アタランタのU-21イタリア代表FWピッコリ、ジェノアへ半年間のレンタル

2022.01.26 00:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アタランタは25日、U-21イタリア代表FWロベルト・ピッコリ(20)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。

10歳でアタランタの下部組織に入団したストライカーのピッコリは、2019年4月にプロデビュー。昨季はスペツィアにレンタルで武者修行し、セリエAで20試合に出場し、5ゴール1アシストを記録していた。今季はアタランタに復帰したものの、セリエAで12試合(先発は直近のラツィオ戦のみ)に出場し1ゴールを挙げるに留まっていた。

移籍先のジェノアは先日、アンドリー・シェフチェンコ監督を解任。降格圏の19位に沈んでいる。


関連ニュース
thumb

アタランタ、ムリエルが左ヒザ負傷で数週間の離脱へ

アタランタのコロンビア代表FWルイス・ムリエルが左ヒザの負傷で数週間の離脱を強いられる見込みだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。 報道によると、15日に行われたセリエA第37節のミラン戦(0-2で敗戦)で左ヒザを痛めて後半序盤にピッチを退いたムリエルは、その後の検査の結果、左ヒザ内側側副じん帯にグレード1か2の損傷が確認されたという。 そして、このケガによってムリエルは今週末に控えるエンポリとのセリエA最終節の欠場に加え、6月のコロンビア代表での活動を断念することになるようだ。 現在、8位のアタランタは1ポイント差の6位ローマ、同勝ち点の7位フィオレンティーナと熾烈なヨーロッパリーグ、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ出場争いを繰り広げており、主力FWの離脱は痛手となりそうだ。 2022.05.18 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

難敵アタランタを下したミラン、11年ぶりスクデットへあと1pt《セリエA》

ミランは15日、セリエA第37節でアタランタをホームに迎え、2-0で勝利した。 前節ヴェローナ戦をトナーリのバースデー弾2発で快勝とし、2位インテルとの2ポイント差を維持した首位ミラン(勝ち点80)は、あと4ポイントでスクデット獲得となる中、ジルーを最前線に2列目に右からサーレマーケルス、クルニッチ、レオンと並べた。 ヨーロッパリーグ出場権を争っている8位アタランタ(勝ち点59)に対し、守勢の入りとなったミラン。それでも、前がかるアタランタに冷静に対応していく。 前半半ば以降も受けに回っていた中、31分にはムリエルのミドルシュートで、38分にはザッパコスタのミドルシュートでゴールを脅かされたが、前半終盤には押し込む時間を作った中、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、53分にテオ・エルナンデスの直接FKでゴールに迫ったミランは56分に先制する。直前に投入されていたメシアスのフィードを受けたレオンがボックス右まで侵入。シュートを決めきった。 先制後、自陣に引いてアタランタの攻撃を受け止めたミランは75分、テオ・エルナンデスの個人技で追加点を奪う。自陣から持ち上がったテオ・エルナンデスが相手ボックス内まで侵入。驚異のロングドリブルからシュートを決めきった。 リードを広げたミランは終盤にかけても安定した守備を披露。2-0でシャットアウト勝利を飾り、最終節サッスオーロ戦を引き分け以上で11年ぶりスクデットが決まる状況となった。 2022.05.16 02:58 Mon
twitterfacebook
thumb

アタランタが監督交代考慮か? アメリカ資本入りクラブに変化

アタランタが来シーズンに監督交代に踏み切る可能性があるようだ。 アタランタは長らく現会長のアントニオ・ペルカッシ氏を始めとするペルカッシ・ファミリーがクラブ経営に携わり、近年はジャンピエロ・ガスペリーニ監督の下でスクデット争い、UEFAコンペティションでも大躍進を見せている。 今シーズンは一部主力の引き抜きや度重なる負傷者の影響もあり、3シーズン連続のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得は逃したが、逆転でのヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得も可能な8位に位置している。 しかし、直近のスペツィア戦後にイタリア『DAZN』のインタビューに応じたガスペリーニ監督は、昨年11月に2024年までの新契約にサインしたにも関わらず、クラブの体制変更によって今後の去就が不透明であることを示唆している。 なお、アタランタは今年2月にNBAのボストン・セルティックスの共同オーナーを務めるスティーブ・パリュウカ氏が率いる投資家グループが、アタランタの経営権を持つ『La Dea』の株式55%を購入。 今後の共同経営では、ヨーロッパ以外の地域でのクラブのブランド認知を拡大することを目的とし、ひとまずは以前の経営陣を軸にクラブ運営を行っていくとの説明だったが、やはり新体制以降による影響があるようだ。 「私はこのクラブとファンがとても好きだ。(昨年)11月に契約を結んだが、明らかに状況は変わっており、クラブによって何が決まるかによって異なる」 「我々はそれについて話したことはない。ただ、個人的にはどんな選択肢も受け入れる。これまで同様、一緒に前進していくのであれば、私自身はこれからも熱意を持って続けていく」 なお、イタリア『Tuttomercatoweb』によれば、仮にガスペリーニ監督がクラブを去る場合は、愛弟子でトリノを率いるイバン・ユリッチ監督、エラス・ヴェローナのイゴール・トゥドール監督が有力な後任候補になるという。 2022.05.10 06:00 Tue
twitterfacebook
thumb

アタランタ下しELベスト4進出のライプツィヒ、テデスコ監督「皆が素晴らしい仕事をした」

RBライプツィヒのドメニコ・テデスコ監督が、ヨーロッパリーグ(EL)での勝利に満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 ライプツィヒは敵地で14日に行われたEL準々決勝2ndレグでアタランタと対戦した。1stレグを1-1のドローで終えており、突破のためには勝利が必要な一戦は、18分にMFクリストファー・エンクンクのゴールで先制に成功。その後はアタランタの反撃を受けるもしのぎ切り、87分に得たPKをエンクンクが決めて2-0で勝利した。 この結果、合計スコア3-1となりELベスト4進出が決定したことについて、試合後テデスコ監督は難敵だったアタランタを称賛。そのうえで、こうしたチームに勝利したチームを誇った。 「皆がアタランタの実力を目にしたのではないかと思う。彼らはフィジカルが凄くて、攻撃的で、深い位置まで仕掛けてくる。そうした相手に対して、我々が見せたようにしっかり守ることができれば、本当に強いチームだと言えるだろう。今日は誰かを特別視するつもりはない。皆が素晴らしい仕事をしたからね」 また、この試合で先発したスロベニア代表MFケビン・カンプルも試合後のインタビューで勝利に歓喜。決勝進出に向けて、意気込みを示している。 「今日は批判されるようなことはあまりなかったと思う。前半はもう少しボールをキープできたと思うし、サポートする選手をもう少し長く待つべきだったが、全体としては素晴らしい試合だった。チームはとても成熟していてクレバーだったね。大きな称賛に値する」 「少し深い位置にラインを敷き、相手にもう少しポゼッションさせたかった。ピッチの高い位置で守備をすると、相手は速さのある前線にハイボールを送るはずだから、それは避けたかったんだ。僕たちはハーフウェイラインからプレスをかけて、ボールを奪おうとしたよ。それがうまくいき、とても良いゴールが生まれたね。後半も落ち着いて自分たちのプレーを続け、最後にとどめを刺すことができた」 「準決勝に進出できたことはとても感慨深いよ。そして準決勝でプレーできるチャンスがあるなら、当然決勝でもプレーしたい。みんなの顔には喜びが表れていて、本当に良かった」 2022.04.15 13:07 Fri
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ&ハマーズが強豪対決制す! 延長戦制したレンジャーズも4強入り《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝の2ndレグ、アタランタvsRBライプツィヒが14日に行われ、アウェイのライプツィヒが0-2で勝利。この結果、2戦合計1-3としたライプツィヒの準決勝進出が決まった。 ライプツィヒホームの1stレグは前半はアタランタ、後半半ば以降はライプツィヒと、互いに主導権を握る拮抗した展開の末に1-1のドロー決着となった。 この試合をホームで戦うアタランタは1-2で敗れた直近のサッスオーロ戦で温存した一部主力を復帰させたものの、公式戦2連発中のムリエルはベンチからのスタートに。 一方、先週末にホッフェンハイムとの上位対決に3-0で快勝したライプツィヒは、3バックの右をクロステルマンからシマカンに入れ替えた以外同じメンバーで臨んだ。 立ち上がりはホームのアタランタが、両ウイングバックの攻撃参加を軸に良い形の攻めを見せる。しかし、序盤の劣勢を撥ね返したライプツィヒが先にゴールをこじ開ける。18分、右サイドでのヘンリクスとのパス交換から右のスペースに飛び出したライマーが深い位置まで運んでプルバック。これを猛スプリントでゴール前に入ってきたエンクンクがワンタッチで流し込んだ。 1stレグとは異なりライプツィヒが先手を奪った試合は、ここからアタランタが前に出ていくが、ライプツィヒが集中した守備と安定したボール保持でうまくゲームをコントロール。1点リードのままハーフタイムを迎えた。 後半は立ち上がりからアタランタが攻勢を強める中、立ち上がりにはマリノフスキーの直接FKがボックス内で壁に入っていたダニ・オルモの手に当たってオンフィールドレビューが入るが、ここはハンドはないとの判定でPKは与えられず。 早い時間帯の同点ゴールのチャンスを逸したアタランタは、マリノフスキーを下げて切り札のムリエルを投入し、より前がかる。これに対してライプツィヒは守備のテコ入れ、カウンター色を強める交代策で冷静に対応。 アタランタがゴールに迫るシーンを増やすも最後がうまくいかず、試合は後半終盤に突入。すると、87分にはボックス内に抜け出したエンクンクがGKムッソのファウルを誘いPKを獲得。これを自ら左上隅に突き刺し、決定的な2点目とした。 その後、ホームチームの決死の猛攻を撥ね返し続けたライプツィヒが準決勝進出を決めた また、同日行われたリヨンvsウェストハムは、アウェイのウェストハムが0-3で勝利。この結果、2戦合計1-4としたウェストハムの準決勝進出が決まった。 ロンドンでの1stレグは10人のウェストハムが1-1のドローに持ち込み、拮抗した状況で運命の第2戦を迎えた。ホームのリヨンがほぼベストメンバーを揃えた一方、アウェイのウェストハムは初戦で退場したクレスウェルに加え、直近の試合で負傷したズマと2人の主力DFを欠く中での一戦となった。 試合は前回対戦同様にリヨンがボールを握って押し込む時間帯が続く。しかし、最後のところで粘るウェストハムの守備を最後のところでこじ開けられない。 一方、アントニオを起点としたカウンターがなかなか嵌らずに決定機まで持ち込めずにいたウェストハムだったが、38分にはフォルナルスの左CKをニアに飛び込んだドーソンが渾身のヘディングで合わせ、得意のセットプレーから先制に成功。さらに、前半終了間際の44分にはカウンターの形からペナルティアーク付近でクリアボールに反応したライスが低い弾道のミドルシュートをゴール左隅に突き刺し、最高の時間帯に追加点を奪った。 さらに、畳みかけるアウェイチームは後半立ち上がりの48分にもフォルナルスのスルーパスに抜け出したボーウェンがきっちりゴールを陥れて一気に突き放す。 以降はホームで意地を見せたいリヨンがリスクを冒して前に出たが、専守防衛の構えを見せるウェストハムがきっちり耐え抜いた。そして、敵地で完勝のウェストハムは準決勝でバルセロナを破ったフランクフルトとの対戦が決定した。 なお、レンジャーズとブラガによるアウトサイダー同士の一戦は、2戦合計スコアで並んだ中、延長戦を制したレンジャーズが2戦合計3-2でライプツィヒの待つ準決勝進出を決めた。 敵地での初戦を0-1で落としたレンジャーズは、前半にタベルニエが2ゴールを決めて2戦合計スコアで逆転に成功。さらに、2点目のPKを献上した相手DFトルメナの退場によって数的優位まで手にした。 しかし、試合を決定づける3点目を奪えずにすると、試合終盤の83分にはカルモにセットプレーから2戦合計スコアをタイに戻すゴールを奪われ、延長戦まで持ち込まれた。 それでも、延長戦では好調ルーフェのゴールで勝ち越しに成功すると、直後に相手MFメデイロスが退場に。そして、9人相手にきっちりリードを守り切ってベスト4進出を決めた。 2022.04.15 06:48 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly