速力とドリブルテクニック、コーディネーション能力の高さは、利き足は異なるものの、キャリア初期のフランス代表FWキリアン・ムバッペを想起させる。 2022.06.13 06:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly