早くも川崎Fの3連覇に黄信号?/六川亨の日本サッカー見聞録

2022.02.25 11:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
2月24日、ついにロシアのウクライナ侵攻が始まってしまった。

ウクライナを初めて訪れたのは2005年10月、ジーコ・ジャパンのテストマッチを取材するためだった。テレビでもよく紹介されるキエフの独立広場と独立記念塔、それを見下ろす高台に建つ巨大なウクライナ・ホテルに宿泊した。

10月12日の試合はMFアンドレー・フシンのPKによるゴールで0-1と敗れたが、FWアンドリー・シェフチェンコら主力選手は4日前のアルバニア戦で初のW杯出場(ドイツ大会)を決めたとあって日本戦は欠場。W杯出場を決めた夜はファン・サポーターが独立広場を埋め尽くし、翌日の広場には割れたビール瓶の破片が散乱し、ビールの匂いが充満していた。
ちなみに日本は中田英寿(ボルトン・ワンダラーズ)、中村俊輔(セルティック)、高原直泰(ハンブルガーSV)、柳沢敦(メッシーナ)らベストメンバーだったものの、ウクライナの壁は厚かった(ドイツW杯のウクライナは準々決勝でイタリアに0-3で敗退)。

さてJリーグである。30年目を迎えた今シーズンは川崎Fの3連覇が焦点の1つだったが、スーパーカップで浦和に0-2、23日の第9節・横浜FM戦も2-4と、早くも今シーズン2敗目を喫し、前途が多難であることを思わせるスタートとなった。

FC東京との開幕戦はレアンドロ・ダミアンの芸術的なゴールで1-0の勝利を収めたが、FC東京は新型コロナに感染した森重真人、アダイウトン、東慶吾ら主力選手6人が欠場。にもかかわらず、決定機の数は4対7とFC東京が圧倒し、GKチョン・ソンリョンの好守と左ポストがなければ大量失点の可能性もあった。

川崎Fのストロングポイントは、緩急のパスをていねいにつなぎながらマークを次々に剥がし、気付いてみればボックス内でフリーの選手がゴールを陥れていたという、対戦相手のGKを絶望させるパスワークにあった。しかし今シーズンは相手を圧倒するほどのパスワークは影を潜めたままだ。

横浜FM戦は相手の浅いDFラインの背後を突いて2点をもぎ取ったが、連覇を達成した時の攻撃と比べるとパワーダウンしている感は否めない。やはり田中碧と旗手怜央の移籍した穴は想像以上に大きいということだろう。ジェジエウの離脱も痛手となっている。

そんな川崎Fに代わって優勝候補と思っていた浦和も開幕戦でピーター・ウタカの一撃に沈むと、23日の神戸戦もDF槙野智章に同点弾を浴びていまだ勝利がない。FWキャスパー・ユンカーをケガで欠き、MF小泉佳穂も万全の状態ではない。マルチプレーヤーの明本考浩を前線に起用し、江坂任との2トップで臨んでいるが、その明本は神戸戦で退場処分を受け、次節のG大阪戦には出場できない。

そんなACL組を尻目に好スタートを切ったのが昨シーズン4位の鹿島(G大阪に3-1)と5位の名古屋(神戸に2-0)だ。両チームに共通しているのは主力にケガ人が少なく、新型コロナの影響もうけていないという点だ。

28日の第2節、名古屋はFC東京とのアウェー・ゲームだったが、FC東京に新型コロナの感染者が続出したため試合は中止となった。一方の鹿島はホーム開幕戦に川崎Fを迎える。川崎Fはチームを立て直すことができるのか。それとも鹿島の攻撃力が爆発するのか。鹿島にとっては大分とのルヴァン杯が新型コロナのため中止になったことも追い風と言えるだろう。


【文・六川亨】
1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた



関連ニュース
thumb

カタールW杯グループリーグ第1節総評/六川亨の日本サッカー見聞録

11月20日に始まったカタールW杯は、現地時間24日の4試合で各グループとも2試合を消化した。今回は序盤戦の戦いから大会全体を眺めてみたい。 開幕戦ではW杯初出場の開催国カタールが、いいところなくエクアドルに0-2と完敗した。日本が初出場した98年フランス大会の初戦、アルゼンチン戦のように「何をしたらいいのか」わからないうちに90分が過ぎたように感じた。 そして翌日には、アジアでは最もフィジカルが強く、なおかつ“地の利”があるはずのイランがイングランドに2-6と完敗した。パワーとスピード、高さといった身体的優位性を前面に出すイングランドのスタイルは、男女を問わずアジアのチームが苦手とするスタイルと言っていいだろう。 ご存じのように過去21回のW杯で、優勝国は8か国しかない。今大会にはイタリアが予選で敗退しているため7か国の出場だが、彼らと同じグループになったアジアの代表(オーストラリアを含む)は、いずれも初戦で激突する厳しいスケジュールとなった。 それでも陸続きで“準ホーム”と言えるサウジアラビアは、優勝候補の一角であるアルゼンチンを2-1で倒して「ジャイアントキリング」を演じた。右足首の負傷でドリブル突破にキレを欠くメッシに加え、期待のFWラウタロも沈黙したまま。このままメッシが復調しなければ、02年日韓大会以来のグループリーグ敗退も予感させる低調な出来だった。 オーストラリアも世界チャンピオンを相手に善戦したが、直前にバロンドールのベンゼマを欠いたとはいえフランスの前線はタレントの宝庫。エムバペをはじめデンベレやジルーといった前回経験者が実力を遺憾なく発揮してオーストラリアを4-1と粉砕した。 日本については、すでに多くのメディアが話題にしているため今さら触れる必要はないだろう。相手が優勝4度(西ドイツ時代を含む)のドイツからの勝利とあって、日本はもちろん現地にいる各国サポーターも日本の勝利を称えた。 4年前のロシアW杯グループリーグ最終戦、すでに韓国は2敗を喫しグループリーグでの敗退が決まっていた。対するドイツは1勝1敗で迎えた韓国戦、圧倒的に攻めながらもなかなか韓国ゴールを割れない。するとアディショナルタイム3分にまさかの失点を喫する。 この試合は翌日に日本対ポーランド戦が行われるヴォルゴグラードのプレスセンターでパソコンに向かいながらTV観戦していたが、「判官贔屓」は世界各国で共通だ。韓国の先制点に各国記者が歓声をあげてTVの前に群がると、韓国はさらに追加点を奪い勝利を確実なものにした。プレスセンターは、もちろん韓国を称える声であふれた(と思う)。 ドイツ(西ドイツ時代を含め)がW杯でグループリーグ制を採用する現行の形式になってから、1次リーグで敗退するのはロシア大会が初めてだ。それが2大会連続となるのかどうか。 27日は前回大会でドイツを蹴落としたメキシコがアルゼンチンと対戦。そして27日は日本対コスタリカ戦が行われるが、28日早朝のスペイン対ドイツ戦に世界の耳目は集まることだろう。 スペインは、相変わらずパスの“出し入れ”が巧みで、ボールポゼッション率でコスタリカを圧倒。ペドリやガビら次世代のスター候補の活躍などもあり7-0の勝利を収めた。 けしてコスタリカを甘く見るつもりはないが、北中米・カリブ海のレベルはメキシコを除けばアジアと似たり寄ったりだろう。その予選で4位になり、大陸間プレーオフでなんとかニュージーランド(FIFAランク101位)を1-0で振り切ってカタールまでたどり着いたチーム。日本としては、くれぐれも“アウトサイダー”に足元をすくわれないよう慢心しないことである。 日本についてコスタリカ戦を展望するなら、“前線の狩人”である前田大然やスピードスターの“ジョーカー”である浅野拓磨は休ませたいところ。スペイン戦ではオーソドックスな[4-4-2]システムから墓穴を掘ったコスタリカだけに、5BKにして守りを固め、スペースを消してくる可能性が高いからだ。 そこでスタメンにはポストプレーに成長をうかがわせる上田綺世を推したい。左MFはドイツ戦で前半に交代した久保建英か、ドリブラーの相馬勇紀でもいいだろう。それ以外はドイツ戦と同じメンバーで臨みつつ、もしもドイツ戦で負傷交代した酒井宏樹が難しいようなら、彼の代わりは長友佑都を右に回し、左SBには伊藤洋輝を抜擢したい。 このメンバーでの[4-2-3-1]なら、そのまま伊藤を3BKに組み入れ、長友と相馬のWBにして鎌田大地を左MFにコンバートする[3-4-3(5-4-1)]にスムーズにスライドできるからだ。 こんなことをアレコレ考えられるのは、もちろん日本が初戦で勝点3を獲得できたからに他ならない。これもまた、W杯の楽しみであると同時に“勝者の特権”と言えよう。 最後に、やはり優勝候補のブラジルは強かった! アルゼンチンとは選手層の厚さが違いすぎた。リシャルリソンの追加点、オーバーヘッドでの2点目は今大会のベストゴールにノミネートされるに違いない。ネイマールの負傷は気になるものの、グループG1位抜けは確実だろう。 となると、決勝トーナメントでいかにしてブラジルとの対戦を避けるか。しかしそれは2試合を終えてグループリーグ突破が見えてからの“皮算用”でもある。これについては、またの機会に触れたい。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.11.26 10:30 Sat
twitterfacebook
thumb

フランクフルト戦での浦和の大卒ルーキーは新鮮な発見/六川亨の日本サッカー見聞録

元日本代表のキャプテンである長谷部誠が率いるE・フランクフルトと、彼の古巣である浦和レッズが激突した「さいたまシティカップ」が16日に埼玉スタジアムで行われ、浦和が4-2の勝利を収めた。 浦和サポーターお目当ての長谷部は左膝の負傷からか、出場したのは後半30分過ぎ。リベロではなく3-4-3の右ボランチに入ったものの、それまでに多くの選手が交代したため手探りでプレーしていた印象は否めない。 対する浦和も前半は若手主体だったが、後半からはGK西川周作、CBアレクサンダー・ショルツ、左SB明本考浩、ボランチに岩尾憲と伊藤敦樹、右MFダヴィド・モーベルグ、トップ下に小泉佳穂、FW松尾佑介とレギュラークラスを並べた。 結果は浦和が前半に2点をリードしたものの、後半は2-2のイーブンでトータル4-2。しかしGK西川の4度にわたる決定機阻止がなければ浦和は逆転負けを喫していただろう。 むしろ試合としては前半の若手主体のチームの方が面白かった。 ボランチの大卒ルーキー安居海渡(流経大)は、フランクフルトのプレスを少しも怖がらずにDFラインからパスを受けると、巧みなターンで前を向いて攻撃を組み立てていた。同じく大卒ルーキーの右SB宮本優太(流経大)は右サイドを何度もアップダウンして攻守に貢献し、試合終盤に足をつるまでピッチで存在感を示した。 彼ら以外にも両サイドのアタッカーとしてスピードとトリッキーなドリブルを披露したMF松崎快やCB知念哲也といった大卒3シーズン目の今季移籍組は、普段のリーグ戦ではなかなかプレーを見る機会がないだけに、「こんな選手もいたの?」と新鮮な驚きでもあった。 後半の“主力組“に比べ、前半の“若手組“はアピールしようという気持ちが強かったので、それがチームとして勢いの差となったのかもしれない。こうした戦力を来シーズンは新監督がどのようにまとめあげるのか。 そして改めて思ったのは、江坂任は当たり前だけど「巧い」ということだ。相手のアタックにさりげなく身体を入れたり手を使ったりしてブロックし、自分に有利な体勢から攻撃を仕掛けていく。ポジションを選ばずに攻撃に絡めるのも彼の最大の持ち味だろう。もうあと5歳若ければ、フランクフルトのグラスナー監督もきっと興味を示したはずだ。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.11.18 13:05 Fri
twitterfacebook
thumb

俊輔引退会見で知ったセリエA移籍の真相/六川亨の日本サッカー見聞録

カタールW杯に臨む国内組6名、長友佑都、権田修一、谷口彰俉、山根視来、相馬勇紀、町野修斗は昨日9日、無事にドーハへ到着したとJFA(日本サッカー協会)から連絡が来た。もう1人の国内組である酒井宏樹は事情により出国が1日遅れたものの、明日には合流していることだろう。(※編集部注:酒井も無事に合流済み) そんな国内組と違い、まだリーグ戦の最中である海外組はシュツットガルトの遠藤航が試合中の競り合いで頭部を負傷し、脳しんとうと診断された。幸いにも代表チームからの離脱を余儀なくされる重傷ではないものの、近年はFIFA(国際サッカー連盟)も脳しんとうの後遺症に対して厳しいルールを設定しているだけに、プレーが可能と安心するのは早計だ。 ヨーロッパのシーズン中でのW杯とあって、大会直前の13日までリーグ戦やカップ戦が入っている。このため他の参加国もいつ主力選手が負傷により離脱するかわからないW杯と言える。 そして考えようによっては、負傷を抱えた選手がいつ万全のコンディションで復帰できるかで決勝トーナメントからの戦い方に多大な影響を及ぼすW杯になるかもしれない。そう予想すると、グループリーグはますます守備優先の凡戦が増える可能性が高まるが、それはそれでロースコアの試合を望む日本にとって好都合と言えるはず(我田引水の気がしないでもないが)。 さて10日は中村俊輔の引退会見を取材してきた。俊輔自身が短い挨拶のあとにかつてのチームメイトがビデオメッセージを送ったが、やはり印象深かったのはチームメイト2人のメッセージだ。 ともに1歳年下の遠藤保仁は「時にはオレにフリーキックを蹴らせろと思ったけど、あなたのフリーキックは世界一、たぶん」と笑わせれば、俊輔が「ファンタジスタは?」という質問に名前をあげた小野伸二は「(引退を)聞いたときは悲しい気持ちで残念でした。一緒にプレーしていて、上手くなりたいという子供の時期に戻れました。一緒にやるたびに楽しい時期を過ごせました」と思い出を語った。 たぶん彼ら3人には、凡人には計り知れないほどのメッセージのやりとりが、アイコンタクトなどで試合中にあったはずだ。サッカーを、いまその状況を“感じ取れるか“どうか。彼らはそれを高い次元で共有していたと思わずにはいられない。 引退をイメージしたのは30歳の後半からで、「いつでも(引退)できるように、悔いのないようできるよう」に1年契約にしていた。それだけ立ち足である右足首の痛みは彼を苦しめたのだろう。 名プレーの数々を振り返ったVTRを見て感じたのは、稀代のパッサーであるにもかかわらず、スルーパスなどよりゴールシーンの多いことだ。とりわけFKからのゴールは秀逸だ。 俊輔自身も直接FKについて「それだけと言われるのは嫌だったので、意識したのはプロになってからです。試合を支配する力とかパス、ドリブルと、ちょっとしたオマケみたいな感覚でやっていただけなんです」と言いながらも、「気付くとフリーキックが残ったのは不思議な感覚です。(練習を)やっていて良かったかな」と振り返る。 そして「(FKのこだわりとしては)PKと同じ感覚で決めていたという意識はあります。蹴ったら必ず入るという状況や雰囲気をチームメイトにも見せて信頼してもらう」ことにこだわったという。「FKをPKと同じ感覚で」100パーセントの成功率を求める選手はそうそういない。だからこそFKのスペシャリストとしてイタリアやスコットランドでもファン・サポーターを虜にしたのだろう。 そんな俊輔が海外移籍を強く意識したのは02年日韓W杯のメンバーから外れたからだろうと思っていた。ところがすでに前年の01年3月、サンドニでフランスに0-5と惨敗したときに「ああ、このままじゃダメだと思った」そうだ。 当時の日本は00年にレバノンで開催されたアジアカップで2度目の優勝を達成。俊輔はMVPに選ばれ、チームも「アジアカップ最強」と高く評価された。名波浩と中村俊輔という2人のレフティーがチームを牽引し、リザーブには小野伸二も控える豪華な布陣だった。 そして前回優勝国との対戦では中田英寿もチームに合流した。しかし開始9分にジダンにPKから先制を許すと、アンリやトレゼゲに次々とゴールを奪われた。日本がアジア王者なら、フランスもW杯に続いてEUROも制しただけに、その強さはケタ外れだった。 レッジーナへの移籍が決まったのは02年7月のこと。「イタリアへ行くときは、日本を出なきゃと焦るくらいだった。当時世界最高峰のセリエAに行かなくちゃと。ようやく世界の扉を開けられた」と当時の心境を語った。 あれから20年が過ぎ、日本人選手にとって“世界“はより身近になった。だが、海外へ渡ったJリーガーにFKのスペシャリストは一人もいない。それだけ俊輔はスペシャルな選手ということだ。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div 2022.11.12 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

キング落選に見る最終メンバー選考の難しさ/六川亨の日本サッカー見聞録

いよいよカタールW杯に臨む日本代表メンバー26名の発表が11月1日に迫ってきた。ネットでも元代表選手がセレクトされる最終26人を予想しているものの、かなり"苦戦"を強いられているようだ。 というのもこれまで森保一監督はほぼ固定されたメンバー、いわゆる「ラージグループ」からの選手選考がほとんどだったため、「サプライズ選出」の可能性がほとんどないからだ。森保監督自身も言っているように、「これまで呼ばれたことのない選手」がW杯メンバー入りすることは100パーセントないと言っていい。 このため、盛り上がりに欠けるのも仕方のないことだろう。 個人的に「サプライズ選出」があるとすれが、9月のドイツ遠征で一度も起用されなかったMF旗手怜央がカタール行きのキップをつかむことだろうか。セルティックでは主力として結果を残している。左SBを始めボランチ、サイドハーフと複数のポジションをできる器用さもある。さらにMF守田英正、田中碧、FW三笘薫とはかつて川崎Fのチームメイトだ。 ここらを買って彼を推す代表OBもいるが、果たして森保監督の決断はいかに。 そして「サプライズ選出」がないかわりに、「サプライズ選外」の可能性を指摘する代表OBもいる。本来なら23名の登録枠が26名に増えたものの、それでもここ数試合で招集&起用された実績と、森保監督が採用するだろうシステムとスタメンから、"居場所がない"と思われる選手が出てきてしまう。 こればかりは"神のみ"ではなく"監督のみ"が知る専権事項である。そしてこの「サプライズ選外」は日本が初出場した98年フランスW杯から話題になってきた。Jリーグの開幕から日本代表の中心となってチームを牽引してきた、"キング"カズの落選である。 当時25人の選手で、キャンプ地のエクスレバンに入る前にスイス・ニヨンで合宿中だった岡田武史監督は、22人の最終メンバー登録締め切り日の6月2日の午前、テレビカメラの前でエントリーメンバー22人の名前を読み上げた。 そこで最後に、登録メンバーから外れるのは三浦知良、北澤豪、市川大祐の3人であることを発表した。 誰もが初めての経験となるW杯のメンバー発表。サッカーファンはもとより日本中の関心を集めたし、ジャージ姿の岡田監督ではあったが、日本サッカー界にとって過去に例のない盛大なショーでもあった。 そして岡田監督は「外れるのはカズ、三浦カズ」と言葉を発した。 カズが代表メンバーから外れるだろうと予測したメディアは皆無に近かった。確かにアジア最終予選では韓国戦での負傷から精彩を欠いたこともあった。それでも日本をW杯に導いた功労者である。そのカズがメンバー外になったことは大きなサプライズであり、朝のワイドショーは各局とも大々的に取り上げた。 当のカズと北澤はすぐにチームを離れ、イタリア経由で帰国した。空港での記者会見に金髪にして臨んだカズは「日本代表としての誇り、魂は向こうに置いてきた」との名言を残す。そしてその後も長く現役を続けながら、一度もW杯のメンバーに呼ばれることはなかった。 一方の岡田監督はというと、カズを外した理由をこう述べていた。「3試合をシミュレーションしたなかで、(カズと北澤を)使う場面がなかった」と。 この言葉を聞いて、当時は「第3GKだってほとんど出番はないのだから、例え3試合で出場機会はなくても、これまで日本代表を牽引した功労者だし、チームの象徴的な選手でもある。このため22人のメンバーに入れてあげたらどうだろうか。精神的な支柱にもなるかもしれない」と。 昨年3月のこと。「web Sportiva」の対談で岡田氏は当時の心境をもう少し詳しく述懐している。 「チームが勝つために徹底的にシミュレーションしていくなかで、一番出てくる回数が少なかったのがカズと北澤でした。負けているときは、高さのあるロペスや運動量のあるゴン(中山雅史)を出す。勝っているときは、若くて追い回せる選手がいい。だから、カズと北澤という選択肢が僕の中には出てこなかった」 確かにその通りだろうといま振り返っても納得してしまう。実際、10年南アフリカW杯では「若くて追い回せる」FWとして矢野貴章を「サプライズ選出」し、カメルーン戦(1-0)の残り8分に起用して逃げ切りに成功した。 しかし、「別の考え方もあっての決断ではないか」と考え直したのが2002年の日韓W杯であり、06年のジーコ・ジャパン、そして10年南ア大会の岡田ジャパンでの最終メンバー選考だった。そしてそれは、現在の森保ジャパンにも受け継がれているような気がしてならない。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div 2022.10.30 19:00 Sun
twitterfacebook
thumb

中村俊輔の引退で忘れられないFKとCK/六川亨の日本サッカー見聞録

現役選手である以上、いつかはユニホームを脱ぐときが来る。「稀代のファンタジスタ」である中村俊輔(44歳)も、今シーズン限りでスパイクを脱ぐことを表明した。すると日本代表のチームメイトである遠藤保仁や中村憲剛らをはじめ、海外からも彼の引退を惜しむ声が寄せられると同時に、印象に残るFKの数々をプレイバックしていた。 俊輔と言えば、やはりセットプレーからのゴールが印象深い。 とりわけ個人的に記憶に鮮明に残っているのが、2000年10月24日のアジアカップ、レバノン大会での準々決勝、イラク戦の同点ゴールだ。これは俊輔のゴールではなく、名波浩のゴールだったが、右サイドでのFKに多くの選手がゴール前に殺到した。しかし俊輔はゴール前ではなくペナルティーアーク付近にハーフライナーのクロスを送った。 すると後方から走り込んできた名波はフリーとなって左足インサイドのボレーシュートをゴール左に突き刺した。狙い通りのトリックプレーだったが、俊輔の精密なクロスと名波の高いシュート技術が結実した、アジアカップ史に残るビューティフル・ゴールだった。 当時のチームには彼ら2人の他にも小野伸二、三浦淳寛らFKの名手が揃っていたものの、やはり俊輔の左足は別格だったと言えよう。 ただ、アジアの頂点に立っても俊輔はトルシエ・ジャパンでレギュラーを約束された選手ではなかった。小野、中田英寿、小笠原満男らとの熾烈なポジション争いは日韓W杯の直前まで続いた。 日韓W杯にエントリーする最終メンバーが発表されたのは5月17日のこと。日本はその前に5月2日にキリンカップでホンジュラスと対戦し(3-3)、7日はサンチャゴ・ベルナベウでレアル・マドリーと(0-1)、14日にはオスロでノルウェー代表と対戦(0-3)して帰国し、“運命の日“を迎えた。ヨーロッパからの帰路ではFW高原直泰がエコノミークラス症候群を発症し、代表から外れるアクシデントもあった。 そして俊輔である。代表メンバー発表前の国内最後の試合となった神戸でのホンジュラス戦ではCKとFKから2ゴールを決めた。まず前半26分、右サイドからのFKを直接決めて1-1の同点に追いつく。このシュートはGKの正面だったものの、万歳をするような格好から両手の間をすり抜けて決まる、「GKのキャッチミス」とも言えるゴールだった。 しかし前半41分の右CKからの同点ゴール(2-2)は、GKにとってノーチャンスと言える完璧なシュートだった。左足から放たれたクロスは、かなり高い軌道でホンジュラス・ゴールに向かい、GKを越えるとゴールライン付近から急激に曲がって左ポストを叩いてゴール内に飛び込んだ。 右拳を握りしめてガッツポーズを作る俊輔。彼自身はこの2ゴールでW杯のメンバー入りへ大きく前進したと思ったのではないだろうか。チームのエースナンバーである「背番号10」を受け継いでいた名波は右膝を傷め、2001年4月にコルドバでスペイン代表(0-1)と対戦して以来、トルシエ・ジャパンからは遠ざかっていた。 このため「10」を引き継ぐのは俊輔だと誰もが思ったはずだ。しかし、俊輔はメンバー外となり、「10」はベテランの中山雅史が背負うことになった。 俊輔がメンバー外となった理由として、3-5-2の左サイドのアタッカーには小野や三都主アレサンドロ、守備では服部年宏らがいるからとか、ベンチスタートだとチームの一体感を乱す態度がトルシエ監督に嫌われたなどと言われたものだ。 その後は06年ドイツ大会と10年南アフリカ大会と2大会連続して出場したものの、FKからのゴールはドイツ大会初戦のオーストラリア戦での先制点のみ。それも最初はクロスに競ったFW柳沢敦のゴールと思われる、直接狙ったシュートではなかった。 むしろドイツと南アでは、ケガに悩まされたW杯と言える。南ア大会の直前にはスイスとオーストリアで事前キャンプを張ったが、俊輔はいつも別メニューで、フィジカルコーチとマンツーマンで練習していたのが印象に残っている。 フィジコいわく「原因不明の右足首痛」とのことで、岡田武史監督も右サイドMFを俊輔にするか本田圭佑にするか大会直前まで悩むことになった。 W杯で活躍することはできなかったが、それで俊輔のプレーが色褪せることはない。独特のフォームによる鮮やかなFKからのゴールの数々は、いつまでも人々の記憶に残るはずだ。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.10.20 21:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly