「どのポジションでも得点に絡むのが自分の強み」W杯最終予選無得点のFW南野拓実が2連戦での改善誓う

2022.01.26 17:25 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
日本代表のFW南野拓実(リバプール)が、26日にメディアのオンライン取材に応対した。

日本代表はカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に向け、24日からトレーニングキャンプを実施。イングランドから帰国した南野もトレーニングに参加している。

予選6試合で4勝2敗の成績を残し、現在2位につける日本代表。27日に行われる中国代表戦と、2月1日に行われるサウジアラビア代表戦のホーム2連戦は非常に重要な一戦となることから、最終予選ではいまだ得点がない南野の活躍が求められている。

南野自身、最終予選でまだゴールがないことについて「2次予選と違い相手のレベルも上がっていますし、シュートの回数も少なっているかなと。だからこそ、少ないチャンスで決めることが大事になります」とコメント。「システムが変わってから、ゴールに向かうポジションも変わりました。そのなかで、ゴールに向かっていくプレーは少なくなっていますね。そのなかでどうチームと連係してゴールにつなげるかが課題ですし、改善してゴールをとれればなと」と語り、対戦相手の変化や戦術の変更が影響していると語った。

一方で、自身のポジションについては「大前提としてチームで求められる仕事があり、そのうえで良さを出すのが大事です。トップ下の方がやりやすいかなとは思いますが、どんなポジションでもゴールに絡めるのが自分の強みなので、それを出してチームに貢献したいと思います」と答え、戦術や布陣が変わったとしても、そこに適応する必要があると強調している。

ここまで日本が連戦の初戦で苦しんでいることについては「自分もチームもそれは感じています。準備期間は短いからと言って、言い訳はできないので。もう(試合を)落とせない状況だから、できる限りの準備を最大限にしていきたいですね。気持ちの部分でも、そこをチームとしてしっかり意識していければ」と語り、「少ない時間のなかで、できることは全部やっていますが、結果がすべて。うまく行かなかった初戦が2つ続いて感じたのは、気持ちの部分でしかないなと。1試合1試合の重要性を全員が意識する必要があります」と分析した。

また、この2連戦ではキャプテンを務めるDF吉田麻也がケガで不在となるが「僕個人としては自分のことに集中するだけ。確かにキャプテンがいないのはチームのなかで一つのネガティブな要素だと思います。でも、そういうときこそチームが一つとなって乗り越えるしかない。だからそこまで気にしないし、代わりとなる良い選手もたくさんいますから。代表は皆責任感を持ってプレーするだろうし、僕自身もそういう気持ちでやりたい」と話し、大きな影響はないと強調した。

さらに、代表がリバプールと同じ[4-3-3]を採用したことについては「相手が3枚で回すか2枚で回すかで、僕たちのタイミングやどういう方向でプレスをかけるかも多少変わります。そこを全員で共有できるかが重要だし、僕も感じたことは言っています。何より大事なのは共通理解ですね」とプレスのかけ方について見解を述べつつ、「最終予選ではチームとしての長所があまり出ていないなと思います。迷いながらプレーしている部分もあるなと自分でも感じているので。チームとして皆の良さが出るようにというのは常に考えていますし、短い期間でも見直してやっていければ」と意気込みを口にした。



関連ニュース
thumb

U-23アジアカップに臨むU-21日本代表が京都MF山田楓喜を追加招集 「本気で戦って魅せてきます!」

日本サッカー協会(JFA)は28日、U-21日本代表に京都サンガF.C.のMF山田楓喜を追加招集すると発表した。 山田は2020年に京都U-18からトップチームに昇格した生え抜き。3年目の今季はここまで公式戦14試合の出場で2ゴールを記録している。 クラブの公式サイトを通じては「日々サンガでやり続けてきていることを日本代表でも変わらずやるだけです! 本気で戦って魅せてきます!」とコメントしている。 AFC U-23アジアカップに臨むU-21日本代表はグループステージでUAE代表(3日)、サウジアラビア代表(6日)、タジキスタン代表(9日)と対戦する。 2022.05.28 17:15 Sat
twitterfacebook
thumb

フランス遠征のU-19日本代表、G大阪FW坂本一彩を追加招集!

日本サッカー協会(JFA)は27日、U-19日本代表にガンバ大阪のFW坂本一彩を追加招集を発表した。 坂本はG大阪ユースから昇格1年目のストライカー。最近は出番がない状況だが、ここまで明治安田生命J1リーグ4試合とJリーグYBCルヴァンカップ4試合の計8試合でプレーしている。 U-19日本代表は5月29日から旧トゥーロン国際大会である第48回モーリスレベロトーナメントに参戦のため、フランスへ。アルジェリア代表、コモロ代表、コロンビア代表と対戦する。 2022.05.27 16:45 Fri
twitterfacebook
thumb

U-21日本代表に札幌FW中島大嘉、明治大学MF佐藤恵允が追加招集《AFC U-23アジアカップ》

日本サッカー協会(JFA)は27日、AFC U23アジアカップに臨むU-21日本代表の追加招集メンバーを発表した。 6月1日からウズベキスタンで行われる同大会。U-21日本代表は、北海道コンサドーレ札幌のFW中島大嘉、明治大学のMF佐藤恵允を追加招集した。 24日に21名のメンバーが発表されていた中、ヴィッセル神戸のMF小田裕太郎がコンディション不良のために参加を辞退していた。 残り2名を改めて発表すると大岩剛監督が語っていたが、残りは1名となった。 2022.05.27 15:50 Fri
twitterfacebook
thumb

日本代表4試合の国歌独唱歌手が決定! 石井竜也さん、ナオト・インティライミさん、平原綾香さん、秋川雅史さん

日本サッカー協会(JFA)は27日、キリンチャレンジカップ2022、キリンカップサッカー2022の4試合の国歌独唱の歌手を発表した。 久々に行われる国内での親善試合。4試合全てで、日本国歌の『君が代』が独唱される。 キリンチャレンジカップ2022では、6月2日に札幌ドームで行われるパラグアイ代表戦で石井竜也さんが、同6日に国立競技場で行われるブラジル代表戦ではナオト・インティライミさんが国歌を独唱する。 また、キリンカップサッカー2022では、6月10日にノエビアスタジアム神戸で開催されるガーナ代表戦で平原綾香さん、同14日にパナソニック スタジアム 吹田で行われるチリ代表またはチュニジア代表戦で秋川雅史さんが国歌を独唱する。 2022.05.27 14:47 Fri
twitterfacebook
thumb

神戸の小田裕太郎がU-21日本代表を辞退…コンディション不良

日本サッカー協会(JFA)は27日、ヴィッセル神戸のMF小田裕太郎がAFC U23アジアカップに臨むU-21日本代表を辞退することを発表した。 JFAの発表によると、小田はコンディション不良とのこと。参加を辞退することとなる。 今シーズンの小田は明治安田生命J1リーグで8試合に出場。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフのメルボルン・ビクトリー戦にも出場したが、その後負傷し本大会には参加していなかった。 U-21日本代表は、日本は初戦でUAE代表、サウジアラビア代表、タジキスタン代表と対戦する。 2022.05.27 12:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly