着々補強のアストン・ビラ、ベンタンクールも視野に

2022.01.23 22:44 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アストン・ビラが、ユベントスのウルグアイ代表MFロドリゴ・ベンタンクール(24)の獲得を検討しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

スティーブン・ジェラード監督の就任から調子を上げるアストン・ビラ。今冬の移籍市場ではMFフィリペ・コウチーニョやDFリュカ・ディーニュを獲得するなど、新指揮官の持つオーラがピッチ内外に影響している印象だ。

そんなビラの次なる補強候補がベンタンクールだ。ウルグアイ代表の常連でもある同選手は2017年夏にボカ・ジュニアーズから加入し、2年目以降は毎シーズン安定して公式戦40試合以上に出場している。

今季もここまで25試合に出場しているが、『デイリー・メール』によれば、ユベントスはオファーを聞く姿勢の模様。市場が閉まる前にスカッドの整理を進めたいようだ。

なお、移籍金は1900万ユーロ(約24億5000万円)程度と見込まれている。


関連ニュース
thumb

アトレティコ退団決定のFWスアレス、インテルが獲得に名乗り

今シーズン限りでアトレティコ・マドリーを退団することが明らかになったウルグアイ代表FWルイス・スアレス(35)に関して、インテルが獲得に動き出したようだ。 スアレスは2020年9月にバルセロナからアトレティコへと完全移籍。2シーズンを過ごした。 これまでアトレティコでは、公式戦82試合で34ゴール6アシストを記録。今シーズンはラ・リーガで34試合に出場し11ゴール3アシスト、チャンピオンズリーグ(CL)で7試合に出場し1ゴールを記録していた。 予てから退団の噂があったスアレスだが、ホーム最終節を前にクラブが公式に退団を発表。今夏にフリーで移籍することとなった。 スペイン『Fichajes』によると、攻撃陣を強化したいインテルは、今夏の移籍市場でスアレスの情報を集めているという。 シモーネ・インザーギ監督も経験豊富なストライカーをフリーで迎えることはプラスと考えており、歓迎しているとされている。 一方で、アストン・ビラ、セビージャ、そしてインテル・マイアミなど、多くのクラブがスアレスに興味を持っているとされ、獲得レースは簡単にはいかないとも見られている。 2022.05.16 22:10 Mon
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラがコウチーニョを完全移籍で買い取り、2026年まで契約

アストン・ビラは12日、バルセロナのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(29)を完全移籍で買い取ったことを発表した。2026年6月までの契約を結んでいる。 なお、バルセロナによれば移籍金は2000万ユーロ(約26億6000万円)、将来的にアストン・ビラがコウチーニョを売却した際には移籍金の50%がバルセロナに入る条項となっている。 コウチーニョは今年1月、バルセロナから4000万ユーロ(約53億円)の買い取りオプション付きレンタルでアストン・ビラに加入。プレミアリーグ16試合の出場で4ゴール3アシストを記録し、欠かせない戦力となっていた中、移籍金の値下げに成功し、来季以降の引き留めが叶った格好だ。 2022.05.13 03:48 Fri
twitterfacebook
thumb

ビラとバルサ、コウチーニョを巡る交渉が完全合意か

ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(29)を巡る交渉が決着したようだ。 コウチーニョはバイエルンでのローン生活を挟んでもバルセロナでの状況が好転せず、今年1月にアストン・ビラに入り。リバプール時代の戦友であり、今や指揮官として接するスティーブン・ジェラード監督の下、ここまで16試合出場で4得点3アシストを記録している。 だが、ビラとの契約内容は半年ローン。ジェラード監督から来季もチームにとどめたい思いが明らかにされるなか、4000万ユーロ(約54億5000万円)の買取オプションを持つビラは引き下げ交渉に動き、その行く末が注目されている状況だったが、話がまとまった模様だ。 移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、コウチーニョがすでにビラと個人条件で折り合いがついたとされるなか、クラブ間の交渉も完全合意。完全移籍でのビラ残留見通しが立つコウチーニョにとって、やはりジェラードの存在が大きかったという。 なお、財政難もあって早く交渉をまとめたいバルセロナは2000万ユーロ(約27億2000万円)程度で取引成立に至ったとみられる。 2022.05.12 09:35 Thu
twitterfacebook
thumb

タイトル争いに踏み止まる決勝弾記録のマネ、アシストのルイス・ディアスを称賛「素晴らしい選手だ」

リバプールのセネガル代表FWサディオ・マネが、勝利への貢献を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 マネは10日に行われたプレミアリーグ第33節延期分のアストン・ビラ戦で先発出場。チームは開始早々に失点を許す展開となったが、その後同点とすると徐々にペースを握りながら後半へ。なかなかチャンスを作れない時間帯が続いたものの、65分にサイドでボールを持ったFWルイス・ディアスからクロスが上がると、マネが上手く頭で合わせて逆転に成功。その後はリードを守り抜き、2-1で勝利した。 チームをマンチェスター・シティとの優勝争いに踏み止まらせる活躍を見せたマネは試合後のインタビューに応じた際、アシストをしたルイス・ディアスを称賛。素晴らしいクロスであり、自分は決めるだけだったと謙遜した。 「まず、ディアスからの良いクロスがあったね。僕はボックス内にいたから、その瞬間はただゴールネットにボールを入れることだけ考えていたんだ。パワーがなくてもゴールになると思っていたから、それを目指していた」 「ディアスのことはしっかり理解しているよ。他の選手がそうであるように、彼も素晴らしい選手だ。僕たちはお互いを知っており、毎日トレーニングをしている。彼がクロスを上げることはわかっていたから、僕はそれに備えるだけだった」 また、リバプールとの契約が来季までとなり、最近ではバイエルンが獲得に関心を示すなど去就が不透明なマネだが、インタビューではチームでプレーできる喜びを強調。チームメイトの助けがあるおかげで、プレーが楽になっていると語った。 「(リバプールでプレーできて幸せかという質問に)もちろんさ。トロフィーを獲得したときは、より幸せだった。もちろん、すべての瞬間を楽しんでいるし、チームメイトのため得点やアシストを心がけているつもりだ。僕はすべてにおいてチームであるか、何もないかだと思っている。今は皆が僕を楽にしてくれているから、もちろんとても嬉しいよ」 2022.05.11 13:06 Wed
twitterfacebook
thumb

厳しい試合を制して首位シティ追走のリバプール、クロップ監督は選手を称賛「信じられないようなメンタリティ」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、厳しい戦いを制したチームを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 先週末のプレミアリーグでトッテナムと引き分けに終わったリバプールは、10日に行われた第33節延期分でアストン・ビラと対戦した。 首位マンチェスター・シティを追走するため勝利が必須な状況の一戦は、開始早々に失点を許す苦しい展開に。それでもセットプレーからDFジョエル・マティプのゴールですぐさま同点とすると、その後はなかなか好機を作れない時間が続いたが、65分にFWルイス・ディアスのクロスをFWサディオ・マネが頭で合わせて逆転に成功。終盤はビラの圧力を受けピンチのシーンもあったが凌ぎ切り、2-1で勝利した。 この結果、リバプールは1試合消化試合の少ないシティと勝ち点で並んだものの、得失点差が「3」あることによって2位となっている。 試合後のインタビューに応じたクロップ監督は、厳しい日程のなかで結果を出す選手たちを称賛。自分たちが現在の位置にいられるのは、選手たちのクオリティや頑張りがあってこそだと強調した。 「信じられないようなメンタリティだった。5人を入れ替えここにやって来て、明らかにうまく整備されたチームとの対戦になった。試合展開に慣れるまで時間が必要だったが、相手は最初からアグレッシブに何度もチャレンジしてきたんだ。我々は間違った場所でボールを失い、リズムをつかむのが難しく、0-1とされてしまった。ただ、そこからすぐ修正できたことが重要だったと思う」 「前半の終盤からゲームをコントロールし始め、我々のやり方ができるようになった。2点目はトップクラスの素晴らしいゴールだった。ボールを奪い返し、パスをして、ルイスがセンセーショナルに、少し揺さぶってからクロスを入れた。そしてサディオが驚くような働きで世界を作ってくれた。その後は守る必要があり、アリ(アリソン・ベッカー)がワールドクラスの働きをしてくれた」 「もし、私の選手たちがこれほど優秀でなかったら、今あなたとはまったく違う話をしていただろう。彼らのクオリティ、メンタリティ、キャラクターがあるからこそ、今の我々があるのだ。このようなことに驚きはないが、それを当然だとも思っていない」 また、クロップ監督はこの試合で数人の選手を入れ替えたことに言及。スタメンの選考は難しい仕事だとしつつ、それが指揮官の役割だと語った。 「彼らに聞けば、皆が『プレーできる』と言うだろう。だから聞かないようにして、私が決断しなければならない。コスタス(・ツィミカス)やカーティス(ジョーンズ)のように、試合感のない選手が出場するのは簡単なことではないが、コスタスは本当によく頑張った。カーティスもとても積極的で、良い瞬間を過ごしていたと思うよ。私はとても好きだった」 「そして、今こそチアゴ(・アルカンタラ)の出番だと思い、彼を後半起用した。そしてチアゴは本当に良いエリアでボールを奪い返して、ゴールに大きく貢献してくれたね。私の仕事は意思決定だ。今の私に今日の先発をどうするか尋ねれば、(負傷交代した)ファビーニョは外すと言うだろう。でも、もう覆すことはできない。彼は試合前に問題はなかったから」 2022.05.11 10:38 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly