一時引退報道のイハッターレンがアヤックス移籍か?

2022.01.21 00:01 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスからサンプドリアにレンタル中のオランダ代表MFモハメド・イハッターレン(19)が、アヤックス移籍に近づいているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏らが報じている。

イハッターレンは、昨夏の移籍市場最終日にPSVから4年契約でユベントスに完全移籍。だが、出場機会を与えたいユベントスの意向により、即サンプドリアへ1年間のレンタル移籍に出されていた。

しかし、サンプドリアではデビューはおろか、母国に一時帰国した際に“行方不明”報道が出たほか、現役引退を真剣に検討しているとの報道も出ていた。

その後、安定した精神状態を取り戻し、現役続行に向けてトレーニングを再開した同選手は、先日に代理人を務めていたミーノ・ライオラ氏との契約を解消し、新たな代理人の下で新天地への移籍を模索している。

一時は故郷のユトレヒトへの復帰の可能性が報じられてきたが、ここに来てアヤックス移籍の可能性が浮上。同選手はすでにエリック・テン・ハグ監督と幾度も話し合いを重ねており、過去に数人の“問題児”を更生させてきた指揮官も逸材の再生に自信を示しているようだ。

なお、ユベントスとアヤックスは買い取りオプション付きの18カ月レンタルで合意に至っており、個人間での合意もほぼ完了しているようだ。

ただ、唯一の障害はイハッターレンのプロフェッショナリズムを欠く行動に憤るサンプドリアで、クラブは同選手に対して法的措置を講じる構えだ。

卓越したボールスキル、視野の広さ、高精度の左足を武器に16歳でトップチームデビューを飾った逸材は、アヤックスで復活への道を歩むことになるのか…。


関連ニュース
thumb

バイエルン、グラフェンベルフ獲得が決定的に! 移籍金は34億円

バイエルンが、アヤックスのオランダ代表MFライアン・グラフェンベルフ(19)の獲得を決定的なものとしたようだ。 来シーズンに向けて中盤の刷新を今夏の補強戦略のひとつに定めているバイエルン。現時点ではフランス代表MFコランタン・トリソ、スペイン人MFマルク・ロカの放出が決定的な上、オーストリア代表MFマルツェル・ザビッツァーに関しても適切なオファーが届いた場合、売却を容認する構えだ。 そして中盤の補強第一号として濃厚なのが、名高いアヤックスの育成機関で鍛えられたグラフェンベルフだ。2018年9月にプロデビューし、昨シーズンからトップチームに定着。ここまで公式戦103試合の出場で12ゴール13アシストを記録しており、昨年3月にはオランダ代表に初招集された。 そのプレースタイルからフランス代表MFポール・ポグバとも比較されており、多くのビッグクラブの関心を集めていた。また、2023年まで契約を結んでいるものの、本人も今夏の移籍を望んでいるとのことで、去就が注目されていた。 そして、熾烈な獲得レースをバイエルンが制した模様だ。移籍市場に詳しいファブリツィオ・ロマーノ氏によると、バイエルンとグラフェンベルフは2027年までの契約を締結。クラブ間では、2500万ユーロ(約34億円)+アドオンという条件で合意しているようだ。 同氏は移籍を確信しており、公式発表も間もなくと予想している。 2022.05.26 15:15 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルン、アヤックスDFマズラウィ獲得を正式発表

バイエルンは24日、アヤックスのモロッコ代表DFヌサイル・マズラウィ(24)の獲得を発表した。フリートランスファーでの加入で、契約期間は2026年6月までの4年間となっている。 オランダ出身でアヤックスのアカデミーで育ったマズラウィは、2018年2月にトップチームデビュー。高い技術と戦術理解度に加え、推進力も兼ね備えるプレーメーカータイプの右サイドバックとして、これまで公式戦135試合に出場し10ゴール9アシストを記録。 3度のエールディビジ優勝、2度のKNVBカップ優勝に貢献した。 バイエルン移籍が決まったマズラウィは以下のようにコメントしている。 「バイエルンとの最初の交渉から好印象だった。ヨーロッパ最高のクラブへと移籍できて嬉しいよ。バイエルンでは最高のタイトルを取れると思ったので選んだよ」 2022.05.24 22:40 Tue
twitterfacebook
thumb

フェイエノールトがアヤックスFWダニーロを完全移籍で獲得、浦和入り噂のFWリンセンにも影響?

フェイエノールトは19日、アヤックスのブラジル人FWダニーロ(23)の完全移籍を発表した。 契約期間は4年間となり、2026年夏まで在籍。近日中に契約を結ぶとのことだ。 ダニーロは、ブラジルのサンパウロ出身。コリンチャンス、ヴァスコ・ダ・ガマ、サントスの下部組織で育つと、アヤックスのアカデミーに入団した。 2020-21シーズンはトゥヴェンテへのレンタル移籍を経験。エールディビジで33試合に出場し17ゴール5アシストと飛躍。2021年7月にファーストチームに昇格した。 今シーズンはエールディビジで13試合に出場し2ゴール1アシストを記録したダニーロだが、なかなか定位置を掴むことは難しく、1年でフェイエノールト行きが決まった。 なお、この移籍はオランダ人FWブライアン・リンセン(31)の遺跡にも影響を与えるとみられており、浦和レッズ入りが噂される中で、チームを去る理由が1つ生まれることとなった。 2022.05.20 22:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドとテン・ハグを知るブリント「僕は彼の成功に自信がある。でも、上の後ろ盾も必要」

アヤックスのオランダ代表DFデイリー・ブリントが自身の古巣でもあるマンチェスター・ユナイテッドに対して、エリク・テン・ハグ監督の全面的なバックアップを求めた。イギリス『メトロ』が報じている。 今季途中からラルフ・ラングニック氏に指揮を託したものの、好転せず、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権をも逃して失意のシーズンを過ごすユナイテッド。シーズンが佳境に入るなか、先月21日に来季のテン・ハグ氏招へいを発表した。 アヤックスでの4年半で攻撃的スタイルを落とし込み、今季もエールディビジを制したテン・ハグ氏をしても、長らく再建が続くユナイテッドでのミッションは険しいものだが、教え子は環境さえ整えば成功できると感じているようだ。 かつて2014年夏からの4年間をユナイテッドで過ごしたブリントは元オランダ代表MFのアンディ・ファン・デル・メイデ氏によるYouTube番組『Bij Andy in de Auto』でテン・ハグ氏の監督としての一面とともに見解を示した。 「楽な仕事じゃないけど、彼は逃げたりしない。挑戦する。僕はユナイテッドでの彼にかなり自信があるんだけど、上層部の後ろ盾も必要だ」 「アヤックスでは何があろうが、(エドウィン・)ファン・デル・サールと(マルク・)オーフェルマルスが後ろにいてくれた。悪いときもね」 「僕は彼があのチームで時間を得られるのを望むよ。彼はベストマネージャーのひとりだ。テン・ハグは抜かりがないんだ」 「僕ら選手が相手を過小評価して『45分もミーティングをやる必要なんてない』って思っても、彼はどの試合も同じ姿勢で取り組む」 「戦術的なトレーニングセッションを含めてね。すべてが細かい」 2022.05.18 12:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド新監督テン・ハグ、早くも働き始めへ! C・パレス戦視察か

アヤックスでの今季が終わったばかりのエリク・テン・ハグ監督だが、早くもマンチェスター・ユナイテッドでの仕事を始めるようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じた。 来季からユナイテッドの再建を託され、今季を最後に4年半を過ごすアヤックスから退団するテン・ハグ監督。先週末にエールディビジ最終節が終わった。 そのアヤックスはこれからキュラソー遠征を行って今季を締めくくるが、テン・ハグ監督は帯同せず、ユナイテッドでの新たなキャリアに専念するという。 テン・ハグ監督はフィテッセとのリーグ最終戦後、「キュラソーには行かない」ときっぱり。続けて、ユナイテッド監督としての働き始めを示唆している。 「まだやらなければならないことがたくさんあって、それは理解できることだと思う。どのクラブでもそう。スタッフも、スカッドもまだ整理すべきことが多くある。明日からはそれに集中的に取り組む」 なお、ユナイテッドは22日に敵地でプレミアリーグ最終節のクリスタル・パレス戦を予定。テン・ハグ監督はこの試合を現地で視察する可能性もあるようだ。 2022.05.16 15:55 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly