吉田不出場のサンプドリア、ジェノアとのダービー制して残留へ大きな勝ち点3《セリエA》

2022.05.01 03:17 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サンプドリアは4月30日、セリエA第35節でジェノアとのジェノヴァ・ダービーを戦い、1-0で勝利した。サンプドリアのDF吉田麻也はベンチ入りも出場しなかった。

前節ヴェローナ戦では途中出場の吉田が失点に絡んでドローに持ち込まれた16位サンプドリア(勝ち点30)は吉田が引き続きベンチスタートとなった。

19位ジェノア(勝ち点25)に対し、一進一退の展開で立ち上がった中、20分にアミリのミドルシュートでゴールを脅かされたサンプドリアだったが、GKアウデーロがセーブ。

すると25分に先制する。サイド攻撃で揺さぶり、アウジェッロの左クロスからサビリのボレーシュートが決まった。

失点を受けて前がかるジェノアに対しサンプドリアは34分、エクバンに際どいヘディングシュートを打たれるも、枠を外れて助かった。

すると45分には追加点のチャンス。ベレシュインスキの右クロスからファーサイドのサビリのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKシリグのファインセーブに阻まれ、前半を1点のリードで終えた。

迎えた後半はサンプドリアがペースを握る中、ジェノアに反撃の余地を与えずに時間を進める。

しかし最終盤の追加タイム3分にPKを献上してしまう。デストロのヘディングシュートを阻みにかかったフェラーリの手にボールが当たってしまった。だが、キッカーのクリーシトが枠の左を狙ったシュートをGKアウデールが防いでタイムアップ。

サンプドリアが残留に向けて大きな勝ち点3を手にしている。

関連ニュース
thumb

吉田麻也のシャルケ移籍が正式決定! 内田篤人、板倉滉に次いで3人目の日本人

シャルケは5日、日本代表DF吉田麻也(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2023年6月までの1年間。1年間の延長オプションがつく。 吉田は名古屋グランパスでキャリアをスタート。名古屋では公式戦101試合で11ゴール3アシストを記録。2010年1月にオランダのVVVフェンロへと移籍し、ヨーロッパでのキャリアをスタートさせる。 フェンロではエールディビジで54試合に出場するなど、公式戦63試合で5ゴール2アシストを記録。2012年8月にサウサンプトンへ移籍し、プレミアリーグに挑戦する。 サウサンプトンでは出番を失う時期がありながらも、チームの信頼は厚く、センターバックやサイドバックとして公式戦194試合に出場し9ゴール4アシストを記録。しかし、徐々に出番が減ると、2020年1月にサンプドリアへとレンタル移籍で加入した。 ちょうど時を同じくして新型コロナウイルス(COVID-19)が世界中で蔓延。多くの感染者、被害者を出す中、新たな土地イタリアでのキャリアをスタート。半年のプレーでチームの信頼を得ると、そのまま完全移籍。2年半の在籍で、セリエA72試合に出場し3ゴール6アシストを記録。チームの守備の軸としてプレーした一方で、今年1月の負傷後は低パフォーマンスもあり、序列が低下。シーズン終盤は満足にプレーせず、契約満了の6月30日をもって退団となっていた。 シャルケは2021-22シーズンは2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)を戦い、日本代表DF板倉滉の活躍もあり見事に優勝。しかし、板倉の契約に付帯していた買い取りオプションを行使する資金がなく断念。その板倉はマンチェスター・シティからボルシアMGへと完全移籍した。なお、吉田と親交が深い元日本代表DF内田篤人も過去に所属し、今なお愛され続けているだけに、吉田もそのような存在になれるか注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】シャルケが吉田麻也加入を発表!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://t.co/vCvsEYCoZf">pic.twitter.com/vCvsEYCoZf</a></p>&mdash; FC Schalke 04 (@s04) <a href="https://twitter.com/s04/status/1544319247005978627?ref_src=twsrc%5Etfw">July 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.05 23:01 Tue
twitterfacebook
thumb

シャルケ加入迫る吉田麻也、レンジローバー“2台持ち”に「違う良さがたまらない」

日本代表DF吉田麻也が愛車の乗り心地を実感しているようだ。 2021-22シーズンをもってサンプドリアへ別れを告げることになった吉田には、現在シャルケ加入間近との報が上がっている。 渦中の吉田は5日に自身のインスタグラムを更新。「Thank you @landroverjpn #レンジローバー#newvogue めちゃくちゃ良い。#ディフェンダー も違う良さがたまらない」と綴った。 2台のレンジローバーを乗りこなす代表キャプテンには、大まかに3つの反応が。ヴィッセル神戸のFW武藤嘉紀が「助手席乗せてもらお」といったように「乗せてください」との反応が多数。その他に、「娘ちゃん可愛い」、「ナンバー隠さなくて大丈夫ですか?」といった類のリアクションが届いた。 気の早いシャルケのファンからは早くも青と白のハートも届けられているが、去就はどのようにまとまるのだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】2台のレンジローバーを乗りこなす吉田、娘さんと芦ノ湖へ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cfnt9jDIXUx/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cfnt9jDIXUx/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cfnt9jDIXUx/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Maya Yoshida(@mayayoshida22)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.05 21:55 Tue
twitterfacebook
thumb

“スーパーゴール製造機”39歳のクアリアレッラがサンプドリアと1年契約延長

サンプドリアは4日、元イタリア代表FWファビオ・クアリアレッラ(39)との契約延長を発表した。 新契約は1年間で、2023年6月30日までとなる。 トリノでキャリアをスタートさせたクアリアレッラは、フィオレンティーナやウディネーゼ、アスコリでプレーしたのち、2006年7月にサンプドリアに完全移籍する。 わずか1年でウディネーゼに移籍すると、その後はナポリ、ユベントスでプレー。自身が育ったトリノに戻ると、2016年2月にレンタル移籍でサンプドリアに復帰。同年7月から完全移籍となった。 これまでセリエAで533試合に出場し181ゴール53アシストを記録しているクアリアレッラは、サンプドリアでは公式戦268試合で105ゴール26アシスト。“スーパーゴール製造機”としても知られ、数多くの難易度が高いアクロバティックなゴールを決めていることでも知られている。 <span class="paragraph-title">【動画】クアリアレッラのスーパーゴール集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJCdUpZSFNYUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.07.05 09:21 Tue
twitterfacebook
thumb

サンプ退団の吉田麻也、新天地はDF補強が急務のシャルケか

サンプドリアを退団した日本代表DF吉田麻也(33)の新天地がドイツになる可能性があるようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 名古屋グランパス、VVVフェンロ、サウサンプトンでプレーした吉田は、2020年1月にサンプドリアへとレンタル移籍で加入。ちょうど時を同じくして新型コロナウイルス(COVID-19)が世界中で蔓延。多くの感染者、被害者を出す中、新たな土地イタリアでのキャリアをスタート。半年のプレーでチームの信頼を得ると、そのまま完全移籍を果たした。 2年半の在籍で、セリエA72試合に出場し3ゴール6アシストを記録。チームの守備の軸としてプレーした一方で、今年1月の負傷後は低パフォーマンスもあり、序列が低下。シーズン終盤は満足にプレーせず、契約満了の6月30日をもって退団となった。 そんな吉田には、セリエAに初昇格を果たしたモンツァやトルコ王者のトラブゾンスポルなどが関心を示したが、ロマーノ氏によれば新天地はシャルケになるようだ。 2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)を制して1年でのブンデスリーガ復帰を決めたシャルケは、昨季センターバックとして活躍した日本代表DF板倉滉の買い取りオプション行使見送り退団。また、コンビを組んだU-21ドイツ代表DFマリック・チャウの流失も懸念されている。 今夏のセンターバック補強が急務となっているシャルケは、一時セルティックのフランス人DFクリストファー・ジュリアンの獲得に迫ったが、クラブ間交渉が決裂し土壇場で破断に。そこで白羽の矢が立ったが吉田だ。 なお同氏によれば、吉田は5日にもドイツに向かいメディカルチェックを受けるとのことだ。 2022.07.05 01:30 Tue
twitterfacebook
thumb

40歳目前、生ける伝説クアリャレッラがサンプドリアと契約延長へ

元イタリア代表FWファビオ・クアリアレッラ(39)が、サンプドリアとの契約延長に近づいているようだ。 1999年のプロキャリア開始から23年、これまでイタリア国内数多のクラブを渡り歩いてきたクアリアレッラ。2015-16シーズンからプレーするサンプドリアではクラブ通算268試合105得点26アシストを記録しているほか、2018-19シーズンには36歳にしてセリエA得点王に輝くなど、まさに生ける伝説と言える。 昨シーズン最終節のインテル戦後には『DAZN』のインタビューで、「僕はもう39歳で、シーズン40試合を全て戦い抜くことはできない。だけど、ロッカールームを助けることはいつだってできるさ」と語っていたクアリアレッラだが、まもなく念願の契約延長が発表される見通しとなったようだ。 イタリア『TuttoMercatoWeb』によると、来年1月に40歳を迎える大ベテランは、サンプドリアとの契約を1年延長する見込みとのこと。早ければ4日にもクラブからアナウンスされるとみられ、年棒はボーナス諸々含めて50万ユーロ(約7000万円)となる模様だ。 2022.07.04 14:26 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly