日本にW杯出場権を掴みにきたサウジアラビア、予選3ゴールのFWアル=シェフリや主軸MFアル=ファラジは不在

2022.02.01 08:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本サッカー協会(JFA)は1月31日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で日本代表と対戦するサウジアラビア代表の来日メンバーを発表した。

サウジアラビアは、ここまでの予選7試合を6勝1分けで無敗。勝ち点19で首位に立っている。

日本戦で勝利すれば、グループ2位以内が確定し、カタールW杯の出場が決定する。

ホームでは日本に1-0で勝利しているサウジアラビア。今回のメンバーには、今予選で3ゴールを決めているFWサレー・アル=シェフリが不在。また、6試合に出場していた主軸のMFサルマン・アル=ファラジがケガにより今回のシリーズは欠場している。

ただ、、2得点のFWフィラス・アル・ブライカン、MFサミ・アル=ナージ-、そして10番を背負うFWサレム・アル=ドサリらは招集されている。

エルヴェ・ルナール監督は「我々は明日の試合に向けて準備をしっかりとしなければならない」とコメント。「明日の試合はビッグゲームになる」と意気込んだ。

◆サウジアラビア代表来日メンバー
GK
モハンメド・アル=オワイス(アル・アハリ)
ファワズ・アル=カルニ(アル・シャバブ)
アミン・アル=ブハリ(アル・ナスル)
モハンメド・ファライ・アル=ヤミ(アル・アハリ)

DF
アリ・アル=ブライヒ(アル・ヒラル)
ヤセル・アル=シャハラニ(アル・ヒラル)
モハンメド・アル=ブレイク(アル・ヒラル)
ジアド・アル=サファフィ(アル・イテハド)
スルタン・アル=ガーナム(アル・ナスル)
アーメド・シャラヒリ(アル・シャバブ)
アリ・ラジャミ(アル・ナスル)
アブドゥレラー・アル=アムリ(アル・ナスル)
サウド・アブドゥルハミド(アル・ヒラル)
モテブ・アル・ハルビ(アル・シャバブ)

MF
モハメド・カノ(アル・ヒラル)
アブドゥレラー・アル=マルキ(アル・ヒラル)
アブドゥラー・アルハイバリ(アル・ナスル)
サミ・アル=ナージ-(アル・ナスル)
アリ・アル=ハッサン(アル・ナスル)

FW
サレム・アル=ドサリ(アル・ヒラル)
ハッタン・バへブリ(アル・シャバブ)
ファハド・アル=ムワラッド(アル・イテハド)
アブドゥルラフマン・アロブド(アル・イテハド)
アブドゥラー・アル=ハムダン(アル・ヒラル)
フィラス・アル・ブライカン(アル・ファテフ)
ハリド・アル・ガナム(アル・ナスル)
ハイサム・アシリ(アル・アハリ)

関連ニュース
thumb

開催国ウズベキスタンを下したサウジアラビアが3度目の決勝で初優勝を飾る!《AFC U-23アジアカップ》

AFC U-23アジアカップ決勝戦のU-23ウズベキスタン代表vsU-23サウジアラビア代表が19日に行われ、0-2でサウジアラビアが勝利。この結果、サウジアラビアが初優勝を飾っている。 準決勝でU-21日本代表に完勝し2大会ぶりの決勝進出となった開催国のウズベキスタンと、U-23オーストラリア代表を下し2大会連続の決勝へ駒を進めたサウジアラビアによる決勝戦。 立ち上がりから激しいボールの奪い合いが繰り返された試合は、一進一退の展開で時間が推移。そんな中、サウジアラビアは24分に敵陣でボールを奪ったヤヒヤがボックス左から折り返しを供給。ゴール前で受けたアル=ブライカンが決定機を迎えたが、シュートは相手DFのブロックに阻まれた。 さらにサウジアラビアは39分、ヤヒヤのパスでボックス左に侵入したアル=ガームディーがダブロノフに倒されてPKを獲得。しかし、オンフィールドレビューの結果、その前のプレーでアル=ブライカンがオフサイドと判定され、PKは取り消された。 サウジアラビアは前半終了間際にも、中盤からのFKからロングパスを供給すると、ボックス左のアル=ブライカンがバックヘッド折り返したボールをヤヒヤが頭で合わせたが、これは好反応を見せた相手GKに防がれた。 ゴールレスで迎えた後半は早い時間にスコアが動く。49分、右サイドからダイアゴナルドリブルで切り込んだアル・ヤミの横パスを受けたアル・ガルディがペナルティーアーク左から左足を振り抜くと、絶妙なコントロールシュートがゴール左を射抜き、サウジアラビアが先制した。 1点ビハインドとなったウズベキスタンは、すぐに反撃を試みる。すると71分、ジャロリディノフのパスに抜け出したイヤノフがボックス右から侵入しゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でゴールは取り消された。 ピンチを凌いだサウジアラビアは74分、中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けるとアル=アンマールのパスを受けたアル=ブライカンがボックス左まで切り込みシュート。これがゴール右隅に突き刺さった。 試合終盤にはピッチに倒れこんだマフナシを20が無理やり外に出そうとしたことをキッカケに両軍入り乱れる小競り合いに発展した中、イヤノフを引き話した際に肘を入れたアル=ジョハニにイエローカードが提示された。 結局、試合はそのまま0-2でタイムアップ。開催国ウズベキスタンを下したサウジアラビアが3度目の決勝で初優勝を飾った。 2022.06.20 00:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「もう少し考えなければ」無失点もファウルを警戒する鈴木海音、守備のコントロールは「自分発信でやっていきたい」

U-21日本代表のDF鈴木海音(栃木SC)が、サウジアラビア代表戦を振り返った。 ウズベキスタンで開催されているAFC U23アジアカップに参加している日本。初戦のUAE代表戦を1-0で勝利し、6日には第2戦でサウジアラビアと対戦した。 試合は前半は難しい戦いとなった日本だが、サウジアラビアの攻撃をGK鈴木彩艷(浦和レッズ)の好セーブなどで凌ぐと、決定機を迎えたながらもゴールが奪えずゴールレスで折り返す。 ボールを握る時間があっても決定機を活かせない日本。後半途中には相手と競り合った際に腕を振ったとして藤尾翔太(徳島ヴォルティス)が一発退場。数的不利となる中、後半アディショナルタイムには決定機。三戸舜介(アルビレックス新潟)がボックス手前でフリーとなりミドルシュート。それでもゴールを奪えず、0-0のゴールレスドローに終わった。 鈴木は初戦に続いてフル出場。「グループステージ3戦ある中で、全試合出るつもりで準備していました」とコメント。「1試合目が勝利で終われていて、2試合目も出ようと準備していたので良かったです」と語り、準備は問題なくできていたようだ。 試合で注意した部分については「自分たちがボールを持つ時間が長かったので、相手のカウンターを一番注意していた部分もあります」とコメント。「ビルドアップで引っ掛けられた時に相手の流れになるので、ビルドアップはスムーズに簡単にを意識して、守備はラインコントロールを意識していました」とシンプルにミスなくプレーすることを考えていたとした。 持ち味である対人の守備については「ボールにアタックに行ける感覚はありますが、少しでも手を使うとファウルを取られるので、もう少し考えなければいけないです」と語り、「セットプレーは相手の得点チャンスになってしまうので、後ろはみんな意識してやらなければいけないと思います」と、あまりファウルを増やしたくないと語った。 守備ラインの統率に関しては「相手の選手が倒れたり、プレーが切れる場面が多いので、声をかけてチーム全体を引き締めることを意識していました」と声掛けを意識したとし、「ラインコントロールも上げるとき、下げる時と自分発信でやっていきたいと思います」と、自身が率先してコントロールしていきたいと意気込んだ。 次節はタジキスタン代表との試合。グループステージ突破がかかるが「チーム全体でハードワークしてきて、守備が堅い印象があって、守られて一発のカウンターということがあるので、気をつけたいと思います」と警戒した。 サウジアラビア戦ではそのカウンターから最後にピンチが。チェイス・アンリ(シュツットガルト)が裏を取られた中、鈴木が上手くカバーした。 「アブドゥラー・ラディフが背後に流れてきた時に、ボールを持っている選手がスペースに出す雰囲気があって、シュートまで持っていかれたら嫌だなと思ってカバーに行きました」 「中にいかせたくなかったんですが、最後はシュートまで行かれてしまいました。シュートコースは防げていたので、(鈴木)彩艷を信頼していました」 ピンチでも冷静に対応し、ゴールを許さなかった鈴木。「完璧とは行かないですが、今シーズンは試合終盤でやられていることも多くて、一瞬でも隙を見せたらやられるということはもうしたくないので、90分通して声を出して集中したいと思っていました」と語り、所属クラブでの経験を生かして守れたとした。 [試合情報] AFC U23アジアカップ2022 グループステージ第3戦 U-21日本代表 vs U-23タジキスタン代表 2022年6月9日(木)22時キックオフ DAZN独占配信 2022.06.07 19:20 Tue
twitterfacebook
thumb

「2を失った感覚」半田陸、数的不利でのサウジアラビアとドローに反省「勝ち切りたかった試合」

U-21日本代表のDF半田陸(モンテディオ山形)が、サウジアラビア代表戦を振り返った。 ウズベキスタンで開催されているAFC U23アジアカップに参加している日本。初戦のUAE代表戦を1-0で勝利し、6日には第2戦でサウジアラビアと対戦した。 試合は前半は難しい戦いとなった日本だが、サウジアラビアの攻撃をGK鈴木彩艷(浦和レッズ)の好セーブなどで凌ぐと、決定機を迎えたながらもゴールが奪えずゴールレスで折り返す。 ボールを握る時間があっても決定機を活かせない日本。後半途中には相手と競り合った際に腕を振ったとして藤尾翔太(徳島ヴォルティス)が一発退場。数的不利となる中、後半アディショナルタイムには決定機。三戸舜介(アルビレックス新潟)がボックス手前でフリーとなりミドルシュート。それでもゴールを奪えず、0-0のゴールレスドローに終わった。 試合を振り返った半田は「僕は2を失った感覚の方が強いですね」とコメント。勝ち点1を獲得したのではなく、「3」を取れる試合だったと感じていたようだ。 その理由について半田は「前半はだいぶ押し込める時間もあった中で、シュートシーンに何回かいけているところもあって、そこは決め切らないといけなかったですし、10人になってからもチャンスがなかったわけではなかったので、絶対に勝ち切りたかった試合でした」とコメント。チャンスを作りながらも決めきれなかったことを悔やんだ。 右サイドバックとしてフル出場した半田。自身のパフォーマンスについては「(藤尾)翔太、(鈴木)唯人と右サイドを崩せるシーンが何回かあって悪くなかったですが、守備ではトゥルキ・アル・アマルにだいぶ深いところまで行かれたので、ステップをもう少し改善したいと思います」と語り、相手にチャンスを作られたシーンを反省した。 ただ手応えもあったようで「クロスも跳ね返すことができていましたし、打たれても(鈴木)彩艷が抑えてくれていたので、ゼロで終われたのは良いことです。これからの試合でも続けていければと思います」と、無失点に抑えられたことは満足しているようだ。 初戦のUAE代表戦では、同じ右サイドバックの内野貴史(デュッセルドルフ)が得点に絡んでいた。 内野のプレーには「1試合目は内野選手が起点になってゴールが生まれていたので、昨日の試合は僕も意識していましたが、結果が出せなくて非常に悔しいです」とコメント。得点に絡めなかったことを悔やんだ。 その内野のプレーに感じることは「守備の強度、攻撃に関わる回数は勉強になりました」と語り、ドイツでプレーしているところとの差を感じたという。 10人になってからはチャンスもあったがピンチもあった。意識したことについては「より失点はしないようにというチームの中での認識はありましたし、相手コートでプレーをするために(中島)大嘉を使おうということはチーム全員が思っていたことです」とコメント。その中でGK鈴木彩艷(浦和レッズ)の活躍が光ったが「後半相手のアル・アマルに打たれたシュートは入ってしまったかなと思ったところを止められる素晴らしいGKなので、僕らは彩艷が助けてくれた分、体を張って守らないといけないです」とコメント。「彩艷は前半も唯人に出した飛距離のあるボールで攻撃の起点にもなるので、彩艷が守備陣の士気を上げてくれたり、チーム全体の士気を上げてくれる存在です」と、最後尾で支えてくれる守護神の存在をありがたがった。 [試合情報] AFC U23アジアカップ2022 グループステージ第3戦 U-21日本代表 vs U-23タジキスタン代表 2022年6月9日(木)22時キックオフ DAZN独占配信 2022.06.07 18:41 Tue
twitterfacebook
thumb

2試合連続途中出場の三戸舜介、後半ATの決定機逸に「ちょっと力んでしまった」

U-21日本代表のMF三戸舜介(アルビレックス新潟)が、サウジアラビア代表戦を振り返った。 ウズベキスタンで開催されているAFC U23アジアカップに参加している日本。初戦のUAE代表戦を1-0で勝利し、6日には第2戦でサウジアラビアと対戦した。 試合は前半は難しい戦いとなった日本だが、サウジアラビアの攻撃をGK鈴木彩艷(浦和レッズ)の好セーブなどで凌ぐと、決定機を迎えたながらもゴールが奪えずゴールレスで折り返す。 ボールを握る時間があっても決定機を活かせない日本。後半途中には相手と競り合った際に腕を振ったとして藤尾翔太(徳島ヴォルティス)が一発退場。数的不利となる中、後半アディショナルタイムには決定機。三戸がボックス手前でフリーとなりミドルシュート。それでもゴールを奪えず、0-0のゴールレスドローに終わった。 この試合に61分から途中出場した三戸。最後のチャンスについては「あそこは練習からやっていたシュートの形だったんですが、相手をかわした後のボールタッチが思うようなところに行かなくて、ちょっと力んでしまったのもあって、あまり上手くいかなかったです」とコメント。得点チャンスを逸したことを悔やんだ。 三戸はサウジアラビア戦に続いての途中出場となったが「2試合とも前半は難しい形というか、相手を見ながらという感じで、自分が入った時は攻撃の起点。流れを作るというところを意識して臨みました」とコメント。その中でのパフォーマンスについては「結果にこだわってるので満足はしていないですし、もっと自分の特徴を出せるかと思います」と、攻撃で違いをもっと作りたいとした。 ここまで1勝1分けという状況。海外のチームを相手にしているが「日本でするのとは感覚というか、足が出てくるところ、寄せが違うところはありますが、やはり楽しいです」とコメント。普段とは違う相手は楽しいという。 プロ2年目の三戸。ここまでの出来については「攻撃の部分ではボールに関わり続けろと言われてきて、1試合目は見られたかなと思います」と語り、「守備ではボールに激しく行くところは言われていて、そこもできていると思います」と、アルベル監督(現FC東京)や松橋力蔵監督に教えられたことは出せているようだ。 これまでの三戸は追加招集でトレーニングキャンプなどに参加していたが、今回は正式に最初から招集されての大会参加となった。 「追加招集を2回も経験して、悔しかったですし、初めから選ばれたいというのは2回目の追加招集の後に思いました」と悔しさがあったとし、「新潟に帰って、もう1回自分を出そうというか、結果にも拘りましたし、得点やアシストができたので、2回目の追加招集がきっかけでした」と、2度目の追加招集で意識を改めたと振り返った。 その三戸は新潟のサポーターからも愛され、「三戸ちゃん」と初戦でも騒がれていた。三戸本人は、「1試合目終わった後もツイッターのトレンドで三戸ちゃんが入っていて、熱いというか嬉しいですね」とサポーターの後押しに感謝を示した。 次戦はタジキスタン代表。この世代では2018年に行われたAFC U-16選手権のグループステージで同居して以来の対戦となる。 三戸はタジキスタンについて「引いてカウンターみたいな。その印象ですね」とコメント。「最終予選(U-17ワールドカップの最終予選を兼ねていた)は途中交代で何もできず、悔しかったです。次の試合は自分のプレーでチームを勝たせたいと強く思います」と、当時のリベンジを果たしたいと意気込んだ。 次戦に向けては「今年は結果にこだわっているのでゴールを決めたいですし、ゴールにつながるプレー、アシストでもしたいと思います」とコメント。チームを勝利に導けるか注目だ。 [試合情報] AFC U23アジアカップ2022 グループステージ第3戦 U-21日本代表 vs U-23タジキスタン代表 2022年6月9日(木)22時キックオフ DAZN独占配信 2022.06.07 17:38 Tue
twitterfacebook
thumb

終盤10人となったU-21日本代表、強豪サウジアラビアにゴールレスドロー《AFC U-23アジアカップ》

U-21日本代表は3日、AFC U-23アジアカップのグループD第2節でU-23サウジアラビア代表と対戦し、0-0で引き分けた。 3日前に行われたU-23UAE代表戦をGK鈴木彩艶のPKストップで2-1と競り勝って白星スタートとした日本は、UAE戦のスタメンから3選手を変更。山田、松岡、内野に代えて藤尾、山本、半田を起用した。 ◆U-21日本代表(スターティングメンバー) GK:鈴木彩艶(浦和) DF:半田陸(山形)、鈴木海音(栃木)、チェイスアンリ(シュツットガルト)、加藤聖(長崎) MF:鈴木唯人(清水)、山本理仁(東京V)、藤田譲瑠チマ(横浜FM) FW:藤尾翔太(徳島)、細谷真大(柏)、斉藤光毅(ロンメル) 初戦のU-23タジキスタン代表戦を5発圧勝としたサウジアラビアに対し、アグレッシブな入りを見せた日本は10分、左サイドを突破した斉藤がシュート。際どかったが、わずかに枠の上に外れた。立ち上がりの攻勢を経て、徐々にペースダウンしていった日本だったものの、36分に好機。 斉藤がボックス手前左からミドルシュートを放つと枠を捉えたが、GKのファインセーブに阻まれた。さらに42分、加藤の左クロスからファーサイドの藤尾がヘッド。これも決定的だったが、ミートしきれずボールは枠外へ。 日本が押し込みながらもゴールレスで迎えた後半も押し込む入りとした日本。しかし、決定機を生み出すには至らない。 63分には斉藤に代えて三戸を投入した中、73分にピンチ。アルアンマールのカットインシュートでゴールを脅かされたが、GK鈴木が好守で阻止した。 すると76分、日本に退場者。藤尾が空中戦の競り合いの際に相手選手の顔面に手を打ち付けてしまい、VARの末にレッドカードとなった。 10人となった日本は89分にピンチ。再びアルアンマールにカットインシュートでゴールを脅かされるも、ここもGK鈴木がファインセーブで凌いだ。 追加タイム3分にはラディフにボックス右からシュートに持ち込まれるピンチを迎えたが、三度GK鈴木が防ぎゴールレスでタイムアップ。10人となりながらもサウジアラビアと勝ち点1を分け合った。 日本は9日、グループステージ最終節でU-23タジキスタン代表と対戦する。 U-21日本代表 0-0 U-23サウジアラビア代表 ◆U-21日本代表 GK:鈴木彩艶(浦和) DF:半田陸(山形)、鈴木海音(栃木)、チェイスアンリ(シュツットガルト)、加藤聖(長崎) MF:鈴木唯人(清水)[→山田楓喜(京都)、山本理仁(東京V)[→松岡大起(清水)]、藤田譲瑠チマ(横浜FM) FW:藤尾翔太(徳島)、細谷真大(柏)[→中島大嘉(札幌)]、斉藤光毅(ロンメル)[→三戸舜介(新潟)] [試合情報] AFC U23アジアカップ2022 グループステージ第3戦 U-21日本代表 vs U-23タジキスタン代表 2022年6月9日(木)22時キックオフ DAZN独占配信 2022.06.07 00:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly