「イケメン過ぎる」「ニューヨークが似合う」横浜を飛び出しニューヨークへと移籍したチアゴ・マルチンスのオフショットが反響

2022.03.22 22:04 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
メジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューヨーク・シティFCに所属するDFチアゴ・マルチンスの一枚の写真が話題となっている。昨シーズンまで横浜F・マリノスに所属し、ディフェンスリーダーとしてチームを支えていたチアゴ・マルチンス。広大な守備範囲とスプリント能力、カバーリング能力を武器に、横浜FMのハイラインのサッカーを支え、2019シーズンはJ1優勝に貢献していた。

今シーズンも横浜FMでプレーするとみられていた中、キャンプ中に突如退団。活躍の場をアメリカへと移した。
ニューヨーク・シティFCでは、CONCACAFチャンピオンズリーグで3試合、MLSで3試合に出場しているチアゴ・マルチンスだが、インターナショナル・ブレイクを利用してニューヨークの街に繰り出したようだ。

私服姿でサングラスをかけたチアゴ・マルチンス。フランスのブランド「バルマン」のブルゾンを含め黒で統一されたスタイルはかっこ良さ満点だ。

タイムズ・スクウェアでの一枚にファンも反応。「ニューヨークが にあうね!」、「チアゴ かっこいい」、「めっちゃかっけぇ」、「イケメン過ぎる」と横浜FMのファンが多く反応。スタイルの良さもあいまったイケメンな姿に反応していた。

1 2

関連ニュース
thumb

「浦和は死んでない」浦和のメディカルチェック合格もアトランタは最大6.9億円のオファーで諦めず…浦和ファン「いい加減諦めろ」「一筋縄ではいかないな」

去就が二転三転しているセルティックのギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキス(28)だが、行き先はアメリカになりそうだ。 2021年夏にVVVフェンロからセルティックへと加入したギアクマキス。2021-22シーズンは公式戦29試合で17ゴールを記録し、FW古橋亨梧と共にチームを牽引した。 今シーズンは控えに回る機会も多い中、公式戦28試合で9ゴール1アシストを記録。その中で、今冬の移籍が浮上。多くのクラブが関心を寄せる中、ここ最近ではアトランタ・ユナイテッドと浦和レッズ、ベルギーのアンデルレヒトの3クラブが有力な新天地候補に挙がっている。 スコットランド『スカイ・スポーツ』のジャーナリストであるアンソニー・ジョセフさんは、ギアクマキスの情報をアップデート。浦和のメディカルチェックを受けるギアクマキスの空港での写真を投稿していた。 ジョセフさんによれば、浦和のメディカルチェックをオランダで受け合格していたとされたが、レンタル移籍でのオファーを断られたアトランタがセルティックに再オファー。最大430万ポンド(約6億9000万円)と見られるオファーを出しており、交渉は続いているという。 一方で、浦和はメディカルチェックまで済ませている状況。横槍が入っても何度も獲得を諦めておらず、アトランタの再オファーに対しても再びオファーを出す可能性もある。 二転三転する状況には浦和ファンも「アトランタいい加減諦めろ」というコメントの他、「どうなっても、ここまで粘るフロントは変わった気がする」、「浦和は死んでない」、「一筋縄ではいかないな」と、長期化することを受け入れているようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】浦和のメディカルチェックを受けたギアクマキス、空港での写真</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">UPDATE: Giorgos Giakoumakis (pictured at the airport yesterday) has passed a medical in The Netherlands, ahead of a proposed move to Urawa Red Diamonds.<br><br>Atlanta United are still trying to gazump URD. But, their loan with option-to-buy bids have been rejected by Celtic, so far. <a href="https://t.co/9HsF44e77d">https://t.co/9HsF44e77d</a> <a href="https://t.co/02HrD9zYB5">pic.twitter.com/02HrD9zYB5</a></p>&mdash; Anthony Joseph (@AnthonyRJoseph) <a href="https://twitter.com/AnthonyRJoseph/status/1619260993816911874?ref_src=twsrc%5Etfw">January 28, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.29 23:10 Sun
twitterfacebook
thumb

オリンピアコスで構想外の韓国代表FWファン・ウィジョ、MLSのシカゴ・ファイアーが正式オファーと報道

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のシカゴ・ファイアーが、かつてガンバ大阪でもプレーしたオリンピアコスの韓国代表FWファン・ウィジョ(30)の獲得を目指しているようだ。 ファン・ウィジョは2017年7月に城南FCからガンバ大阪へと完全移籍。G大阪では70試合で30ゴール7アシストの成績を残すと、2019年7月にボルドーへと完全移籍した。 ボルドーでも点取り屋として活躍。公式戦97試合で29ゴール7アシストを記録。2021-22シーズンはリーグ・アンで32試合に出場し11ゴール2アシストを記録していたが、チームはリーグ・ドゥ(2部)に降格。チームは財政難を抱えていた中、2022年8月にノッティンガム・フォレストへと完全移籍。そのままオリンピアコスへとレンタル移籍していた。 しかし、オリンピアコスでは多くの出番を得ておらず、ここまで公式戦14試合で1アシスト。ゴールは決められていない。 ギリシャ・スーパーリーグでも昨年10月17日のPAOKテッサロニキ戦に出場して以降はメンバー外の状態。現在もその状態は続いており、今冬移籍の噂が立っている。 ボルドー、オリンピアコスでプレーしているため、ファン・ウィジョは2022-23シーズンの秋春制を採用するリーグでプレーすることは不可能。そのため、2023シーズンの春秋制を採用するリーグにしか移籍できず、候補としてはMLSのクラブやb国のFCソウル、そしてヴィッセル神戸も興味を示しているとされていた。 そんな中、移籍に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏がファン・ウィジョに関してシカゴ・ファイアーが獲得に動いているとのこと。保有元のフォレストに正式にオファーを出したようだ。 オリンピアコスでは構想外となっており、新天地を探す方が得策のファン・ウィジョ。果たして、アメリカ行きが実現するだろうか。 2023.01.29 22:10 Sun
twitterfacebook
thumb

浦和行き報じられるギアクマキスにアトランタ移籍再燃! 著名記者がクラブ間合意伝える

浦和レッズが獲得を目指すセルティックのギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキス(28)だが、ここに来てメジャーリーグ・サッカー(MLS)のアトランタ・ユナイテッド行きの可能性が再燃しているようだ。 2021年夏にVVVフェンロからセルティックへと加入したギアクマキス。2021-22シーズンは公式戦29試合で17ゴールを記録し、FW古橋亨梧と共にチームを牽引した。 今シーズンは控えに回る機会も多い中、公式戦28試合で9ゴール1アシストを記録。その中で、今冬の移籍が浮上。多くのクラブが関心を寄せる中、ここ最近ではアトランタと浦和、ベルギーのアンデルレヒトの3クラブが有力な新天地候補に挙がっている。 スコットランド『サン』は直近の報道で、アトランタが完全移籍ではなくレンタル移籍のオファーを掲示したことで、セルティックと破談し、400万ポンド(約6億4000万円)と好条件のオファーを掲示した浦和行きが近づいていると主張。また、アムステルダムで浦和のメディカルチェックを受ける許可が与えられたとも伝えていた。 しかし、移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏は、ギアクマキスに関する最新のレポートを提供。これによると、同選手の獲得にこだわるアトランタは、470万ドル(約6億1000万円)の完全移籍でのオファーを掲示。セルティックがこの申し出を受け入れたという。 個人間では現在も交渉が続いているようだが、ギアクマキスは過去の報道では“家族の事情”で日本行きを躊躇しているという話もあり、同選手が浦和ではなくアトランタ行きを選択する可能性は十二分にあるようだ。 2023.01.29 02:40 Sun
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラがコロンビアの逸材FWデュラン獲得を正式発表!

アストン・ビラは23日、メジャーリーグサッカー(MLS)のシカゴ・ファイアーからコロンビア代表FWジョン・デュラン(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「22」に決定。契約期間に関しては現時点で明かされていない。 今月16日にクラブ間合意が伝えられ、メディカルチェック通過と共にイギリスの労働許可証取得により、正式にビラの一員となったコロンビアの新星FWは、クラブ公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「懸命に働き、チームにすべてを捧げ、勝利したいという多くの願望を持っているよ。同時にできるだけ早くプレーできることを願っている」 「僕は情熱を持ってプレーし、チームに献身するプレーヤーであり、常に勝ちたいと思っているそんなプレーヤーさ。ここが世界で最も重要なリーグであることは理解しているよ。その世界最高のリーグで、ピッチに立って最初のゴールを決めたい」 母国クラブのエンビガドでプロ入りしたデュランは2019年2月に15歳という若さでトップチームデビューの注目株。身長185cmの左利きストライカーで、2022年1月からシカゴ・ファイアーに移った。 そのアメリカでは移籍1年目から公式戦30試合に出場して8得点6アシスト。2022年9月にコロンビアのフル代表デビューも遂げ、まだノーゴールも、ここまで3キャップを記録している。 戦術面やテクニック面で粗さは見受けられるものの、全身バネのような傑出した身体能力を生かしたダイナミックなセンターフォワードで、鋭いヒザ下の振り抜きが印象的な左足のシュート、打点の高いヘディングが特長。プレミアリーグでプレーするにはまだまだや線が細いが、リーチの長さを生かしたボールキープや背後への鋭い飛び出しは十分に通じるはずだ。 なお、イギリス『The Athletic』によると、移籍金は総額で1810万ポンド(約28億4000万円)。固定の移籍金額は1480万ポンド(約23億2000万円)で、残りは出来高払いになるという。 <span class="paragraph-title">【写真】コロンビアの新星がアストン・ビラ加入</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Welcome to Aston Villa, <a href="https://twitter.com/jhonduran991?ref_src=twsrc%5Etfw">@JhonDuran991</a>. <a href="https://t.co/rhO8Vs88nM">pic.twitter.com/rhO8Vs88nM</a></p>&mdash; Aston Villa (@AVFCOfficial) <a href="https://twitter.com/AVFCOfficial/status/1617561316000169984?ref_src=twsrc%5Etfw">January 23, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2023.01.24 06:45 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FMのGK高丘陽平に海外移籍の可能性、 MLSのバンクーバーがオファーと現地報道…かつては工藤壮人氏もプレー

J1王者の横浜F・マリノスを最後尾から支えるGK高丘陽平(26)に海外クラブが興味を示しているようだ。 『ESPN』によると、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のバンクーバー・ホワイトキャップスが関心を持っており、すでにオファーを出しているという。 横浜FCの下部組織で育った高丘は、2014年2月にトップチームへ昇格。2018年3月にサガン鳥栖へ期限付き移籍をすると、2019年2月に完全移籍。2020年10月に横浜FMへと完全移籍で加入した。 これまでJ1で111試合に出場。横浜FMでは公式戦85試合に出場し、2022シーズンは見事にリーグ優勝に貢献。ベストイレブンにも選ばれていた。 新シーズンも守護神としての活躍が期待される一方で、『ESPN』は新たな挑戦を望んでいると報道。日本代表も目指す中で、海外に挑戦する可能性があるという。 バンクーバー・ホワイトキャップスは、昨年10月に水頭症により36歳の若さで急逝した工藤壮人氏も在籍。クラブも追悼メッセージを送っていた。 2023.01.23 18:03 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly