水戸MF音泉翔眞が左ヒザ関節軟骨損傷、初先発の甲府戦で負傷

2022.05.12 14:58 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
水戸ホーリーホックは12日、MF音泉翔眞の負傷を発表した。

クラブの発表によると、音泉は4月30日に行われた明治安田生命J2リーグ第13節のヴァンフォーレ甲府戦で負傷したとのことだ。

この試合に先発出場した音泉だったが、67分に後藤田亘輝と交代していた。

音泉は、茨城県内の病院で検査を行った結果、左ヒザ関節軟骨損傷と診断されたとのことだ。

今シーズンは明治安田J2で2試合に出場。甲府戦が初先発の試合だった。

関連ニュース
thumb

水戸の3選手が新型コロナ陽性、2選手は体調不良と発熱、1名は濃厚接触者

水戸ホーリーホックは21日、トップチームの3選手が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性診断を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、選手1名は濃厚接触者となり隔離対応していた中、18日に抗原定性検査で要請疑いとなり、20日に医療機関で検査。陽性と診断された。 もう1名は20日に体調不良を訴え、医療機関で検査。陽性と診断された。 さらに、1名は20日に発熱。21日に医療機関で検査と診察を受け、陽性と診断された。 なお、チーム内には濃厚接触者はいないとのことだ。 2022.06.21 17:27 Tue
twitterfacebook
thumb

水戸DF三國スティビアエブスが育成型期限付きで岐阜へ 「より一層成長してきたい」

FC岐阜は14日、水戸ホーリーホックからDF三國スティビアエブス(24)の育成型期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2023年1月31日まで。背番号は「3」を着用する。 三國は青森山田高校、順天堂大学、そして特別指定選手期間を経て、昨年から水戸に正式入団。ルーキーイヤーこそ明治安田生命J2リーグで17試合でプレーしたが、今季はここまで4試合しか出番がなかった。 岐阜を通じて「自分の持っている力を最大限に発揮し、チームの勝利、昇格に貢献できるよう頑張っていきます。よろしくお願いします」とコメントした。 一方、水戸を通じては「約2年間水戸ホーリーホックの選手としてファン・サポーターの方と闘うことができ凄く濃い2年間でした」と新天地での飛躍を誓った。 「もっと水戸ホーリーホックの選手として試合に出場したい気持ちがありましたが、自分の力不足が原因で今回移籍する決断をしました。また水戸の選手としてプレーできるよう、岐阜でより一層成長してきたいと思います。2年間応援して頂き本当にありがとうございました! まだ選手人生は続くので今後も応援よろしくお願いします!!」 2022.06.14 16:20 Tue
twitterfacebook
thumb

5選手が途中出場で"初ゴール"を記録、大宮は監督交代後初白星に【明治安田J2第21節】

12日、明治安田生命J2リーグ第21節の6試合が各地で行われた。 ともに連勝を狙う4位・モンテディオ山形と14位・水戸ホーリーホックはケーズデンキスタジアム水戸で顔を合わせた。 アグレッシブ姿勢を見せた水戸が序盤からゲームの主導権を握ると、途中出場の梅田魁人が均衡を破る。ピッチへ立った1分後の80分、ボールを保持した山形DF野田裕喜が自陣ボックス内で足をもつれさせると、これを見逃さずにボールをさらい、ニアを射抜いた。 高川学園出身の梅田は福岡大学を経て、テゲバジャーロ宮崎から水戸へ今季加入した。ステップアップを果たしたFWは19試合目にして嬉しい加入後初ゴールを記録。これが決勝点となり、水戸が山形を下している。 5位・ファジアーノ岡山は17位・レノファ山口FCとアウェイで対戦した。 飲水タイム明けの27分、山口GK関憲太郎がゴールを空けて処理したボールがチアゴ・アウベスへ渡ると、そのままシュート。これは枠を外したが、チームのトップスコアラーは37分のチャンスをきっちり仕留める。 岡山は相手スローインの場面で前線からプレッシャーをかけ、右サイドの高い位置でボールを奪う。ボックス内へのステファン・ムークのパスはカットされて一旦は相手ボールとなるも、田中雄大が圧力を掛けてクリアをブロックし、再びマイボールに。ボックス右から折り返すと、近いサイドでチアゴ・アウベスが収めて左隅へ流し込み、今季8点目となる2試合連続ゴールを挙げた。 リードをして迎えた55分には、山瀬功治のシュートを宮崎智彦が、佐藤謙介の右足をヨルディ・バイスがゴールライン上でクリア。追加点こそ奪えなかったものの、1点を守り切って2連勝を飾り、4位へ浮上している。 互いに勝ち点「29」。6位・FC町田ゼルビアは8位・ロアッソ熊本をホームに迎えた。36分、相手を押し込んだ町田は安井拓也が鋭い縦パスをペナルティアーク左へ差し込むと、ドゥドゥは打ってくれというメッセージ付きの優しいポストプレー。これを長谷川アーリアジャスールがダイレクトで狙い、右足で巻いたシュートを右隅へと沈めた。 追い掛ける展開となった熊本は78分、阿部海斗と土信田悠生の2枚を同時に投入すると、この交代策が的中。右サイドでボールを持った河原創がニア裏へ斜めの浮き球を送ると、反応したのは土信田。ワントラップから右足のボレーを突き刺し、試合を振り出しに戻した。 高川学園から駒澤大学を経て今季加わったルーキーのJ初ゴールで追い付いた熊本。このままタイプアップを迎え、1-1の引き分けに終わっている。 相馬直樹監督就任後の初勝利を目指す20位・大宮アルディージャは、ブラウブリッツ秋田の敵地へ乗り込んだ。結果を残したのは73分に矢島慎也に代わって投入された泉澤仁。ゴールレスで迎えた81分、ショートコーナーから大山啓輔がクロスを入ると、跳ね返されたボールをボックス左で拾い、グラウンダーのキック。これが対峙者の股を抜け、ゴール前のDFのクリアも及ばずにラインを割った。 今季6シーズンぶりに古巣へ戻ったドリブラーは、開幕前の負傷で長期離脱。回復後は徐々に出場時間を伸ばし、これが復帰後の初ゴールに。泉澤の1点で接戦を制した大宮が新体制初白星を手にしている。 味の素スタジアムで行われた15位・東京ヴェルディvs21位・いわてグルージャ盛岡の一戦は、声出し応援の運営検証対象試合として行われた。 試合が動かしたのは東京V。23分、梶川諒太のミドルがブロックされてボックス右へ大きく浮き上がると、深澤大輝の頭での折り返しが小池純輝を抜けて蓮川壮大のオウンゴールを誘発した。 ホームチームは70分にも追加点を奪取。蓮川のドリブルを自陣中央で梶川が防いでカウンターへと転じると、持ち上がって左を使い、新井瑞希が切れ込んでボックス手前左からグラウンダーのクロスを送る。駆け上がってきた深澤がコントロールから左隅へ流し込み、リードを広げた。 2点のビハインドとなり、チャンスもポストに嫌われていた岩手だったが、終盤に猛追を見せる。86分に深澤のパスミスから途中出場の和田昌士がGKとの一対一を制して今季初ゴールを決めると、3分後には同じく途中出場の中村充孝。こぼれ球に反応してボックス左から右足を振り抜き、豪快な一撃を突き刺した。 中村充孝の加入後初ゴールで岩手が試合を振り出しに戻し、このまま試合終了。追い付かれた東京Vは7試合未勝利となった。 また、正田醤油スタジアム群馬で行われた18位・ザスパクサツ群馬vs19位・栃木SCの"北関東ダービー"は、ゴールレスドローに終わっている。 ◆第21節 ▽6月12日(日) レノファ山口FC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ファジアーノ岡山</span> ブラウブリッツ秋田 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 大宮アルディージャ</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 1</span>-0 モンテディオ山形 FC町田ゼルビア 1-1 ロアッソ熊本 ザスパクサツ群馬 0-0 栃木SC 東京ヴェルディ 2-2 いわてグルージャ盛岡 ▽6月11日(土) ヴァンフォーレ甲府 1-1 ジェフユナイテッド千葉 ツエーゲン金沢 1-1 横浜FC 徳島ヴォルティス 2-2 ベガルタ仙台 FC琉球 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 V・ファーレン長崎</span> 大分トリニータ 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 アルビレックス新潟</span> 2022.06.12 20:17 Sun
twitterfacebook
thumb

大宮戦で看板を蹴る愚行の水戸FW木下康介、Jリーグから1試合&クラブから1試合の出場停止処分「深く反省しております」

水戸ホーリーホックは9日、FW木下康介の行為について処分を発表した。 木下は5日に行われた明治安田生命J2リーグ第20節の大宮アルディージャ戦に先発出場した。 試合は立ち上がりから強度高く両チームが入り、大宮も何度となくチャンスを迎えるがゴールを奪えず。すると42分に新里涼がゴールを決めて水戸が先制。さらに後半立ち上がりの48分には、CKの流れから楠本卓海がゴールを決めて、水戸が追加点を奪う。 2点リードした水戸は61分にもビッグチャンス。大宮の攻撃を防ぐと、ビルドアップのボールを奪った木下が自陣からドリブルスタート。右サイドを突破するとフリーでボックス内へ。大宮も懸命に戻ると、最後は山田将之がブロックしていた。 その際に悔しさを露わにした木下は、ゴール裏に設置してあったLEDの看板を前蹴り。スポンサーの看板を故意に蹴る事件が発生。水戸はこの件について試合当日に声明を発表。小島耕代表取締役は、大宮に謝罪するとともに、木下と自身への処分を検討していると発表していた。 その木下に関して、Jリーグ規律委員会による処分内容が決定。1試合の出場停止処分が下されるとともに、水戸はJリーグ規律委員会の処分を真摯に受け止め、クラブとして独自に1試合の出場停止処分を課すことを決定した。 さらに、小島耕代表取締役は月次の報酬10% 3か月 自主返納と訓戒、西村卓朗取締役GMは訓戒、選手教育プログラムの徹底の処分が下っている。 今回の処分を受け、木下はクラブを通じてコメントしている。 「この度、私の行為により、たくさんの方々にご迷惑をおかけてしまい大変申し訳ございませんでした。スポンサー様、大宮アルディージャの皆様はもちろんの事、応援してくれているファン・サポーターの皆様、そして水戸ホーリーホックに関わるすべての関係者の皆様に不快な思いをさせてしまい、深く反省しております」 「感情的になり、愚行に及んでしまいました。どんな理由であれ、このような行為は許されることではありません。起こしてしまった事は変えられないので処罰を真摯に受け止め、今後皆様の信頼を取り戻せるように努めてまいります。本当に申し訳ございませんでした」 また小島耕代表取締役もクラブを通じてコメントしている。 「この度は、木下康介選手の行為により大宮アルディージャ関係者の皆様、そして日頃より支えていただいているパートナー企業の皆様、ファン・サポーター・行政関係者の皆様に多大なるご迷惑をおかけしましたことを、クラブの管理責任者として深くお詫び申し上げます」 「本件については事態を非常に重く受け止め、臨時取締役会を開催し、厳正なる処分を決定致しました。今後同様の行為が繰り返されぬよう、同選手に対しては近日中に研修プログラムを実施し、全所属選手およびスタッフに対しては、フェアプレーの指導および教育の徹底を再度図って参ります。クラブ全体で本件を真摯に受け止めて襟を正し、地域の模範となるクラブを目指して参ります」 2022.06.09 17:35 Thu
twitterfacebook
thumb

「あってはならない行為」水戸FW木下康介が大宮のスポンサー看板を蹴る…クラブは謝罪声明「厳正な処分を検討」

水戸ホーリーホックは5日、大宮アルディージャ戦でのFW木下康介の行為について謝罪した。 5日、明治安田生命J2リーグ第20節がNACK5スタジアム大宮で行われ、大宮と水戸が対戦した。 大宮にとっては相馬直樹監督が就任後、初めてのホームゲームということもあり大きな期待が寄せられた試合。勝利を目指した戦いとなった。 試合は立ち上がりから強度高く両チームが入り、大宮も何度となくチャンスを迎えるがゴールを奪えず。すると42分に新里涼がゴールを決めて水戸が先制する。 さらに後半立ち上がりの48分には、CKの流れから楠本卓海がゴールを決めて追加点を奪う。 2点リードした水戸は62分にもビッグチャンス。大宮の攻撃を防ぐと、ビルドアップのボールを奪った木下が自陣からドリブルスタート。右サイドを突破するとフリーでボックス内へ。大宮も懸命に戻ると、最後は山田将之がブロックしていた。 その際に悔しさを露わにした木下が、ゴール裏に設置してあったLEDの看板を前蹴り。スポンサーの看板を故意に蹴る事件が起きていた。 水戸はこの件について声明を発表。小島耕代表取締役は、大宮に謝罪するとともに、木下と自身への処分を検討していると発表した。 「この度、2022年6月5日(日)NACK5スタジアム大宮にて行われました、2022明治安田生命J2リーグ第20節大宮アルディージャ戦において、後半16分、木下康介選手がスポンサー看板を蹴るという事象が発生致しました。ご支援いただいておりますスポンサー様の看板を蹴るというあってはならない行為、さらに看板の器物破損もしております」 「スポンサー様、大宮アルディージャ様、そして日頃より支えていただいているファン・サポーター、関係者の皆様に深くお詫び申し上げます」 「木下選手および私を含む管理責任者に対しまして厳正な処分を検討してまいります」 「また今後、同様な行為が繰り返されぬよう、同選手はもちろんのこと全所属選手およびスタッフに対して、あらためてフェアプレーの指導および教育の徹底をしてまいります」 試合は0-2でアウェイの水戸が勝利。試合に勝利したものの、余計な行為が水を差すこととなってしまった。 2022.06.05 23:05 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly