「紛れもなく特別なもの」キャプテンマークを語る横浜FMの喜田拓也、「いかに勝たせるかがマリノスのアイデンティティ」とチームのメンタリティを明かす

2022.03.18 23:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
横浜F・マリノスのMF喜田拓也が、サガン鳥栖戦を振り返った。

18日、明治安田生命J1リーグ第5節で横浜FMと鳥栖がニッパツ三ツ沢球技場で対戦した。

気温は5.8℃、激しい雨が降り頻る中での試合は、立ち上がりこそ両チームが特徴を出して戦おうとする。しかし、雨足が強まり、ピッチコンディションが悪化。互いにポゼッションとビルドアップができない状態となる。
ハーフタイムを挟むと、さらに雨は激しくなり、ピッチ上では水溜りが所々にできる状況。よりパスを繋げなくなった両者のスペクタクルさは失われ、背後を狙ったロングボール対決に。特徴をどちらも出せないまま、低調な試合はゴールレスドローに終わった。

喜田は難しいコンディションでの試合を振り返り、「普通ではない状況の中で、僕らは勝ちだけを目指して戦いました」とコメント。「結果として引き分けに終わりましたが、普通であればこんな日もあるというところで片付けたいところではあると思いますが、僕らはもっともっと成長していきたいですし、最後に大きなものを掴みたいと思っているので、この中からでも成長できる材料、伸ばしていけるところ、手応えをしっかり整理して次に進みたいと思います」と、評価が難しい内容の試合でも、課題を見つけていきたいとした。

また「この中でも、チームメイト、スタッフの方、寒い中でもファン・サポーターもたくさん足を運んでくれました。みんなの勝利に対する熱量や姿勢は非常に大きなものがありましたし、この姿勢は必ず次につながっていくと感じました」と、ファン・サポーターを含むグループでの勝利を目指す力はついてきたとし、「ポイントは1ポイントでしたが、必ず次に繋げられる部分はありますし、この中からでも次勝ちに繋げていける材料は必ずあると思うので、チームの成長に繋げていければと思います」と、次戦以降の勝利に意欲を燃やした。

喜田は開幕3試合フル出場を果たしたが、ケガもありその後の3試合を欠場。この試合が復帰戦となった。

「復帰から時間が経っていないのは事実です」と語り、万全ではない状態での出場となった喜田は「ピッチに立つ以上はコンディションや他の要素があっても、それを言い訳にするつもりは1ミリもなかったですし、ピッチに立つ以上は自分の体が壊れても勝ちに行く姿勢を見せなければいけないというのは、この試合だけじゃなく常に思っていることですし、ピッチに立つ者の責任だと思います」と、体の状態を言い訳にはしないと語った。

また「このクラブでピッチに立つということが、どういうことか自分もわかっているつもり」と語る喜田。「出られない仲間もいますし、その中でもチームの勝ちのために支えてくれる仲間がいて、ピッチに送り出してくれるので、その想いに応えないことはないですし、そういう気持ちで今日も臨みました」と、仲間の分も背負って戦うためにピッチに立っていると語った。

試合は引き分けに終わったが、「1ポイントに誰も満足していないですし、勝ち続けて成長していきたいと思っているので、そこに対しては満足はないですけど、ポジティブな内容があったのも事実なので、次に繋げていきたいと思います」と今後の戦いに生かしていきたいとした。

キャプテンを務める喜田だが、不在の間キャプテンマークを巻いたDF松原健やDF小池龍太は気迫がこもっていた。彼らのリーダーシップについては「上から物を言うつもりはないですが」と前置きをしながら、「彼らと直接話もしました。よくキャプテンマークがあってもなくてもという話を見たり聞いたりしますが、僕にとってそんなことはなく、紛れもなく特別なもので、ものすごいパワーを持ったものです。それだけのものだと思います」とキャプテンマークの重みについて語った。

それを巻いた選手たちについては「彼らが僕はチームのキャプテンとしてやらせてもらっていますが、また違った難しさ、責任があることを彼らも感じたと思います。1試合だろうが、2試合だろうが、横浜FMでキャプテンマークを巻いて試合に出ることの覚悟や責任感、特別さを彼らも感じくれていたようです」と、実際に巻いて重みを感じていたと言い、「それはポジティブなことです。チームへの想いや姿勢を彼らも十分表現してくれたと思いますし、心強いというか、彼らとそういう話ができることも当たり前のことじゃないと思います。そういうことがわかっている彼らの力でもあり、普段からそういうことを思ってくれていないとそういう話もできないですし、チームとしても大きなことで、僕としても嬉しく、心強く思っていました」と、チームへの想いを他の選手もしっかりと持っていることがポジティブだとした。

ここまでの成績については「勝ち続けて成長していきたいというのがあるので、伸び代はまだ物凄くあるなと。満足は一切誰もしていなく、勝利、勝ち点への執着はあると思います」と語り、色々な選手が出場したことについては「チームとしてはこれ以上ないポジティブなことだと思います」と、多くの選手がピッチに立っての成績は良かったとした。

ただ、そもそも出場するかどうかと言うことが基準にないと喜田は主張。チームとして、そのレベルで話をすることはなく、全員が常に勝つために何ができるかを考えているとした。

「僕らもそうですし、僕自身もそうですし、試合に出ている出ていないという軸で物事を話すつもりは一切ないです」

「周りの評価、捉え方としては試合に出ているか出ていないかは大事かもしれないですが、マリノスというチームの中ではそこが大きなウェイトを占めるというよりは、僕らがいるのはチームを勝たせるため。それぞれ、ピッチに立つ、立たないということはありますが、チームをいかに勝たせるかがマリノスのアイデンティティとして根付いているので、その結果が、ここまで繋がりつつあるなと思っています」

「僕自身のことで言えば、チームのキャプテンということで、自分が出ている出ていないという軸で物事を話すことはこれからもないです。いつどんな時でもチームを勝たせるキャプテンでいたいと思っています」

「生半可な気持ちで横浜FMのキャプテンを務めているつもりは一切ないので、必ずチームを勝たせるキャプテンでいたいです」

「チームメイト、スタッフ、サポーターとこのチームを誰よりも信じて愛している気持ちはあるので、そこは僕だけが持っていても意味ないですし、みんなが持ってくれていることも凄く感じるのでやりがいもありますし、これから先の楽しみにつながっています。それを1番わかりやすい成績、結果に直結させていくためにどうするかは、また考えながら進んでいきたいと思います」


関連ニュース
thumb

「もはや持ち歌」一日区長就任の横浜FM宮市亮、最初の仕事はチャント熱唱「相変わらず歌上手い」「期待通りだった」

横浜F・マリノスの日本代表FW宮市亮が美声を披露した。 25日、宮市は横浜市港北区の「一日区長」へ就任。横浜FMのホームスタジアムである日産スタジアムも港北区内に存在している。 港北区役所へ姿を見せたアタッカーは、一日区長としての最初の仕事、委嘱状交付の前に「今日の初の仕事ということで…」と切り出し、挨拶代わりに「この街に、シャーレを〜」と歌い始めた。 ホーム最終戦のセレモニーでも宮市はこのチャントを熱唱。ファンからも「絶対すると思った」、「もはや持ちネタ」、「無駄に住民票取りに行きますか」、「相変わらず歌上手いな」、「もはや持ち歌」、「期待通りだった」、「マリノスのチャントだけど職場のマリノス興味ない人に宮市の歌って言われた笑」、「もはやお家芸やな」といった声が上がるなど、完全に鉄板と化している模様だ。 今季はケヴィン・マスカット監督の下で3年ぶり5度目のJ1優勝を果たした横浜FM。宮市は現在、右ヒザ前十字じん帯断裂からのリハビリ中だが、「優勝しないと持ちネタじゃなくなってしまうので連覇しよう」とのコメントもあるように、連覇へ向け、攻撃のけん引役の1人として復活が待たれている。 <span class="paragraph-title">【動画】もはやお家芸、港北区長・宮市亮がチャントを熱唱</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%AE%AE%E5%B8%82%E4%BA%AE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#宮市亮</a> 一日港北区長の最初のお仕事は…<br><br>「この街に、シャーレを」<br>挨拶代わりに自慢の歌唱力で区民の皆さんの心を鷲掴み<a href="https://twitter.com/hashtag/fmarinos?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#fmarinos</a> <a href="https://twitter.com/yokohama_kohoku?ref_src=twsrc%5Etfw">@yokohama_kohoku</a> <a href="https://t.co/9h7ADHgZFm">pic.twitter.com/9h7ADHgZFm</a></p>&mdash; 横浜F・マリノス【公式】 (@prompt_fmarinos) <a href="https://twitter.com/prompt_fmarinos/status/1596014817474916352?ref_src=twsrc%5Etfw">November 25, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.25 19:05 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FM、小学生から所属のDF池田航と契約満了…今季途中からはJFLのFCマルヤス岡崎に期限付き移籍「人間性の成長もF・マリノスで学べた」

横浜F・マリノスは25日、DF池田航(21)との契約満了を発表した。 池田は横浜FMの下部組織育ちで、プライマリー追浜からジュニアユース追浜、ユースと昇格。2020年にトップチームに昇格していた。 1年目の途中からSC相模原へ育成型期限付き移籍すると、2021年はカマタマーレ讃岐へ、今シーズンは7月にJFLのFCマルヤス岡崎へ育成型期限付き移籍していた。 横浜FMでは試合の出番はなく、Jリーグでは讃岐時代にJ3で2試合に出場したのみ。岡崎ではJFLで7試合に出場していた。 池田はクラブを通じてコメントしている。 「小学生の頃からF・マリノスのエンブレムを背負ってサッカーをやってきて、サッカーだけでなく、人間性の成長もF・マリノスで学べたことをとても嬉しく思います」 「自分がトップチームに昇格する前年と、F・マリノスを去る年に“優勝“という最高のプレゼントを貰った気持ちです。自分もチームのタイトル獲得に貢献できるような選手になれるよう、頑張っていきます!」 「最後に、今までずっと応援してくださったマリノスサポーターの皆さんありがとうございました。これからも応援してくださると嬉しいです!」 2022.11.25 10:22 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマ戦を控える横浜FM、マスカット監督が新型コロナ陽性

横浜F・マリノスは24日、ケヴィン・マスカット監督が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、23日にマスカット監督は体調不良を訴えたとのこと。クラブが独自の抗原検査を実施したところ、陽性判定となったという。 24日にはPCR検査を実施し、陽性判定。現在は適切な指導、対策のもとで療養をしているという。 なお、クラブの選手やスタッフに濃厚接触者はいないとのことだ。 Jリーグのシーズンは終了し、見事に3年ぶりに優勝を果たした横浜FMだが、28日には来日中のローマと対戦予定となっている。 2022.11.24 21:40 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FM、ユース出身FW山谷侑士の契約満了発表「12年間、横浜F・マリノスでプレーできてよかったです」

横浜F・マリノスは24日、FW山谷侑士(22)の契約満了を発表した。 神奈川県出身の山谷は、U-18まで横浜FMの下部組織に所属すると2019シーズンにプロデビュー。その後、水戸ホーリーホック、鹿児島ユナイテッドFCへのレンタルを経て、今シーズンは横浜FCに期限付き移籍の形で加入した。 同じく横浜を本拠地とするクラブで活躍が期待されたが、最後までポジションを掴むことはできず。1年でのJ1復帰を果たしたチームにおいて、リーグ戦2試合の出場にとどまった。 横浜FCからも期限付き移籍期間満了が発表された山谷は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆横浜F・マリノス 「活躍してプレーしている姿を日産スタジアムで見せたかったのですが、自分の力不足で叶えることができず悔しいです。今より更に成長して頑張るので陰ながら応援していただけるとうれしいです。小学校から12年間、横浜F・マリノスでプレーできてよかったです。ありがとうございました!」 ◆横浜FC 「横浜FCファン・サポーターのみなさん。山谷侑士です。チームとしてはJ1昇格できましたが、個人としてはなかなかチームの力になれず悔しいシーズンでした。しかし、多くのことを横浜FCから学ぶことができました。チームは離れますが、どこかで再会した時は応援していただけると嬉しいです!1年間ありがとうございました!」 2022.11.24 13:23 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FM、GK中林洋次の契約満了を発表「感謝しかありません」

横浜F・マリノスは24日、GK中林洋次(36)の契約満了を発表した。 神奈川県出身の中林は、横浜FMのジュニアユースに所属。2005年に入団したサガン鳥栖でプロデビューを飾ると、サンフレッチェ広島、ファジアーノ岡山を経て、2019年夏に地元クラブである横浜FMに期限付き移籍の形で加入。明治安田生命J1リーグ優勝に貢献すると、翌年完全移籍に切り替わった。 しかし、その後はGK高丘陽平やGKオビ・パウエル・オビンナの存在もあり、出場機会を得ることはできず。今シーズンも公式戦出場はなく、リーグ戦では一度もベンチ入りしなかった。 地元クラブの横浜FMを去ることになった中林は、クラブを通じてこれまでの感謝を述べている。 「契約満了により今年でチームを離れることになりました。僕にとってF・マリノスは地元クラブであり、ジュニアユース時代「プロサッカー選手」という夢を与えてくれたクラブでもあります。そんな思い入れのあるクラブに33歳という年齢から迎え入れてくれたことは感謝しかありません」 「なかなか自分の持ち味をピッチで発揮することができませんでしたが試合に向けて準備を続ける日々は充実した時間でした。ここで得た経験を今後のサッカー人生に活かして悔いのないものにしていきたいです。3年半あたたかい応援ありがとうございました」 2022.11.24 10:50 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly