観客の戻りが弱いJリーグ、「心理的なハードルはある」と野々村チェアマンも理解「いくつかの方向から、いくつかの施策を同時に」

2022.04.19 17:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
19日、Jリーグは社員総会と実行委員会を実施。その後にメディアブリーフィングが行われた。

新型コロナウイルス(COVID-19)のガイドラインの改訂などの報告事項があった中、野々村芳和チェアマンが序盤戦のJリーグについて印象を言及した。

「相変わらずコロナの影響でゲームに参加できない選手、監督が参加できないことはありますが、全体的にはコロナに上手く対応しながら良いゲームができているのかなと思います」
「特に序盤戦、カテゴリに関わらず、若い選手が可能性を感じるプレーをしているのが印象的です。若い選手が活躍できると、リーグ全体もワンランク上に行けるのかなと、期待の持てる内容できていると思います」

また、先週からスタートしたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)についても言及。「ACLでは川崎フロンターレ、横浜F・マリノス、浦和レッズ、そして今日からヴィッセル神戸が試合をすることになりますが、日本勢としては成績含めて良い滑り出しかなと思います。ただ、ピッチの環境、アウェイの環境、コロナなど色々なことを考えながらも良いプレーをしてくれていると感じています」と、ここまでのJリーグ勢の戦いぶりを語った。

そんな中、Jリーグではゴールデンウィーク(GW)に向けてプロモーション活動をスタート。4月29日に国立競技場で行われる明治安田生命J1リーグ第10節のFC東京vsガンバ大阪の一戦に関して、ペアチケットを5000組10000名にプレゼントするというキャンペーンを行った。(すでに応募期間は終了)

これにはテレビCMも久々にJリーグとして実施したと明かした野々村チェアマン。「Jリーグとして十数年ぶりにテレビのCMを打ちました。GWのプロモーションでJリーグに遊びに行こうというもので、申し込みの数に関して12倍程度の応募があり、そのうち3割が新たなお客様となっています」と反応が良かったことを明かし、「これは1つヒントになる施策だったかなと思います」と、今後の集客に向けての1つのアイデアとして良かったと手応えを語った。

一方で、現在は緊急事態宣言もまん延防止等重点措置も出ておらず、観客動員の制限がない中で、満員になることは少ない状況となっている。

この点について野々村チェアマンは「心理的なハードルはあるなということは想定していましたが、数字としても出ています」と、観客がスタジアム観戦に二の足を踏んでいることを認識しているとした。

ただ「心理的なハードルをどう一歩進んでもらうか。その施策で、テレビCMやキャンペーンは効果があると分かったので続けていきたい」とこのキャンペーンの反応を見て、継続していきたいとコメント。それでも、サッカーに観客が集まらない理由について、見解を述べた。

「サッカーを見る、近くに行ってくれるサポーターは、スタジアムでサポートしてくれている、その空気感を見ることを楽しみにしていた人たちが心理的なハードルを越えられないと思います」

「応援スタイルを少し緩和することで心理的ハードルを越えるかもしれないですし、このエリアは感染対策が万全であることを示すことでハードルを越えるかもしれないです。いくつかの方向から、いくつかの施策を同時にやることが大事になるかなと思います」

まだまだ、コロナが収束したわけではなく、不安を抱えて生活している方も多い状況で、緩和と制限、それぞれのバランスを取らなくてはいけない状況となっている。

一方で、プロ野球は4万人以上が集まるなどしている現状については「もちろん歴史、実力的にというところもあるのかもしれないなと認識しています。サッカーにおいて何を楽しみにスタジアムをくるかということは、それぞれのスポーツで違うと思います」と、競技が持つパワーと歴史が違うともコメント。ただ、それ以外にも要因はあるとし、「空気を共にして45分、45分を過ごすことが楽しいと思うことが観戦スタイルだと認識しています」と、サッカーの状況を語り、「もっと実力をつけなければいけないと思いますが、本物のサッカー、以前と同じ作品にはまだなっていない状況が影響していると、1つの見方として思っています」と、声出し応援、チャントなどがないことで、サッカーの醍醐味を味わうことができなくなっていることも要因だろうとした。

関連ニュース
thumb

FC東京がエンリケ・トレヴィザンと来季契約合意 移籍1年目の今季はケガに泣く

FC東京は3日、DFエンリケ・トレヴィザン(25)と2023シーズンの契約に合意した旨を発表した。 エンリケ・トレヴィザンは2021年の大分トリニータ入りでJリーグ初挑戦。今季からFC東京に活躍の場を移したが、4月末の試合で左肩関節脱臼のケガを負い、公式戦9試合にとどまった。 今年7月に治療による一時帰国がリリースされ、結局はシーズンの大半を棒に振ったが、来季もFC東京でプレーする運びに。契約更新を受け、クラブ公式サイトで決意を新たにしている。 「2023シーズンもFC東京でプレーできることをとても嬉しく思います。ケガにより2022シーズンは難しいシーズンとなりましたが、この困難な状況を支えてくださったクラブ、スタッフ、ファン・サポーターのみなさんには感謝しきれません。みなさんにもっと信頼をしていただけるように努力を積み重ね、チームの勝利に貢献できるように精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします」 2022.12.03 13:15 Sat
twitterfacebook
thumb

福岡GK山ノ井拓己が契約更新

アビスパ福岡は3日、GK山ノ井拓己(24)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 ジェフユナイテッド千葉U-15出身の山ノ井は静岡学園高校を挟み、2017年から福岡でプレーしている。 入団6年目の今季も出番が限られ、ルヴァンカップの3試合にとどまったが、1年間の出場数としてはキャリア最多だった。 2022.12.03 12:45 Sat
twitterfacebook
thumb

2年修行が続いた松本大弥、来季から広島復帰! 金沢での今季はJ2リーグ8得点

サンフレッチェ広島は3日、MF松本大弥(22)の来季復帰決定を発表した。 広島アカデミー卒の松本は2種登録を経験して、2019年に正式昇格。2021年から武者修行に出て、大宮アルディージャに続き、今季からツエーゲン金沢でプレーした。 その金沢ではケガによる戦線離脱もあったが、公式戦35試合に出場。明治安田生命J2リーグでは34試合出場でチーム2位の8ゴールと活躍した。 3年ぶりの広島復帰となる松本はクラブを通じてサンフレッチェ・ファミリーの皆さん、ただいま!」と復帰を報告。そして、喜びと決意を語った。 「2年間の期限付き移籍を経て、もう一度広島に帰ってくることができました。また素晴らしいチームの一員として戦えることを嬉しく思います。決して順風満帆な2年間ではありませんでしたが、この2年間でさまざまな経験もできました」 「この経験を生かしつつ、サンフレッチェ広島に新たな風を吹かせられるように全力で頑張りたいと思います。ファミリーの皆さんにエディオンスタジアム広島で会えることを楽しみにしています!」 一方、金沢の公式サイトを通じては「この度サンフレッチェ広島に復帰することになりました」と退団の挨拶とともに、感謝の言葉を綴っている。 「1年間という短い間でしたが本当に金沢が大好きになりました。もっともっとこの街に住みたい、金沢に貢献したいという思いが強くなりました。 しかし今回このような決断をしたのは今後の自分のサッカー人生を考え、また新しい場所でチャレンジしたい、厳しい環境でチャレンジしたいという思いが強かったからです」 「来シーズン金沢でプレーすることはできませんが、金沢のサポーターの皆さんに自分が活躍する姿を見せることが最大の恩返しだと思ってます! 引き続き応援してもらえると幸いです! 本当に1年間温かい応援ありがとうございました! 今後のツエーゲン金沢の躍進を願っています。ゲンゾーまたね!!」 2022.12.03 11:15 Sat
twitterfacebook
thumb

京都10番、アカデミー卒の福岡慎平が契約更新! 「2023シーズンもタフに自分らしく貪欲に」

京都サンガF.C.は3日、MF福岡慎平(22)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 京都のアカデミー卒である福岡は2種登録も経験して、2019年に正式昇格。アンダー世代の日本代表歴も持つヤングタレントで、2年目から一気にポジションを掴み、チームがJ1昇格を果たした今季から背番号を10番に変更した。 自身にとっては初挑戦のJ1リーグだったが、インサイドハーフやアンカーで28試合に出場。そのほか、ルヴァンカップ7試合出場1得点、天皇杯4試合出場、J1参入プレーオフ1試合出場の数字をマークした。 契約更新を受けて、クラブ公式サイトで「今シーズンも熱い声援ありがとうございました!」と今季を通じてのサポートに感謝しつつ、来季に向けて決意を新たにしている。 「来季もこの素晴らしいクラブでプレーできることを誇りに思います。2023シーズンもタフに自分らしく貪欲にプレーして、このクラブにタイトルをもたらせるよう日々成長していきます!」 2022.12.03 10:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ルヴァン杯王者の広島、野上結貴が名古屋に完全移籍 「また新しい場所で期待と覚悟を持ってチャレンジ」

名古屋グランパスは2日、サンフレッチェ広島からDF野上結貴(31)の完全移籍加入を発表した。 野上は桐蔭横浜大学から横浜FCで入団後、4年半が経った2016年夏にサンフレッチェ広島に完全移籍。移籍2年目から毎シーズンの明治安田生命J1リーグで20試合以上の出場数を記録と主力センターバックに定着した。 今季はミヒャエル・スキッベ新監督の下、センターバックだけでなく、ウイングバックやボランチもこなしてみせ、チームのルヴァンカップ優勝などの躍進に貢献。J1リーグでは25試合に出場して1ゴールだった。 名古屋の公式ウェブサイトを通じて「サンフレッチェ広島から移籍してきました。野上結貴です」と挨拶とともに意気込みを語っている。 「早くチームに馴れ、名古屋グランパスに貢献したいですし、ファミリーの皆さんに"加入してくれて良かった"と思ってもらえるよう、日々のトレーニングから頑張ります。よろしくお願いします」 一方、広島の公式サイトでは「このたび、名古屋グランパスに移籍することを決断しました。皆さんの前で報告できず、申し訳ないです」と語り、思い出にふけながら、感謝の言葉を綴った。 「広島にきて6年半のことを振り返ると色々なことを思い出します。優勝カップを手にしたく、この広島を選び、期待と覚悟を持って来ました。見知らぬ土地、知り合いもいない最初の年に一気に白髪だらけになったこと」 「森﨑兄弟からのメッセージの入った手紙付きのパスに驚かされたこと。 残留争い、優勝争い。そして今年、ルヴァンカップを獲った10月22日(土)のことは一生忘れることはないです」 「書きたいこと、伝えたいことがあり過ぎて…。時間が経つにつれ、人見知りの僕が広島のチームの雰囲気の良さ、広島の人の優しさ、温かさに触れ、馴染むことができ、家族みんなが大好きな場所となりました」 「このチームはここ数年の苦しい時期を乗り越え、これから新スタジアムに向けて最高の監督、スタッフ、メディカル、尊敬するベテラン、期待の若手、そして素晴らしいファミリー達と共に飛躍していくと思います。そんなサンフレッチェを応援しています。不安は僕がいない柴﨑軍団くらいですね(笑)」 「僕はまた新しい場所で期待と覚悟を持ってチャレンジする決断をしました。変わらず応援していただけると嬉しいです。長くなりましたが、本当にありがとうございました。ガミ」 2022.12.02 15:15 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly