低迷・大宮が群馬相手に2点差大逆転で2勝目! 首位・横浜FCは町田に追いつかれドローも12戦無敗、甲府は4連勝【明治安田J2第12節】

2022.04.27 21:34 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
27日、明治安田生命J2リーグ第12節の11試合が各地で行われた。

首位に立つ横浜FC(勝ち点27)と5位につけるFC町田ゼルビア(勝ち点18)の対戦。上位対決となった試合は、ホームの横浜FCがペースを掴む。

まずは9分、クリアボールを拾って右サイドに展開。このパスを受けた伊藤翔がボックス右からのクロス。これを長谷川竜也がボックス内でヘディングで合わせ、横浜FCが早々に先制する。

町田は徐々に押し込みながら横浜FCのゴールに迫ると、20分に決定機。ビルドアップのボールを奪うと、鄭大世の落としをボックス手前で受けた平戸大貴が狙い済ましてシュート。しかし、これは左角に当たって跳ね返るも、ラインは超えない。

1-0で横浜FCがリードして迎えた後半、55分には左サイドからの奥山政幸からの斜めのパスを太田修介がフリックし、鄭大世がシュートも、GKがセーブする。

後半は町田がアグレッシブに前に圧力をかけていく。セカンドボールを拾い続けて、何度もボックス内に入っていくが、ゴールが遠くスコアを動かせない。

すると横浜FCも反撃。62分には浮き球のパスを受けた亀川諒史がボックス右からグラウンダーのクロス。小川航基が飛び込むが、シュートはミートしない。

町田は65分に鄭大世を下げて、ヴィニシウス・アラウージョを投入。すると69分、佐野海舟が自陣から縦パス。これをフリックすると、絶妙なスルーパスとなり、最後はヴィニシウス・アラウージョが流し込み、町田が同点に追いつく。

横浜FCは追いつかれた後に勢いを持って攻め込むがスコアは動かせず。84分にはサウロ・ミネイロがシュートもGKがセーブ。こぼれ球を小川がヘッドで押し込むが、翁長聖が戻ってクリアする。

横浜FCは91分にビッグチャンス。右サイドからのFKからのクロスをクレーベがダイビングヘッド。GKがセーブも高橋秀人がヘディングで押し込むが、オフサイドでゴールは認められない。結局そのまま試合は終了し、1-1の引き分けに終わった。

また、今季わずか1勝で降格圏に沈む大宮アルディージャ(勝ち点6/21位)とザスパクサツ群馬(勝ち点17/6位)の一戦は、大宮が3-2で逆転勝利を収めた。

試合は立ち上がり2分、群馬は仕掛けた小島雅也が柴山昌也に倒されると、非常に微妙な位置でのファウルがPKに。これを岩上祐三が左隅に決めて群馬が先制する。

さらに27分にも群馬は左サイドから天笠泰輝が縦に入れると、平松宗が落とし、加藤潤也が受けてクロス。これを平松がしっかり合わせてリードを広げる。

勢いに乗る群馬は34分に2つ目のPKを獲得。岩上が再びキッカーを務めるが、GK南雄太が完全に読み切りセーブ。このプレーが大きなターニングポイントとなる。

2点ビハインドで後半を迎えた大宮は57分、矢島慎也が前線へのロングボールを送ると、ライン際で武田英寿が頭で落とすと河田篤秀がダイレクトでクロス。これを菊地俊介が決めて1点を返す。

さらに62分には右CKから武田がクロス。これをファーサイドで西村慧祐がヘディングで合わせて、大宮が同点に追いつく。

勢いに乗る大宮は69分、武田がFKからゴール前にクロスを送ると、流れたボールをボックス内右で矢島がトラップからシュート。ニアサイドを撃ち抜いたシュートが決まり、大宮が3点目を奪い2点差を逆転する。

逆転した大宮は、さらに攻め込む展開に。群馬も盛り返そうとするが、大宮の集中した守りの前に得点を奪えず。大宮が2点差を逆転して今季2勝目を挙げた。

また、ヴァンフォーレ甲府(勝ち点15/10位)vs東京ヴェルディ(勝ち点19/3位)の一戦は、2-0で甲府が勝利。4連勝とした。

試合は17分、ホームの甲府が攻め込むと、ボックス付近で細かくパスを回し、最後は三平和司が縦パス。これが山田陸に通ると、ボックス内から浮き球のシュートが決まり、甲府が先制する。

東京Vもボールをポゼッションしながらも攻めていくがゴールが遠い。後半は東京Vが支配するが、1-0で迎えた60分にビルドアップのミスから、鳥海芳樹のスルーパスに三平が裏をとるとボックス内で倒されPKを獲得。これを自らしっかりと決めて2-0。そのまま逃げ切り、甲府が4連勝を達成した。

◆明治安田生命J2リーグ第12節

ブラウブリッツ秋田 0-1 ファジアーノ岡山
大宮アルディージャ 3-2 ザスパクサツ群馬
ジェフユナイテッド千葉 2-0 レノファ山口FC
横浜FC 1-1 FC町田ゼルビア
アルビレックス新潟 2-0 いわてグルージャ盛岡
徳島ヴォルティス 0-1 モンテディオ山形
V・ファーレン長崎 1-0 水戸ホーリーホック
ロアッソ熊本 0-2 ベガルタ仙台
大分トリニータ 0-0 栃木SC
FC琉球 1-1 ツエーゲン金沢
ヴァンフォーレ甲府 2-0 東京ヴェルディ

関連ニュース
thumb

横浜FCが3戦ぶり白星で首位キープ! 群馬はJ3自動降格圏から抜け出せず【明治安田J2第31節】

16日、明治安田生命J2リーグ第31節の横浜FCvsザスパクサツ群馬がニッパツ三ツ沢球技場で行われ、ホームの横浜FCが1-0で勝利を収めた。 本来は13日の開催予定ながら、台風8号の影響で延期となっていたこの一戦。2連敗中の横浜FCは暫定ながらもアルビレックス新潟に首位を明け渡しており、一方の群馬もJ3自動降格圏に低迷。両チームとも勝利を掴みたいところだ。 試合は開始早々に横浜FCが先制。9分、ボックス左で武田からボールを受けた長谷川がDF1人をかわし、ファーサイドへGKの頭上を越える緩やかなセンタリングを供給。サウロ・ミネイロがDFと競り合いながら走り込み、豪快なヘディングを叩き込んだ。 幸先よく先手をとった横浜FCだったが、アクシデントに襲われる。35分、先制点をマークしたサウロ・ミネイロが負傷し、渡邉との交代を余儀なくされた。 早々にビハインドを背負った群馬はセットプレーに活路を探す。38分、岩上のロングスローの流れから山中がボックス内で左足の強烈なシュートを放つも、ここは横浜FCの守護神ブローダーセンがしっかりとキャッチした。 前半は横浜FCが優勢に進めたものの、後半は一転して群馬のペースに。だが、群馬は幾度となく横浜FCのゴール前まで迫るものの、肝心のネットを揺らすことができない。 群馬の一方的な展開で推移した90分、左サイドからのセンタリングにボックス内でフリーとなった深堀が右足でダイレクトボレーを放つも、相手DFの身体を張ったディフェンスに阻まれ、ネットを揺らせない。 横浜FCは後半途中から疲労の色が濃くなり、アディショナルタイムも含めて防戦一方に。だが、最後の最後まで集中力を切らさず、1-0で逃げ切りに成功した。これで3戦ぶりの白星となり、一時的に明け渡していた首位の座も取り戻した。 ◆第31節 ▽8月16日(火) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">横浜FC 1</span>-0 ザスパクサツ群馬 ▽8月13日(土) いわてグルージャ盛岡 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ブラウブリッツ秋田</span> ヴァンフォーレ甲府 2-2 ロアッソ熊本 ベガルタ仙台 2-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 大宮アルディージャ</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">モンテディオ山形 4</span>-1 ツエーゲン金沢 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 3</span>-2 レノファ山口FC V・ファーレン長崎 2-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 FC琉球</span> ▽8月14日(日) 栃木SC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 アルビレックス新潟</span> ジェフユナイテッド千葉 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 FC町田ゼルビア</span> 徳島ヴォルティス 2-2 大分トリニータ ▽未定 水戸ホーリーホック vs 東京ヴェルディ 2022.08.16 21:19 Tue
twitterfacebook
thumb

「今日も隣にいられて幸せ」大宮DF袴田と“テラハ”田中優衣さんが結婚1周年「また手拍子頑張っちゃう」

大宮アルディージャのDF袴田裕太郎と妻の田中優衣さんが結婚1周年を迎えた。 袴田は2019年に横浜FCへと入団。今シーズンからジュビロ磐田に完全移籍するも出番は限られ、7月から大宮へと期限付き移籍で加入している。 また、2021年8月にリアリティ番組『テラスハウス』の軽井沢編に出演していた田中優衣さんと入籍。16日に田中さんがインスタグラムを更新し、2人で手を重ね合う写真を添え、結婚1周年を報告した。 「あっという間に一年。今日も隣にいられて幸せ 私のこと、私の友達、家族まで大切にしてくれてありがとう 裕太郎くんの大きな手に包まれてる安心感」 そして、サプライズの様子も公開。袴田からは素敵な花束と大きなケーキがプレゼントされたようだ。 「バラでプロポーズしたから、バラを入れたんだよ。センスある?と渡してくれた花束 いつもプレゼントに意味を込めてくれるところ。好き。サプライズのことをドッキリです!と大きい声で言っちゃうところも大好き。笑」 袴田は大宮加入後3試合にフル出場し、13日の明治安田生命J2リーグ第31節のベガルタ仙台戦では嬉しい今季初ゴールをマーク。田中さんも「最近は笑顔が増えて私も嬉しいな。また手拍子頑張っちゃう」と綴っており、残るシーズンのさらなる活躍にも期待がかかっている。 <span class="paragraph-title">【写真】夜景をバックに袴田と田中さんが幸せ2ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ChTEq0CBvGK/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ChTEq0CBvGK/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ChTEq0CBvGK/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">tanaka(@heisei_8nen)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.16 21:01 Tue
twitterfacebook
thumb

連続ワンツーからの左足コントロールショット! 7月のJ2月間ベストゴールは熊本MF杉山が受賞「創意工夫に富んだ秀逸なる一撃」

Jリーグは16日、7月の「明治安田生命Jリーグ KONAMI月間ベストゴール」を発表した。 明治安田生命J2リーグでは、7月24日に行われた第28節、ロアッソ熊本vsツエーゲン金沢の一戦で、熊本のMF杉山直宏が決めたゴールが受賞している。 えがお健康スタジアムで行われた試合、1-0と熊本が1点リードして迎えた51分に杉山の左足がさく裂する。ボックス右角付近でボールを持つと、高橋利樹、竹本雄飛とのワンツーを駆使してボックス手前のやや右から利き足を振り抜き、鋭いライナー性の一撃を左隅に沈めた。 65分にも追加点を奪い、2ゴールで完勝に貢献していた杉山はゴールについて練習の成果だと謙虚に語っている。 「この度は 2022明治安田生命Jリーグ7月のKONAMI月間ベストゴールに選出していただき、ありがとうございます。この賞をいただけたのも、監督、スタッフ、チームメイト、ファン・サポーターのおかげです。このゴールは日頃の練習で取り組んでいることを、そのまま試合で表現することができました」 「これからも謙虚にチームの目標、個人の目標のためにひたむきに取り組んでいきます!」 ◆Jリーグ選考委員会による総評 ・宮本恒靖委員 「近くを見つつ、しっかりとゴールまで意識した連続プレーから見事なフィニッシュ」 ・北條聡委員 「創意工夫に富んだ秀逸なる一撃。壁パスの連続で敵の防壁にギャップをつくるアイデアと、その隙間にボールを通すフィニッシュの精度は見事の一語だった」 ・寺嶋朋也委員 「相手をひきつけながらワンタッチパスで崩して最後はコントロールショット。連携が素晴らしい」 なお、J1リーグでは鹿島アントラーズのFWエヴェラウド、J3リーグではY.S.C.C.横浜ののMF松井大輔がそれぞれ受賞している。 <span class="paragraph-title">【動画】連続ワンツーからのコントロールショット!J2月間ベストゴールに選ばれた一撃</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="1XZIV21xYkE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.16 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

徳島でトップチーム関係者5名が新型コロナ陽性…いずれも体調不良訴え

徳島ヴォルティスは16日、トップチームの関係者5名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、1名は14日の朝に体調不良を訴え、14日と15日にクラブ独自の抗原定性検査を実施。どちらも陰性となっていたが、16日に検査機関にてPCR検査を受け、陽性疑いに。医療機関で陽性判定となった。 3名は15日の夜に体調不良を訴え、医療機関で抗原定性検査を実施。陽性判定を受けていた。 また、残りの1名は16日に実施したJリーグの定期検査(抗原定性検査)で陽性疑いとなり、医療機関にて再度抗原定性検査を実施。陽性判定となった。なお、倦怠感、頭痛があるという。 チーム内に濃厚接触疑い者はいないとのこと。陽性者は療養中とのことだ。 2022.08.16 19:25 Tue
twitterfacebook
thumb

7月の月間優秀監督賞に横浜FMのケヴィン・マスカット監督! 今季2度目の栄冠

Jリーグは16日、7月度の月間優秀監督賞を発表した。 J1リーグからは横浜F・マリノスのケヴィン・マスカット監督で、7月は5試合を3勝2分けの無敗。順位も首位を維持して、この8月に入っている。 今年5月に続く受賞となる49歳のオーストラリア人指揮官はJリーグ公式サイトで喜びを語った。 「まず、本受賞についてJリーグに感謝申し上げます。そして、我々のサッカーを表現するためにハードワークしている選手とスタッフにも感謝します。最後に、どんな時も変わらずサポートしてくれているマリノスファミリー全員にこの賞を捧げたいです。共に戦い続けましょう」 また、J2リーグではロアッソ熊本の大木武監督で、J3リーグからは藤枝MYFCの須藤大輔監督が選出。それぞれ受賞に際してコメントしている。 ◆大木武監督 「このたびは、2022明治安田生命J2リーグ7月の月間優秀監督賞に選んでいただき、ありがとうございます。この賞は、選手・スタッフをはじめ、クラブを支えてくださるパートナー企業の皆様、いつも応援してくださるサポーターの皆様、クラブに関わる全ての皆様がいただいた賞であり、心より感謝いたします。リーグも終盤戦となりますが、チーム一丸となり、皆様にまた見たいと思っていただけるようなプレーで、目標を達成できるよう頑張ります」 ◆須藤大輔監督 「この度の受賞に関しまして、藤枝MYFCのクラブとしてのフィロソフィーをクラブに関わる全ての人と共有し、共に歩むことができたことが良い結果に繋がり、この素晴らしい賞を受賞する運びとなったこと、支えてくださった方々に感謝申し上げます。今後も超攻撃的なエンターテイメントサッカーを表現し、観ている方に勇気や感動、そして心を震わせる至福の時間を提供できるよう日々精進して参りたいと思います。サッカーの力で多くの方を幸せにできますように」 2022.08.16 18:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly