オーストリア代表、シャーブがコロナ陽性…他の選手&スタッフは全員陰性

2022.03.28 07:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オーストリアサッカー協会(OFB)は27日、同代表に招集中のMFルイス・シャーブ(ケルン)が新型コロナウイルス感染を報告した。

OFBによれば、シャーブの症状は軽いもので、現在は隔離されているとのこと。予防規定に基づいて、オーストリア代表は代表チーム全員が検査を受けたが、全員の陰性が確認されたとのことだ。

24日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ準決勝でウェールズ代表に1-2で敗れたオーストリアは、29日にホームでスコットランド代表との国際親善試合を行う。

関連ニュース
thumb

「ベスト4に入ったことはとても嬉しい」先制ゴールのモドリッチがオーストリア戦勝利を喜ぶ

クロアチア代表のMFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)が、オーストリア代表戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 25日、UEFAネーションズリーグ(UNL)リーグAグループ1最終節でオーストリアとアウェイで対戦したクロアチア。勝てば首位の座を守り、ベスト4に残れる一戦となった。 試合は開始6分にモドリッチがネットを揺らしてクロアチアが先制。しかし、9分に反撃され1-1となる。 勝たなければデンマークに抜かれる可能性があるクロアチアは後半にギアを上げると、69分に マルコ・リバヤ、72分にデヤン・ロブレンがネットを揺らして1-3で勝利。首位を守り、初のUNLベスト4入りを果たした。 モドリッチは試合後にコメント。苦しみながらもベスト4入りを果たしたことを喜んだ。 「タフなゲームだった。オーストリアは、僕たちをとても厳しく追い込んできたけど、最終的には勝利に値するものだった」 「ベスト4に入ったことはとても嬉しいよ」 2022.09.26 11:25 Mon
twitterfacebook
thumb

オーストリアに競り勝ったクロアチアが初のベスト4進出《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ1最終節、オーストリア代表vsクロアチア代表が25日に行われ、1-3でクロアチアが勝利した。 3位フランスと1ポイント差の最下位オーストリア(勝ち点4)は、アラバやザビッツァー、アルナウトビッチらが先発となった。 一方、2位デンマークと1ポイント差の首位クロアチア(勝ち点10)は、モドリッチやブロゾビッチ、ペリシッチらが先発となり、[4-3-3]で臨んだ。 互角の攻防で立ち上がった中、6分にクロアチアが先制する。ヴラシッチのパスを受けたモドリッチがボックス右からニアサイドへシュートを蹴り込んだ。 しかし2分後、オーストリアがすかさず追いつく。左サイドからのザビッツァーのクロスをバウムガルトナーがヘッド。これが決まった。 その後、ブロゾビッチが負傷してピッチを後にしたクロアチアは、オーストリアに押し込まれる状況が続くと、44分にピンチ。 シュラーガーのラストパスを受けたアルナウトビッチにボックス右から決定的なシュートを許すも、GKリヴァコビッチがファインセーブで阻止し、前半は1-1で終了した。 迎えた後半も互角の攻防で立ち上がった中、65分にオーストリアがグレゴリッチュのヘディングシュートでオンターゲットを記録。 しかし69分、クロアチアが勝ち越しに成功する。ボックス左からペリシッチがクロスを入れると、ファーサイドのリバヤがヘッドで押し込んだ。 そしてクロアチアが一気に突き放す。72分、ショートコーナーの流れからソサのクロスをロブレンがダイビングヘッドで押し込んだ。 終盤にかけてはクロアチアが試合をコントロール。3-1のまま勝利し、3大会目にして初のベスト4進出を果たした。 2022.09.26 05:42 Mon
twitterfacebook
thumb

最年長ゴールのジルーをデシャンも喝采 「彼はW杯に出ようと全力」

フランス代表のディディエ・デシャン監督がコメントした。フランス『レキップ』が報じている。 22日にホームでUFFAネーションズリーグ(UNL)のグループA・グループ1第5節のオーストリア代表戦に臨んだフランス。FWキリアン・ムバッペとFWオリヴィエ・ジルーのゴールで2-0と勝利した。 ここまで2分け2敗で最下位に沈み、すでにグループリーグ敗退。グループAからの降格回避とともに、今年11月のカタール・ワールドカップ(W杯)に向けたチーム作りを進めるなかでの勝利だった。 今活動ではケガ人が相次ぎ、代役を立ててもその代役が必要になるなどしたが、しっかりと勝利したデシャン監督。試合後、4試合を戦って未勝利に終わった6月を引き合いに出し、結果を喜んだ。 「勝利に勝るものはない。6月は勝てなかったしね。複雑な時期だったが、今夜の選手たちは報われた。彼らもそれぞれがライバルで、フランスチームにも義務と責務がある。カレンダーにある最後のホーム戦が素晴らしい雰囲気だったのは幸運だった。6月はうまくいかなかったし、非常に良い夜になったよ」 また、フランス代表最年長得点となる35歳357日でのゴールを記録したジルーについては「観衆の彼に対する拍手の意図を解釈するのは私の仕事ではない」としつつ、称賛している。 「オリヴィエはあれをされるにふさわしく、私も嬉しく思う。彼はクラブレベルで難しい時期もあったが、我々とは良い関係であり続けた。私が彼を呼ぶなら、彼にゴールを決めてもらうため。そして、コンビネーションも豊富だ」 「W杯にジルーを? 彼はこれからも良いプレーをし続けないとね。でも、私の発言をうのみにしないでほしい。彼はメンバーに入ろうと全力を尽くしている。あらゆるポジションで競争があって、26人を連れていけるが、考える時間もある」 2022.09.23 08:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ムバッペ&ジルー弾のフランスがオーストリアに完勝! 5戦目の初勝利で3位浮上《UNL》

UFFAネーションズリーグ(UNL)のグループA・グループ1第5節、フランス代表vsオーストリア代表が22日に行われ、ホームのフランスが2-0で勝利した。 ここまで2分け2敗で唯一勝利がない最下位のフランスは、すでにグループリーグ敗退が決定。残り2試合ではグループAからの降格回避と共に、11月に控えるカタール・ワールドカップ(W杯)に向けたチーム作りにフォーカスを当てる。 多くの離脱者が出た中でデシャン監督は、バディアシル、フォファナのモナコの2選手をデビューさせ、前線はグリーズマンとムバッペに加え、ベンゼマの代役としてジルーを起用した。 一方のオーストリアは1勝1分け2敗の3位で、わずかながら準決勝進出の可能性を残す状況。ラングニック監督は敵地での強豪撃破に向け、アラバやザビッツァー、アルナウトビッチらを起用した。 試合はホームのフランスがボールを握って押し込む時間帯が続く。開始2分にはフォファナのミドルシュートのこぼれ球に反応したムバッペがボックス左からコントロールシュート。これがファーポストに突き刺さるが、オフサイドでゴールは認められず。 さらに、前線で自由に動き回るグリーズマンを起点に連動した攻撃を続けると、11分にはチュアメニのミドルシュート。そのプレーで得た左CKの混戦からクラウスに決定機も、ここは相手DFのブロックに遭う。 徐々にオーストリアが押し返し始めた中、フランスにアクシデント発生。足を痛めたクンデがピッチに座り込んでしまい、23分にサリバのスクランブル投入を余儀なくされた。 その後、ザビッツァーの強引な仕掛けからオーストリアがようやくファーストシュートを放つが、ホームチームペースは変わらず。26分にはジルーとの細かいパス交換でボックス内に侵入したムバッペに決定機も、ここはシュートを強く打ち切れない。 さらに、35分にはセットプレーからチュアメニの豪快なオーバーヘッド、前半終了間際にはムバッペの見事な個人技でGKとDFを交わしてボックス中央のフォファナにマイナスのパスを送ったが、これはタイミングが合わず、枠に飛ばせない。 試合を完璧に支配しながらもゴールだけが遠かったフランスは、ハーフタイム明けにGKをメニャンからアレオラに変更した以外、同じメンバーでスタート。後半もボールを握って相手を押し込む。 すると、56分にはエースの圧巻の個人技から待望の先制点を奪い切る。ハーフウェイライン付近でザビッツァーのミスパスを奪ったジルーが左サイドのムバッペにすかさず繋ぐ。ここから一気にスピードアップしてDFラインハルト、DFトリメルを斜めのドリブルで抜き去った背番号10はボックス右まで持ち込んで強烈な右足のシュートを突き刺した。 これでようやく重圧から解き放たれたフランスは、畳みかける攻めを見せる。そして、65分にはハーフウェイライン付近からサリバ、フォファナ、グリーズマンと右サイドで良い形でパスが繋がり、深い位置まで持ち込んだグリーズマンが浮き球のクロスを入れると、ゴール前にタイミング良く走り込んだジルーが完璧なヘディングシュートをゴール左隅に流し込んだ。 アタッキングユニットが揃って結果を残して2点のリードを手にしたフランス。以降は積極的なメンバー交代で前がかるオーストリアをいなしながら冷静にゲームをコントロールしていく。79分には殊勲のジルーとグリーズマンを下げて、エンクンク、デンベレをピッチに送り込む。 その後はカウンターから幾度かチャンスを作ったものの、ムバッペが自身2度目の決定機を決め切るまでには至らず。それでも、相手の枠内シュートを0で抑え込む、2-0の完勝となった。 5戦目にしてようやく初勝利を手にしたフランスは、オーストリアを抜いてグループ3位に浮上。25日の最終節では敵地で2位のデンマークと対戦し、グループA死守を目指すことになる。 2022.09.23 05:39 Fri
twitterfacebook
thumb

LASK中村敬斗が1G1Aの大活躍で開幕戦勝利に貢献《オーストリア・ブンデスリーガ》

LASKリンツのFW中村敬斗が開幕戦で結果を残した。 23日、オーストリア・ブンデスリーガの開幕戦をホームのライファイゼン・アレーナで迎えたLASKは、オーストリア・クラーゲンフルトと対戦し、3-1で勝利した。 [4-2-3-1]の左サイドハーフで先発出場を果たした中村は、1得点1アシストの活躍を見せた。 チーム全体で前線からプレッシャーを掛けて高い位置で奪い切り、ショートカウンターからゴール前まで運んだFWマリン・リュビチッチがスライディングに来た相手をかわしてシュート。ダフリ気味となって左に流れたボールを中村は右足でプッシュし、オープニングゴールを挙げた。 29分にもハイプレスから中村がチェックを掛け、ボックス手前左でマイボールにしたLASKは、素早く逆サイドまで展開して右のポケットを取ると、オーバラップをかけたDFフィリップ・ストイコビッチがクロス。ブロックされてこぼれたボールを拾ったMFトーマス・ゴイギンガーが左隅に流し込んだ。 日本人アタッカーは32分にもカットインから右足のフィニッシュを見せれば、40分にもCKの波状攻撃から左ポストわずか外の惜しいシュートを放つなど積極性を見せる。後半に入っても推進力は衰えず、49分にはスペースの生じた左サイドへ抜け出し、ハイサイドから左足の高速クロスでリュビチッチのゴールをお膳立てした。 大量リードを奪ったホームチームは81分にMFペーター・ミホリが退場するアクシデントもありながら、相手の反撃を最終盤の1点にとどめて開幕戦で勝利。中村は84分までプレーをしている。 LASKリンツ 3-1 オーストリア・クラーゲンフルト 【LASK】 中村敬斗(前14) トーマス・ゴイギンガー(前29) マリン・リュビチッチ(後4) 【クラーゲンフルト】 マルクス・ピンク(後44) <span class="paragraph-title">【動画】中村敬斗が見事なアシストを記録</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CgY_6hqs9MW/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CgY_6hqs9MW/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CgY_6hqs9MW/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">中村敬斗(@nakamura.keito)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.25 18:10 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly