ネイマールやグリーズマンが着用、プーマが「ビッグマッチの熱気からインスピレーション」した新スパイク「FLARE Pack」を発表

2022.02.05 13:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
プーマは4日、新スパイクのコレクション「FLARE Pack(フレア パック)」を発表した。

「FLARE Pack」は、足と一体化するようなフィット感を実現した「FUTURE Z 1.2(フューチャー Z 1.2)」と軽量化を追求した「ULTRA 1.4(ウルトラ 1.4)」のカラーアップデートモデルとなる。

今回のカラーリーングは紫を基調とし、ビッグマッチ直前の地面を揺さぶる声援と熱気からインスピレーションを得ているとのことだ。

「FUTURE Z 1.2」は、足をしっかりと固定するコンプレッションバンドの“FUZIONFIT+(フュージョンフィット+)”とボールの制御力を高める「GripControl Pro skin(グリップコントロール プロ スキン)」が特徴。

「ULTRA 1.4」は、アッパーに軽量、かつ耐久性に優れた「MATRYXEVO(マトリックスエボ)」素材を採用し、アウトソールにはランニングシューズからインスピレーションを受けた軽量の「PEBA SpeedUnit outsole(ペバ スピードユニット アウトソール)」が搭載され、スピード力をサポートする。

「FUTURE Z 1.2」は、ネイマールルイス・スアレスらが着用。「ULTRA 1.4」は、アントワーヌ・グリーズマンキングスレー・コマンクリスチャン・プリシッチらが着用する。


1 2

関連ニュース
thumb

11年ぶりセリエA王者のミランが新ユニフォームを発表!伝統の赤黒ストライプで袖口にはイタリア国旗のカラー

ミランとサプライヤーのプーマは4日、2022-23シーズンのホームユニフォームを発表した。 そのデザインは伝統の赤と黒のストライプ。黒をベースに赤の縦ラインが施されている。シーズンごとにストライプの細かい仕様が変更されているが、不揃いな幅のストライプになっていた2021-22シーズンのものから、均一の太さのストライプに戻る。 そして、特徴的なのが袖口。イタリア国旗の色である緑・白・赤の3色があしらわれている。 ミランのチーフ・レベニュー・オフィサーであるキャスパー・スタイルスヴィグ氏は、ユニフォーム発表に際し、次のようにコメントしている。 「2022-23シーズンの新しいホームユニフォームを本日発表できることを嬉しく思う。このユニフォームには、クラブが19回目のスクデットを獲得した時のトリコローレ(イタリア国旗)のシンボルを誇らしく表現している。ミラノの街と親密な関係にある私たちのクラブの伝統と未来、そしてピッチの内と外の両方での革新的なビジョンを表している」 <span class="paragraph-title">【写真】カッコイイ!!ミランの2022-23シーズンホームユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/acmilan220704_tw1.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/acmilan220704_tw2.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/acmilan220704_tw3.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/acmilan220704_tw4.jpg" style="max-width:100%;"></div> 2022.07.04 18:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「風呂上がりのコーヒー牛乳」をコンセプトに! 川崎Fのリミテッドユニフォームが発表、モデルの脇坂「ボクはめっちゃ好き」

川崎フロンターレは20日、「2022リミテッドユニフォーム」を発表した。 18日の時点で、SNS上に「#YUGE」をつけて匂わせる動画を投稿していた川崎F。ファンは「リミテッドユニフォーム」の発表を楽しみにしていた中、20日正式発表された。 ユニフォームのコンセプトは「PUMAのグローバルユニフォームデザインコンセプト 「FORWARD TOGETHER」に基づき、クラブ設立 26(フロ)周年のアニバーサリーイヤーを祝したスペシャルなデザイン」となっている。「風呂上がりには欠かせないコーヒー牛乳からインスピレーションを得たカラーを採用。さらに川崎市の花であるつつじをベースに温泉マークや、ゆ(湯)、26、などで構成されたオリジナルグラフィックを大胆に配置」とのことだ。 また「背面には“風呂”敷で使用される唐草紋様をアレンジしたグラデーションを取り入れ、26周年のアニバーサリーイヤーにふさわしい特別仕様となっています」としている。 遠目には黒に見えたユニフォームだが、濃い茶色に。このユニフォームは8月以降に等々力陸上競技場で開催する3試合、8月7日の横浜F・マリノス戦、13日の京都サンガF.C.戦、27日の鹿島アントラーズ戦で着用予定となっている。 モデルを務めたMF脇坂泰斗は「とても珍しい色でボクはめっちゃ好きです」と投稿。様々なポーズの写真を投稿した。 ユニフォームの販売は「後援会会員先行受付」が6月24日(金)21:00~6月26日(日)23:59。ここで売り切れた場合は、一般発売はされない。 売り切れなかった場合は一般受付が6月27日(月)21:00~7月4日(月)1:59となっている。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】モチーフはコーヒー牛乳! 斬新ながらも洗練されたかっこよさ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> <a href="https://t.co/f0BJsFarrW">https://t.co/f0BJsFarrW</a><a href="https://twitter.com/hashtag/frontale?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#frontale</a><a href="https://twitter.com/hashtag/YUGE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#YUGE</a><a href="https://twitter.com/hashtag/EVERYBODY?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#EVERYBODY</a><a href="https://twitter.com/hashtag/YOUGET?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#YOUGET</a> <a href="https://t.co/dsRUETzOA0">pic.twitter.com/dsRUETzOA0</a></p>&mdash; 川崎フロンターレ (@frontale_staff) <a href="https://twitter.com/frontale_staff/status/1538726057033220096?ref_src=twsrc%5Etfw">June 20, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/YUGE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#YUGE</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/EVERYBODY?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#EVERYBODY</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/YOUGET?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#YOUGET</a> <a href="https://t.co/IgjWq7daOL">pic.twitter.com/IgjWq7daOL</a></p>&mdash; 川崎フロンターレ (@frontale_staff) <a href="https://twitter.com/frontale_staff/status/1538462340697702400?ref_src=twsrc%5Etfw">June 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】モデル務めた脇坂泰斗もお気に入りの様子</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><br>とても珍しい色で<br>ボクはめっちゃ好きです。 <a href="https://t.co/1y9t5beyGY">https://t.co/1y9t5beyGY</a> <a href="https://t.co/Jb2GItUoLV">pic.twitter.com/Jb2GItUoLV</a></p>&mdash; 脇坂 泰斗 / Yasuto Wakizaka (@wyasuto0611) <a href="https://twitter.com/wyasuto0611/status/1538779993198559233?ref_src=twsrc%5Etfw">June 20, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.20 17:45 Mon
twitterfacebook
thumb

イタリア代表がレトロな“4分割デザイン”の新ユニフォームを発表!プーマで“最後”の一着に

イタリアサッカー連盟(FIGC)とプーマは30日、イタリア代表の2022新ホームユニフォームを発表した。 代表の歴史に敬意を表した新ユニフォームは、1934年、1938年、1982年、2006年の4度のワールドカップ(W杯)優勝に敬意を表し、シャツ前面が4分割されたデザインに。2色の青が交互に配置されている。 また、右胸にはレトロなプーマのロゴが配置され、背面の襟元には「ITALIA」の文字がゴールドで刻まれている。 この新ユニフォームは、6月1日にウェンブリースタジアムで行われるアルゼンチン代表戦でお披露目となる。 なおFIGCはアディダスと2023年からサプライヤー契約を結んでおり、プーマでの最後のユニフォームになる予定だ。 <span class="paragraph-title">【写真】イタリア代表のレトロな新ホームユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/puma20220531_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/puma20220531_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/puma20220531_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/puma20220531_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/puma20220531_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2022.05.31 21:45 Tue
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・シティがユニフォームを発表!逝去したレジェンドへの尊敬の印が隠されたクラシックなデザインに

マンチェスター・シティは19日、2022-23シーズンのホームユニフォームを発表した。 新ユニフォームは、シティが毎年のようにタイトルを獲得していた1960年代後半のチームと、その時の主力選手でありクラブのレジェンドである元イングランド代表MFのコリン・ベル氏からインスパイアを受けているという。 1966年にベリーFCからシティに加入したベル氏は、在籍13年間で501試合に出場し153ゴールを記録。2004年にはファン投票によってエティハド・スタジアムのコリン・ベル・スタンドの名前が冠せられていたが、2021年に74年の生涯を終えていた。 そのデザインは、過去のクラシックなユニフォームを踏襲しており、クラブカラーの水色を基調としつつ、袖口と襟元はマルーン(赤に近い栗色)と白の2色でデザインされている。 クラブエンブレムやサプライヤーを務めるプーマのロゴがシャツ前面の中央に配置されているほか、襟の内側には“コリン・ザ・キング”の異名で親しまれたベル氏への尊敬の印となる王冠のデザインが施されている。 <span class="paragraph-title">【写真】シティの来季ホームユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Manchester City unveil their new home kit for 2022-23 <a href="https://t.co/5Kv6Q47VkF">pic.twitter.com/5Kv6Q47VkF</a></p>&mdash; GOAL (@goal) <a href="https://twitter.com/goal/status/1527182519652691969?ref_src=twsrc%5Etfw">May 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">From Colin the King, to a new generation of Cityzens <br><br>The 2022/23 <a href="https://twitter.com/ManCity?ref_src=twsrc%5Etfw">@ManCity</a> x <a href="https://twitter.com/pumafootball?ref_src=twsrc%5Etfw">@pumafootball</a> Home kit has arrived. Available now. <a href="https://t.co/4waz2JT4zo">pic.twitter.com/4waz2JT4zo</a></p>&mdash; PUMA Football (@pumafootball) <a href="https://twitter.com/pumafootball/status/1527182280749420544?ref_src=twsrc%5Etfw">May 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.19 17:55 Thu
twitterfacebook
thumb

アディダスvsプーマ。創業者は兄弟だと知っていた?/六川亨の日本サッカー見聞録

サッカーファンはもちろんのこと、一般ユーザーも「アディダス」と「プーマ」と聞けば、シューズメーカーだということは知っているだろう。近年はアメリカの「ナイキ」に売上高1位の座を譲っているが、ドイツ(西ドイツ)が生んだ一大ブランドだ。 そんな2大メーカーの創業者が兄弟だったということを、知らないサッカーファンも増えてきているのではないだろうか。 映画「アディダスvsプーマ-運命を分けた兄弟-(2015年製作)」は2人のサクセスストーリーであると同時に、兄弟の確執を描いた映画でもある(ヨコハマ・フットボール映画際で上映。6月5日は15時30分/かなっくホール・音楽ルーム。6月9日は19時/シネマ・ジャック&ベティ)。 時はいまから約100年前の1920年、ニュルンベルク近郊で、靴職人のアドルフ・ダスラー(弟)を、口は達者だが会社を首になったルドルフ・ダスラー(兄)が営業を担当することで靴の製造会社「ダスラー兄弟商会」を設立した。 まずは工場の設備を整えるため銀行に融資を頼みに行くが、銀行マンはアドルフのサッカーシューズは革が柔らかくてすぐに壊れると指摘。「つま先は硬く、足首までカバーするのがサッカーシューズ」と融資を断った。そこで2人は陸上のスパイク作りに方針を転換。軽くてグリップ力のある陸上シューズは売れ行きも好調で、ドイツ代表の陸上部の監督のお墨付きを獲得することにも成功した。 しかし時代はナチスの台頭によりアドフル・ヒトラーが首相に指名されるなど、激動の時代を迎えつつある。職人であるアディは1936年のベルリン五輪に出場するアメリカ代表のジェシー・オーエンスの才能に着目し、自身の作ったシューズを提供。するとオーエンスは100メートル、200メートルに走り幅跳びなど4個の金メダルを獲得した。 ところが黒人に負けたことで陸上部の監督は首になり、兄弟は後ろ盾を失ってしまう。そしてナチス・ドイツはポーランドが侵攻したと口実を作って攻め込むことで第二次世界大戦が勃発した。職人であるアディは徴兵を免れたものの、兄ルディは戦地へと送られる。さらにシューズ工場ではバズーカ砲を製作するよう命じられた。 第二次世界大戦が終わり、ルディは無事戦地から帰国したが、自分だけ戦地に送られたことに不満を持ち、進駐軍のMPに「弟はナチスの協力者だ」と密告する。バズーカ砲などの物的証拠があるためアディは窮地に立たされるが、それを救ったのが妻の機転で、オーエンスと一緒に撮った写真だった。 もう兄弟の仲は修復不可能。お互いにシューズ工場を作ることになり、社員にもそのことを伝えると、アディの元には靴職人が多く残り、ルディには営業担当が着いていった。ルディの作った「プーマ社」は、当時は現在のような流線型のラインではなく、プーマには「道楽者」というあだ名もあったと映画では紹介されている。そしてアディは自身の名前を短縮して「アディダス」という社名に変更した。 当時の西ドイツにまだプロのチームはなく、多くのチームがプーマ社のシューズを履いていたそうだ。そこはやはり兄の営業力がモノをいったのかもしれない。プーマ社の幅広の白いラインのシューズを見ていたアディは、白色のペンキを塗っている最中だったゴールポストに人差し指と中指と薬指の3本で触り、それを自分の作ったシューズの内側と外側になぞるようにして3本の白ラインを入れた。 アディダスの「スリーストライプ」が誕生した瞬間だった。 第二次世界大戦が終わり、ワールドカップは1934年フランス大会以来12年ぶりに再開されることになった。1950年ブラジル大会である。本来ならドイツで開催されるはずだったが、戦争責任を問われて資格停止だったためブラジルで開催されることが決定。東西両ドイツとも出場資格はなかった。 そして1954年スイスW杯である。売れ行きが好調なルディの「プーマ」は、西ドイツ代表監督のゼップ・ヘルベルガーから、選手へのサッカーシューズの無償提供と、月1000マルク(現在の日本円で約7万円だが、当時との物価差は現在と比較できないだろう)の資金援助を申し込まれたが、これを拒否。仕方なくヘルベルガー監督はアディに頼んだところ快諾されたことで西ドイツ代表は3本線のシューズでW杯を戦うことになった。これはいまも変わらない伝統である。 ルディがヘルベルガー監督の申し出を断ったのは、金銭的な負担よりも西ドイツが勝つ見込みは少ないという判断を優先したからだろう。1938年のフランス大会も1回戦でスイスに負けているし、50年ブラジル大会は出場できていない。このため54年スイス大会でも上位進出は難しいと判断してもやむを得なかった。 こうして迎えたスイス大会、西ドイツは1次リーグで当時無敵を誇った「マジック・マジャール」ことハンガリーにリザーブ選手を起用して3-8と大敗する。決勝トーナメントで前回優勝のウルグアイや準優勝のブラジルを避けるためだとも言われた。 そしてハンガリーとの決勝戦、試合開始直前に降り出した雨に、用具係を担当していたアディは急きょシューズの取り替え式ポイントを雨用の長いスタッドに変更する。スタンドには兄ルディの姿もあった。 そして試合後、ロッカールームに戻ると試合のチケットが置かれていて、そこには一言、ルディからアディへのメッセージが残されていた。 正直、サッカーシーンはほとんどない映画である。なので、それを期待したら失望するかもしれない。それでも2人の兄弟愛と、サッカー界はもちろんのこと、スポーツ界にも多大な影響を残したダスラー兄弟の葛藤と兄弟愛を感じられる映画だった。 彼らの息子、特にアディの息子ホルストは父の仕事を引き継ぎ、FIFA(国際サッカー連盟)やIOC(国際オリンピック委員会)などで絶対的な影響力を発揮し、“蜜月時代"の礎を築いた。彼らの映画も、いつかは作られるかもしれない。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.05.13 21:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly