仙台が3ゴールで3連勝!横浜FCは3点差追いつかれるも首位&無敗キープ、初連勝大宮は降格圏脱出【明治安田J2第13節】

2022.05.01 18:23 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J2リーグ第13節の7試合が1日に各地で行われた。

2位と5ポイント差で首位に位置する横浜FCは、アウェイで12位のザスパクサツ群馬と対戦。3試合ぶりの勝利を狙う試合は、24分に長谷川竜也の2試合連続ゴールで先制すると、31分に右CKからのクロスを渡邉千真がヘディングで合わせて追加点。さらに、42分にもイサカ・ゼインの加入後初ゴールで3点目を奪って試合を折り返した。

前半は優勢だった横浜FCだが、後半は群馬のハイプレスに苦しむ展開に。49分に平松宗のゴールで1点を返されると、57分にも平松にゴールを奪われ1点差に。その後も群馬に主導権を握られると、67分に奥村晃司のゴールで同点に追いつかれる。

完全に試合は群馬ペーストなり、シーズン初黒星かと思われたが、その後猛攻を凌ぎ切り、3-3で試合終了。依然、首位&無敗をキープしているものの、3試合連続の引き分けとなった。

また、第10節の首位決戦で敗れたものの、直近の5試合で4勝1敗と好調の3位ベガルタ仙台は、ホームで18位のブラウブリッツ秋田と対戦した。

東北クラブ同士の“東北ダービー“は、攻勢を強めた仙台が10分に富樫敬真のゴールで先制したものの、22分に負傷交代で青木翔太に代わって出場した武颯が27分にゴールを決め、同点に追いつかれる。

試合を1-1で折り返したが、好調を維持する仙台は72分に遠藤康のミドルシュートで勝ち越しに成功。78分に吉野恭平がダメ押しゴールを決め、3-1でタイムアップ。仙台が今季初の3連勝を飾り、首位横浜FCとの差を縮めた。

開幕8試合は負け無しとしていたものの、直近の4試合で1分け3敗と低調の5位東京ヴェルディは、アウェイで7位のファジアーノ岡山と対戦。前半は押し込まれる展開の多かった東京Vは、ゴールレスで試合を折り返した後半もペースをものにすることができずにいると、54分に田中雄大にゴールを許して岡山が先制する。

さらに、直後の58分にはミッチェル・デュークがゴールを決めて岡山がリードを2点に広げると、東京Vは79分にバスケス・バイロンのJリーグ初ゴールで1点を返したものの、2-1で岡山が勝利。今節も勝ち点を積み上げることができず、東京Vは5試合勝ち無し。一方で、岡山が4位まで順位を浮上させた。

開幕以降上位に名を連ねるも、直近5試合勝ち無しの4位FC町田ゼルビアは、ホームで16位の徳島ヴォルティスと対戦。前半は互いにチャンスを作るも決め切れずに試合を折り返すと、後半開始直後に町田がクロスバーを直撃する決定機を逃す。

すると、試合の流れは徳島に傾きはじめ、62分に坪井清志郎がゴール。さらに74分にも新井直人のシュートが町田DFに当たって決まり2点差。そのまま徳島が逃げ切り、0-2で勝利。町田はまたしても勝てなかった。

その他、開幕からの不調が続き降格圏に位置していた21位の大宮アルディージャは、ホーム未勝利の14位ツエーゲン金沢と対戦。大宮は41分にCKの流れから河田篤秀が豪快ボレーを叩き込むが、金沢は後半早々の49分に庄司朋乃也のミドルシュートがディフレクトして入り同点とする。

その後は一進一退の攻防が続く中、大宮は途中出場の中野誠也が同じく途中出場の小島幹敏のクロスをヘッド。これが決勝点となり、大宮が初の連勝で20位に順位を上げて、降格圏を脱した。

◆明治安田生命J2リーグ第13節
▽5/1
いわてグルージャ盛岡 1-2 ロアッソ熊本
ファジアーノ岡山 2-1 東京ヴェルディ
モンテディオ山形 2-0 V・ファーレン長崎
ザスパクサツ群馬 3-3 横浜FC
FC町田ゼルビア 0-2 徳島ヴォルティス
ツエーゲン金沢 1-2 大宮アルディージャ
ベガルタ仙台 3-1 ブラウブリッツ秋田

▽4/30
ジェフユナイテッド千葉 0-3 大分トリニータ
レノファ山口FC 2-1 栃木SC
水戸ホーリーホック 2-1 ヴァンフォーレ甲府
FC琉球 1-1 アルビレックス新潟

関連ニュース
thumb

長崎のDF江川湧清が交通事故、駐車場内で接触される

V・ファーレン長崎は27日、DF江川湧清が交通事故に遭ったことを発表した。 クラブの発表によると、江川は26日の18時15分ごろに福岡市内で事故に遭ったとのことだ。 駐車場内で対向車が来たため江川は停車。すると、対向車がすれ違う際に江川の車の右前方サイドミラーに接触したとのことだ。 江川と相手運転手にはケガはなかったとのこと。事故発生後に速やかに警察へ届け出、必要な対応をしているという。 江川は今シーズンの明治安田生命J2リーグで22試合に出場し1得点を記録していた。 2022.06.27 18:15 Mon
twitterfacebook
thumb

東京V、千葉戦で違反行為のサポーター2名に入場禁止処分 「決して許されるものではありません」

東京ヴェルディは27日、前日にアウェイで行われたジェフユナイテッド千葉戦における同クラブサポーターによる違反行為が認められたと報告した。 東京Vの発表によると、26日に行われた2022明治安田生命J2リーグ、第23節の千葉戦において、アウェイサポーター席(東京Vを応援するエリア)で、観戦者によるJリーグ試合運営管理規程違反にあたる行為が確認されたという。 クラブは今回の違反行為を受け、当事者2名に対して下記の処分を科したことを報告した。 ■違反行為と処分内容 対象者1 違反行為:フィールドへのペットボトルの投げ込み行為。 処分内容:東京ヴェルディが出場する2022明治安田生命J2リーグ第24節、第25節、第26節、第27節への入場禁止。 対象者2 違反行為:ペットボトルの中身をスタンドからフィールドへ撒く行為。 処分内容:東京ヴェルディが出場する2022明治安田生命J2リーグ第24節への入場禁止。 また、東京Vは当日、試合観戦した人々、運営主管である千葉に対する謝罪と共に、違反行為に対して「決して許されるものではありません」と断固たる反対姿勢を示した。 「クラブとしては今回の違反行為を重く受け止め、当事者に対して下記の処分としましたのでお知らせいたします。当日、ご観戦をされたみなさま、運営主管であるジェフユナイテッド千葉様をはじめ多くの方々にご迷惑をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます」 「審判、ルール、選手、観客、全ての関係者に対する尊重がある中で、全力を尽くして愉しむことがスポーツの本質です。試合実施時におけるJリーグ安全理念に反する行為は、決して許されるものではありません」 「試合運営管理規程は、選手や観戦するみなさまの安全のために設けられております。ファン・サポーターのみなさまにおかれましては、改めて遵守いただきますよう、ご理解とご協力をお願いいたします」 なお、城福浩新体制で川崎フロンターレを天皇杯で撃破するなど、公式戦2連勝中だった東京Vだが、この千葉戦ではセットプレーの3失点によって1-3のスコアで今季初黒星を喫していた。 同試合では主審による幾つかの微妙な判定、千葉GK新井章太の試合終盤の退場の場面などで、声出しが禁止されている中、アウェイサポーター席からブーイングや罵声があり、運営スタッフが声出し禁止を注意喚起するプラカードも掲げられていた。 2022.06.27 15:37 Mon
twitterfacebook
thumb

岡山がミッチェル・デュークの名を語ったフィッシング詐欺への注意喚起

ファジアーノ岡山は27日、所属するオーストラリア代表FWミッチェル・デュークの名を語ったフィッシング詐欺への注意喚起を行った。 クラブの発表によると、デュークは個人のFacebookにて、オーストラリア代表のユニフォームプレゼント企画を実施したところ、同選手を名乗る偽アカウントからプレゼントに当選したかのようなメッセージが届き、クレジットカード番号などの入力を求めるフィッシング詐欺が発生しているという。 これを受けクラブは、「デューク選手がクレジットカードの番号などを求めることは決してございませんので、ご注意ください」と、フィッシング詐欺への注意喚起を行っている。 2022.06.27 15:08 Mon
twitterfacebook
thumb

「スタッフの連携が…」低迷の大宮、選手挨拶の不手際を謝罪…途中での切り上げにOBも意見

大宮アルディージャは27日、試合後の選手挨拶に関して謝罪した。 26日、明治安田生命J2リーグ第23節でツエーゲン金沢をホームのNACK5スタジアム大宮へと迎えた大宮。互いに苦しいシーズンを送っている中、ゴールレスのまま試合は推移。しかし、86分に藤村慶太のミドルシュートが決まり、金沢が0-1で勝利していた。 降格圏に沈む大宮は、3試合ぶりの敗戦に。相馬直樹監督を迎えてからホームでは勝利なし。苦しい状況から抜け出せていない。 その大宮は、試合後には通常ゴール裏へ揃って挨拶に行き、バックスタンド側を回って一周。ゴール裏の角からロッカールームへと引き下がることが恒例となっていた。 勝敗に関係なくピッチを1周してスタンドへ挨拶することが恒例化されていた中、金沢戦は最後まで挨拶を行わず、ベンチの脇から選手たちが引き上げていっていた。 この件は、クラブOBでもある村山祐介氏もファンの投稿に反応し、「僕らが現役の頃は、フロントスタッフからもきちんとスタジアムの隅々まであいさつするように案内があったのだが今は違うのかな?」とツイート。また、「僕もここ数年の様子を外から見てますがまず気持ちが伝わってこないです。もちろん選手は全力でやってるとは思います。それでも見てる人に伝わってない時点でそれは全力ではないのです」と厳しい意見を述べていた。 大宮は謝罪声明を発表。スタッフ間の連携が行き届いていなかったとして謝罪。ピッチ上で上手く行っていないクラブの悪い側面を露呈することとなった。 「昨日行われました2022明治安田生命J2リーグ第23節ツエーゲン金沢戦試合終了後、ご挨拶のピッチ周回において、周回途中で選手をベンチ横よりロッカールームへ誘導する事象が発生しました。最後までスタンドでお待ちいただいたファン・サポーターの皆さまを含め、ご来場いただいたすべての皆さまへしっかりと感謝をお伝えできなかったことを深くお詫び申し上げます」 「昨日は、試合終了後に実施される監督インタビューより前にロッカールームでチームミーティングを実施したい意向がありましたが、コーチングスタッフと運営スタッフの連携が行き届いておらず、本来の選手入退場口であるメインスタンド西側端のゲートではなくメインスタンドホームベンチ横通路よりロッカールームへ選手誘導を行ってしまう事態となりました」 「今回の事案をクラブとして重大に受け止め、今後同様の事案が絶対に発生しないようお約束し取り組んでまいります」 「あらためて、選手を後押しし一緒に戦っていただいているファン・サポーターの皆さま、日頃よりご支援・熱い応援をいただいている大宮アルディージャにかかわる全ての皆さまに感謝をお伝えさせていただくと共に、お詫び申し上げます」 2022.06.27 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

鳥栖FW藤原悠汰が山形に育成型期限付き移籍! 今季14試合3得点の大卒1年目

モンテディオ山形は27日、サガン鳥栖からFW藤原悠汰(23)の育成型期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2023年1月31日まで。背番号「39」をつける。 藤原はサンフレッチェ広島のアカデミー育ちで、広島皆実高校、明治大学を経て、鳥栖に今季入団。ルーキーイヤーから公式戦14試合出場で3得点と記録中だったが、さらなる出番を求め、山形に活躍の場を移すことが決まった。両クラブを通じて次のようにコメントしている。 ◆モンテディオ山形 「モンテディオ山形の皆さん初めまして。この度サガン鳥栖のから加入する事になりました藤原悠汰です。フジハラなので、覚えていただけると嬉しいです」 「モンテディオ山形の勝利の為に、応援してくれる方々の笑顔や活力の為に、自身の持てる力を全て発揮して闘います。宜しくお願い致します」 ◆サガン鳥栖 「この度、モンテディオ山形へ育成型期限付き移籍をすることになりました。この決断をするにあたり、シーズン途中にも関わらず、受け入れて頂いた関係者の皆様に感謝しています」 「約半年間多くの事を学び、様々な事を考え日々取り組んで来ましたが応援していただく方々の期待に応えられず悔しい気持ちです。また成長した姿を見せれるよう日々懸命に取り組んできます」 「短い間でしたが、多くの方からの熱いメッセージは今でも忘れません。また、会える日まで頑張ります!」 2022.06.27 09:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly