伊東純也がドイツへ? レバークーゼンが興味と報道

2022.04.23 22:43 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘンクの日本代表MF伊東純也(29)に、ドイツ行きの可能性があるようだ。

スピードを生かしたドリブルで、日本代表のカタール・ワールドカップ(W杯)出場権獲得にも大きく貢献した伊東。4シーズン目を迎えたヘンクでは、今季も公式戦44試合に出場し8ゴール18アシストを記録している。

得点力、アシストとチームの攻撃を牽引する伊東。ヘンクは来シーズンのヨーロッパの大会出場を目指したプレーオフ2に参加することとなる。

その伊東だが、イタリア『カルチョメルカート』がブンデスリーガへの移籍を報道。「レバークーゼンがヘンクの伊東純也を注視している」と伝えた。

伊東はヴァンフォーレ甲府でプロキャリアをスタート。世代別の代表歴などもなく、J2でプロになった中、2016年1月に柏レイソルへと移籍。持ち前のスピードで飛躍し日本代表としてもプレーすると、2019年1月にヘンクへとレンタル移籍。その後完全移籍となっていた。

ジュピラー・プロ・リーグでは通算99試合24ゴール35アシストと多くのゴールに絡む活躍を見せ、ヘンク通算では138試合で29ゴール45アシストを記録。チャンピオンズリーグなどヨーロッパの舞台でもプレーした実績がある。

カタールW杯でも活躍が期待される伊東だが、果たして夏に新天地に向かうのだろうか。

関連ニュース
thumb

元ドイツ代表MFカストロ、35歳で現役引退

元ドイツ代表MFゴンサロ・カストロ(35)が16日、自身のインスタグラムで現役引退を発表した。 レバークーゼンでプロデビューを飾ったカストロは、ボランチやサイドバック、2シャドーの一角など、ユーティリティ性を生かして活躍。レバークーゼンでは公式戦370試合に出場して30ゴール68アシストを記録した。 レバークーゼン退団後はドルトムント、シュツットガルトで主力として活躍。ブンデスリーガ通算では421試合に出場、38ゴール80アシストを記録した。 今年1月からビーレフェルトでプレーしていたが、契約更新はなされず無所属だった。 2022.09.16 23:15 Fri
twitterfacebook
thumb

「正しい決断が下せなかった」終盤2失点で敗れたアトレティコ、シメオネ監督は連勝のクラブ・ブルージュを警戒「とてもタフな戦いになる」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、レバークーゼン戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 13日、チャンピオンズリーグ(CL)グループB第2節でアウェイに乗り込みレバークーゼンと対戦したアトレティコ。初戦でポルトに勝利したアトレティコは、クラブ・ブルージュに敗れたレバークーゼンと対戦した。 前半からチャンスを作っていたアトレティコだったがゴールを奪えず。後半はレバークーゼンに先制されそうになるが、ポストに助けられることとなる。 選手交代で攻撃的な布陣にするも押し返されると、84分、87分と終盤にカウンターから連続失点。2-0で敗れ、連勝スタートとはならなかった。 試合後、スペイン『Movister』のフラッシュインタビューに応じたシメオネ監督は、終盤の失点での敗戦に言及。上手く立ち振る舞えなかったと振り返った。 「70分から80分の間に試合を終わらせられなかった。それまでに、試合の終わりに向けてより心の安らぎがあれば良かったと思う」 「我々は正しい決断が下せず、彼らはカウンターで我々をオープンにした。彼らは2度の良いカウンターで試合に勝利した」 後半に入り攻撃的にシフトしたアトレティコだったが、シメオネ監督はその理由についてはよりボールを保持したかったとした。 「もっとボールを繋ぎたい、よりプレーさせたいと思っていた。そのおかげで、より多くのパスを出すことができ、より良い攻撃ができた」 「我々はボールの循環が上手くいっていなかった。ロドリゴ(・デ・パウル)のおかげで、より多くのボールを手にすることができた」 これで1勝1敗。クラブ・ブルージュのみが連勝スタートとなり、続く2試合は連戦となる。シメオネ監督は、相手を警戒しつつ、グループステージはタイトだと語った。 「今、我々はこの試合を忘れなければいけない。クラブ・ブルージュが勝利したので、とても拮抗することとなった」 「2試合続けての対戦となるが、とてもタフな戦いになるだろう。チャンピオンズリーグはいつもそうだが、グループステージはタイトだ」 2022.09.14 12:37 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコ敗戦で連勝ならず、ブルージュが連勝スタート《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループB第2節が13日に行われ、アトレティコ・マドリーはレバークーゼンとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。 初戦のポルト戦を後半追加タイムの2発で競り勝ったアトレティコは3日前のセルタ戦を4-1と快勝した中、カラスコやデ・パウルをベンチスタートとした。 モラタとフェリックスの2トップで臨んだアトレティコがカウンターを狙う中、22分にPK獲得のチャンス。クロスボールの処理にかかったタプソバのハンドを主張したが、VARの末にノーファウルとなった。 前半半ば以降はポゼッションする時間を増やすもシュートに繋げることはできず前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半、開始3分にピンチ。シックのシュートがバーに直撃し、ルーズボールに詰めたフロジェクのヘディングシュートがポストに直撃した。 流れを掴み切れないアトレティコは62分に3枚替え。グリーズマンやカラスコを投入し、攻撃的な布陣に変更した。しかし劣勢が続き、73分にはクーニャとアンヘル・コレアを投入。 だが84に分失点する。フリンポンがボックス右に抜け出したプレーを起点にアンドリッヒにシュートを決められた。 さらに3分後、またもフリンポンにボックス右のスペースを突かれた流れからディアビにシュートを決められた。 このまま0-2でアトレティコは敗戦。連勝スタートとはならなかった。 グループBもう一試合のポルトvsクラブ・ブルージュは0-3でブルージュが快勝。カウンターがハマり3ゴールを重ねたブルージュが2連勝スタートとしている。 2022.09.14 06:09 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコがレバークーゼン戦に向けた遠征メンバー発表!《CL》

アトレティコ・マドリーは12日、翌日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)第2節のレバークーゼン戦に向けた遠征メンバーを発表した。 CL初戦のポルト戦をグリーズマンの劇的弾で制したアトレティコ。アウェイでの第2節に向けてディエゴ・シメオネ監督は、FWジョアン・フェリックスやFWアルバロ・モラタ、FWアントワーヌ・グリーズマン、MFマルコス・ジョレンテ、GKヤン・オブラクら主力を招集。 その一方で、直近のセルタ戦で負傷したMFトマ・レマルや、セルタ戦を欠場したDFセ・マリア・ヒメネス、DFステファン・サビッチ、DFセルジオ・レギロンらがメンバーを外れた。今回発表されたメンバーは以下の通り。 ◆アトレティコ・マドリー招集メンバー GK イヴォ・グルビッチ ヤン・オブラク クリスティアン・ゴメス DF ナウエル・モリーナ フェリペ マリオ・エルモソ ヘイニウド・マンダヴァ セルヒオ・ディエス マルコ・モレノ MF ジェフリー・コンドグビア ロドリゴ・デ・パウル コケ マルコス・ジョレンテ サウール・ニゲス アクセル・ヴィツェル ヤニク・フェレイラ・カラスコ アルベルト・モレノ FW ジョアン・フェリックス アントワーヌ・グリーズマン マテウス・クーニャ アンヘル・コレア アルバロ・モラタ 2022.09.13 07:01 Tue
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンのアルゼンチン代表MFパラシオスが太ももの筋損傷…不調のクラブに打撃

レバークーゼンは11日、アルゼンチン代表MFエセキエル・パラシオスの負傷を発表した。 10日に行われたブンデスリーガ第6節のヘルタ・ベルリン戦に先発したパラシオスだったが、42分にチャルレス・アランギスと交代していた。 クラブの発表によると、パラシオスは左太ももの筋肉を負傷。数週間は欠場するとしている。 パラシオスは、60試合に出場し4ゴール3アシスト。今シーズンはブンデスリーガで6試合で1ゴール、チャンピオンズリーグ、DFBポカールで1試合ずつに出場していた。 なお、今月行われるアルゼンチン代表の活動に関しても不参加となるという。 2022.09.12 16:47 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly