ナポリで8年目のクリバリ、クラブ愛語る 「人々の心の中に永遠に残る存在に」

2022.04.02 18:47 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セネガル代表DFカリドゥ・クリバリがナポリ愛を語った。イタリア『スカイ』が伝えている。

2014年夏にヘンクから加入して以降、ナポリの守備の要を担ってきたクリバリ。その卓越したパフォーマンスから国内外への移籍の噂は絶えないものの、クラブに残留し続け、これまで公式戦310試合の出場を誇っている。

2014年のスーペルコッパ・イタリアーナや19-20シーズンのコッパ・イタリアといったタイトル獲得にも大きく貢献したセネガル代表DFは今季で在籍8シーズン目。イタリアのラジオ局『Radio Kiss Kiss』の番組に出演した際に、長年過ごしたクラブと街への愛着を示した。

「僕がナポリの名誉市民だって? 僕はナポリの街、人々、環境、そしてクラブのファンを愛し、ナポリの人々と多くの喜びを分かち合いたいと思っている。名誉市民というのは嬉しい認識だよ」

「僕はナポリの人々の心の中に永遠に残る存在になりたいと思っている。夢にも現れたいね」

また、3日に行われるセリエA第31節のアタランタ戦から始まるシーズン終盤戦に向けては気を引き締めた。

「アタランタ戦は非常に難しい試合になるだろうし、僕らはいつも彼らに苦しめられてきたね」

「僕らはとても硬いピッチでプレーしなければならず、非常に激しい試合を強いられる。失点しないことが非常に重要になるだろうね」

「残り8試合だ。これを多く感じようが、少なかろうが、とても重要な試合になるから1試合1試合を戦っていかなければならないね。アタランタは素晴らしいチームだけど、僕らは課題に向き合っているし、自分たちが素晴らしいチームであることを示さなければならないんだ」

関連ニュース
thumb

ナポリ、ロサーノを来夏売却か? バイエルンやユナイテッドが関心

ナポリのメキシコ代表FWイルビング・ロサーノ(27)に、多くのクラブが関心を寄せているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 PSV時代に名声を高め、2019年夏に推定4500万ユーロの移籍金でナポリに加入したロサーノ。当時も多くのビッグクラブが獲得に動いた右ウインガーは、初年度から主力の一人としてプレーし、2年目には公式戦43試合15ゴール5アシストの成績を残した。 昨季もルチアーノ・スパレッティ監督のもとで概ね主軸としてチームに貢献したが、今季にかけてもやや存在感が薄まってきていることも事実。今季はまだ1アシストのみで、ついに直近のミラン戦では起用されなかった。 契約が残り2年ということもあり、来夏の退団が予想されているロサーノ。『マルカ』によれば、バイエルンやライプツィヒ、マンチェスター・ユナイテッドなど国外のビッグクラブから関心を持たれているという。 また、伝えられるところでは、ナポリは27歳の売却額を3000万ユーロと評価。メキシコ代表での活躍も加味すればリーズナブルな設定金額と考えられるが、果たしてその去就は…。 2022.09.27 15:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ポリターノが右足首靭帯を損傷…全治3週間

ナポリは22日、イタリア代表FWマッテオ・ポリターノの負傷を報告した。 ここまで主力として公式戦全9試合に出場していたポリターノ。18日に行われた直近のミラン戦では先制ゴールを挙げて勝利に貢献していたが、この試合で右足首を捻挫してしまっていた。 UEFAネーションズリーグに臨むイタリア代表も辞退していたが、ナポリで行った検査の結果、靭帯を損傷していたようで、復帰には3週間かかると見込まれている。 2022.09.22 20:35 Thu
twitterfacebook
thumb

首位ナポリの堅守支えるGKメレト、2027年まで契約延長へ! 今夏退団が噂されるも信頼掴む

イタリア代表GKアレックス・メレト(25)がナポリとの契約延長に近づいているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 2019年夏の加入以来、常にコロンビア代表GKダビド・オスピナと定位置を分け合ってきたメレト。昨季は大半の試合でオスピナにポジションを譲るも、そのオスピナがシーズン終了後に退団し、今季はメレトが不動の正GKとしてセリエA首位に立つナポリを支えている。 それでも立場が約束されていたわけではなく、クラブは今夏、パリ・サンジェルマン(PSG)からコスタリカ代表GKケイロル・ナバスの獲得を画策。獲得交渉が不調に終わっていなければ、メレトの退団は確実だったとも報じられていた。 だが、迎えた今季はハイパフォーマンスを披露し、首脳陣からの信頼も確実なものに。ナポリとの現行契約は2023年6月までとなっているが、2027年までの延長を提示されており、あとはメレト本人の同意を残すのみとなっているようだ。 2022.09.22 16:23 Thu
twitterfacebook
thumb

39歳パンデフが引退宣言…「これからは家族のために自分を捧げたい」

元北マケドニア代表FWゴラン・パンデフ(39)が、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで引退する意向を明らかにした。 2002年のインテルでのプロデビューから、ラツィオやナポリで活躍してきたパンデフ。2014年夏からガラタサライでプレーした1年間を除けば、その後もジェノアやパルマなど、キャリアのほとんどをイタリアで過ごした。 セリエAでは通算493試合101ゴール58アシストを記録。2009-10シーズンにはインテルでスクデットを掲げており、冬の移籍市場で途中加入した同シーズンは、後半戦だけで公式戦29試合に出場し、伝説の三冠達成に大きく貢献した。 ラツィオやナポリ、ジェノアでも概ね主力として活躍し、在籍した全クラブを通じた成績では644試合139ゴール75アシストを誇る。また、5度のコッパ・イタリア制覇や2011年のクラブ・ワールドカップ優勝など、獲得した主要タイトルは12個を数えた。 北マケドニア代表でも輝かしい成果を残したパンデフ。2001年6月のトルコ戦で17歳でデビューして以降、歴代トップの122試合に出場。記録した39ゴールも無論歴代最多だ。母国では年間最優秀選手に5回選出されている。 直近では今冬にジェノアからパルマに移籍し、初めてセリエBを経験。11試合で1ゴール1アシストを記録し、夏の退団以降はフリーの状態が続いていた。 そして、この度応じた取材でスパイクを脱ぐ意向を明らかにした。 「20年か…。長男はもう13歳になるけど、シーズンとシーズンの間の休暇しか会うことができなかった。今は家族のために自分を捧げたい」 「でも何をすればいいかわからなかったから、いずれまたサッカーに関わっていくことになると思う」 「この夏はサッカーについて何一つ考えなかった。リラックスして、食事をして、少しだけ体を動かして。もうトレーニングを始めるつもりは全くないんだ」 2022.09.22 13:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドが今冬にオシムヘン獲得を再検討か?

マンチェスター・ユナイテッドが、今冬の移籍市場でナポリのナイジェリア代表FWビクター・オシムヘン(23)の獲得を検討しているようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。 2020年9月にナポリへと加入したオシムヘン。セリエA初挑戦の初年度こそフィットに時間を要したが、ここまで公式戦68試合30ゴール10アシストと見事な数字を残している。 ナポリとの契約を2025年6月まで残すオシムヘンには、アーセナル、バイエルンを中心に多くのビッグクラブが関心を示しているが、今夏のタイミングでの移籍は実現しなかった。 そういった中、今夏にも獲得に関心を示したユナイテッドは、今冬の移籍市場で同選手の獲得を再検討している模様だ。 現在、復調を見せるエリク・テン・ハグ監督のチームだが、FWクリスティアーノ・ロナウドの去就が不透明な状況が続き、FWアントニー・マルシャルも離脱が続いており、センターフォワードのポジションは優先順位が高い補強ポイントだ。 今夏に大型補強を敢行した中、8000万ユーロ(約114億円)以上が必要と言われる若手ストライカーの獲得はクラブにとってリスクが高いチャレンジとなるが、チームの今後の戦績次第ではオファーを掲示する可能性はあるはずだ。 2022.09.22 06:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly