アル・ラーヤンがローラン・ブラン監督解任…ハメスら補強も今季12チーム中9位に低迷

2022.02.13 21:37 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタールのアル・ラーヤンは13日、ローラン・ブラン監督(56)の解任を発表した。

2020年12月にアル・ラーヤンの新指揮官に就任したブラン監督は、ここまで51試合の指揮を執り、19勝9分け23敗の戦績だった。今シーズンはコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス、元フランス代表MFスティーヴン・エンゾンジらを補強したものの、カタール・スーパーリーグで12チーム中9位に低迷していた。

なお、後任には直近までU-23カタール代表を指揮していたチリ人指揮官のニコラス・コルドバ氏(43)が就任している。

現役時代にバルセロナやマルセイユ、インテル、マンチェスター・ユナイテッドで活躍したブラン監督はボルドー、フランス代表の指揮官を経て2013年にパリ・サンジェルマン(PSG)の指揮官に就任。2年連続国内3冠に導いたものの、チャンピオンズリーグ(CL)での成績不振が影響し、2016年に辞任。以降はフリーの状態が続いていた。

関連ニュース
thumb

ロリアンがペリシエ監督を解任…就任初年度にリーグ・ドゥ優勝

ロリアンは26日、クリストフ・ペリシエ監督(56)の解任を発表した。 これまでリュザナックやアミアンを率いたペリシエ監督は2019年にロリアンの新指揮官に就任。就任初年度にリーグ・ドゥ優勝に導き、チームをリーグ・アンに昇格させると、昨シーズンも今シーズンも16位で1部残留を達成していた。 両者の契約は2024年まで残っていたが、クラブは違約金を支払う形で契約解消を決断。新指揮官に関しては27日にも発表される予定だ。 2022.06.27 13:57 Mon
twitterfacebook
thumb

クリスタル・パレス、3部降格のダービーから若手FWエビオウェイを獲得

クリスタル・パレスは26日、ダービー・カウンティを退団したイングランド人FWマルコム・エビオウェイ(18)をフリーで獲得した。契約期間は2027年6月30日の5年間となる。 ナイジェリアにルーツを持つロンドン生まれの18歳は、アーセナルとレンジャーズのアカデミーを経て2021年にダービーに加入。今年2月に行われたハル・シティ戦でトップチームデビューを果たすと、ウェイン・ルーニー監督の信頼を勝ち取り、以降は主力としてプレー。このデビューシーズンにチャンピオンシップ(イングランド2部)で16試合1ゴール2アシストの数字をマークした。 クリスタル・パレスへのステップアップを果たしたマルコムは、公式サイトでダービーへの感謝と移籍の喜びを語った。 「ダービー・カウンティーの皆には、この1年余り、素晴らしいサポートをいただき、自分の力を発揮する機会を与えていただいたことに感謝しています。特に昨シーズンのような苦しい時のサポーターの声援には感謝している」 「クリスタル・パレスは素晴らしいチームであり、大きな可能性を秘めている。だからここに来ること出来てとてもうれしいよ、新シーズンは必ずチームに貢献したいと思っているよ」 2022.06.27 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

アル・ラーヤン退団のブラヒミ、新天地はアル・ガラファに決定!

カタールのアル・ガラファは26日、アル・ラーヤンを退団したアルジェリア代表FWヤシン・ブラヒミ(32)をフリーで獲得した。契約期間は明かされていないが、背番号は8を着用する。 アルジェリア代表として60キャップを誇るブラヒミは、レンヌやグラナダでのプレーを経て、2014年に加入したポルトで公式戦215試合に出場し、54ゴール43アシストを記録。 2019年の夏にステップアップを望みポルトを退団したブラヒミにはアーセナルやローマらビッグクラブが獲得に動いていたが、カタールの新興勢力であるアル・ラーヤンへ移籍し周囲を驚かせた。 3シーズンを過ごしたアル・ラーヤンでは、技巧派ドリブラーとして左ウィングを主戦場に公式戦82試合に出場し32ゴール17アシストを記録。 また、今年1月に前回王者として臨んだアフリカネーションズカップ(ANC)2022のメンバーにも選出されると、グループステージ3試合に出場、しかし、アルジェリアは1分け2敗で大会を終えていた。 2022.06.27 01:56 Mon
twitterfacebook
thumb

U-21日本代表MF斉藤光毅がオランダ1部のスパルタ・ロッテルダムにレンタル移籍!

エールディビジのスパルタ・ロッテルダムは25日、ベルギー2部のロンメルに所属するU-21日本代表MF斉藤光毅(20)がレンタル移籍で加入することを発表した。 斉藤は横浜FCの下部組織出身で、2021年1月にロンメルへと完全移籍する。 コロナ禍での海外挑戦となった斉藤だが、1年目はベルギー2部で9試合に出場し1アシストを記録。フルシーズンを戦った、2021-22シーズンはリーグ戦20試合に出場し5ゴール2アシストを記録。センターフォワードの他、両サイドハーフや両ウイングでプレーした。 先日まではU-21日本代表としてウズベキスタンで開催されていたAFC U23アジアカップにも出場していた。 スパルタ・ロッテルダムは、2021-22シーズンのエールディビジで14位に終わっていた。 <span class="paragraph-title">【動画】斉藤光毅のインタビューとロンメルでのプレー映像</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="CaEVGStPtSg";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.06.25 22:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ブライトン、ノアシェランから若手FWアディングラを獲得! 主戦場は左WG

ブライトン&ホーヴ・アルビオンは24日、デンマークのノアシェランからコートジボワール人FWシモン・アディングラ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの4年となる。 ガーナの名門育成組織ライト・トゥ・ドリーム・アカデミー出身のアディングラは、2020年にノアシェランのユースチームに加入。その翌年にトップチームデビューを飾ると、今シーズンの公式戦では33試合10ゴール4アシストの数字を残した。 左ウイングを主戦場に前線の複数ポジションでプレー可能な175cmのアタッカーは、ブラックアフリカン特有の身体能力の高さを生かしたダイナミックな仕掛けが最大の持ち味。快足を生かした背後への飛び出しに加え、トリッキーな足元の技術、遊び心のあるプレーで一対一の局面でも存在感を放つドリブラーだ。 戦術理解度やフィニッシュの精度、フィジカル的にも大きな伸びしろを残すが、近年多くの逸材アタッカーを輩出しているノアシェランが目を付けただけのクオリティーを持った逸材と言える。 ポジション的には日本代表MF三笘薫と被る可能性が高いが、現時点ではブライトンでプレーするのか、武者修行に出されるのかは、微妙なところだ。 <span class="paragraph-title">【画像】三笘のライバルが加入</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Welcome to the club, Simon! <a href="https://t.co/6WE2hETMF3">pic.twitter.com/6WE2hETMF3</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1540453560902684676?ref_src=twsrc%5Etfw">June 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.06.25 14:53 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly