元JリーガーFWフッキがが神戸移籍を拒否していたと告白…家族、そしてアトレチコ・ミネイロが理由

2022.05.07 19:28 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてJリーグでもプレーし、現在はアトレチコ・ミネイロでプレーするブラジル代表FWフッキ(35)だが、Jリーグに復帰する可能性があったことを明かした。

現在はカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)のアトレチコ・ミネイロでプレーするフッキ。その得点力は健在で、昨シーズンは35試合で19ゴール7アシストを記録。コパ・リベルタドーレスでも12試合で7ゴール3アシストを記録していた。

今シーズンもセリエAでは3試合3ゴール1アシスト、コパ・リベルタドーレスでは4試合で1ゴール1アシストを記録しているフッキだが、この冬には再び海外からのオファーが殺到していたという。

『ESPN』のインタビューに応じたフッキは、そのオファーを認めたものの、家族も自身もブラジルに居たかったという理由で移籍を考えなかったとした。

「日本だけでなく、他の国々もやって来た。たくさんの照会や会話があった。僕はいつだってこのクラブに集中していた」

「とても幸せだし、物事は流れ、それを楽しまなければいけない。子供たちとも仲良くやっていて、もう1人小さな娘が生まれた。幸せにしてくれたんだ。妻は喜んでいるし、僕たちは楽しんでいる」

「契約を更新した。ガロ(アトレチコ・ミネイロ)でリラックスしている。他のチームでプレーする場合は、将来を神の手に委ねるよ」

「でも、ここでとても幸せだ。美しい物語を描き続けたいと思う。このクラブは素晴らしいんだ」

フッキは12年間連れ添ったイラン・アンジェロさんの名であるカミラさんと2020年3月に結婚。4月に女児が誕生しており、そのことも移籍を断った理由の1つだったようだ。

『ESPN』によれば、フッキの獲得を目指していたのはヴィッセル神戸とのこと。前線の補強に考慮していたとされる。

復帰は、川崎フロンターレ、北海道コンサドーレ札幌、東京ヴェルディとJリーグでプレー。J1で22試合8ゴール1アシスト、J2で80試合62ゴールを記録していた。

その後、ポルトで飛躍し、ゼニトや上海上港(現上海海港)でプレーしていた。


関連ニュース
thumb

アトレチコ・ミネイロ、ボカからアルゼンチン代表FWパボンを獲得

アトレチコ・ミネイロは3日、ボカ・ジュニアーズからアルゼンチン代表FWクリスティアン・パボン(26)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2025年12月31日までの3年半となる。 2014年にタジェレスから母国の名門ボカ・ジュニアーズへ加入したパボンは、170cmに満たない小兵ながら爆発的なスピードとテクニック、攻撃センスに溢れるアルゼンチン期待の若手アタッカー。 ボカではロサンゼルス・ギャラクシーへのレンタル移籍を挟んで中、公式戦163試合に出場し、36ゴール41アシストを記録していた。 また、2017年にデビューを飾ったアルゼンチン代表ではロシア・ワールドカップの全4試合に出場するなど、通算11試合に出場。ただ、ここ数年は多士済々のアタッカー陣に割って入ることができずにいる。 2022.07.04 14:16 Mon
twitterfacebook
thumb

シティ・フットボール・グループが逸材FWサヴィーニョ確保! トロワからPSVへ即レンタルへ

シティ・フットボール・グループ(CFG)がアトレチコ・ミネイロのU-20ブラジル代表FWサヴィーニョ(18)の獲得に成功した。 CFGが保有するフランスのトロワは6月30日、サヴィーニョを完全移籍で獲得した。 アトレチコ・ミネイロの発表によると、移籍金は650万ユーロ(約9億2000万円)+ボーナス600万ユーロ(約8億5000万円)となる見込みで、さらに将来的なリセール時の12.5%が支払われる。 サヴィオやサヴィオ・モレイラとも呼ばれる18歳の左利きのアタッカーは、2018年にアトレチコ・ミネイロの下部組織に加入。その後、2020年9月にトップチームデビューを果たすと、ここまで公式戦33試合に出場し、2ゴールを記録している。 右ウイングを主戦場に爆発的なスピードと圧倒的なボールスキルを併せ持つ176cmの生粋のドリブラーは、プレー判断やフィニッシュの精度は粗削りも、次代のセレソンを担うことが期待される大器だ。 なお、将来的にはCFGのフラグシップクラブであるマンチェスター・シティへのステップアップも見込まれる逸材は、トロワからPSVへ即レンタルとなる予定だ。 2022.07.01 13:27 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレチコ・ミネイロと契約解消のゴディン、ベレス・サルスフィエルドに加入

アルゼンチンのベレス・サルスフィエルドは21日、アトレチコ・ミネイロを退団したウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(36)の加入を発表した。契約期間は2023年12月までとなっている。 ゴディンは前日、アトレチコ・ミネイロを双方合意の下で契約を解除し、退団していた。 今年1月にカリアリからアトレチコ・ミネイロにフリートランスファーで移籍したゴディンだったが、ポジション争いに苦戦してここまで公式戦8試合の出場に留まっていた。 カタール・ワールドカップに向けてプレー機会を得るべく、新天地で再起を図ることになった。 2022.06.22 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

W杯に向け出場機会求めるゴディンがアトレチコ・ミネイロと契約解消…

アトレチコ・ミネイロは20日、ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(36)との契約を双方合意の下で解消したことを発表した。 ゴディンは今年1月にカリアリからアトレチコ・ミネイロにフリートランスファーで移籍。しかし、ポジション争いで苦戦を強いられた結果、ここまで公式戦8試合の出場に留まっていた。 両者の契約は延長オプションを含め、2022年12月末まで残っていたが、カタール・ワールドカップに向けてプレー機会を得たいゴディン側の意見をクラブが受け入れる形で、早期の契約解消となった。 なお、ブラジル『グローボ』によると、ゴディンの新天地はアルゼンチンのベレス・サルスフィエルドになるようだ。 ゴディンはウルグアイのCAセロ、ナシオナルでプレーしたのち、2007年8月に海を渡りビジャレアルへと加入。2010年8月にはアトレティコ・マドリーへと完全移籍した。 チームの中心選手として守備を支えると、ラ・リーガ、コパ・デル・レイで1度ずつ、ヨーロッパリーグで2度の優勝を経験。2019年7月にインテルへと完全移籍した後、2020年9月からカリアリへと活躍の場を移していた。 2022.06.21 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

驚異の左足! フッキのFKがノーゴールながら世界を震撼「ボールの前にいたらきっと死ぬ」

絶対に壁には入りたくない。 現地時間11日にブラジレイロ・セリエAでホームにサントスを迎えたアトレチコ・ミネイロ。1点リードの62分、ゴール正面でFKを獲得すると、蹴るのはもちろんブラジル代表FWフッキ(35)だ。 長めの助走から放たれた弾丸シュートは左ポストを直撃。それでも勢いは衰えず、壁の選手までダイレクトで跳ね返るという珍しい光景に。しかも、当たった選手は一瞬膝を付くほどの威力だった。 変わらずのパワーショットには震撼するファンが多数。「物理学の授業はこんな感じです」などという冗談はまだかわいいもので、「どんなミサイル」、「いつかジャックポットで誰かを殺すだろう」、「誰かがボールの前にいたら、きっと死ぬでしょう」のようなジョークも上がっている。 フッキはJリーグでも川崎フロンターレ、コンサドーレ札幌(現:北海道コンサドーレ札幌)、東京ヴェルディでプレーし、上海上港(現:上海海港)時代にはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で日本勢の前にも立ちはだかった。 衰えない左足のFK動画は640万再生を突破。文字通り、世界を震え上がらせている。 <span class="paragraph-title">【動画】跳ね返ったからこそ感じる、フッキの弾丸FKが凄まじい威力</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Este remate do Hulk nem faz sentido <a href="https://t.co/jDQU9Gq42J">pic.twitter.com/jDQU9Gq42J</a></p>&mdash; bwin_pt (@bwin_portugal) <a href="https://twitter.com/bwin_portugal/status/1535924941153001472?ref_src=twsrc%5Etfw">June 12, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.15 22:17 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly