「アッズーリに別れを告げたい」キエッリーニがイタリア代表からの引退を明言、6月のアルゼンチン戦がラストに

2022.04.26 09:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスのイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(37)が、イタリア代表からの引退を発表した。25日、ユベントスはセリエA第34節でサッスオーロと対戦。ジャコモ・ラスパドーリのゴールで先制を許すも、パウロ・ディバラのゴールで前半のうちに追いつくと、88分にはモイゼ・ケアンが値千金の逆転ゴール。1-2で勝利を収めた。

来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権確保のために4位を守ったユベントス。この試合途中出場を果たしたキエッリーニは、試合後にイタリア『DAZN』のインタビューでイタリア代表のキャリアを終えることを明かした。

「ウェンブリーで代表チームに別れを告げる。ここで、ユーロ優勝というキャリアの頂点を体験した」

「素晴らしい思い出とともに、アッズーリに別れを告げたいと思う。それは確実に、僕のイタリア代表としての最後の試合になるだろう」

イタリア代表は、カタール・ワールドカップ(W杯)の出場権を逃し、2大会連続での予選敗退と失意を味わうことに。キャプテンとして戦い、通算116試合8ゴールを記録しているキエッリーニだが、ユーロ2020の優勝を果たしたウェンブリー・スタジアムで6月に予定されているアルゼンチン代表戦が、ラストマッチになると明かした。

一方でクラブキャリアについては、イタリア『スカイ・スポーツ』のインタビューで言及し、まだ考えていないとコメント。まずはセリエAで4位を死守することと、コッパ・イタリアで優勝することを目指し、その後にゆっくりと考えたいと明かした。

「ユベントスとの恋愛は終わりではない。それは決して終わらない。愛はとても強く、僕に限らず、彼らもそうだろう。それは決して終わらないと思う」

「もちろん、今からシーズンの終わりまで、僕は全てを評価しなければいけないし、何がベストなのかを家族と話さなければいけない」

「まずは4位になること。そしてコッパ・イタリアの優勝だ。それから、僕の2つの家族。自宅と、ユベントスでみんなにとって何がベストなのかを考えよう」

「去年の夏もそうだったけど、時間をかけて、ユーロが終わるまで新契約にサインをしなかった。この歳になると、あまり先のことは考えられない。それは当然のことであり、問題はない」

「僕が幸せで、リラックスしていて、チームメイトと一緒に楽しみ続けたいと思っていることを、みんなが理解してくれることを願っている。そうすれば理解できるだろう」

キエッリーニは、リヴォルノの下部組織からファーストチームに昇格。2004年7月にフィオレンティーナへと移籍し飛躍すると、2005年7月にユベントスへと完全移籍。当初は左サイドバックなどを務めたが、のちにCBに定着。3バック、4バックともにプレーするなど高い守備戦術の理解度を持ち、ユベントスではこれまで公式戦557試合に出場し36ゴール24アシストを記録。セリエAでは通算427試合に出場し27ゴール23アシストを記録していた。

1 2

関連ニュース
thumb

CBのバックアッパーが欲しいインテル、19歳カサデイをチェルシーに売却へ

インテルのU-19イタリア代表MFチェーザレ・カサデイ(19)がチェルシー移籍に近づいているようだ。 カサデイはインテルのU-19チームで鍛錬を積むセントラルハーフ。昨季はプリマヴェーラ1で29試合13得点4アシストの成績を残し、インテルの4季ぶり優勝に大きく貢献した。 今夏のプレシーズンでも起用され、トップチーム定着を期すなか、イタリア『スカイ』によると、経営難のインテルは同選手をチェルシーに売却して補強資金を工面したい考えだという。 インテルは退団した元イタリア代表DFアンドレア・ラノッキアに代わる最終ラインの新たなバックアッパー獲得に本腰。ドルトムントのスイス代表DFマヌエル・アカンジ(27)に注目しており、獲得には移籍金1500~2000万ユーロ(約20億3000万~27億円)が必要とのことだ。 そんな事情があってか、インテルはカサデイに触手を伸ばすチェルシーに対して1500万ユーロ+500万ユーロ(約6億7000万円)を要求。チェルシーも1200万ユーロ(約16億2000万円)+アドオンを提示しており、両者は合意に接近しつつあるとみられている。 2022.08.16 15:22 Tue
twitterfacebook
thumb

執念で劇的勝利のインテル、指揮官が積極采配を振り返る 「我々には4人のストライカーがいる」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が今季のセリエA開幕戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 インテルは13日にレッチェとのアウェイゲームに臨み、1-2で勝利を収めた。試合は開始早々の2分、チェルシーから2季ぶりに復帰したベルギー代表FWロメル・ルカクが先制点をゲットし、この上ない滑り出し。だが、48分には同点とされてしまう。 インザーギ監督は新加入の元アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンやボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコなどのアタッカーを投入して勝ち越しを目指すも、なかなかネットを揺らせない。だが、途中出場のオランダ代表DFデンゼル・ダンフリースがドローも覚悟した90+5分に決勝点を挙げ、昇格組相手になんとか白星をもぎ取った。 試合後、インザーギ監督は「我々は95分に勝利を掴み、選手たちは優れたメンタリティを持っていることを証明した。良い形でゲームに入り、30分間は素晴らしいプレーをしたが、少し緊張していたね」と振り返り、選手たちを称えた。 決勝点を呼び込んだ積極采配についても言及。複数FWの同時起用に手応えを感じたようだ。 「我々には4人のストライカーがいる。試合の最後には全員がピッチにいたね。ジェコとルカクの同時起用だって可能だ。今日の試合は結果的にこのオプションが重要だった。レッチェのセンターバックに対して彼ら2人を対峙させ、その背後にラウタロ(・マルティネス)を置いた」 また、今夏に賛否があるなかで復帰し、いきなり結果を残したルカクについて問われると、「ロメルはとても元気だ。彼は懸命にプレーしており、大きな意欲を示している。本当に嬉しいことだ。多くのゴールを決めてくれると確信しているよ」と語り、今後のさらなる活躍にも太鼓判を押した。 スクデット奪還を目指して白星スタートを切ったインテル。20日の第2節ではスペツィアと対戦する。 2022.08.14 19:03 Sun
twitterfacebook
thumb

王者ミランが白星発進! 指揮官に慢心なし「セリエAで勝利を掴むのは難しい」

ミランのステファノ・ピオリ監督が今季のセリエA開幕戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ミランは13日にホームでウディネーゼと対戦し、4-2で勝利した。開始早々にいきなり先制を許すも、15分までにフランス代表DFテオ・エルナンデスとクロアチア代表FWアンテ・レビッチのゴールで逆転。だが、前半アディショナルタイムに同点とされてしまう。 不穏な空気に包まれるかと思いきや、後半開始まもなくスペイン代表FWブラヒム・ディアスがネットを揺らして勝ち越しに成功し、さらに68分にもレビッチが2点目。開幕戦から大量4得点を挙げ、セリエA連覇へ向けて好スタートを切った。 ピオリ監督は試合後のインタビューで改善点を口にし、この先も気の抜けない戦いが続くとの認識を示した。 「今日の我々は失点とボールの回し方という2つで自らの首を絞めた。もう少しうまくポゼッションできたはずだし、そうあるべきだった」 「最後まで良いテンポでプレーし、前へ出て攻撃に参加し、相手ディフェンダーと駆け引きするという姿勢を見せた。そして、4つものゴールを挙げた。だが、もっととれたと思う。我々にはまだまだ改善が必要なんだと教えてくれているね」 「多くのポジティブな要素があったが、このリーグはとても水準が高い。いくつかの小さなポイントについても解決すべきだと考えている。今日のゲームはセリエAで勝利を掴むことがいかに難しいかを示す一例となったはずだ」 昨季のスクデット獲得により、追う立場から追われる立場となったミランだが、名門を立て直した指揮官に一切の慢心はない様子。対戦相手への対抗心も忘れていない。 「今日はたくさんのファンの前で良いスタートを切りたいと願っていた。プレシーズンで練習を再開して以来、この試合で良い結果を手にすることこそが我々のモチベーションだった。昨季1度も勝てなかった彼ら(ウディネーゼ)を倒したかったのさ」 指揮官の野望通り、ウディネーゼを下したミラン。21日の第2節では開幕戦でサンプドリアとのアウェイゲームを制した難敵アタランタと対戦する。 2022.08.14 17:35 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシーDFエメルソンにアタランタも目を光らす?

チェルシーのイタリア代表DFエメルソン・パルミエリ(28)にアタランタ移籍の可能性が浮上している。 2018年1月にローマからチェルシー入りしたエメルソンだが、バックアッパーの域を抜け出せず、昨季はリヨンに1年レンタル。買い取りオプション付きのレンタルだったが、シーズン終了後にチェルシー復帰となった。 先日にはラツィオ移籍の可能性が報じられるなど、今夏の移籍が既定路線のなか、イギリス『デイリー・メール』によると、セリエA勢からはアタランタも目を光らせているという。 また、エメルソンを巡っては積極補強が印象的なノッティンガム・フォレストも関心を寄せ、すでに問い合わせを済ませている模様だ。 一方、チェルシーはブライトン&ホーヴ・アルビオンからスペイン代表DFマルク・ククレジャを獲得。トーマス・トゥヘル監督も移籍を容認する可能性が高いとみられている。 2022.08.12 18:54 Fri
twitterfacebook
thumb

35歳カンドレーバ、サレルニターナ移籍が決定的に!

サレルニターナがサンプドリアから元イタリア代表MFアントニオ・カンドレーバ(35)の獲得を決定的なものとしたようだ。 カンドレーバはユベントスやラツィオ、インテルなどを経て、2020-21シーズンからサンプドリアでプレー。35歳とベテランの域に入ったが、昨季はセリエA36試合で7得点12アシストの活躍を見せ、健在ぶりをアピールした。 今季もコッパ・イタリア1回戦のレッジーナ戦に先発していたが、イタリア『カルチョメルカート』によると、サレルニターナが2年レンタルで獲得する模様。チームがセリエA残留を決めた場合は100万ユーロ(約1億3000万円)の買い取り義務が生じ、選手年俸は150万ユーロ(約2億円)になるという。 なお、サレルニターナはメスからチュニジア代表DFディラン・ブロン(27)の加入にも近づいており、同選手とカンドレーバは揃って12日にメディカルチェックを受診するとみられている。 2022.08.12 14:55 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly