柏の長身FWペドロ・ハウル、今季は母国へレンタルか

2022.01.22 13:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
柏レイソルに所属するブラジル人FWペドロ・ハウル(25)が、母国クラブへと移籍することになるようだ。ブラジル『グローボ』が伝えた。

かつてボタフォゴで元日本代表FW本田圭佑とも同僚だった身長192cmのペドロ・ハウルは、2020シーズンまで在籍したケニア代表FWマイケル・オルンガ(現アル・ドゥハイル)に代わる新たな主砲として期待された。

しかし、2021シーズンは公式戦11試合の出番しかなく、明治安田生命J1リーグでも8試合のプレーで3得点にとどまると、9月にはメキシコのフアレスへと期限付き移籍していた。

メキシコのリーガMXでは7試合に出場し2ゴール1アシスト。レンタル期間が終了したため柏に戻ることになる。

2024年まで契約を残すペドロ・ハウルだが、2022シーズンもレンタル移籍が濃厚。その先は、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAの ゴイアスとのことだ。

『グローボ』によれば、すでにメディカルチェックを済ませており、クラブ間で合意に至っているとのこと。ゴイアスのグラウバー・ラモス監督もコメントした。

「ペドロ・ハウルについて、パウロ・ロジェリオ会長と話をした。我々はストライカーについて話、彼はそのうちの1人だった」

「我々がセリエAにいる場合にのみ、彼を連れてくることができると会長が言っていたことを覚えている。彼が来てくれれば、我々を大きく助ける選手となるだろう」

これまでセリエAでは25試合に出場し7ゴール1アシストを記録しているペドロ・ハウル。新天地はゴイアスとなるだろうか。

関連ニュース
thumb

エース移籍の鹿島、エヴェラウドの今季リーグ戦初ゴールで柏との上位対決に粘り勝ち!【明治安田J1第19節】

2日、明治安田生命J1リーグ第19節の柏レイソルvs鹿島アントラーズが三協フロンテア柏スタジアムで行われ、1-2で鹿島が勝利した。 現在5位の柏と2位の鹿島の対戦。勝ち点差「4」の上位対決となった。 ホームの柏は前節からスタメン2名を変更。今節は出場停止の高橋祐治と三原雅俊に代えて、川口尚紀、椎橋慧也を起用した。 対するアウェイの鹿島は、エースのFW上田綺世がベルギーへ移籍。今節から出場せず、上田の他、ディエゴ・ピトゥカ、和泉竜司、アルトゥール・カイキと4名を変更。関川郁万、常本佳吾、土居聖真、樋口雄太を起用した。 立ち上がりからペースを握ったのは柏。両サイドを起点に攻撃を仕掛ける展開に。中盤では両チームの選手が強度高く競り合うシーンが増える。 最初の決定機は13分の鹿島。常本が右足アウトでクロスを送ると、ファーで土居がダイビングヘッド。しかし、当たりが薄くて枠に飛ばない。 柏は細谷へのロングボールや、両ウイングバックの川口と三丸へ展開しそこから攻撃を仕掛ける展開に。鹿島は鈴木をターゲットに、仲間や土居が衛星のように動いてゴールに迫っていく。 互いに相手ゴールにも迫る展開を見せる中、23分には柏がビッグチャンス。椎橋のスルーパスに反応した細谷が持ち出そうとしたところ、対応した関川が倒してボックス手前でファウル。キム・ミンテがカバーに入ろうとしていたためDOGSOとはならずイエローカードが提示された。 しかし、VARのチェックが入り、オン・フィールド・レビューに。笠原寛貴主審は判定を変えず、イエローカードのままに。このFKからマテウス・サヴィオが直接狙ったが、壁にブロックされた。 飲水タイムが明けてからは互いにシュートまで持ち込めないものの、裏を狙う鋭い動きを見せていく。しかし、両守備陣が集中した守りを見せて決定機を作らせない。 そんな中、鹿島は前半アディショナルタイムに決定機。ロングフィードを鈴木がヘディングで落とすと、土居がボックス内で押し込みにいくが、GK佐々木が足を出してセーブ。ゴールを許さない。しかしこれで得た左CKから樋口のクロスをニアに飛び込んだキム・ミンテがヘッド。これが決まり、鹿島が1点をリードして前半を終えた。 後半に向けてリードしている鹿島は安西を下げて、アルトゥール・カイキを投入。柏は同じ11人で臨んだ中、47分に柏が決定機。ボックス手前でフリーで受けたマテウス・サヴィオが振りの早いシュート。しかし、これはGKクォン・スンテがセーブする。 この流れのCKからのクロスはGKクォン・スンテがキャッチすると、低空のパントキックで一気に前線へ。土居が抜け出して受けるが、ファーストタッチが大きくなってチャンスとはならない。 それでも後半の立ち上がりは柏がギアを上げて、何度も鹿島のゴールに迫るが、フィニッシュまではいけない。 鹿島は仲間、土居を下げてディエゴ・ピトゥカ、和泉竜司を投入。柏は細谷、戸嶋を下げて、武藤雄樹、中村慶太を投入する。 すると63分、右サイドからマテウス・サヴィオがクロスを送ると、CBの間に走り込んだ武藤がヘディングシュート。これがネットを揺らし、柏が同点に追いつく。 同点に追いついた柏はその後も手を休めず。75分には最終ラインからのフィードを収めた武藤が、ボックス手前からループシュートで狙うが、枠を越えていく。 防戦が続いていた鹿島だったが80分にビッグチャンス。突破を図った鈴木がボックス内で上島に倒され鹿島がPKを獲得。これをエヴェラウドが蹴ると、GK佐々木は読み切って触ったものの、手を弾いてネットを揺らし、鹿島が勝ち越しに成功する。 再びリードを許した柏は川口を下げて森海渡を投入。すると89分に右サイドからのクロスが流れると、ルーズボールをボックス内で武藤がジャンピングシュート。これは左ポストを直撃。さらに跳ね返りをつなぐと、最後は途中投入の森がヘッドも、ゴールとはならない。 アディショナルタイムも柏が攻め込み続けた中、最後まで集中した守備を見せて守りきり試合終了。1-2で鹿島が勝利を収めた。 柏レイソル 1-2 鹿島アントラーズ 【柏】 武藤雄樹(後18) 【鹿島】 キム・ミンテ(前47) エヴェラウド(後36) 2022.07.02 20:28 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:柏vs鹿島】激戦必至の上位対決! 上田綺世が去る鹿島はどう戦う?

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2022年7月2日(土) 18:30キックオフ 柏レイソル(5位/30pt) vs 鹿島アントラーズ(2位/34pt) [三協フロンテア柏スタジアム] ◆前節の反省を生かせるか【柏レイソル】 前節は首位の横浜F・マリノスと対戦し、まさかの0-4で完敗。大事な上位対決で力の差を見せつけられての敗戦となった。 優勝戦線に絡める中での手痛い敗戦となったが、チームとしても課題が多く残る内容だったと言えるだろう。 今シーズンの柏が上位に位置する理由の1つは強度。高い位置からのプレスはもちろん、球際の競り合いで負けないという強さが強みだったが、横浜FMの立ち回りのうまさに翻弄。安定して上位にいる横浜FMと昨季は迷走したチームの差が出たと言える。 ただ、反省すべき点がハッキリしていることはプラスに捉えられる。今節は同じく上位の鹿島が相手。強度という点では相手も得意とするところで、いかに戦えるのか。自分たちを見失わずにやるべきことをピッチで出せれば勝利は見えてくる。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:佐々木雅士 DF:大南拓磨、上島拓巳、古賀太陽 MF:川口尚紀、椎橋慧也、三丸拡 MF:マテウス・サヴィオ、戸嶋祥郎 FW:細谷真大、小屋松知哉 監督:ネルシーニョ 出場停止:高橋祐治、ドッジ ◆エースを安心させられるか【鹿島アントラーズ】 1日、今季すでに10ゴールを記録し、チームを牽引し続けてきた日本代表FW上田綺世がベルギーのセルクル・ブルージュへの移籍が決定。2日に日本を離れることが決まった。 突然のオファーから移籍決定という流れ。予てから海外でのプレーを望んでいた上田にとっては、またとないチャンスだった。 そのエースが去るとなれば、チームのタイトルを託されるのは残された選手たち。好調を維持していた上田の穴を埋めるのは簡単なことではないが、ここでこそチーム力が試される時が来た。 相手は上位の柏。後半にペースが落ちるという弱点を突かれる可能性は高いが、前半のうちに試合を決めてしまうという手もある。しっかりとリードしてペースを掴めるかがカギとなりそうだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:クォン・スンテ DF:常本佳吾、三竿健斗、キム・ミンテ、安西幸輝 MF:ディエゴ・ピトゥカ MF:仲間隼斗、樋口雄太、アルトゥール・カイキ FW:エヴェラウド、鈴木優磨 監督:レネ・ヴァイラー 2022.07.02 14:06 Sat
twitterfacebook
thumb

「柏レイソルの象徴となるために」柏の大卒ルーキーFW森海渡がプロA契約

柏レイソルは30日、FW森海渡(22)とプロA契約を締結することを発表した。 柏の下部組織出身の森は、U-12、U-15、U-18でプレー。その後、筑波大学へと進学し、今シーズンから柏に入団した。 YBCルヴァンカップ第1節の京都サンガF.C.戦でデビューを果たすと、その後に明治安田生命J1リーグでもプレー。6月22日の天皇杯3回戦の徳島ヴォルティス戦で36分間プレーし、規定の450分を超えることとなった。 なお、今シーズンは明治安田J1で9試合4得点、ルヴァンカップで5試合出場、天皇杯で1試合に出場していた。 森はクラブを通じてA契約の喜びをコメントしている。 「柏レイソルでA契約を締結することができ、大変嬉しく思います。もっともっと柏レイソルを勝利に導ける選手、そして柏レイソルの象徴となるためにより覚悟と責任を持ち、謙虚に日々取り組んでいきたいと思います」 2022.06.30 18:57 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FMが柏を圧巻の4発粉砕!4連勝で首位を堅持【明治安田J1第18節】

明治安田生命J1リーグ第18節の横浜F・マリノスvs柏レイソルが25日に日産スタジアムで行われ、4-0でホームの横浜FMが勝利を収めた。 首位を走る横浜FMとそれを4ポイント差で追う4位柏の上位対決。横浜FMは、前節はガンバ大阪にアウェイで2-1の逆転勝利を収め3連勝。未だ無敗のホームで迎える一戦では、先日までU-23アジアカップを戦っていたU-21日本代表の藤田がスタメンで復帰した。 対する柏は前節、ヴィッセル神戸をホームに迎えて3-1の勝利。横浜FMと同じく3連勝で迎える今節は、アンカーの位置で三原が今季初先発となった。 立ち上がりから両チームがゴールに迫る展開。その中で最初に決定機を迎えたのはホームの横浜FMだった。9分にボックス手前左でエウベルがボールを持ち、西村とのワンツーでバイタルエリアまで侵入。左足で強烈なシュートを放つも、ゴールの左に外れる。 17分にも横浜FMにチャンスが訪れる。水沼がボックス右に縦パスを送り、レオ・セアラがワンタッチで左に落とすと、西村がこれを拾って右足を振り抜く。これが相手DFの足に当たって大きく軌道が変わり、GKも反応し切れずにゴールネットを揺らした。 先制点を奪ったホームチームはその2分後に追加点。相手がバックラインでパスを回すなかで、中央の上島のタッチが乱れると、エウベルがプレッシャーをかけてボールを奪取し、ビッグチャンスに。最後はエウベルの横パスを受けたレオ・セアラが冷静に押し込み、リードを広げた。 火が付いてしまった横浜FMの攻撃陣はなおも止まらない。28分、敵陣右サイド深い位置でのスローインで松原が高いボールを投げ入れ、ボックス右のレオ・セアラが胸で落とす。これに反応した水沼は中央へと切り込み、右足を一閃。強烈なボールは相手GKに触れられながらも、ゴールネットに突き刺さり、3点目を挙げた。 一気に3点のビハインドを負ってしまったアウェイの柏。前半の間はその後も相手にボールを支配される時間が続き、攻撃の糸口を掴めぬままハーフタイムを迎えた。 試合を折り返して47分には、ホームチームにセットプレーからまたもチャンス。敵陣右サイド浅い位置で永戸がファーサイドにボールを入れると、走り込んだ畠中が中央へ折り返し、最後はレオ・セアラが身体でゴールに押し込んだ。 大きく突き放されてしまった柏だが、64分にはこちらもセットプレーからシュートシーンを作る。敵陣右サイド深い位置で獲得したFKからキッカーのマテウス・サヴィオが低い弾道のクロスを供給。ボックス内の小屋松がこれに右足のボレーシュートで合わせるも、枠の右に逸れる。 このシュートをきっかけに勢いを強めたいアウェイチームだったが、その後はペースを握れず。71分に森、79分には武藤を投入して攻撃陣の活性化を図るも、決定的なチャンスは作れない。 一方の横浜FMは抜群のパスワークと、連動したプレッシングで試合を完全にコントロールし、危なげない試合運びを見せる。結局4-0のまま試合終了を迎え、ホームでの無敗を継続するとともに4連勝。2位の鹿島アントラーズとの勝ち点差を暫定で「4」に広げ、首位をしっかりとキープしている。 横浜F・マリノス 4-0 柏レイソル 【横浜FM】 西村拓真(前17) レオ・セアラ(前19、後2) 水沼宏太 (前28) 2022.06.25 18:10 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第18節:横浜FMvs柏】共に3連勝中、後半戦初戦の上位対決はいかに

【明治安田生命J1リーグ第18節】 2022年6月25日(土) 16:00キックオフ 横浜F・マリノス(1位/34pt) vs 柏レイソル(4位/30pt) [日産スタジアム] ◆失意の払拭を【横浜F・マリノス】 リーグ戦の前半戦は3連勝で締め、首位で折り返した横浜FM。しかし、ミッドウィークに行われた天皇杯では、J2で下位に沈む栃木SCを相手に得点が奪えず、0-2で敗れた。 ショッキングな敗戦から中2日、チームとしてのリバウンドメンタリティが試される一戦となる。 その相手は4位と上位に位置する柏。前半戦で喫した3つの敗戦のうちの1つ。アウェイで3-1と敗れた相手だ。 この試合では畠中槙之輔が前半に退場し、試合終盤には岩田智輝も退場した試合。ハイラインの裏を狙われ続け、後手に回ってしまった結果の敗戦だった。 背後を狙ってくるスタイルは今節も継続されると思われ、臆することなくハイラインを敷けるかどうか。また、ハイプレスに苦しむことも多く、攻撃が停滞する可能性があるだけに、しっかりと状況判断をしてビルドアップで相手をズラしていきたいとこだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:松原健、畠中槙之輔、角田涼太朗、永戸勝也 MF:渡辺皓太、西村拓真、岩田智輝 FW:水沼宏太、レオ・セアラ、宮市亮 監督:ケヴィン・マスカット 出場停止:アンデルソン・ロペス ◆首位撃破で肉薄へ【柏レイソル】 昨シーズンは戦い方を定められなかった結果、残留争いに巻き込まれたチームだったが、今季はここまで順調に勝ち点を重ね4位で前半戦を終えた。 現在リーグ戦は3連勝、4戦無敗と調子も良く、絶好のタイミングでの首位との対決となった。 ミッドウィークの天皇杯では、ターンオーバーしながらも徳島ヴォルティスに逆転勝ち。チーム力の向上と共に、勝負強さも戻ってきている状況だ。 横浜FMを相手にはネルシーニョ監督の作戦がハマることが多く、今季のホームゲームでも策がハマった。その相手に対して新たな策を用意しているのか、それとも自分たちの形に引き込むのか。いずれにせよ、背後を狙いながらプレスをかけていく戦いには変わらないだろう。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK: 松本健太 DF:高橋祐治、上島拓巳、古賀太陽 MF:大南拓磨、ドッジ、三丸拡 MF:マテウス・サヴィオ、戸嶋祥郎 FW:細谷真大、小屋松知哉 監督:ネルシーニョ 出場停止:椎橋慧也 2022.06.25 13:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly