ジェノア、レバークーゼンからドイツ代表MFアミリを獲得!

2022.01.30 05:30 Sun
Getty Images
ジェノアは29日、レバークーゼンからドイツ代表MFナディーム・アミリ(25)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「8」に決定した。
PR
今回の契約には幾つかの条件を達成した場合、買い取り義務が生じる条項が盛り込まれている。
ドイツ『キッカー』によれば、出場試合数などのスポーツ面に加え、ジェノアのセリエA残留が買い取りの条件になっているという。また、移籍金に関しては900万ユーロ(約11億6000万円)程度になるとのことだ。

アフガニスタン人の両親の元でドイツで生まれ育ったアミリは、ホッフェンハイムでプロデビュー。その後、2019年にレバークーゼンに加入した。

2列目を主戦場にテクニックと創造性に優れる攻撃的MFは、ドイツのフル代表で5キャップ。先の東京オリンピックではオーバーエイジとしてU-24ドイツ代表としてもプレーしていた。
今季のレバークーゼンではブンデスリーガ13試合に出場し1ゴールを記録したが、先発はわずかに3試合に留まっていた。

PR
関連ニュース

ジェノア、ビッグクラブ関心のフレンドルップと2028年までの新契約締結!

ジェノアは2月29日、デンマーク代表MFモルテン・フレンドルップ(22)との新契約締結を発表した。新たな契約期間は2028年6月30日までとなる。 母国のブレンビーIFの下部組織で育ったフレンドルップは、果敢なプレスからのボール奪取能力が最大の特長のMF。主戦場はセントラルMFだが、守備的MFや中盤の両サイドでもプレーできるユーティリティ性を持ち合わせている。 2022年冬に加入したジェノアでは、すぐにレギュラーに定着。昨季は公式戦40試合に出場すると、今シーズンも主力としてここまで公式戦27試合に出場し1ゴール5アシストを記録している。 同選手に関しては、今冬の移籍市場でリバプールからの関心が伝えられたが、ジェノバの地でキャリアを継続する道を選択した。 2024.03.01 06:30 Fri

「2桁ゴールなし」イタリア代表のストライカー陣が軒並み低調? 伊紙がユーロ2024へ向けて問題提起

イタリア代表のストライカー陣が所属クラブで数字を伸ばせていない。イタリア『カルチョメルカート』が問題提起している。 今夏ユーロ2024を控えるイタリア代表。いくら過去2回のワールドカップ(W杯)に出場できていないと言っても、そこは欧州王者。通算3度目の優勝、同国史上初の連覇に期待が懸かる。 ここで、ルチアーノ・スパレッティ監督就任後の全3回の代表活動(昨年9月・10月・11月)に1度でも招集され、センターフォワードとして1分でもプレーした選手を並べてみよう。(指揮官は全6試合とも[4-3-3]を採用) チーロ・インモービレ(ラツィオ) 今季リーグ戦:22試合6得点 国際Aマッチ通算:57試合17得点 ジャコモ・ラスパドーリ(ナポリ) 今季リーグ戦:25試合3得点 国際Aマッチ通算:24試合6得点 ジャンルカ・スカマッカ(アタランタ) 今季リーグ戦:19試合6得点 国際Aマッチ通算:15試合1得点 マテオ・レテギ(ジェノア) 今季リーグ戦:19試合6得点 国際Aマッチ通算:4試合2得点 『カルチョメルカート』は「危機に瀕する攻撃陣。2月末の段階で、ストライカーは誰一人2ケタゴールまで到達せず。スパレッティは誰をユーロへ連れていき、誰を振り落とすのか」と問題提起。 そう、4者ともそれぞれクラブでの立ち回り・役割の影響であったり、ケガの影響であったりと、あまりゴール数を伸ばせていないのだ。 ゴール数以外にも懸念点があり、34歳インモービレは最近隠せなくなった「衰え」、ラスパドーリは「ナポリで控え」、スカマッカは「代表での存在感に乏しい」などなど… 選手の“枠”を考慮すれば、少なくとも1人はユーロ行きを逃すことになりそうだが、カルチョファンのあなたがスパレッティ監督の立場なら、誰をチョイスするだろうか。 今冬フィオレンティーナへレンタル移籍したアンドレア・ベロッティ、イタリア人ストライカーでセリエA得点ランキングトップ(9得点)のアンドレア・ピナモンティ etc...スパレッティ体制で声がかかっていない選手も数多くいる。 2024.02.28 16:45 Wed

ジェノアがメキシコ代表DFバスケスと2027年まで契約延長

ジェノアは22日、メキシコ代表DFヨハン・バスケス(25)との契約を2027年6月30日まで延長したことを発表した。 センターバックを本職に、左サイドバックでもプレー可能なレフティーのDFであるバスケスは、メキシコの名門モンテレイとプーマスで活躍し、2021年冬にジェノアへ完全移籍。 ジェノアでは加入後すぐに定位置を掴むと、これまで公式戦56試合に出場し2ゴールを記録。今季もここまでセリエA全試合に出場している。 2019年10月にデビューしたメキシコ代表ではこれまで18試合に出場。東京オリンピックやカタール・ワールドカップにも出場。また、昨年のゴールドカップ2023ではメキシコ代表の一員として5試合に出場し2大会ぶりの優勝に貢献した。 2024.02.22 23:30 Thu

ウンゴニエの終盤弾でナポリが辛くもジェノアにドロー【セリエA】

ナポリは17日、セリエA第25節でジェノアをホームに迎え、1-1で引き分けた。 前節ミランに敗れて4試合ぶりの黒星となった9位ナポリ(勝ち点35)は、アフリカネーションズカップから帰還が遅れたオシムヘンが引き続き欠場。4日後にチャンピオンズリーグのバルセロナ戦を控える中、新戦力のハメド・トラオレが[4-3-3]の左インサイドMFで初先発となった。 12位ジェノア(勝ち点29)に対し、シメオネ、クワラツヘリア、ポリターノの3トップで臨んだナポリは開始3分、クワラツヘリアがカットインシュートでGKを強襲。その後、7分にレテギのヘディングシュートでゴールを脅かされるも、GKメレトがファインセーブで凌いだ。 引き続き押し込むナポリは14分にシメオネのボレー、15分にアンギサのボレーでゴールに迫った中、29分にもレテギのヘディングシュートでゴールを脅かされたが、ここもGKメレトが好守で凌ぐ。 ハーフタイムにかけてもハーフコートゲームとしたナポリだったが、スコアは動かせず0-0で前半を終えた。 すると迎えた後半開始4分、ナポリは先制を許す。レテギのポストプレーを起点にフレンドルップにコントロールシュートを決められた。 追う展開となったナポリは60分にウンゴニエとリンドストロームを投入。すると74分に同点のチャンス。CKからアンギサが決定的なヘディングシュートを放ったが、枠の上に外してしまった。 その後、ラスパドーリを投入したナポリは敗色濃厚となっていた終盤の90分に追いつく。サイド攻撃で揺さぶった流れからディ・ロレンツォがヘッドで落とすと、ボックス中央のウンゴニエが反転から左足ダイレクトでシュートを蹴り込んだ。 辛くも追いついたナポリが勝ち点1を拾い、バルセロナ戦に向かうことになった。 2024.02.18 01:05 Sun

ユベントス、キエーザ契約延長拒否の場合はジェノアMFグズムンドソンを後釜に指名か

ユベントスがジェノアのアイスランド代表MFアルベルト・グズムンドソン(26)の獲得を視野に入れているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 ユベントスではイタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(26)が2025年6月に切れる契約の延長を拒否する可能性が報じられている。現在、年俸500万ユーロ(約8億円)を受け取っているとされるキエーザだが、チーム最高年俸のFWドゥシャン・ヴラホビッチと同額の700万ユーロ(約11億2000万円)を望んでいるとされる。 ただ、ユベントスとしては年俸を500万ユーロから引き上げる意思はないようで契約延長を拒否された場合は、そのまま退団となってしまう可能性が高いようだ。 そこで後釜として考慮しているのがキエーザ同様にセカンドトップタイプのグズムンドソンとのこと。今季セリエA21試合で9ゴールと印象的な活躍を見せているアタッカーは、12月のユベントス戦でもゴールを挙げ、評価を高めている。 1月にはフィオレンティーナが2500万ユーロ(約40億円)のオファーを提示したもののジェノアは拒否。移籍金は4000万ユーロ(約63億8000万円)に設定されているようだ。 2024.02.07 23:00 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly