東京Vの大卒ルーキーDF谷口栄斗がプロA契約を締結

2022.05.13 16:49 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
東京ヴェルディは13日、DF谷口栄斗(22)がプロA契約を締結したことを発表した。

谷口は東京Vの下部組織出身で、国士舘大学を経て今季から加入した。

その谷口は、ルーキーながらここまで明治安田生命J2リーグで13試合に出場し1得点を記録。契約締結条件の900分間の出場を超えていた。

関連ニュース
thumb

「毎度カッコよすぎ」「期待を超えてくる」東京Vがカーキとブラックの3rdユニフォームを発表!ロゴはゴールドで統一

東京ヴェルディは1日、2022シーズンの3rdユニフォームデザインを発表した。 1stユニフォームと2ndユニフォームのコンセプト「VICTORY SHINE」の3作目となる今ユニフォームは「UNITE AS 1 EDITION」。ファミリーの力をひとつにして前へ進むという東京Vのシーズンスローガン「UNITE AS 1」の元、パートナー・ホームタウンとの共創により生まれたデザインになっている。 カーキとブラックで、シックでエレガントな東京のライフスタイルを演出。ホームタウン7市区との団結・輝きを表現した7つのダイヤボーダーが採用され、パートナーロゴは2020年以来となるゴールドで統一。襟元と袖口はヴェルディグリーンとパイオニアゴールドのグラデーションリブになっている。 1stユニフォーム、2ndユニフォームのデザインもファン・サポーターからは好評だったが、今回も「毎度カッコよすぎ」、「期待を超えてくる」、「とてもCOOL」、「かっこいい」といった声が寄せられている。 選手たちは明治安田生命J2リーグ第30節のV・ファーレン長崎戦(8月6日)、第32節ヴァンフォーレ甲府戦(8月21日)、第35節ザスパクサツ群馬戦(9月10日)の3試合で着用。販売数量はフィールドプレイヤーが限定500着、GKが限定80着となっている。 <span class="paragraph-title">【写真】色味がクールすぎ!東京ヴェルディの 2022シーズン3rdユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cfdwp9vPL8k/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cfdwp9vPL8k/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cfdwp9vPL8k/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">東京ヴェルディ(@tokyo_verdy)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.01 22:30 Fri
twitterfacebook
thumb

東京VがDF山口竜弥の交通事故報告 本人無傷も接触した車両運転の相手は病院で診察

東京ヴェルディは1日、DF山口竜弥が運転する乗用車が、車両同士の接触事故を起こしたことを報告した。 クラブの発表によると、事故は2022年7月1日(金)の14:00頃に神奈川県横浜市港北区樽町2丁目付近、大綱橋上で発生。 山口が自動車にて綱島駅方面から大倉山駅方面へ走行中、赤信号のため交差点停車中の前方車両に追突する交通事故を起こし、事故発生後は、警察など関係各所に連絡の上事情を説明し、事故処理を含め対応を行ったという。 山口に負傷はないものの、接触した車両を運転していた方が病院に向かい、診察を受けている。 所属選手の交通事故を受け、クラブは以下のような声明を発表している。 「東京ヴェルディは、怪我をされた方の一日も早いご回復を心よりお祈り申し上げます」 「また、接触した車両を運転されていた方を含め、関係各所に多大なご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます」 「山口選手に対しては厳重注意を行い、今一度安全運転の徹底を指導いたします」 「今後、交通事故の発生を防止するために、全選手と全スタッフに対して交通安全の指導を行ってまいります」 2022.07.01 20:11 Fri
twitterfacebook
thumb

東京V、東京国際大FW佐川洸介が来季加入内定! 187cmの大型レフティ

東京ヴェルディは1日、東京国際大学のFW佐川洸介(22)の来季加入内定を発表した。また、同選手は2022年JFA・Jリーグ特別指定選手として認定されたことも、併せて伝えている。 埼玉県出身の佐川は、セレッソ大阪U-18から東京国際大に進学した187cm/90kgの左利きのストライカー。2018年にはセレッソ大阪で2種登録の経験もある。 今回、東京V加入が決定した大型FWはクラブ公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「来季から東京ヴェルディに加入する事になりました、東京国際大学の佐川洸介です。幼い頃からの夢がプロサッカー選手だったのでとても嬉しいです」 「プロサッカー選手のキャリアを、東京ヴェルディという伝統あるクラブでスタートできることを大変嬉しく思います」 「また、今季より特別指定選手として東京ヴェルディでプレーさせていただくことになりました。プロサッカー選手という自覚と責任を持って、今まで支えてくださった方々への感謝を忘れずに、一日でも早く東京ヴェルディのユニフォームを着て、サポーターの皆さんと勝利を分かち合えるようにこれからも努力して全力で闘って行きたいと思います。応援よろしくお願いいたします!」 2022.07.01 14:29 Fri
twitterfacebook
thumb

東京Vの選手1名が新型コロナ陽性判定

東京ヴェルディは1日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は6月30日に体調不良を訴えてPCR検査を実施。陽性判定を受けたという。 なお、現在は自宅療養しているとのことだ。 また、クラブ内には濃厚接触者はいないとのこと。その他の選手や関係者で体調を崩している者はいないとのことだ。 2022.07.01 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

東京V、千葉戦で違反行為のサポーター2名に入場禁止処分 「決して許されるものではありません」

東京ヴェルディは27日、前日にアウェイで行われたジェフユナイテッド千葉戦における同クラブサポーターによる違反行為が認められたと報告した。 東京Vの発表によると、26日に行われた2022明治安田生命J2リーグ、第23節の千葉戦において、アウェイサポーター席(東京Vを応援するエリア)で、観戦者によるJリーグ試合運営管理規程違反にあたる行為が確認されたという。 クラブは今回の違反行為を受け、当事者2名に対して下記の処分を科したことを報告した。 ■違反行為と処分内容 対象者1 違反行為:フィールドへのペットボトルの投げ込み行為。 処分内容:東京ヴェルディが出場する2022明治安田生命J2リーグ第24節、第25節、第26節、第27節への入場禁止。 対象者2 違反行為:ペットボトルの中身をスタンドからフィールドへ撒く行為。 処分内容:東京ヴェルディが出場する2022明治安田生命J2リーグ第24節への入場禁止。 また、東京Vは当日、試合観戦した人々、運営主管である千葉に対する謝罪と共に、違反行為に対して「決して許されるものではありません」と断固たる反対姿勢を示した。 「クラブとしては今回の違反行為を重く受け止め、当事者に対して下記の処分としましたのでお知らせいたします。当日、ご観戦をされたみなさま、運営主管であるジェフユナイテッド千葉様をはじめ多くの方々にご迷惑をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます」 「審判、ルール、選手、観客、全ての関係者に対する尊重がある中で、全力を尽くして愉しむことがスポーツの本質です。試合実施時におけるJリーグ安全理念に反する行為は、決して許されるものではありません」 「試合運営管理規程は、選手や観戦するみなさまの安全のために設けられております。ファン・サポーターのみなさまにおかれましては、改めて遵守いただきますよう、ご理解とご協力をお願いいたします」 なお、城福浩新体制で川崎フロンターレを天皇杯で撃破するなど、公式戦2連勝中だった東京Vだが、この千葉戦ではセットプレーの3失点によって1-3のスコアで今季初黒星を喫していた。 同試合では主審による幾つかの微妙な判定、千葉GK新井章太の試合終盤の退場の場面などで、声出しが禁止されている中、アウェイサポーター席からブーイングや罵声があり、運営スタッフが声出し禁止を注意喚起するプラカードも掲げられていた。 2022.06.27 15:37 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly